プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


プリキュアカテゴリなんですけど、なぜか話はいきなり「東方Project」の妖怪・風見幽香から始まります。
風見幽香は、幻想郷を一年中何処かしら花が咲いているところへと放浪している妖怪という事で、
「花を操る程度の能力」を有しています。
なんかこれだけ見ると、「花を愛している優しい妖怪さんじゃないの・・・?」みたいに誤解をされてしまう方も
多いのではないのかなと思うのですけど、実態は・・・
幻想郷内でも最強クラスの妖怪の一人で、「危険度は極高・人間友好度は最悪」という評価を阿求ちゃんから
受けています。
そして・・・性格は・・ドSで結構ないじめっ子・・・というのは既に定説になっているのかも・・・??
「東方花映塚」においても、幽香はあの四季映姫様に対してなんと・・・・!!
「誰が一番強いのか白黒はっきりつけてやる!」と喧嘩を売っていますし、
(チルノの「あたいったら最強ねっ!」の無鉄砲さとは明らかに違います・・マジでこの御方は怖いしめちゃくちゃ桁外れに強い・・)
四季映姫様からも
「そう、あなたは少し長く生きすぎた・・・・」とか
「貴方は少しおかしくなっているのかもしれない」とまで言われる始末ですからね・・・
ま、設定の上では、「弱いものいじめ」が大好きで、人間や妖精どころか幽霊や妖怪にまで
片っ端から虐めるのが日課との事なので、やっぱり幻想郷でも屈指のドSキャラと言えるのかもしれないですよね・・・
(対照的にドМキャラはうどんげちゃん辺りなのかな・・??)
なんか・・・メディスンとか多々良小傘あたりなんか幽香の格好の「いじめ相手」になったりして・・・・??
あ、そう言えば・・・当ブログのブロともも風月時雨様の最新記事の「メディスン・メランコリー」はとっても可愛いですね!
メディスンは妖怪で「妖精」ではないのだけど、ああした可愛いイラストを見てしまうと、
「メディスンも妖精でいいのかも・・」とも思ってしまいますね・・・(笑)

だけど・・・

そんな幽香なんですけど、実は・・・元々は「妖精」だったのではないのか・・・みたいな話も一部であるようですね・・・・
ま・・今現在のあの幽香のドSぶりとおっかなさを見てしまうと
「ほんとかいな・・・? いくらなんでもあの幽香が元は可愛いかわいい妖精ちゃんの訳はないでしょ・・・」と思う方が
大半なのではないかと感じます。
要は・・・「花を操る」とか「花を愛している」とか「花が咲いているところをあちこち放浪している」という
キャラ設定が「花をこよなく愛する者に悪い人は本来はいないんじゃないの・・・?」みたいな想像が
そうした「幽香妖精説」の根底になっているのかなとも思われます。
そして、チルノとかルナチャイルドのように「実は既に妖怪化しているとか妖怪への道を辿っている・・」みたいな話も
そうした説を補強するものになっているのかなとも思われます。

そうですね・・・・「常識的な事が通用しないのが幻想郷」という世界観においては、
本来可愛いかわいい妖精ちゃんが、「妖怪」になるという話も決してありえないという事ではないかもしれないですよね。






螯也イセ_convert_20160519071807



ま・・・上記の幽香の話はさておいて、
妖精というのはやっぱり本来は「可愛い」というのが王道ですよね!!
そうした可愛い妖精というと、やっぱり筆頭に来るのは、あの「春ですよ――!!」でお馴染みのリリーホワイトなのかも
しれないのですけど、
「妖精大戦争」で主人公を務めたチルノとかそのチルノのお相手を務め、このブログではなぜか頻繁に登場する
サニーミルク・ルナチャイルド・スターサファイアの「光の三妖精」も
やっぱり「妖精」に相応しい可愛らしさは十分に持っていましたよね。

そしてやっぱり特に特に、チルノとかサニーミルクは、「氷の妖精」と「日の妖精」というわかり易い対照性も
あるのですけど、まさに「これぞ妖精!!」みたいな雰囲気を持っていると思います。

そしてやっぱり妖精らしい特徴というと背中に生えているあの「羽」だと思います。

やっぱりああいう羽というのは、なんかふわふわとした感じがよく出ているというのか、いかにも
空をフラフラと飛んでいるというアイテムで、
やっぱり「妖精らしいなぁ・・」と感じさせる大きな特徴ですよね。
ま・・・ミスチーみたいに羽じゃない翼を持っている妖怪さんもいますけどね・・・(笑)

前述の「妖精大戦争」ですけど、これって東方のゲームにおいては結構異色な作品みたいな気もしますね・・・(笑)
だって、あのチルノが主人公という事で
自機はチルノのみというまさに「チルノによるチルノのためのチルノによるゲーム」とも言えると思いますね。
チルノって言うと「あたいったら最強ね!」のセリフが大変有名ですけど、あれって
いかにもこの「妖精大戦争」での発言みたいに聞こえてしまいますけど、実際は「東方花映塚」での発言です。
この妖精大戦争は、東方三月精の中でも前半部分が描かれていましたけど、ま・・・いかにもポンコツ妖精ちゃんらしい話の
オンパレードであり、
棲家のかまくらを光の三妖精に破壊され宣戦布告をしたものの、本人自身が春になるまで宣戦布告をした事自体を
ころっと忘れてしまうというのがなんか「いかにも・・」みたいな話ですよね・・・(苦笑・・)
三月精の中の描写では、
「この大戦争は、後日、幻想郷内の人々・妖怪にとって物笑いのネタになった」と書かれていますけど、
「まさにその通り!」みたいな感じですよね・・・(苦笑・・)

ま・・やっぱりなんだかんだいって「羽」が背中についている「妖精」は本当に可愛いですよね!!


繧キ繝シ繧ッ繝ウ_convert_20160519071841


4809a7f0_convert_20160516235111.jpg


さてさて・・・現役の「魔法つかいプリキュア」には、前述の「妖精ちゃん」みたいなキャラが登場します。
それが「はーちゃん」なのですけど、
あ・・はーちゃんは、妖精みたいなキャラではなくて、れっきとした魔法界で生まれた妖精でしたよね・・・!
だけどああやって背中についている「羽」がいかにも妖精みたいですし、
見た感じでは、前述の東方のチルノとか光の三妖精とほとんど変わりがないいかにも妖精ちゃんみたいな
雰囲気がよーーく出ていますよね!
歴代プリキュアでああした羽がついた妖精系みたいな立ち位置のキャラって一杯いそうで意外と少なかったな・・
みたいな気がします。
プリキュアの妖精・精霊の中で「羽」が付いていて空を飛べた人って・・・
うーーんと誰かいたっけ・・・?
何か別に羽がなくたって普通に空を飛べちゃう人たちばかりだったような印象もありますね・・・
ま・・・プリキュアの妖精って、ココ・ナッツ・タルト・キャンディ・ハミィみたいなどちらかというと「役立たず妖精さん」
みたいな感じの人が多かったような気も・・・?

ドキドキの「アイちゃん」は・・・ま・・・・妖精ではなくてアン女王の一つの分身みたいな人でしたけど、
アイちゃんは背中に羽が生えていて普通に空を飛んでいましたけど、
あんまり「妖精」という感じはしなかったのかも・・・?
そうですね・・・どちらかというとやっぱり普通の赤ん坊みたいな感じでしたし、
全体的にはちょっと古いけど、Dr.スランプ! アラレちゃんの「がっちゃん」みたいな雰囲気でしたね・・・
そういった意味では、はーちゃんはまさに妖精という雰囲気ですね!!

はーちゃんは背中に「羽」が付いていて自由に空を飛べる雰囲気がまさに「妖精」そのものだと
思うのですけど、
そうそう、前述の話ですけど、歴代プリキュアにおける妖精みたいなポジションの方達の中で
背中に羽が生えて自由に空を飛べる「妖精」みたいな人って
確か・・・・いましたよね!!

そう!  少し古いですけど、初代プリキュア【MH】の12のハーティエルの一人、シークンもまさに
そんな雰囲気でしたね。
まシークンに限らず、あの計12のハーティエルはみんなそんな妖精っぽい雰囲気の人達でしたね。

12のハーティエルとは、光のクイーンの「意志」が12に分かれて顕現した存在なのですけど、
シークンはその中の一人です。
他のハーティエルたちが、なざきたちに発見されてすぐチェアレクトに戻ったのに対し、
シークンは最後までチェアレクトの中には戻らず、
残りのハーティエルを探していたため、ポルンやルルンと一緒にひかりの身近なパートナーの1人として活躍していましたね。
印象としては、初代【MH】の一年間を通しての準レギュラーを掴んでいたという立ち位置だったと思います。
シークンのあの雰囲気はまさに「妖精」なのですけど、
どちらかというと簡略化された妖精と言う感じで、逆に言うとはーちゃんは、妖精のデザインとしては
「随分と進化したもんだ・・」と感じたものです。

そうそう・・・・12のハーティエルの中に一人面白い人がいました。

インテリジェンという見た目はいかにも「知性の塊」みたいな感じもしましたし、かなり聡明な印象がありました。

インテリジェンは、MHの第16話で登場しましたけど、
当初から勉強熱心で理知的なほのかを気に入っている一方、
なぎさに対しては、「なに、このおバカさんは・・」みたいな感じで、明らかにほのかとの対応が違っていたのが
とても面白かったです。
ほのかに「あなたのお名前は・・」と聞く一方で、なざきが割り込んできて「私の名前は・・」と言おうとした際の
冷たい眼差しで「あなたには聞いていません」みたいな感じが楽しかったです。
インテリジェンは、他のハーティエルと比べて、そういう好き嫌いがあるみたいな感じがあり、
なんか妙に人間臭い感じがしていたのがなんか印象的でした。
ま、最終的にはなぎさの勇気だけは認めているような感じでしたね・・・(笑)

さてさて、今後のはーちゃんの成長も今後の「魔法つかいプリキュア」の楽しみの一つになりそうですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

はーちゃんとシークン、確かに…。

東方のチルノは一人称が「あたい」で、補習組のジュンでこのチルノを連想させたものでした。チルノとジュンは一人称が同じです。
確かに、はーちゃんとシークンは羽根繋がりのような感じです(そのシークン、中の人が後のこまちだったりする…)。シークンやハートキャッチの妖精はタラちゃんを連想させるような口調でした。インテリジェンはほのかとなぎさとで対応が違い、なぎさを忌み嫌っているかのようでしたが、それでもなぎさの勇気を認めていました。インテリジェンがほかのプリキュアシリーズにいたとすれば、例えばハートキャッチならつぼみに好意を抱き、えりかには冷たい対応でしょうか。インテリジェンが冷たくしそうなプリキュアとしては、みゆきやめぐみ、のぞみ辺りが該当しそうで、逆にマナには目を輝かせそうです。数学だけが苦手だったみらいや魔法だけ赤点だったリコへの対応は…。
花を元に戻すと、ハーティエルは12人いて、今のはーちゃんを見て連想させたハーティエルはシークンのほか、ハーモニンやハピネンらがいます。ブロスンは“裸の大将”(山下清)風な口調でした。

昨日のはーちゃんにオーラが出てたので、
しばらくははーちゃんの話も出てくるのかしら?と
思いました。
まさかのスパルダさんがあっけなく退場なのは
毎年敵幹部が改心したり、変に背景があると
視聴者がそっちにも心が動いてしまうから
今回のように倒される方がいいのかなとも思いました。
(昨年も三幹部は生還エンドですし)

余談の追記

久々にジェーソンへ行ったら
GOプリのレジャーシートが49円、
ハピネスの時のオールスターズレジャーシートが
149円でした(^_^;)
あとはハピネスのピンクのプラコップがまだ29円、スプーンケース29円で
今年はGOプリ商品は余らせなかったのか
入れなかったようですね・・・。

インテリジェン

鎌倉快速 様


初代とかシークンとかハーティエルとかなんかとてつもなく古いお話に付き合って頂き
ありがとうございます!!
最近のファンの皆様には、初代とかSSなんかはあんまり馴染みがうすいのかもしれないですよね。

インテリジェンは、確かにご指摘の通り、つぼみとえりかだったら、つぼみを気にいりえりかには冷たい反応
なのかもしれないですよね(笑)
そして響と奏なんかも大体同じような反応を示しそうですね。

ヤーモが怪しい・・??

りえ太 様


そうですね・・・・何となくですけどSSのアクダイカーンとゴーヤーンみたいな「傀儡政権」みたいな
展開になる可能性もあったりして・・・?
あの親玉がまだ一言も喋っていませんし、なんか怪しいな・・?
もしかして真の黒幕はヤーモなのかな・・?とふと思ったりもしますね。

はーちゃん→キュアフェリーチェもそうですけど、敵幹部にも追加戦士がいてもいいのかも・・??

ダイソー

りえ太 様


ジェーソンは近所の店舗が閉鎖になってからは、近くにないせいもあり
なんか貴重な情報ですよね。
いつもありがとうこざいます。

ダイソーは、文房具・シールを含めて魔法つかいグッズが続々と投入されていましたね!



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2922-92814421
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |