FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


「東方Project」に登場してくるキャラクターというのは、ごく大雑把に分類すると
人間と人間以外の「妖怪」という事になると思います。
この妖怪に含まれるのは、妖怪・妖獣・獣人・幽霊・亡霊・吸血鬼・妖精・魔法使い・鬼・天狗・河童・
仙人・神・道士・閻魔などなのかなと思います。
(厳密に分類するともと多岐に渡るのですけどここでは省略します)
そして東方に登場する「人間」というのは意外と少なくて、
霊夢・魔理沙・妹紅・十六夜咲夜・早苗さん・小鈴・宇佐見蓮子あたりぐらいしかいないのかな・・・?
ちなみに・・・・東方でセリフがある唯一の男性キャラの霖之助は、人妖という人と妖怪のハーフです。
そうですね・・・
今は違いますけど、昔は、「もしかして、霊夢は霖之助とゆかりんの間の子供なのか・・・??」と妄想
していた時期もあります・・・・(苦笑・・)
妖夢は、幽霊と人のハーフです。
妹紅は、人間なのですけど、蓬莱の薬という不老不死の薬を飲んだ時点で既に人じゃないのかも・・・・?
永琳様は、「月の民」なのですけど、設定の上では「実は地上出身」となっているものの、
妹紅と同様蓬莱の薬を飲んでいる上に、そのとてつもないご長寿とか「何か」を知っているような雰囲気は、
明らかに人とは言い難いものもおありの方ですよね。

さてさて・・そうした東方の数少ない「人間」の種族の一人が、このブログでは結構頻繁に登場している、
阿求ちゃん(通称、あっきゅん)ことも稗田阿求です。

阿求ちゃんに対する見方って東方ファンの間ではどんな感じなんだろう・・・?
私の中では「才女」とか「公正中立な見方をできる子」みたいに結構高めの評価ではあるのですけど、
やはり・・・・求聞史紀とか求聞口授におけるあの「毒舌」という印象がかなり強いのかも・・・?
ま・・・さすがに妖精とか聖白蓮とかナズーリンに対する辛口というのかなんか悪意すら感じてしまうような(?)
まさに「超激辛」の毒舌を吐きまくっていましたからね・・・
あれはちょっといくらなんでも言い過ぎなのかな・・・??
それと・・・阿求ちゃんの著作・編纂の「幻想郷縁起」について、ゆかりんから
「ここはこのように書き直して方がいいんじゃない・・」みたいに言われたりすると加筆修正したりもする
何て言うのかな・・・「え・・それってペンは剣より強しに反するんじゃないの・・・? 阿求ちゃんも権力者には
所詮は逆らえない・・」という事なのかなと思わせてしまった事は、うーーん、マイナス評価に
繋がっているような印象もありました。

阿求ちゃんの正体なのですけど、「幻想郷縁起」という幻想郷内の歴史書の初代編集者である阿一の
第9代目としての生まれ変わりです。
テーマを「幻想郷」一つに絞り、それに関する歴史・考察などを初代から9代目の阿求ちゃんに至るまで一貫して
携わるといういわば究極の「輪廻転生」を繰り返しています。
早い話が、初代阿一=阿求ちゃんと換言しても差し支えは無いとすら思います。
もっとも「生まれ変わり」と言っても前世はおろか初代の記憶は、阿求ちゃんにはそれほど強くは残っていない・・
「うっすらと残っている程度」なのだと思われます。
「完全な形での記憶の継承」ではないのですよ・・・
初代から8代目の間には、男としての経験もありますし女性としての経験もあるというのがなんか面白いと思います。
先ほど阿一=阿求と記しましたけど、やっぱりそうした意味においては、
9代目の阿求ちゃんは、やっぱり阿求ちゃんそのものであり、今現在を生きる阿求ちゃんなのだと思いますし、
今現在の阿求ちゃんというのは他に替え難いものがあるのだと思います。
そしてそれこそが、毒舌も可愛らしさもはかなさも有している今現在の阿求ちゃんなのだと思います。

阿求ちゃんは、幻想郷の妖怪についてまとめた書物「幻想郷縁起」を編纂するため、
千年以上前から転生を繰り返しているのですけど、
幻想郷内の妖怪に対する人間としての傾向と対策に関する書物を出すことで、
人間が普段から注意すべき事とか決して立ち入ってはいけない危険エリアの告知とか
万が一その妖怪に遭遇した場合にどのように対処すればよいのかとか
ま・・・妖怪に対する「マニュアル本」みたいなものと言えるのかもしれないですね。

だけど・・・

そうした妖怪に対する「マニュアル本」というのは、幻想郷内にゆかりんを中心として「大結界」が張られて以降、
妖怪と人間の融合がこれだけ進んてくると、決して必要な本とは言えなくなってきたとも言えるのかなと思います。
別に妖怪たちは、結界を張る前は、自分達の存在を誇示するために人間を襲い食らってきたのですけど、
結界によって外界と幻想郷が完全分離し、幻想郷の世界においては、
自分たちの存在意義を誇示するために人間たちを無意味に襲う必要も全く無いのです。
同時に、人間たちも過度に妖怪を恐れる必要がなくなってきたのです。
今の幻想郷においては妖怪たちは普通に人里に買い物等に来ていますし、それに対する人間たちの反応も
ごく日常風景の一つに既になっています。
9代目でもある阿求ちゃんは、幻想郷に大結界が張られて以降初めて生まれ変わった存在です。
多分・・・阿求ちゃん自身も色々と迷っていて実は阿求ちゃん自身も試行錯誤を繰り返しているのかも
しれないですよね。

「別に私があえて妖怪のマニュアル本を書いて人間に注意を喚起しなくても、
今現在の幻想郷は、人と妖怪は既に溶け合った関係で共存共栄し、お互いの存在意義を認め合い、
パワーバランスを図っている」
「別に私がこんなマニュアル本書かなくたっていいじゃん・・」
「え・・・それじゃ、私が9代目として生まれ変わって意味って一体何なの・・・?」
「それじゃ、これから私はどうしたらいいの・・・??」
みたいな迷いと疑問が芽生えてきていると言えるのかもしれないですよね。

今後の阿求ちゃんの役割というのは、この「幻想郷縁起」に関しては、妖怪に対する傾向と対策という実用書ではなくて
過去に幻想郷にはこんな話かありました・・・みたいな「読み物」・「物語」としての作者としての側面が
求められていくのかもしれないですし、
どちらかというと「どうすれば読者を楽しませることが出来るのか・・」みたいな事が
求められていくのかもしれないですよね。

だから・・・

今現在の阿求ちゃんは実は・・・迷っている段階・・・

もしかしたら・・・寿命が大変短い阿求ちゃんにとっては現在の第9代目阿求として「寿命」がある限りは
こうした「問い」はもしかしたら・・・
第10代目以降に持ち越し・・という事になるのかもしれないですよね。

初代阿一から8代目までの考え方としては、

「妖怪は定期的に人間の手によって退治されるべきもの」

「人は妖怪を恐れるもの」

というのが大前提だったと思います。そしてそうした考え方は、9代目の阿求ちゃんに受け継がれています。

しかしこうやってゆかりんの大英断の「大結界」以降の幻想郷は、前述の通り、あくまでパワーバランスを保ちながら
妖怪と人間の共存共栄が当たり前の世界になっていて、
以前のように人は妖怪をそれほどは恐れなくなってきたという感じの世界になっています。
そうですね・・・
現在の阿求ちゃんにとってはそうした今現在の幻想郷の雰囲気は、まさに
初代から8代目まで脈々と受け継がれてきた稗田家としての「DNA」を否定されてしまいかねないものが
あったりもします。
阿求ちゃんとしては・・
「先祖代々受け継がれてきたものとか守ってきたものを私の代になって完全否定なんかされるなんて冗談じゃない!!
それを認め完全に受け入れたとしたら、私・・・阿求・・・そして先祖代々受け継がれてきたこの遺伝子の存在価値は
一体どうなってしまうの!?」
みたいな意識もあるのかもしれません。
冒頭で、阿求ちゃん=毒舌、特に聖白蓮に対する毒舌はちょっと度を越しているというのは、
もしかしたらこの辺りに原因がありそうで、
白蓮さんの「神も仏も人も妖怪も皆同じ!!」という「絶対平等主義」というのは、
稗田家のDNAを脈々と受け継いできた阿求ちゃんにとってはまさに相反する考え方であり、
「とてもこれは容認も看過も出来ない・・、誰も言わないというのなら、この私が・・・!!」みたいな感じで
ああした毒舌を吐きまくったと言えるのかもしれませんよね。
つまり阿求ちゃんの「毒舌」というのは、今現在の阿求ちゃんがそうしているのではなくて、
先祖代々受け継がれてきた阿求ちゃんのDNAがそうさせているいると換言してもいいのかな・・・と思っています。

だけど・・・聡明な阿求ちゃんにとっては、今現在の幻想郷というのを素直に受け入れる必要があり、
環境が昔と変わったのだから、それに応じて自分も変化をしないといけないし、
その「幻想郷縁起」も変化をさせないといけないと既に理解していると思われます。
だからこそ・・・
白蓮さんの命蓮寺の縁日には普通に出かけていますし、
「幻想郷縁起」についても、自分一人の考えではなくて、例えば、ゆかりん等から
「ここはこう書いた方がいいんじゃないの・・?」みたいなアドバイスを受ければ、それを受け入れているのだと
思います。
冒頭部分で、「それはゆかりんに屈した事ではないのか」みたいな事もちらっと書いたのですけど、
そうですね・・・それは屈服ではなくて、妖怪側の意見もちゃんと聞くという阿求ちゃんの「公正中立」の
表れなのではないのかなとも思っています。



縺ゅ″繧・≧_convert_20160529071204



別に「よいしょ・・」とか宣伝とかそういうのではなくて、
私、世に大勢いらっしゃる「東方絵師」と言われている方の中では、
やっぱり「drean fantasy」の管理人のアミグリ様が描かれる東方のイラストがとにかく群を抜いて大好きなんですよね!!
本当にアミグリさんが描かれる東方イラストは
私にとってはまさにNo.1なのだと思います。

イラストではなくて公式漫画なのですけど、東方の公式漫画の中では、
やっぱり「東方鈴奈庵」の春河もえ先生の絵のタッチがとっても大好きです。
あのもえ先生が描かれる霊夢・十六夜咲夜・レミリアおぜうさまなどは本当に素晴らしいですよね!!
そうそう・・・もえ先生は、東方心綺楼の各キャラの立ち絵もご担当されていましたけど、
あの中では、特にこいしちゃんがめちゃくちゃ可愛かったです!!

この春河もえ先生の「東方鈴奈庵」のメインキャラは本居小鈴なのですけど、小鈴に大きく絡む
準レギュラーと言えるのが、この阿求ちゃんなのです。
だけど、このもえ先生の手に掛ってしまうと、あの毒舌の阿求ちゃんがとってもはかない美少女になってしまい、
あの阿求ちゃんの可愛らしさは、まさに霊夢クラスの破壊的な可愛らしさがありました!!

そうそう・・・阿求ちゃんなのですが、先ほど「生まれ変わり」と記しましたけど、
転生が不完全なのか、転生による過剰な知性が負担となるのかは不明なのですけど、
2代目~8代目までのどの転生体も、30年前後しか生きられません。
つまり「短命」なのです。
要は・・・阿求ちゃんの寿命は現実の時間経過に合わせて刻一刻と迫っていると言えるのです。

「幻想郷」の世界においては、妖怪はほとんどの場合、すさまじい長寿です。
あやや(射命丸文)とか女子高生みたいなはたてにしたって既に1000年近くも生きていますし、
ゆかりん・神奈子あたりは数千年生きている感じですし、
はたまたゆゆ様のように存在自体が既に「亡霊」という御方もいますし、
永琳様のように不老不死の御方もいます。
そういう世界にあって、こうした阿求ちゃんみたいな「短命」というのは極めて異例とも言えますし、
それが阿求ちゃんの「毒舌」以外のもう一つの魅力・・・「はかなさ」にも繋がっているのかな・・とも思えます。

前述のもえ先生の「東方鈴奈庵」の中でも阿求ちゃんは小鈴に対して、
「いつも通りなら後十年も生きられるかってところ・・・」とさびしそうに・・・せつなそうに語っていたのは
大変印象的でした!!
うん、あれはいつもの(?)毒舌キャラの阿求ちゃんではないですね。
なんかあのシーンの阿求ちゃんは「死に対する受容」とか「諦観」とか「しかたがない・・それが私の宿命・・・」みたいに
淡々とした感じもありましたけど、
どことなく「哀しさ」が漂っていたと感じられます。
2代目~8代目までこんだけ転生を繰り返しているせいもあると思うのですけど、
阿求ちゃんに「死=こわい」みたい意識は他の人よりはうすいと思われます。

だけど・・・・

前述の通り、幻想郷の世界は8代目の頃よりは随分と変化が生じています。
つまり・・・人と妖怪の間の「壁」が少なくなりつつあり、人と妖怪の交流が結界を張る前に比べると
飛躍的に増えています。
それは阿求ちゃんにとっても例外ではなく、
例えば・・・最近ネタにさせて頂きましたけど紅魔館パーティーに参加したりとか
既に色々な妖怪たちと「交流」を持ち始めています。
阿求ちゃんにとっては「死」よりも、一旦自分が死ぬ事でこうした妖怪たちとの「交流」が断絶されてしまう事を
残念がっている・・・
なんかそんな感じもありそうですね。

でも・・・

阿求ちゃん、安心して!!

妖怪さんたちはとてつもない長寿の御方ばかりですので、
阿求ちゃんが一度死んでも閻魔様=四季映姫様の下での下働きを無事に務め、10代目として輪廻転生している時でも
今現在の幻想郷の妖怪さん達は、多分ほぼ全員生きていると思いますので・・・(笑)

妖怪の知り合いが増えたことからで、次の転生でも知り合いがもう既に存在している・・・
そんな感じなのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。メッセージでもお話させて頂きましたが、今回はコメントの
お返事として失礼します。本日は2つの東方記事にコメントありがとでした☆
本日はこちらであっきゅんの記事を読めてと~っても嬉しかったです♪
そして私に感化されたもの、と言って頂け更にっ!!ちなみに私は最近ようやく
「鈴奈庵」を読む機会ができました!やはり春河先生の繊細で可愛らしく、
神秘的な雰囲気が良いですね。そしてこの記事で…あっきゅんが短命である
事を取り上げていらっしゃって切なく感じました。だからこそ、生きている
うちに書きたい事、そして周りが求める物との間で葛藤するのでしょうね。

またパチェを始め、紅魔館メンバーの事をメインに語られる日もとっても
楽しみにしています☆それにしても…儚月抄ではおぜう様&咲夜不在だと
まさにやりたい放題、のびのび…だったかもですね(笑)やはり咲夜がいなく
なった事で警備も手薄になって永琳達も簡単に入れたのかな…と思います。
そんな紅魔館なら、三月精も悪戯し放題ですよね~!!

加えまして、本日はメディスン記事にもとても丁寧なコメントありがとう
ございました☆メディスンは金髪や赤と黒のドレスがよく似合って
お人形さんな可愛らしさにも溢れていますよね。
構図を褒めて頂けたり、研究の成果、と褒めて頂けとっても嬉しいです!!
東方で金髪キャラはたくさんいますよね。アリスも印象的な1人、
絵のストックが2枚あるので…いつか単独で記事も描けたらなぁと思います!

やはりアリスは人形使いという事もあり、この2人は巡り合わせを感じます
よね。儚月抄は…後ろ姿でしたが、お披露目パーティーでアリスとメディスン
並んでましたね♪そして私が描いたイラストから…アリスを見送っている
ように想像して頂けとっても嬉しいです!そうですね。あのメディスンは
アリスに向かって手を振っているのかもしれないですよね!!そして微笑む
アリスを想像すると心が温まりますし、アリスはきっと、空も飛べると思います☆

メディスンは…永琳と絡んだら毒薬を作る事も…?と色々想像しちゃいます(笑)
永琳が一服盛りたい相手とは…やはり、幻想郷の中でもすごいお方でしょうね。
永琳はそういう感情を抱いていても…それを「誰か」までは簡単に悟らせては
くれない、そんな気もしちゃいます。

11日の記事も楽しみにして頂け嬉しいです!
ちなみに来月には…完全なれいさなではないですが…来月ある意味
れいさなのコラボっぽいネタがくるかもしれません(笑)私もこの赤と緑の
巫女カップリング、素敵だと思いますし!こちらはワンドロの予定ですが
なんだかぬくぬく先生様には色々と見抜かれてしまっている気がします(笑)

今日はこれから…私のブログでは地霊殿の2人の娘で更新予定です。
パルスィはいつか単独で、と考えているので今回は名前のみ、絵は
金髪のあの娘と緑髪のあの娘です。東方キャラでは…個人的には白蓮のように
平等に愛せたら、と思うのですが、なかなか難しいですね。私は…パルスィの
ように色々な人に嫉妬してしまう事も多いので、そこは直していきたいです。

それと今後ネタバレを避ける為にも、こちらのプリキュア更新が
日曜辺りになりそうな時は必ず最新話をご覧になってからおこし下さいね!
最近は雨も降って蒸し暑さもありますよね。ぬくぬく先生様も引き続き
お体にお気を付けてお過ごし下さいね。では読んでくださり、ありがとでした☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2941-305318ea
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |