プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今更みたいな話ですけど、「100円ショップ」ってとっても助かりますし有難い存在ですよね。
外国人観光客の間でも「価格が安いのに良質」とか「とにかく素晴らしく豊かな品揃え」みたいな
高評価を貰っているのも、よく分かる気はします。
以前、私自身も勤務中になぜかベルトが突然切れてしまい、
「ううー、かっこ悪い・・・だけどベルトを締めていないとなんかズボンがずり落ちそうな感覚が・・・」と思い、
「まさか、こんな100均でベルトはさすがに売っていないよね・・・」と思ったのですけど、
ちゃんと売られていました!!
ああ、よかったーー!!
ラッキーでした・・・
というか、ベルトも決して安っぽい感じては無くて結構しっかりしていて、
これで価格が100円+税・・・
というか、安過ぎる・・・と改めて感じたものでした・・・
店内をよく眺めてみると、
ネクタイ・老眼鏡・靴下・Tシャツ・目覚まし時計・植木鉢・ヘッドホン・なども100円で売られていました。

昨日の記事の中でも
100円ショップで、「魔法つかいプリキュア関連グッズ」がこんなに売られているという記事を掲載しましたけど
ここでも色々なものがありましたね・・・
特に「定規・消しゴム・メモ帳・鉛筆・鉛筆削り・シールの6点セット」はお買い得なのかな・・とも感じたものでした。

だけど、昨日も書いた通り、手提げの紙袋・壁掛け収納はまだ売られていなかったですね。

ダイソーでは取り扱いはないのですけど、キャンドゥ―に行くと、プリキュアのふりかけとかわかめスープみたいな
食品関係もあったりもします。

さてさて・・・そうやって「魔法つかい」のグッズが続々と店内に置かれているのですけど、
そんな中にひっそりと・・・・目立たぬように「ハピネスチャージプリキュア」のメモ帳がまだ置かれていて
これを発見した際は、思わず・・「おおっーーー!!」となってしまいました!!

ハピネスのグッズ・・・まだこうやっていまだに売られていたのはなんかとっても嬉しかったです!!







002_convert_20160525183943.jpg


003_convert_20160525184004.jpg



さてさて・・・上記はハピネスのメモ帳です。

一番最初のページにおまけのシールが付いています。

ラブリーの場合、フォームは通常版とチェリーフラメンコのみです。

そうですね・・・・最近の「魔法つかい」に目が慣れてしまうと、
「なんだ・・・・ロリホップを含めると三つしかないのか・・・」と思ってしまうのですけど、
それでも2014の放映時には「今度のプリキュアは凄い! だってこんなにフォームチェンジが出来るなんて・・!!」と
まさに感動したものですけど、
世の中、上には上があるという事ですね・・(笑)

これはメモ帳としてもとっても楽しく使えそうですね・・・・
(間違いなく使用する訳ないですけど・・・苦笑・・・)

書記の頃の商品化だと思われますので、いおな=フォーチュンがいないのはとっても残念です。

でもやっぱりラブリーはとってもとっても可愛いですね!!



CIMG9711_convert_20160525072314.jpg


CIMG9712_convert_20160525072347.jpg



こちらはノートみたいなメモ帳です。

やっぱり、いおな=フォーチュンはいませんね・・・・(泣・・・)



このブログでは何かと言うとラブリーの事は「ポンコツ、ポンコツ・・・」と連発していましたけど、
私にとってプリキュアにおける最大の褒め言葉は「ポンコツ」みたいな感じもありますし、
歴代プリキュアにおいて、のぞみと響を別格扱いとすると、私が最大限の高い評価をして且つとてつもなく大好き!!というのは
間違いなくこの「キュアラブリー」だと思います。
まさに・・「ラブリー大好き! ラブリー愛しているよっ!!」なのです!!!

プリキュアの一つの魅力は、
少しダメダメだけど一生懸命頑張る女の子が、自分の夢を見つけて羽ばたいていく・・・という事に
あると思うのですけど、初期の段階でポンコツな子ほど、その「羽ばたきの度合い」が大きくなるから
特にハピネスの物語はそうした意味では、何か歴代シリーズの中でも感銘度というか
思い入れが強かったようにも思えます。

ラブリーの場合、メンタル面に色々問題ありとかよく言われるのですけど、その弱さの根源と言うのは
「自分は本当は誰の役にも立っていないのではないか・・・」という潜在的不安に尽きると思いますし、
それにつけ込んだのが
あまりにも「名作」の誉れ高い「アンラブリー回」だったと思いますけど、
そのラブリー自身も後半に進むにつれて、
「自分に何が出来るのか・・・・」
「自分と言う存在は何なのか・・・」
「自分はどうすればよいのか・・・」という問いかけに真摯に向き合い
そうした「ピンク系の主人公らしからぬメンタル面の弱さ」をラブリーなりに克服していった点は
ホント、見ていても思わず応援したくなってしまいましたね・・・・

ま、元々ラブリー自体は慈愛に溢れた素晴らしいプリキュアなのですけど
後半に行くほど、悩み傷つきながらも羽ばたく様子が丁寧に描かれていて
私にとってはとてつもなく高感度の高いシリーズになっていたと思います。
確かによくこのハピネスは、「歴代シリーズの中では低い評価」とか「残念なシリーズ」みたいな声もちらほらと
聞こえてくるのは事実なんですけど、
それはあくまで他人が下している評価に過ぎません!!
否!! 私にとっては、そんな他人の評価なんてどうでもいい!!
とにかく「私がハピネス、特にラブリーが大好きと言っているのだから、別にそれでいいじゃん!!」という
感じなんですよね!!
特に映画「人形の国のバレリーナ」におけるラブリーは、そうしたメンタル面の弱さを容赦なく抉られながらも
素晴らしい飛躍を見せつけていたと思いますし、まさにあの映画は、
間違いなく私にとっては歴代最高の不滅のNo.1的名作だと思っています。

そうそう・・・

ハピネスの場合、「ポンコツ」というとどうしても「キュアプリンセス」が出てくるのですけど、
実は・・・・
ハピネスで一番成長の度合いが大きかったのは、ひめだと思います。

だって・・・・

序盤の頃のポンコツというか
「一人ハートキャッチ状態」(つぼみの人見知り・臆病・内気とえりかの他人の痛みが分からない図々しさを
両方兼ね揃える・・・)のひめを見てみると
最近のひめの成長ぶりは凄すぎる・・・・
もしかしたら・・・・
歴代プリキュアの中でも、成長度合いの大きさはトップクラスではないのかな・・・・


ゆうゆうは・・・・

うーーん、初めから優秀すぎる・・・・

というか・・・、多分歴代黄色系プリキュアでは、あらゆる面で最強・・・・
しかもメンタル面も大人・・・・
すごい・・・、この子はすごすぎる・・・・

いおなは・・・・

初登場時では一体この子はどうなるものか・・・・と大変危惧したものですけど、
とにかくひめとの確執が解消され
ハピネスの一員になって以降は、長所ばかり目につきましたけど、
意外とお姉ちゃんっ子とかケチンボウキャラとか
面白い側面は一杯ありましたね・・・・
多分・・・、歴代紫系プリキュアとしては、私の一番のお気に入りです・・・・
フォームチェンジの「あんみつこまち」はまさに感涙ものでした・・・・(笑)

「プリキュアシリーズ」は歴代どのシリーズも甲乙付け難いほど素晴らしい作品が多く、
どのシリーズを見ても、いつもいつも何か「人として大切な事」とか「生きる力」みたいな事を与えて頂けることが
多く、別にハピネスの物語だけがそうした「幸福感」を与えてくれるという訳ではないのですけど
やはりタイトルに「ハピネス」というものが付いているせいも多少はあるとは思いますけど、
「人として幸せってなーに?」とか
「人の幸せはどこにあるの?」みたいな問題提起もきちんと行い、
それに対してもきちんと誠実に応えていた点は高く評価されるべき作品だと思います。

そして何よりも・・・あのめぐみ=ラブリーの「ポニーテール」は私にとっては
とてつもなく高ポイントでした!! (笑・・)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ダイソーは初期にほとんど作ってしまうから、
GOプリもスカーレットが居たのは
後半に出たジグソーパズルとポチ袋だけでしよね。
そして確かにひめは一年通して一番成長していましたよね!
3歳児並のワガママと行動がちゃんと中学生までなりましたし(笑)

「100円ショップ」って、原料と工賃をどこまでスリム化出来るか?にあくなき挑戦をしている産業だと思います。
(最近は生産元の中国の原料と工賃が上がってるので、代わりに様々な国から商品を仕入れてる様ですが)
思うに、同じ人間で形成されている企業があそこまで出来るなら、国家が出来ないはずはなかろう…と思ったりします。
国家を甘やかせ過ぎですよね。日本人は(笑)

安定のゆうゆう!!

りえ太 様


追加戦士は比較的人気が出やすい反面、商品化という点においては、初期メンバーに比べると不遇と言うのは
なんか否定できない感じはありますよね。
いおなもそういう傾向が強かったのですけど、食玩フィギュアで唯一
フォームチェンジとしての姿が実現されていて、あの「あんみつこまち」はまさに感涙ものでした。

ハピネスはやっぱり「安定のゆうゆう」ぶりが本当に際立っていました!
ゆうゆうは、一人でボケもツッコミも出来るし、強いし優しいし、何よりも
ハピネスでは「お色気」も担当していましたので、
まさに「無敵」でした!!

まさに「見習え!!」という感じですね!

sado jo 様


ご指摘の通りだと思います。

100円ショップはまさに「究極の資本主義の具現化したもの」であり、
あのコストダウンの徹底ぶりとか無駄を一切省くその姿勢こそは、税金泥棒ばかりの国家にも
爪の垢を煎じて飲んで欲しいものですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2934-662b76ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |