プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今回の魔法つかいプリキュアですけど、
要は・・・魔法界のリコちゃんの補習仲間がフランソワと共にナシマホウ界に遊びに来てとっても楽しかったです!!
みたいな感じの内容で、ま、特に感想とかも無いのですけど、
いやいや、そうじゃなかったですね・・・
色々と随所に「え・・」とか「おいおい・・」みたいなツッコミ所が満載なのは、
いかにも「魔法つかいプリキュア」らしい展開なのかなとも思ったものです。

というか・・・まさかこんな早い段階で敵幹部が消滅してしまいとは・・・!!
え・・・スパルダはもう殉職なんですか・・・??
前作の姫プリにおいても今回のスパルダよりも早い段階でクローズが浄化(殉職)していましたけど、
ま、結果的にクローズは物語の中盤以降完全復活を果たしていましたからね・・・
果たしてスパルダに復活はあるのかな・・?
(多分無いと思うけど・・・)
初代とかSSとかプリキュア5の頃は、こうした「敵幹部の殉職」というのは日常茶飯事の光景でしたし、
敵幹部の復活というのは、SS以外では無かったですよね。
(SSの場合は、一旦敵幹部5人を全員を撃破しながらも、ゴーヤーンの策によって全員まさかの復活を
一旦は果たしていましたね。ま・・・結果的にその後すぐ再度倒されてしまいますけど・・)
そうですね・・・・
私としては、スパルダに変る「新しい敵幹部の登場」に期待したいです。
出来れば・・・レジーナとかトワイライト様みたいな魅力的な女の子の敵幹部がいいです!!
(男の敵幹部はいらねぇーーー!! 苦笑・・・)
しかも、レジーナとかトワイライト様のようにプリキュアサイドにチェンジするのではなくて、出来れば最終決戦まで
敵幹部としてプリキュア達を大いに苦しめ、最後の最後で改心し、生き残るというパターンなら
も―――、大歓迎という感じです!!

それと・・・・何気なく今回の話でとんでもない設定が登場していましたね!!
え・・・
実は、既にナシマホウ界には、魔法界出身の人達が既に色々とご活躍をされているのですね・・・(笑)
ファーストフードのあの店員さんの女の子も実は元々は魔法界出身との事だそうですが、
うーーむ、それを知らないのは我々・・・ナシマホウ界の住人達だけなのかな・・・?
我々は・・・もしかして既に侵略されつつあるのかな・・・・(苦笑・・・)
というか、こういう設定の場合、なんか最終決戦以降のラストシーンの描き方がとっても無理がない感じで
エンディングを迎えられそうな気がしますね。
なんか自然な流れで魔法界とナシマホウ界という「二つの世界」の異世界交流が実現出来そうな感じですし、
戦いが終わっても、なんか日常的にこの二つの世界の往復と交流が果たせるという事で
初期の頃のプリキュア恒例の「涙のお別れ」なんてのはもはや無用とすらなってきそうですよね。







補習組がやって来たという事で、リコちゃんもその三人から現在の魔法学校での様子なんかも嫌でも
耳に入ってしまいます。

「2年生は大変だよ…色んな魔法を覚えないといけなくて」というケイの発言とか
「先週なんて、上級者向けのほうきに乗ったの…」というエミリーの発言とか、
ま・・・リコちゃんとしては、
「え・・・私がいない所でみんなは着実に色々な新しい事を学んでいて確実に進化をしている・・・
私はこんなナシマホウ界にいていいの・・??」
みたいな不安感とか焦燥感とか劣等感なんかもちらっとは感じていたのかもしれませんね。
だけど、こういう時って必ず歴代プリキュアには「大人ポジション」の人がいて、
そうした不安感なんかを優しく諭していくのですけど、今回はフランソワがそうした役割を担っていました。
プリキュアの場合、こうした大人のおかまちゃんに、例えばカオルちゃんとかいい人は間違いなくいましたよね!!
フランソワは、リコに対して
「私もこっちにいた時はちょっぴり不安だったわ。魔法界の皆より遅れを取ってるんじゃないかって」とか
「でもね、こっちでは魔法学校では教わらない色んなことが勉強できてよ」というのは
今のリコちゃには本当に適切で正しいアドバイスだったと思います。

ま・・・・リコちゃんの補習組に対しての
「カーナビなんてどうせ知らないでしょ・・・私は知っているわよっ!!」みたいなドヤ顔はとても素敵でした!!



3c8ad1c5_convert_20160522194755.jpg



今回のショッピングモールの舞台と言うか、モデル地は・・なんかどうみても「イオン」みたいな雰囲気ですよね・・・(苦笑・・)

ま、うちの近くにもこうしたイオン系のショッピングモールがなんと三つもあったりもしますので
なんか画像を見た際には
「これってどうみてもイオンじゃん・・」と思ってしまいました・・・
ま・・イオンは、最近もそうでしたけど「プリキュアショー」でいつも大変お世話になっていますからね・・・(笑)

さてさて・・・

みんなで「プリクラ」で記念写真というと、なんかフレッシュを思い出しますね!!
あの時は、せつながなんか一人暗い雰囲気だったのは・・・ま・・・あれはまだイース時代の話ですから
仕方が無いのかも・・・
だけど、病気の女の子のお見舞いの際には、なんと・・・!!
プリキュアの姿としてプリクラで写真撮影をしていたのはなんとも微笑ましいものがありました。

今回のプリクラは、補習組も含めてみーんなとっても可愛かったですけど、
特にみらいと勝木さんがとっても可愛かったですね!!
だけど・・・・
そのプリクラの中になんか不気味なものが・・・・??
そう・・・それは、はーちゃんがうっかり写りこんでしまったのですけど、
事情を知らない人が見たら、まさしくあれは「心霊写真」以外の何者でもないですね・・・・(苦笑・・)

本当にも―――、はーちゃんはお茶目なんだからぁ・・・(笑)



c8569813_convert_20160524123057.jpg


342d6d32_convert_20160524122844.jpg



しかし・・・今回の話もはーちゃんは可愛さ満点ですし、
何となくですけど、今後の「魔法つかいプリキュア」の大事なキーパーソンである事を示唆するような感じですし、
ますますはーちゃんに目が離せそうもないですね。
既に色々な所(商品展開の絡み)でネタバレとして「キュアフェリーチェ」の情報が出ていますけど、
ま、多分ですけどほぼ間違いなくはーちゃんがそうなっていくのでしょう。

だけど・・・

ミルク・セイレーンという妖精系立ち位置の方がプリキュアになった事例はあるのですけど、
はーちゃんみたいないかにも小さくて可愛らしい赤ちゃん妖精みたいな人がプリキュアになった事例はありません。
なんとなくですけど、はーちゃんのああいう可愛らしいほのぼのとした雰囲気が
ミラクル・マジカルが展開しているような敵幹部との激しいバトルには今一つ違うな・・・という感じもありますし、
はーちゃんがああいう戦闘をする事に少し違和感みたいなものも感じたりもします。
ま・・・別にはーちゃんが戦っても全然構わないのですけど・・・
前回の話もそうでしたけど今回の話においても、はーちゃんは「プリキュア達を防御する」みたいな
「守り」の役割に特化した方がかえっていいのかな・・・とも思ったりもしますね。

そう・・・!!

そんな「防御専門」とか書いていると、プリキュアに精通している人ならばピンとくるかもしれないのですけど、
実際にそういう役割を持っていた人が一人いましたね!
あ・・・キュアミントじゃないですよ・・・
あの御方は・・・「ミント砲」という凄まじい最終破壊兵器も使える御方でしたから・・・・(笑・・)
それは言うまでも無く、初代【MH】の「シャイニールミナス」なのですけど、
ルミナスは一年間の戦いの間、ついに・・・・本当に一度もブラックやホワイトのようにパンチ・キックみたいな
戦闘はしませんでしたし、
基本的には・・・逃げる事とバリアを張ったり、二人のプリキュアに力を与えて「サポート」をするだけという
歴代プリキュアにとってはまさに「稀有な存在と役割」を担った人でした。
ルミナスは、回によっては変身して名乗りを上げただけであとは何にもしない・・という回すらあったほどですから・・
だけど、「防御」に関してはほぼ完璧みたいな印象が強く、
ちなみにですけどアニメ本編や映画においては、ルミナスのバリアが破られた事は今までで一度もありません。
(ミントのバリアが日常茶飯事的に破られていたのとは大違いです・・・)
そういう意味では、はーちゃんはもしかして・・・そういったルミナスみたいに、戦う事は基本的にはしないけど、
「防御とサポートは私にお任せあれ!!」みたいな役割を今後持っていくのかもしれないですよね。

これは以前とあるブログの「プリキュアコラム」で拝見させて頂き「なるほど・・」と感じた話なのですけど、
その人の説によると・・・・
初代【無印版】においては、ボルンが「石の番人」から光の園の力を授けられ、
ブラックとホワイトの二人に「これを受け取るポポ!!」みたいな感じで毎回毎回力を授けていましたけど、
ボルン自身は戦闘に参加した事は当然ながらありません。
そしてその一年後、ボルンがやっていた事とほぼ同じ事をシャイニールミナスがやっていた・・
だから・・・ボルンとシャイニールミナスの意義と役割はボルンとほぼ同じ
そのような事を言われていましたけど、それを読んでみて確かに「なるほどね・・・」と感じたものでした。
その理屈に従うと、もしかして・・・・
魔法つかいのはーちゃんがもしもプリキュアになった場合に求められる事は、
ボルン=シャイニールミナスがプリキュア達に対してサポートしていた事と大体同じになるのではないのかな・・とも
思ったりもしますね。



08fb073a_convert_20160524122807.jpg


しかし・・・・

今作は毎回毎回、勝木かなちゃんにプリキュアとか魔法界関係者とか目撃されまくりですね・・・・(笑)

なんか印象としては・・・・

「はい、これが勝木さんの今週の目撃ノルマ!!」みたいな展開になりつつあますね。
最初の予想では、勝木さんは、前作のゆいちゃんポジションなのかな・・とも思ったのですけど、
なんか違うような気も・・・・??
毎週毎週こうした魔法使いたちを目撃している内に「はい、一年が経過しちゃいましたぁーー!!」みたいな
感じで終りそうな気も・・・?
なんか既に勝木さんが魔法使いを目撃して、みらいとリコがそれをテキトーに誤魔化して
ますます怪しまれるというのが既に今作の「お約束」になっているような気も・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ナシマホウカイの魔法界人と幹部の早期退場。

補習組(ジュン・エミリー・ケイ)のナシマホウカイ上陸を望んでいたところ、早くも実現するとは…今度は夏休みにでも来て欲しいところです。エミリーは相変わらず高所恐怖症…なおやあかね、つぼみとは気が合いそうです。ケイも魔法の杖を忘れた…とでも思っていたのですが、そのような話は聞かれませんでした。
スパルダが最終形態に…というところ、プリンセスにおけるクローズ、ロック、シャットが最終形態になったところに、似ていました。そのスパルダの素体は蜘蛛といいますが、おそらくバッティとガメッツも蝙蝠、亀が素体とも考えられます。
魔法界の住人が数名、いや十数名ほどナシマホウカイにいるというのは意外でした。EDのクレジットにおいてかな、まゆみの順番であることを考えると、かなはおそらくゆいや誠司のポジションになるか、あるいはまゆみとともにそうなるか…期待が膨らんできました。
ショッピングモールといえば映画DX3でも響と奏が訪れ、えりか主催のファッションショーが開催されていたといいます。このショッピングモールは確かにイオンモール(幕張?)、あるいはららぽーと(豊洲?)のような感じです。
みらいとリコ、もといミラクルとマジカルの言葉から出てきた「絶対に許さない!」、スマイルの響と奏を真っ先に連想させてしまいました。

勝木さんは毎度皆に全否定されているせいか、
どんどん頑なにというか魔法という言葉すらに
すごい反応が出てきてますよね(^_^;)
ここまで毎度お約束のように見る→全否定される だと
最終回でドキドキ並に車も走ってるのに
魔法のじゅうたんが飛んでるナシマホウ界にでも
なってあげて欲しいです(笑)
ショッピングモール、私も「イオン!」と思いましたよ♪

イオンなのかも・・・??

鎌倉快速 様


あ、そう言えば、なお・あかねは高所恐怖症でしたね・・・(笑)
スパルダの復活はどうなんでしようか・・? 物語の終盤頃にあるいは・・という可能性もあったりして・・??
かなちゃんの今後の役割なんかも今後の注目点の一つだと思います。

あ・・・確かに・・・!!
ご指摘の通り豊洲のららぽーとみたいな雰囲気もありましたね。
ただ私としては、普段見慣れている「イオン」の方がなんとなく似ているのかもと感じたものでした・・・(笑)
オールスターDX3もそうしたショッピングモールが舞台でしたけど、
あの映画で響とつぼみが初めて出会う場面におけるつぼみの「三つ編み」はとにかくとっても可愛かったです!!

いつも素敵なコメントを本当にありがとうございます!!

あれは多分・・イオンなのかも・・・

りえ太 様


今回の舞台はなんとなくイオンっぼいつくりもありましたよね。
やはり普段行き慣れているイオンだとなんとなく愛着もあったりもします・・・(笑)
勝木さんは、最終決戦まで毎回毎回完全否定されて、最後に「ごめんね、実は・・」という展開も
ありなのかも・・・??

そうですね・・・

最終回あたりで四葉財閥のありすが登場し、魔法界にあるものでナシマホウ界で商品化できそうなものは
どんどん買収していきそうな展開も意外とありなのかも・・・??

ショッピングモールは…?

みらい達が訪れたショッピングモール、よく考えてみますとイオンモール東久留米(外観)とイオンモール与野(外観の一部、自転車)と ららぽーと豊洲(レストラン街)を足して3で割った感じがしました。もしみらい達や補習組が訪れた場所が東京スカイツリーであったとすれば、高所恐怖症のエミリーは天望デッキに昇ることを拒否するでしょうか。プリンセスのはるかの実家がある街も埼玉県川越市といった感じがしました。
フランソワの台詞「もう最終の時間」で思い出しましたが、カタツムリニアをもしなおが見たら…想像はついています。

う~ん、やっぱり、退場するのは、早いのですね~
浄化されて、綺麗なスパルダ、誕生するのかな~、て思ったのですけど、ああ、なったので。

これから、スパルダ復活させようとして、バッティと、ドクロクシー、とで、いざこざ、起きて。
で、バッティ、正義に目覚めて、てなったら、面白いな~、て思いました。
もちろん、あの姿のままでは、ダメなので、浄化する?、とかで、恰好良くなって。

新しい、幹部、出て来そうですね~
その人が、追加のプリキュアになったりして。
どうなるのかな~

かしこ

考えてみると・・・

鎌倉快速 様


確かに・・・高所恐怖症ののエミリーは展望デッキは無理なんでしょうけど、
なおちゃんも同じかもしれないですよね・・・(笑)
なおは勿論カタツムリの列車には乗れないでしょうね・・・
改めて振り返ってみると、キュアマーチは、高い所でも全然平気に戦っていましたので、
プリキュアに変身してしまうと、高所恐怖症はなくなってしまうという感じなんでしょうね。

そうそう・・はるかの実家は川越で間違いないと思いますよ!

あれはどうみても川越の街並ですね!!

プリキュアの楽しみ方の一つは「予想→妄想」なのかも・・・

みかんゼリー  様


そうなんですよ!!

プリキュアの楽しみ方の一つは「各自が勝手に色々な事を予想して、こうなってほしい」
みたいに妄想する事もあると思います。
それだけ中々予想が当たらないというか、何が起きるのか分からないのがプリキュアだと思います。
だって、3年前、「ドキドキ」においても
まさかあの××が結局プリキュアにならないで
いきなり出現した〇〇が唐突にプリキュアになってしまうなんて!!・・・とは
当時誰も予想できなかったと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2928-ee2125ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |