プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


17.玉川学園高等部


B/バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲~Ⅰ.夜明け Ⅲ.全員の踊り(M.ラヴェル)


とっても繊細な演奏だと思います。
例えて言うと、フランス人形・キャンディーのポンポンお菓子・ガラス細工みたいに
なんかとっても触っちゃうとすぐに崩れて壊れてしまいそう・・だけどとってもデリケートでひそやかな演奏だと
思います。
前年度のドビュッシーの「三つの夜想曲~Ⅱ.祭り」の演奏もとてつもなく洗練されたデリケート極まりない演奏
だったと思いますが、この年の演奏も夜想曲同様にとってもスマートで都会的な演奏だったと
思います。

2015年時点でもこの「ダフニスとクロエ」第二組曲は大人気自由曲の一つであり、
1976年の出雲一中、1977年の玉川学園以降この曲は忘れられることなく自由曲として演奏され続けていますけど
(80年代前半にこの曲が全く演奏されなかった時期があったのは、1981年の観音寺第一のこの曲の
著作権問題が尾を引いていたのかも・・
結局、パリギャルドのブートゥリーアレンジ版を使用するという事で折り合いがついたみたいで、
1986年に埼玉栄が驚異的名演を残したことでこの曲が改めて脚光を浴びていたのはなんか懐かしいですね・・・)
こうした大人気自由曲への「一つのきっかけ」となったのが玉川学園の演奏と言えるのかも
しれないです。

玉川学園の「ダフニスとクロエ」を今現在の感覚で聴くと、
「あれれ・・夜明けのカット方法が今とは少し違う」とか
「全員の踊りは、結構大胆にカットしている」とか
「音色はとてつもなくデリケートなんだけど、木管・・・特にクラリネットが意外ともたついている感じがある」
「部分的に流れが遮断されてしまうような不安定箇所もある・・・・サウンドは極めて洗練され美しいのだけどね・・」
みたいな印象もあるのではと思うのかもしれないです。
音量とかサウンドの透明感は随分と巧みにコントロールされているようにも感じられます。

全体的には、カットがかなり強引みたいにも感じられ、今現在コンクールで演奏されているような感じのカットとは
少し異なるような感じもありますので、今現在のカットに耳が慣れてしまっていると
「あれ・・なんか違う・・・」みたいな奇妙さもあるのかな・・とも思いますね。

だけど1977年当時は、ハープもチェレスタも使用不可でしたし、
演奏人数も当時は45名以内という制約もありましたし、
何よりも当時のコンクールにおいてはこうした「繊細なフランス音楽」をどうやって音楽として表現すればいいのか
みたいな事に対するお手本演奏もマニュアル等も全くない中、
いわば試行錯誤の中でここまで繊細な音楽を表現出来ていた事は、まさに「驚愕」に値すると思いますし、
大変意義のある演奏だと思います。
部分的な木管のもたつきと流れの悪さとカットは多少は大目に見てあげて・・・みたいな感じですね。

だけど高校生の演奏は面白いですよね。

この繊細な演奏から2年後は、コープランドの「アメリカンな胡散臭さ」とか「軽快なノリ」を楽しませてくれて
3年後のリードの「アルメニアンダンスパートⅡ」の壮絶なスピード感+豪快なドライヴで聴衆を魅了し
夜想曲とかダフニスとクロエみたいな繊細極まる演奏とは全く別の顔を見せてくれていました。
生徒たちに対して「うちの学校のサウンドはこれだっ!!」みたいに型にはめる演奏ではなくて、
その年の生徒たちの個性・サウンドなどを考慮し、
毎年毎年「目指すべき方向性」を変化させていった柔軟性は素晴らしいと思います。
そして同時にいかにも都内の学校らしい「スマートさ」・「洗練さ」も十分に聴衆にアピールできていたと思いますし、
秋田南や花輪等の東北勢、天理や淀工や兵庫等の関西の個性煌く演奏とは
全く違う音楽というか方向性を十分に堪能させて頂くことが出来た「5年連続金賞」の演奏の数々だったと
思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2925-b801f87d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |