FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


公式漫画本なのですけど、「東方儚月抄」の中巻にて、
東方では極めて珍しいというのか「異例」とも言うべきなのか、
東方キャラ全員集合とも言えるようなシーンがワンシーンですけど登場し、
「あ・・・あのキャラがここにいる!」とか
「二次創作とか憶測で言われているようなあのキャラとあのキャラが二人で会話している!」とか
「なんであの二人の組合せなの・・・? なんか意外・・」などのように
東方をよく分かっている方の視点から見ると、とてつもなく興味深いシーンだったと思います。
東方のゲーム・漫画・書籍でこんなにも複数のキャラがこんなに一堂に会した場面なんて、多分ですけど
後にも先にも無かったような気も・・・?

ま、それだけ希少価値が極めて高いシーンのような気もしますね。

最近お気に入りの早苗さんが中々分かりづらくて発見するのが大変だったとか
なんでリリーホワイトとリリーブラックが同時に存在しているの・・!? それってありえなーい!!とか
(公式において、ZUN神主大先生が、リリーブラックとはリリーホワイトが四季映姫様のコスプレをしたものと
明言されていましたから、あれは明らかに作画ミスなのかも・・・??)
確かこの漫画は、地霊殿騒動の前の頃の話だから、当然ながら、さとり様とかこいしちゃんとか聖白蓮とかムラサなんかは
まだ登場していないからこの場面には出てこないとか
とにかく色々と興味深いものがてんこ盛りという感じですね!!



繝代・繝・ぅ繝シ_convert_20160524184249




この場面は、「月面に到達できるロケットが完成したーー!!」という事でのお披露目と命名を兼ねた
記念パーティー、通称、「紅魔館パーティー」と呼ばれる場面のワンシーンなのですけど、
この漫画が刊行された際の東方Projectとしてのキャラがほぼ全員集合という感じでしたね!!
こういう「全員集合」というのは後にも先にも、二次創作は別にすると多分ないんじゃないかな・・とも思われますので
やっぱり貴重ですよね。
ま・・・今現在だったら、地霊殿メンバーとか命蓮寺メンバーとかザクメとか純狐とかクラウンピースとか
はたてとか椛とか九十九姉妹とか
この時よりも更に登場キャラは増えていますので、とても収拾がつかないのかも・・・??

でも本当によくこんだけ大勢のキャラを描き切りましたよね!!
あれはまさに漫画家泣かせの一枚だと思います。

この一枚の中に登場していないのは・・・誰なんだろう・・・八雲紫様は・・・そりゃ・・話の「黒幕」ですから
この中には登場していません。
それと会場は紅魔館ですので、当然なんですけど、紅魔館の守衛と言うのか・・・門番の美鈴は
お仕事がありますので未登場です(笑・・)
このシーンの数ページ前にはいたのだけど、このパーティーの場面になぜか登場していないのは
慧音ですね・・・・パーティーがお嫌いと言う事で挨拶だけ済ませて帰ってしまったのかな・・・?

さてさて・・・

このワンシーンに登場していたのは、

霊夢・魔理沙・幽々子・妖夢→だけど漫画では後姿の頭しか出ていません・・・えーーー、主人公なのに・・・・(泣・・)

プリズムリバー三姉妹→楽器は持っていませんね・・・

光の三妖精→妖精なので低身長設定のはずなんですけど、なんか随分と大きく感じられるのかも・・・??

藍と橙→式神のみの参加・・・・紫様がいればもっとよかったのですけどね・・・(笑)

永琳様と萃香→実力者同士なんだけど、ほとんど接点が無い二人だけに大変興味深い組合せですね・・・・
(一体二人で何の話をしているのでしょう・・・もしかして単なる酒虫の話だっりして・・・?)

レティホワイトロックとチルノ
→レティのかつての「あんなのと一緒にされては困るわ・・」発言以降、実は不仲と言われていただけに
 この組合せはなんかとっても嬉しいですね!!
 寒気と冷気の同属性という組合せが実現されていました!

早苗さんと静葉
→早苗さんと秋姉妹のお姉さんの組合せですね。
 最初にこのシーンを見た時、正直これが早苗さんとは気が付かなかったです・・・
 カエルの髪飾りでようやく判明・・・

ミスティア・ローレライとリリーブラック→だからぁ・・・リリーブラックとリリーホワイトは同一人物なんだってば・・・(苦笑・・)

あややとリリーホワイト→そうなると、上記のリリーブラックは一体誰なんだでしょうか・・・??

四季映姫様と小野塚小町
→わざわざ彼岸からの参加、お疲れ様です!という感じですね・・・
 そうですね・・・映姫様には是非一度レミリアおぜうさまにお説教をしてあげて欲しいものですね・・・(笑)

ルーミアとリグル→パカルテット同士と言う事で、なんか「いかにも・・!」みたいな組合せですね!

諏訪子とにとり→なんか楽しそう・・・だけど一体どっち向いているんだ・・・??

神奈子→なんかひとりぼっちで寂しそう・・・こらこら、早苗さん! ちゃんと神様のお相手もしてあげないと・・・

風見幽香→普段の「弱い者いじめ」がたたってか(?)誰からも話しかけられずひとりぼっち・・・うーーん、自業自得・・??

阿求ちゃん→妖精メイドと談笑中・・・そっか・・この時はまだ小鈴は未登場でしたね・・・

十六夜咲夜→いかにも完璧なメイド長という感じですね!!

アリスとメディスン・メランコリー→東方屈指の「可愛いお人形さんキャラ」の組合せが実現!!

うどんげとてゐ→てゐは・・・耳をぴーんと張ってうどんげがお師匠様の悪口を愚痴っていないか聞き耳立てているのかも・・?

妹紅→「ひとり酒」という感じですね・・・

そして多分ですけど・・・切れているので未確認ですけど、輝夜とフランちゃんがいると思います。

そして司会者は・・・・レミリア様でした!!

さてさて・・・この「東方儚月抄」なのですけど、最近の記事の中で
この作品は漫画版・小説版の両方読まないと正直あまりよく分からない・・・
漫画版の謎事項を小説版で補完しているみたいに書いたのですけど、それでも今一つよく分からない点が
あったりもします。
その一つが「ゆかりん=紫様の思惑」というのか「紫様の真意」なんですよね・・・・
そうですね・・・・
これについては、残念ながら今現在も自分の中では「適切な回答」が出来ておりませんし、
少し判断に迷っている面が多々あったりします。
この作品については、自分の頭の中でもう一度整理・再構成をした上で、是非近いうちに改めて語ってみたいと
思っています。
紫様の思惑としては、
表面的には、第一次月面戦争での敗北という「屈辱」を何とか果たしたい・・と言う事でしょうし、
退屈で困っていたレミリア様が
「どうせ月世界に行ったって敗北するのは分かっているし、とてもとても今の幻想郷の力では
あの月世界の奴らに勝てる訳がない・・」というのは最初から承知の上で
退屈しのぎにゆかりんの申し出に表面上乗っかったという事なんでしようね。
だけど・・・・
そんなゆかりんの「屈辱を果たす」とか「復讐」というのは、別にゆかりんの真意でも何でもありません。

本当の「真意」は別の所にあるとは誰もが考える事だと思います。

ゆかりんがあの二重囮作戦をしてまで・・・
そして(わざと・・表面的に・・・)「土下座して謝罪」という事まであえてやって紫様が意図した事って
一体何なのかな・・・・
表面的には、二重の囮を使って綿月姉妹を釘づけにしている間にゆゆ様に月世界の美酒を盗ませる事で
月世界の人たちに「とてつもない不安感と薄気味の悪さ」を与えることで
第一月面戦争の敗北の雪辱を果たしたというのは・・・ちょっと違うような気もしますし、
ゆかりんがその程度の「成果」で満足できるとは到底思えません・・・・

だからこそ、ゆかりんの意図は・・真意は何なのだろう・・・というのが何か引っかかったりもします。

小説版の最終話とかゆかりんと藍との会話などから判断すると、
やっぱり・・・
あの永琳様の存在が紫にとっては大きいのかな・・とも思います。
(紫はそれを「住民税」みたいな言い方で話していたのが大変印象的です)
紫の本音というのはあくまで「幻想郷内の秩序を維持する事」です。
そして換言するとそれは、「幻想郷内のパワーバランスを維持する事」だと思います。
ゆかりんにとって、例えば・・・神奈子と諏訪子と早苗さんのように外界からやって来た者であっても
結果として幻想郷内の信仰が増えて、神と妖怪の存在意義が高まるというのであれば、
それは全然OKなのだと思います。
だけど・・・・
永琳様・優曇華・輝夜のように外界というか「月世界」からやってきて、
幻想郷内に永遠亭を築いて、やっている事と言うと・・・
妖怪寄りの立場・行動というよりは、
例えば、人間に対して薬を調合し、病気の処方・治療までするなどどちらかと言うと人間よりの行動を
取っています。
それに対して紫としては・・・・
「薬の調合程度なら別にかまわないけど、あまりにも人間寄り過ぎると、幻想郷内で
人間の勢力・パワーが増大してしまう危険性がある」
「そうした幻想郷内での人と妖怪のバランスを逸脱する行為はいかがなものか・・・」
「今のうちに・・・何か手を打っておかないと・・・・」
「そうだ・・・! 何か警告みたいなものを事前に発するのも悪くは無いのかも・・・・」
「永琳一派は月世界出身であるから、月に関わる騒動を起こして、永琳に、今後あまりにも目立つ行動を
取り過ぎると、今度はこんなもんじゃ済まさないよ・・みたいな予告を事前にするのも悪くは無いのかも・・」
「永琳は月の使者を全員殺して、この世界に残っている経緯もあり、月に対しては何かしらの
うしろめたさは感じているはず・・・
その月に関する事で、自分が関わっているという事を永琳に見せつけておけば・・・
永琳もきっと何かは察するはず・・・」
「永琳は不老不死・・・これからずっと未来永劫生き続けるのだから、二重の囮を見破っても
まだだれかが月世界の大切なお宝を盗み出せる事は可能という不気味さを永琳の長い余生の間に
植え続けさせることは、もしかしたから必要なのかも・・・」

そんな事をゆかりんとしては意図したのかもしれないですよね。

それに・・・第一次戦争での敗北に対して今回は、少しでも「ぎゃふん」と言わせるもの・・すなわち「不気味さ」を
月世界側にも与えることは一応は・・・出来ていましたので
ゆかりんとしては、確かに不本意な面はあったかもしれないけど
「ま・・こんなものね・・」という感じなのかもしれないですよね・・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

全員集合!!

いかにも地霊殿前あたりのお話という一コマでしたね!
確かに今だったらこんなもんじゃ済みそうもないですね。
紫と永琳の話はとっても興味深いです。

Re: 全員集合!!

きゅうちゃん 様


コメント頂きありがどうございます!

あの紅魔館パーティーの一枚は本当に見ていて色々と新鮮な発見もあり
とても楽しい一枚だったと思います。
ゆかりんと永琳が酒を酌み交わしながらの宴席は、とっても興味深いシーンでした。
紫さまの「本音」の一端が垣間見えたような気がしますよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2924-718940e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |