プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「幻想郷」は、妖怪と人間の間のバランスが保たれるように、ゆかりん=八雲紫等が常に
細心の注意と警戒を怠らないようにしている世界でもあります。
妖怪側のパワーだけが著しく増大して、人間を襲ったり食らったりして人間の数と力を弱めてしまうのは、
「人からの畏敬」がその存在の根拠となっている妖怪にとっては大きなマイナスであり、
逆に自らの首を絞める結果にもなりがちです。
(マミゾウなんかは、妖怪になったばかりの新参者妖怪の中で人間に深刻な危害を加える場合は「教育」と称して
成敗していますけどね・・・)
逆に外界のように「神様よりも科学と情報を信仰する世界」・「夜も妖怪も何も恐れない世界」みたいに
人間のパワーが著しく増大しすぎると、
妖怪・神様の存在意義が薄くなりひいては「消滅」という危険性すら秘めています。

要は、「幻想郷」は確かに常識が通用しない世界なのですけど、一つの暗黙のルールとして
確かに「妖怪は人を襲うし、人は妖怪を恐れる」という大前提をベースにして
妖怪も人間も「お互いの領分を犯さないようにしましょう・・」とか「どちらか一方のみが強大になって、もう一方を
侵食するのはNGですよ・・」みたいなものもあるように思えます。
そして幻想郷内最大のタブーは「人間が妖怪化する事」です。
そうならないように常に警戒をしているのが霊夢の一つの役割でもあったりもしますし、
霊夢は「妖怪退治」という事で、あまりにも人間に対して悪事を働く妖怪を退治することで幻想郷内の人間より
謝礼というかお布施を貰い、それを神社運営の資金としている経緯もあったりもします。

さてさて・・・改めての話になるのですけど、聖白蓮の「人も妖怪も皆絶対的に平等」とか「妖怪の救済」という考えは、
こうした幻想郷内の前提とかルールに矛盾しないのかな・・・とも思ったりもします。
だけど、聖白蓮さんの考えというのは、あくまでもその対象は、
「弱くて虐げられている妖怪」の事であり、強大な力を有する妖怪とかむやみやたらと人を襲って人を食べてしまうような
極悪妖怪は、そうした教えの対象外になっています。
つまり白蓮さんの考えというのは、「全ての妖怪を救済範囲にはしていない」という事なのです。
そして換言すると白蓮自身はそうした幻想郷のルールをよく認識していますし、その上で、幻想郷内の
ルールや秩序を変更しようという気は全く無いという事なのだと思います。
だからこそ、幻想郷内のルールとか人と妖怪のバランスを最重点に考えているゆかりんにとっては
「ま・・これぐらいはいいのかも・・・霊夢の神社も閑散としているし、神社とは違うのだけど
こうしたお寺で幻想郷内の人間たちの信仰を集める事はむしろ必要な事」という認識に立っていると
言えるのかなとも思います。
余談ですけど、阿求ちゃんが主催した「東方求聞口授」おいて座談会形式で呼ばれたのは、
八坂神奈子・聖白蓮・豊聡耳神子の三人の宗教家だったのですけど、
そうですね・・・私としては是非是非、八雲紫(ゆかりん)様と永琳様をも是非是非呼んで欲しかったと
思いますし、この5人のメンバーの「本音」を語って欲しかったな・・と思いますね。
(特に紫様と永琳様!!)

上記のような幻想郷のルール・バランスという意味においては、
もしかして早苗さん・神奈子・諏訪子の「守矢神社」組においても色々と苦慮した面があるのかな・・とも
思ったりもしています。

それがあの「東方風神録」の背景になっているような感じもあります。

神奈子の指示に従って、早苗さんは霊夢のいる博麗神社に乗り込み、
「博麗神社の譲渡または営業停止を要求」という直談判に打って出ます。
何となくですけど、あの時の早苗さんは、神奈子と諏訪子の二人の神々の「操り人形」というのか
神奈子がそうしなさいと言ったからそれに従うみたいな雰囲気も無くは無かったと思います。
早苗さんがはっちゃけ始めたのは、自機に抜擢された「東方星蓮船」以降あたりからなのかな・・?
でも最近の早苗さんのあの感じは実に素晴らしいものがありますよね!!

さてさて・・それではどうして神奈子が博麗神社の乗っ取りを企んだのかというと、早い話が
「人間からも信仰を集める」という事にあるのだと思います。
その③で散々書いた通り、早苗さんたちは「神々の消滅の危機を避け、外界を捨ててまで新しい未来を
幻想郷内で得る」ために湖と神社の建物ごとそっくり外界から移ってきたのですけど、
「山の神」とも言える八坂神奈子に相応しい山らしい「山」が幻想郷内には、妖怪の山以外に見当たらなかっため、
やむなくこの「妖怪の山」の山頂に湖と神社ごと拠点を構える事になります。
最初は妖怪の山に居住している天狗たちに大変強く警戒をされたのですけど、話し合いにより折り合いが付き、
早苗さんたち守矢神社組は、「妖怪の山の神様」として祀られ始める事になります。
その結果として、天狗をはじめとする妖怪の山の妖怪たちは、神奈子たちを「神様」として祀り
神奈子たちは信仰を得られていき、幻想郷へ移転した目的は無事に達成出来ました。
そして逆に神奈子たちは、山の妖怪たちに「大いなる神徳」を与えるようになります。
しかし・・・・
その「神徳」の結果、妖怪の山に住む強大な勢力の妖怪(天狗や河童など)が強くなり過ぎてしまい、
結果的に幻想郷のパワーバランスを崩す可能性が生ずることになってしまいます。
そして、この「幻想郷内のバランス」というものこそが、ゆかりん=八雲紫様が一番細心の注意を払っていて
常に用心しているものに他ならないのです。
ま・・・・・神奈子自身も分かっていたのでしょうね・・・
「幻想郷には独自のルールとシステムが存在している」
「そして・・・・郷に入ったら郷のルールに従え・・・」という事を・・・・
幻想郷のバランスを取る為には、山だけでなく麓からも信仰を得る必要が不可欠となったのです。
麓の主な住人は人間と妖怪であり、そこで信仰を得るためには、
霊夢のいる博麗神社の存在がとてつもなく邪魔で、
それだったら「博麗神社を乗っ取ってしまおう・・・、そうね・・・それだったら、早苗! まずあなたが
私の使いとして霊夢と直談判してきなさい」と命令し、
その命令に素直に従ったのが早苗さんであり、それこそが「東方神風録」の始まりだったのです!!

だけど、その③で書いた通りその企ては霊夢に叩きのめされる事で頓挫し、乗っ取り計画は断念と言う事に
なってしまいます。
そして・・・・
そうした事情があるためと思われるのですけど、
最近の記事・・・「東方鈴奈庵での早苗さん」で散々書いた通り、
ある意味資本主義社会の申し子である早苗さんが、外界の資本主義らしい方法で
幻想郷内での守矢神社のPR活動並びに布教活動を開始したという事に結びついていくのです。
そうですね・・・・
ま、勿論、霊夢はとっても可愛いしとてつもなく魅力的なキャラなのですけど、
早苗さんがあんな可愛らしい笑顔で幻想郷の人たちに誠意をもって丁寧に接していれば、
幻想郷の人たちの「信仰心」を集める事ももはや時間の問題、霊夢の博麗神社はどんどん寂れていく・・・
みたいな展開もあるのかなと思ったりもします。
(ま・・多分そうはならないと思いますけど・・・)
とにかく、早苗さんたちの「守矢神社」が幻想郷内での信仰が得られるようになり、且つ同時に
ゆかりんの言う「幻想郷内でのパワーバランス」を保つためには、
山ではなくて麓の人里内にて信仰を得られる必要があります。
そして「守矢神社」は、湖の神様でもありますので、湖の近くに建立されないと意味がありません。
現況の妖怪の山の頂には、外界からそっくり移動してきた「湖」が、ある事にはあるのですけど、
前述の通り、妖怪の山ゆえに妖怪がうじゃうじゃいますので、とてもとても人のお詣りは期待できません。
早苗さんも守矢神社の布教活動とか啓蒙活動に余念がないのですけど、
神奈子は神奈子として、色々とあの手この手を考えていて、それが後に「山の産業革命」の一環としての
あの地霊殿騒動に繋がってしまい、
ま・・結果的に・・・「もーー、神奈子は本当にはた迷惑な神なんだから・・・」みたいな感じにも
なってしまいましたよね・・・(苦笑・・)
ま、神奈子には神奈子なりに「守矢神社のPR活動」を模索している結果という事なんでしょうね。
そうした中の一環が「東方茨歌仙」の第一巻に表れていましたよね!
話は唐突に「山の麓の川縁で地滑り」という天災から開始されますが、ま・・そもそもが「雨もなく地滑りが起こった事」
自体が最初から「どーもなにかあるね・・」という雰囲気が満載でしたね。
そして、地滑りで土砂が川をせき止め、結果的にダム湖が出来てしまいます。
そこにもっともらしく神奈子が登場し、「天然のダムは決壊する恐れがある・・」と浮かない顔を見せています。
そして神奈子は「山の麓の新しいダム計画」を提案します。
実際に神奈子は、土砂は取り除かれ天然ダム湖を撤去してしまいます。
守矢神社主導による新たなダム建造計画が持ち上がる事に、華扇は計画に胡散臭いものを感じていくのですけど、
ま・・それってやっぱり・・・
「まさにその通り!!」という展開になっていきましたね!
「守矢一派は湖の神。山の上では思いのほか信仰が集まらない。
山の麓に拠点を作るためにダム湖を作ろうとしているのではないか・・・・
そして、最初からダムを作るつもりで地滑りを起こしたのではないか・・・」と華扇は推測し、
結果的にその推測は大正解という事になるのでした。
ダムの施工は妖怪の山の河童が担当するのですけど、河童は元々大規模工事が苦手なうえ、
設計図と違う物を造ったり遊んでばかりで協調性がなく、
結果としてダム工事は中止と言う方向になってしまいました・・・・

だけど・・・上記のエピソードから窺える通り、神奈子としても「山の麓で信仰を集める事」に
余念がなく、ま・・多分ですけど、今後も色々とあの手この手を使って色々な事を画策していくのでしようね。
ま、霊夢にとってはそれはまさしく「異変」という事に他ならないのでしょうけど・・・・(笑)

そしてそうした神奈子の画策に巻き込まれながらも、そうした二人の神様を崇めつつも、
自分なりの「布教活動に努める早苗さんは早苗さんで
素晴らしいと思います!!








さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが描かれた「水着早苗さん」ですっ!!

いやーーーー!! これは素晴らしい!!

これから夏本番を前にしてのいかにも夏らしいとっても素敵なイラストですし、
何よりも・・・
海が無い幻想郷においては、「水着」自体拝めることはまずないだけに、とにかく貴重な一枚だと思いますし、
も―――――!! 私にとっては・・・否! 東方大好きの男性諸氏にとっては
本当に喜びのあまり思わずこ踊りしたくなってしまうようなとっても「おいしい一枚」だと思います!!
いや―――!! 公式では多分あり得ない「水着早苗さん」を拝めるなんて・・・!!
まさに気分は「ウルトラハッピー!!」ですねっ!!

これは・・・湖で水遊びをする早苗さんなんでしょうね・・・(笑)

それとも・・・・外界の女子高生時代の「海」での早苗さんなのかな・・・・??

とにかくとっても可愛いです!!

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!
そして一日も早く体調が回復されることを埼玉の地よりご祈念申し上げたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

うれしいです!

早苗さんのイラストを掲載してくださり、ありがとうございます。
湖か海なのかは、見ている方のご想像におまかせします(笑)

お心づかいいただき、ありがとうございます。
体調は、ほぼ回復しております!
ぬくぬく先生も、体調に気を付けてくださいね。

お大事に!!

アミグリ 様


今回はこんなに可愛い水着早苗さんイラストの掲載のご了解を頂き、改めてありがとうございました!!
この早苗さん、はっちゃけていてとてもいいですね!!
そうですね・・・
妖怪の山の山頂の湖での早苗さんというのが私の脳内妄想です・・・(笑)
水着早苗さんを撮影して特ダネを狙っているのは、果たして文なのかはたてなのか・・・??という
妄想もありなのかも・・・(笑)

体調が戻りつつあるとの事ですけど、無理は禁物ですよ!!
くれぐれもお大事に・・!!
私の体調の事も気にかけて頂きありがとうございます!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2931-b358b18c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |