プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.名古屋電気高校


B/エル・サロン・メヒコ(A.コープランド)


名古屋電気高校(現・愛知工業大学名電高校)は、1970年代の頃より、
ネリベル・マクベスといったいわゆる「吹奏楽オリジナル作品」をかなり重厚に仕上げ、
結構独特な存在感は早い時期から示していたような気がします。
このチームと言うと、松井郁雄先生指揮によるフーサの「プラハのための音楽1968年」というまさに歴史的な名演が
大変印象的ですし、他にもネリベルの「交響的断章」も大変素晴らしい見事な演奏だと思います。
そうですね・・・
あの「私の音楽を聴きなさい!! そして何かを感じなさい!!」みたいな圧倒的な上から目線みたいな感じの
威圧するようなサウンドは、確かに好き嫌いは分かれるのかもしれないですけど、
私はああいう「圧倒的な個性」は大好きですし、聴いていて大変ゾクゾクするものはありますよね!!
他にもパーシケッティーの「吹奏楽のための仮面舞踏会」という知る人ぞ知る「影の名作」も自由曲に選んで
頂けるなど、ご逝去された後も松井先生の名前は永遠に吹奏楽コンクールの偉大な一ページに
刻まれると思います。

松井先生=名電というとなんか吹奏楽オリジナル作品みたいなイメージが強いのですけど、
実はクラシックアレンジものも自由曲に選ぶことは結構多かったと思います。
初期の頃は、トッカータとフーガとかリエンチ序曲みたいな王道的な正統派の曲も演奏していたことがあるのが
なんか意外な感じもあったりもします。
1992年のプラハ以降の勇退されるまでの4年間は全てアレンジものを自由曲に選ばれていましたけど、
その中では1996年の「ローマの祭り」は、まさにスリリングな演奏であり、
「一歩間違うと演奏が破綻・・」というギリギリの演奏を聴かせてくれ、当時の普門館の聴衆の度胆を抜いていたのは
今でもはっきりと私の脳裏に焼き付いています。
ま、あの演奏が結果的に松井先生にとっては最後のコンクールになってしまいましたけど、
あれはいかにも松井先生らしい演奏であり、まさに「有終の美」に相応しい演奏だと思います。

さてさてもそんな中、1977年の演奏は、そうしたスリリングな演奏とか威圧的なオリジナル作品の演奏という
感じは全くありません。
松井先生=名電にしては大変珍しいとすら感じる実に正攻法の正統派の演奏を聴かせてくれています。
課題曲は、課題曲B/バーレスクの演奏としては、相当上位にランクされるべき演奏だと思います。
演奏に全く隙が無く、カチッ!!とした演奏を決めてくれています。
逆に言うとこの曲らしい「道化・遊び」という感覚には少し遠かったような感じもあるのですけど、
こういう遊び心がない真面目な演奏もこの課題曲の一つとして相応しいとすら感じてしまいます。
自由曲も大変誠実で真面目で重厚な音楽を聴かせてくれています。
コープランドの「エル・サロン・メヒコ」を邦訳すると「酒場メキシコ」となるように本来は洒落っ気とか粋な感じが
前面に出るような曲なのですけど、
こういう曲を名電が演奏すると、息が詰まるくらい重厚で真面目な印象を与えてしまうのですけど、
トランペットやクラリネットのソロの扱いとか変拍子を変拍子と感じさせないほどのリズム処理の巧みさなど
聴いていて「やっぱり上手いな・・・!!」と無条件に納得してしまいます。
この自由曲はアメリカの音楽なのですけど、
名電の演奏を聴くと、あまりにも重厚で真面目なため、なんかワーグナーとかブラームスみたいな
「重厚長大」みたいなドイツ音楽みたいな印象すら感じてしまうほどだと思います。
確かに、もう少し「遊んでほしいな・・」と現在の視点では感じてしまう演奏ではあるのですけど、
こうした遊び心のある曲をあえて大真面目に仕上げたみたいな「曲と演奏のミスマッチ」みたいな感覚も
それはそれで面白いと思いますし、コンクールの演奏としては、
かなり上位にランクされるべき素晴らしい演奏だと思いますし、評価としても1973年以来の金賞を受賞する
結果となりました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2927-48194073
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |