FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


東方の世界の二人の巫女さんの霊夢と早苗さんですけど、
霊夢の方は終始マイペースキャラという感じなのですけど、早苗さんはそのキャラは段々と変りつつあるようにも
感じられますね。
初登場の頃は、早苗さんのあのおしとやかな感じとか柔らかい感じとか穏やかな感じとか聡明な感じ等は
「まさに霊夢の対極に位置する存在」みたいに言われている時期もあったのかと思います。
だけど・・・
早苗さん自身が段々と「常識が一切通用しない幻想郷のある意味非常識な世界」に段々と慣れていった・・・というのか
溶け込んでいったせいなのか、
早苗さん自身がどんどんと「はっちゃけた感じのキャラ」になりつつあるのはとっても面白いですよね!

霊夢と早苗さんの違いの一端については、最近の記事の「東方鈴奈庵の早苗さん」で結構熱の入った妙な記事を
散々書かさせて頂きましたが
(あれは自分で言うのも何ですけど、実は結構な気合入りまくりの記事でした!
あの記事、もしかしたら今年の自分のお気に入りNo.1になるのかも・・・?
ちなみに昨年の自分のNo.1記事は、「響け! ユーフォニアム」第12話感想記事でした・・・
あの記事を改めてご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・・!! → 「東方鈴奈庵の早苗さん」)
環境面についてはどんな違いがあるのかな・・・とも改めて感じたものでした。
早苗さんは、守矢神社内には、神奈子と諏訪子という二人の神々と共に暮らしています。
そうですね・・・・いわば強烈な保護者が常に早苗さんをサポートしているような感じです。
何となくですけど・・・神奈子は「親バカ」というのか「早苗さん、可愛い!!」みたいな過保護みたいな雰囲気も
ありそうな気も・・・・??
ま・・・守矢神社自体、妖怪の山の上に建立されていて、普段ここを参拝するのは当然ながら人は皆無・・・
大半は妖怪たちばかり(特に天狗と河童なのかな・・・??)という感じで、
早苗さんとしては、「なんかエライ所にきちゃった・・」みたいな感じなのかも・・・??
そうしたせいなのか、公式においても人里に降りてきて布教活動をしたり、霊夢の博麗神社に遊びに行ったり
はたまた霊夢に「もっと信仰を集めなさい・・・」とダメだしをしているのも
何となく分かる気はしますよね。
早苗さんとしては、偉大なる二人の神が自分の身近にいて尚且つ稽古をつけてくれたり、
「こうすればもっと守矢の信仰が得られるんじゃないの・・」みたいな貴重なアドバイスを貰ったりするなど
何かしらの「安心感」は持っているような気もしますね。

一方霊夢の方ですけど、考えてみると霊夢って実は「一人暮らし」みたいなものですよね・・・(笑)
食事のシーンなんかも一人きりで食べているシーンもありましたけど
(霊夢のお食事は、ご飯・味噌汁・さんま等のおかず一品・漬物といったえらく質素なのが大変印象的です・・・)
早苗さんの場合は、ま・・・常に二人の神がそばにいるみたいな何か「安心感」はあるのかも
しれないですよね。
霊夢の場合は、常に誰かの「訪問者」がいるという感じですよね。
ま、ほとんどの場合は相方とも言える魔理沙ですけど、それがゆかりんの場合もありますし、
レミリア・咲夜・妖夢・あやや・光の三妖精・萃香・秦こころにこいしちゃんとか、マミゾウとか、
まーとにかく「誰かかっかはひっきりなしにやって来る」みたいな感じもありますよね。
早苗さんの場合の保護者は神奈子と諏訪子という神であるのに対して、
霊夢の場合は、ゆかりんという「妖怪」であるのがとっても面白いですよね。
「東方儚月抄」上巻における導入場面は、確か・・・・そのゆかりんが霊夢に対して稽古を付けてあげていて
「そんなんじゃ、うちの式神にも遠く及ばないわよ・・」とかなんとか叱咤激励されていましたけど、
うーーむ、妖怪退治を生業にしている巫女が、その妖怪に対して稽古をつけて貰うというそのアバウトが
実に「常識に囚われてはいけない幻想郷」らしい話であり、こういう所がやっぱり東方は魅力的ですよね!!
東方の素敵な所って一杯あるのですけど、
やはりこういう多種多様な価値観とか考え方を、あたかも底なし沼のようになんでもかんでも一切を「受忍」してしまうような
おおらかさがとっても魅力的だと思いますし、
いかにも「日本=八百万の神々の国」というものを象徴したようなバックボーンであり、
素敵な所だと思います。



譌ゥ闍励&繧点convert_20160518155553


改めてなのですけど・・・

「東方鈴奈庵」における早苗さんはとっても可愛く描かれていましたよね!!
霊夢はなんとなくですけど・・・都会も田舎もどちらも似合いそうみたいな雰囲気もあるように思えますし、
何となくですけど「土着の巫女さん」というか土の香りっぽい感じも無くは無いのかな・・とも思うのですけど、
この中での早苗さんは、いかにも「垢抜けた・・・」とか「スマートで洗練されている」みたいな感じで、
「あ、やっぱり最近まで外界の女子高生だった子はなんか違うな・・・」とも感じさせるものでしたし、
早苗さんというと、丁寧語とか敬語で話すみたいな印象もあった中、こちらの作品の早苗さんは、霊夢に対して
ため口をポンポンと叩いていたのがとっても印象的で
あの喋り方はなんかいかにも現代っ子みたいな感じでとっても微笑ましく感じたものでした。
蛇という「神の使い」に対しての敬い方・扱い方を民衆に説いてるシーンの早苗さんですけど
(守矢神社というのぼりを立てて、みかん箱らしきものの上に乗って民衆に啓蒙活動をしている早苗さんが
とても可愛かったのが印象的です!!)
早苗さんは、「蛇は過剰に恐れるべき存在ではないが敬う必要はある。決して乱暴に扱ったり殺すことはよくない」と説き、
「分社を建てましょう! そしてそこにお供え物をすれば、蛇はそれを食べて人里まで下りてくることは減るはず」と提案し、
要は蛇を神の使いとしてきちんと崇めておけば、決して襲われることは無いはず」と説くのですけど
いやーー、こういう「丁寧さ」なんかは霊夢には望みたくても望みようがない美点でもありますし、
いかにも早苗さんらしい「説話」みたいな感じでした。

あ・・・改めてこのシーンを見て、ふと感じた事があったのですけど、
こうした布教活動をする上では、勿論、「民衆への説話」という本筋の内容は極めて大切なのですが、
人里の民にまずは「あれ・・・この人はこれから何をしようとしているのかな・・?」みたいな話のきっかけづくり、
すなわち・・・お笑いとかバラエティー番組とかコンサートなんかではよく見られる光景なのですけど
「前座」というものも必要なのではないのかな・・とも思ったりもします。
公式の設定の上では、早苗さんは「奇跡を起こす程度の能力」をほんのちょびっと使う形での「手品」みたいなものを
最初に布教活動の前にお披露目しているみたいですけど、
幻想郷内の人里に対する「人集め」というのか、興味を持つきっかけづくりとして
役だっているのかもしれないですよね。

だけど・・・・

私としては、なんか早苗さんに是非是非リクエストさせて頂きたい事があったりもします・・・(笑)

何かと言うと、七色の人形使いのアリスに、早苗さんの布教活動の「前座」として
アリスのお得意の「人形劇」をお披露目して、人々達を「これはすごい・・・!!」と興味を引き付け
そして雰囲気的に盛り上がったところで、早苗さんが満を持して登場し、
あの聡明で誠実そうな笑顔とあの丁寧な言葉遣いで民衆に語りかけていけば、
幻想郷の人里の人々の「ハート」をつかむなんてちょろい、ちょろい・・・!!みたいな感じさえしますよね(笑)

早苗さんとアリスは公式においてはそんなに多くは接点は無いようですね。

二人が一緒に登場したのは東方地霊殿と東方非想天則の2作のみで、
地霊殿ではアリスはサポーターとしての出演のため、実質は非想天則のみと言えると思います。
だけど、この二人は意外と共通点が多いかも・・という感じですね。
共に幻想郷の外の出身者であり、神様が保護者として何かとサポートしていて、現代っ子(都会派)と呼ばれている点は
大いに似ていると思います。

「東方非想天則」にて早苗さんはアリスの事を、
「凄い数の人形ですね 職人には憧れます」
「大きな人形とか作ったり出来ないのですか?
 いや、見てみたいだけですが……等身大の巨大ロボ」
みたいに言っていますし、
アリス自身も早苗さんの事を「霊夢とは大違いね やっぱり巫女は神様とワンセットだよね」 と明らかに
一目置いていますし、
そうですね・・・・是非是非公式でもこの「早苗さんとアリス」、サナアリのカップリングが増えてくれれると
嬉しいな・・とも思ったりもしますね。
そうそう、先ほどの早苗さんの前座としてのアリスの人形劇ですけど、
さすがにあの人形の中に、「メディスン=メランコリー」は登場する訳ないですよね・・・
メディスンは元々は「お人形さん」だったのですけど、人間から捨てられてその恨みで妖怪と化した経緯が
あるのですけど、
人形使いとしてのアリスと元・人形としてのメディスンのカップリングも大変興味があったりもします。
ちなみにですけど、「東方儚月抄」の紅魔館パーティーにおいて、アリスの横にいたのはメディスンでした!!

公式でもそうですけど二次創作でもありそうで意外とあんまりみられないのが「ゆかさな」、つまり紫と早苗さんの
カップリングなのですけど、
この組合せ、是非見てみたいですね!! とっても興味があります!!
だけど、ゆかりんにとっては「早苗は、既に二人神が付いているのだから私が別にちょっかい出さなくても・・」
という感じてしょうし、
ま・・ゆかりんにとっては「巫女さん」というと、そりゃ「霊夢」以外ありえないでしょ・・みたいな感じかもしれないですよね。



hanabira-reimuchan_convert_20140809164449.png



上記でちらっと書いた通り、アリスは早苗さんを評して「やっぱり巫女は神様とワンセットだよね」とか
言っていましたけど、
この言葉は実に興味深いものがあります。
早苗さんには、神奈子と諏訪子という二人の神様とペアというのかトリプルというセットになる事で
より強大な力を発動し、その意味では「三者三様」ではなくて「三位一体」というのが
守矢神社の大きな特徴なのだと思います。

それに対して霊夢はと言うと・・・
なんと! 霊夢自身、自分の神社にどんな神様が祀られているのかすら知らない・・・という、ま、その・・・・
ある意味究極の「不勉強・無関心」振りを露呈しているのですけど、
阿求ちゃんに言わせると「巫女としては危機感に欠ける性格」は、まさに霊夢そのものであり、
幻想郷内に「早苗さん」といういかにも巫女さんらしい巫女さんが登場したのだから、
霊夢は、「も―――、ずっとそのまんまの霊夢でいて!!」と叫びたい気持ちで一杯です!!
霊夢と言うと、「単純で裏表が無い。喜怒哀楽が激しく、人間・妖怪を問わず惹き付ける不思議な雰囲気の持ち主」
というのがよく言われているキャラ設定なのですけど、
「人も妖怪も神も仏も全て同じ!」と言い切る聖白蓮の絶対平等主義みたいな博愛精神とは
全く全然別の意味で、人も妖怪も分け隔てなく接するという印象があったりします。
霊夢は博麗神社としての巫女さんと妖怪退治の二本立てでもって生業としているのですけど、
神社の境内にはとにかく妖怪がうじゃうじゃといるものですので、参拝客はほぼ皆無状態・・・
その為、お賽銭収入にはほとんど期待できない事もあり「妖怪退治」の謝礼でもって生計と神社運営を
成り立たせているのかなとも思います。
神社の信仰の減少と神社周辺の妖怪の増加が頭痛のタネと言えるのかもしれないですけど、
当の本人はその辺りは大変お気楽に考えていて、「信仰が減る事の意味」をあんまり考えていないというのが
逆に霊夢らしい話なのかなとも思ったりもします。
霊夢自身は、「別に信仰が減ってもうちの神社としては、妖怪退治を生業にしているから
それはあんまり関係ないかな・・信仰が減る事は妖怪が増えるという事でもあるから、妖怪退治を生計に立てている
私としては逆にありがたい話・・」みたいな事をかつては言っていましたし、
前述の発言に関して「神社にとって信仰が得られないのは致命的」と指摘されて
「そうねぇ・・・お賽銭が入らなくなるもんねぇ・・」と「お賽銭のための信仰」が霊夢にとっての宗教観であるみたいな事を
いみじくも自ら暴露する事になっていましたけど、
東方風神録で「早苗さん」という新しい巫女さんが登場した事で、
霊夢自体も少しは・・・「信仰心」について多少は考えたり、工夫をする事にもなりましたので、
やはりそうした意味でも、早苗さんという新しいヒロインの登場は、大変意義が大きいのかな・・とも感じたものでした。

でも霊夢はとにかくめちゃくちゃ可愛いですよね―――!!

袖が無く、肩・腋の露出した赤い巫女服と後頭部に結ばれた大きな赤いリボンが
霊夢のまさにトレードマークなのですけど、
全体的にヒラヒラと舞うような雰囲気のフォームがとにかく反則的に可愛いです!!

あ・・・だけど今回は、全体的には、霊夢の事よりは、またまた早苗さんの事ばっかり語ってしまいましたね・・・(笑)
しかも早苗さんは、明日、日曜日にどうせまた色々と熱く語ると思われるのですけどね・・・(苦笑・・)

でも、いーーんです!!

霊夢が私の中では「東方の絶対的なエース」である事は揺るぎようがありませんし、
とにかく霊夢はめちゃくちゃ可愛い!!
「霊夢が可愛すぎて生きているのがつらい・・」みたいな世界であるのは間違いはありませんから!!

さてさて・・・上記のとっても可愛い「霊夢」のイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2014年8月に描かれた
「8月9日は博麗霊夢の日」にちなんでの霊夢のとっても可愛すぎる素晴らしい一枚です!!

この霊夢って本当にいかにも「女の子っ!!」というオーラに満ち溢れていて
可愛いというよりは・・・
「美しい」という言葉がぴったりでして、
まさに美的限界に達しているような雰囲気すらあると思います。
本当にこの霊夢は「まさに夢見る美少女」だと思います!!

アミグリさんのブログの「dream fantasy」のプロフィール画像は、まさに霊夢ですし、
アミグリさんは、過去に何度も素晴らしい霊夢を描かれていて、ああした霊夢を拝見させて頂くと、
まさにアミグリさんの「霊夢愛」がひしひしと伝わってきますし、
霊夢に対する「思い入れ」とか「愛」は本当によーーく伝わってきます!!

アミグリさんは、先週は体調を崩され気味だったと聞いていますけど、どうか無理をなさらないで
是非是非お大事にしてください!!
そして・・・
体調が回復されたら、是非是非こうした「美的限界を超えた霊夢」なと゜のような素敵なイラストを
どうか無理のない範囲で描いて頂けることを
切に切に・・・願っています!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございます!!

以前は神奈子と諏訪子のイラストを掲載していただき、ありがとうございました。

そして、霊夢のイラストを掲載していただき、嬉しいです。
東方でも霊夢は特に思い入れの強い大好きなキャラの一人ですので、描くことが多いキャラですね。

メッセージいただき、ありがとうございました!
少しずつ体調は回復しつつあります。
また、完全復活したら、無理のない範囲で描いていこうと思います!!

いやいや、こちらこそいつもありがとうございます! そしてくれぐれもお大事に!!

アミグリ 様


いえいえ・・・こちらこそ本当にいつもありがとうございます!!
5/28の霊夢は本当にあまりにも可愛過ぎて「生きていくのがつらい・・・」みたいな感じに
なってしまいました!!
やっぱり霊夢はとっても可愛くてまさに東方のエースだと思います!
本日の水着早苗さんもとっても可愛いですし、
やはり女子高生自体の海岸での早苗さんみたいな雰囲気ですね!!

さてさて・・とにかく今はゆっくりとお過ごしくださいね!!

季節の変わり目でもありますし、体調を崩しやすい季節でもありますので、
どうぞゆっくりと体力回復してくださいね!!
くれぐれもあせらずマイペースにお好きな時にお好きなイラストを描いて頂きたいと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2932-a29ad2f5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |