プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.出雲高校


B/交響曲第3番「典礼風」~Ⅰ.怒りの日(オネゲル)


そうですね・・・・極めて判断に迷う演奏だと思います。

一言で言うと「自由曲は選曲ミス」じゃないのかなと感じます。
やはりこういった原曲が繊細な管弦楽のタッチで作曲され内容が極めて内省的であまりにも晦渋な曲を
あえて「吹奏楽」にアレンジしてまで演奏する必要は全く無いと思いますし、
こういった曲をやるのであるならば、もっと吹奏楽コンクールに適した曲と言うのは腐るほどあるような
気がします。
あえてこんな曲を選んだ「意図」が私には全く理解できませんし、
演奏自体何を言いたいのかさっぱりわからないし「自分たちはこうしたい」という主張があまり伝わってこなかったと
思います。
ま・・これはあくまで個人的な好みの問題なのかもしれないですけど、
この出雲の演奏がコンクール的には銀賞で、
「自分たちがやりたい事は全てやり尽くした! だから大満足!!」という感じの兵庫高校がコンクールの評価としては銅賞
というのは、なんかいくら「審査は水物」とも言えるコンクールといえども
なんか割り切れないものは感じますし、「これってどうなんだろ・・」みたいに感じたりもします。

課題曲B/バーレスクみたいな曲は、いかにも真面目で優等生みたいな香りが漂うこのチームのキャラクターに
合っている感じもあり、解釈自体に特に際立った個性はあまり感じないものの
無難に曲をまとめていたと思えますし、結果的にこの課題曲の堅実な演奏がコンクールとしては銀賞に留まった理由
なのかなとも思います。
この当時にソニーから出ていた「日本の吹奏楽」というコンクール実況のレコードのジャケット裏面には
「全日本吹奏楽連盟は、コンクール審査にあたりましては、課題曲の演奏を重視しますので
録音されている自由曲の演奏だけで評価の良し悪しを判断しないで欲しい」みたいな事をわざわざ明記していましたので、
出雲高校の評価はそうした吹連の方針がきっちりと反映された結果なのかなとも思ったりもします。

自由曲は、原曲自体が大変難解で陰気で重苦しい曲想でなおかつ
スコア的には極めて音がうすく書かれていてとてつもなく繊細な音楽とも言えると思います。
「怒りの日」というと、そうですね・・・
例えば、ヴェルディ―の「レクイエム」~怒りの日みたいなある意味大変わかり易くて豪快になり、
演奏効果と色彩的が満点みたいなイメージがもしかしたら世間一般では定番になっているのかもしれませんけど、
オネゲルの交響曲第3番という曲には、そうした「派手な外面的効果」という曲ではなくて、
どちらかというと・・・
厭世的で悩み多き曲みたいな雰囲気が漂っています。
なんていうのかな・・・
第二次世界大戦という悲劇的な戦争を経験したばかりだというのに、戦争が表面上は終結しても
相変わらず「争いと不和」ばかりを繰り返している人間全体に対する不信感と絶望を陰気に謳い上げたという
感じのする曲です。
フィナーレの第三楽章自体も静かに閉じられ、曲としての「救い」が提示されて閉じられるみたいな
「ハッピーエンディング」の曲では間違っても無いですので、
正直・・・・「あんまり聴きたくもない曲」と言えるのかもしれません。少なくとも私はそういう認識でおります。

さてさて・・・

そうした救いがあんまりない交響曲の中でも、「呻き」とか「苦痛」とか「恐怖」みたいな曲のイメージが支配的で
あんまり「救い」といった要素がうすいこの第一楽章だけを自由曲として演奏しても、
正直・・・・
只でさえ吹奏楽アレンジ版という変化球で来ているうえに、こういった「救い」の要素が少ない曲のため、
聴く方としては、印象は「なんかよくわからない・・・何が言いたいのかさっぱりわからん・・」みたいな
感じになってしまうと思います。

演奏自体は、決して「下手」ではないと思いますよ。
中音域がなんかドローンとしているとかトランペットの音が少しかすれ気味とか細かいこと言うと色々と
あるのですけど、決して「拙い」という感じではないです。
だけど、奏者にとっても聴く方にとっても何の幸せももたらせない「トホホ・・・」な結果というのも何か寂しい気はしますし、
冒頭でも書いた通り、要は「選曲ミス」なのだと思います。
ま・・・近年のコンクールでも
マーラーの交響曲第5番みたいな
「なんでこんな管弦楽の名曲をあえて弦楽器を欠く吹奏楽でやるの・・・? そこに何の意味があるの・・・?」みたいな
明らかに「選曲ミス」とも思える演奏もいまだにありますし
メシアン・ベルクといったある意味無謀とも思える管弦楽曲をあえて吹奏楽にアレンジして
予想外の「演奏効果」をもたらした事例もありますし、
そうですね・・・
こういうのはもしかして・・・・紙一重なのかもしれないですよね。

最後にこれは余談になってしまいますが、オネゲルには、交響曲第2番という極めて異色な交響曲も
残されている事を記したいと思います。

オネゲルの交響曲第2番は、全三楽章、全てゆったりとした音楽が展開され、速い部分は皆無です。
楽器構成は、弦楽器のみで、管楽器は使用されていません。
そして陰気で重々しい音楽が約25分程度延々と続いていきます。
作曲当時、ヒットラーの台頭とか第二次世界大戦への予感みたいなものがありましたけど、
そういった要素がこの曲の背景に間違いなくあるとあると思います。

だけど、この交響曲は第三楽章のラスト近くで意外な形で閉じられていきます。

何かと言うと、終楽章の第三楽章のラスト1分30秒あたりから、
重々しい弦楽合奏の上に、
ソロトランペットによる「救い」のような明るいコラールが朗々と奏されるのです。
初めてこの曲を聴いた時、印象としては
「地獄で仏に会った」としかいいようがない感覚でした。
最後に何か救いがあったというような曲なのですけど、
ホント、このトランペットの部分が非常に胸にしみますし、極めて印象的なコラールです。
全体的に非常に重苦しい雰囲気の中、
最後の最後で何かホッとするものがあったという感じです。

だけど、このトランペットのソロは、楽譜上では「オプション扱い」となっていて
このトランペットの部分を採用するか否かは指揮者に委ねられています。

でも、この交響曲、このラストのトランペットの朗々とした明るいコラールを取り外したら
「陰気で救いが全くない交響曲」になってしまうのですよね。
要は、美味しい部分、救いの部分を最後の最後で
トランペット一人が持っていってしまったという曲なのです。

25分の内、23分近く我慢に我慢を重ねて
最後に救われたという
ある意味非常にユニークな交響曲なのです。

そうですね・・・なんかこうした2番みたいなオチというか「救い」が交響曲第3番「典礼風」にも
何かあった方がよかったのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2923-715879db
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |