プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.遠軽高校


C/狂詩曲「ジェリコ」(M.グールド)


そうですね・・・・・日大二高の課題曲C/ディスコ・キッドで書いた事とほぼ同じなのですけど、
この年の高校の部で課題曲Cを選んだ学校は、正直・・・誠に申し訳ないのですけど、兵庫高校以外は
「ちよっとね・・・」という感じの演奏が多かったと思います。
遠軽高校は、課題曲Cを選んだ4校の中で唯一銅賞を免れたチームで結果的に銀賞を取っているのですけど、
この銀賞は自由曲でポイントを稼いでなんとかスレスレで銀賞に滑り込んだみたいな
印象があったりします。
ちなみにですけど、コンクールの評価としては兵庫高校は銅賞で終っています。
これって面白いもので、ある意味コンクールらしいというのか、要は審査員の好みや趣向の傾向によって
評価が割れてしまうという事の典型例と言えるのかもしれないです。
確かに兵庫の演奏はとてつもなく個性的で聴く人の感性によって相当好き嫌いが発生する演奏だと
思いますし、聴く人によっては特に兵庫の自由曲のネリベルの「交響的断章」なんかは
「あれは・・・音の暴力だね・・・」の一言で終りそうなのですけど、以前からこのブログでは何度も書いている通り
「ネリベル大好き人間」の私が聴いてしまうと、
「あれは・・・正統派のネリベルの演奏で素晴らしい!! 人によっては音量過剰という人もいると思うけど
そんなの名古屋電気が1973年に同じ自由曲で金賞に輝いた演奏に比べたら
まだ全然可愛いもの」という感想になってしまうのてすよね・・・(笑)

本当に「人間が審査・評価するコンクール」というのは絶対的なものではないという事だけは
声を大にしてお伝えしたいですし、
それは・・・普段の仕事とかプライヴェートの事でも同じじゃないのかな・・とも思いますね。
ある人の言動がAという人にはこの上なく不快であってもBという人には極めて好感触・・・・
何となくですけど「捨てる神あれは拾う神あり」みたいなものなのかもしれないですよね。

あ・・・また例によって話がそれてしまいました・・・・(苦笑・・・)

遠軽の課題曲C/ディスコ・キッドなのですけど、演奏自体は極めて真面目で真剣な意図が伝わってきます。
だけど・・・・
この曲で求められている事は「正確さ・精緻さ」ではないのですよね・・
多分ですけど、「ノリと勢い」なのだと思います。
指揮・解釈がなんかカッチリ決めすぎているみたいな感じがあり、なんか奏者との間に微妙なズレを
呼び込んでいるようにも聴こえます。
もう少し気分のまんま能天気に吹いても良かったような気もします。
こういう真面目なキャラのチームは、むしろ課題曲B/バーレスクを選んだ方がよかったのかもしれないですよね。

自由曲ですけど、技術的には大変な難曲であるだけに「細部のツメ」が大変甘いものがあるというのか
部分的に未消化の箇所が感じられ、
大変ノリがよくて上手い個所と技術的に不安定な箇所の間に何とも言えない「不統一感」を感じてしまい、
それが結果として「全体のまとまり」を欠いてしまった要因になっている感じがあります。
金管が少し強すぎでバランスを欠いてしまったのもマイナスポイントなのかもしれないです。
だけど、全体的にはよく頑張り、少し無表情みたいな感じで印象がややうすかった課題曲を自由曲で取戻し、
なんとか銀賞に入り込んだみたいな感じですね。

自由曲のグールドの狂詩曲「ジェリコ」は大変なつかしい曲ですね。

「ジェリコ」というと、そうですね・・・私よりも一回り上くらいのオールドファンの方ですと、真っ先に
1969年の出雲一中を思い出す人も多いと思います。
あの出雲第一のジェリコは本当に中学生とは思えないあまりにも素晴らしすぎる演奏でしたけど、
あの演奏って、当時は、今現在の金銀銅のグループ表彰ではなくて一位~三位といった順位制度を採用していますが、
出雲第一の演奏が3位というのは、「そりゃないでしょ・・・あれは誰がどう聴いても1位であり、
あんな冴えない今津のさまよえるオランダ人とか豊島のエルザより順位が低いなんて・・・
ありゃ・・絶対審査員は居眠りしていたか、よっぼど耳がポンコツなのかどちらか一つだね・・・」
と私は今でも思っています。
ま・・この年の今津・豊島第十・出雲第一の演奏は幸いな事にレコード化されていますので、
私の言うことが「ほんとかいな・・」と思う方は是非あれを聴いて欲しいな・・・と思ったりもしますね。

だけど出雲第一のジェリコは「城壁崩壊」の前の場面のトランペットによる勇壮な部分が全てカットされていて、
あのシーンも聴きたかったよな・・」といつも思ってしまいます。

そういう意味においては、プロの演奏も含めて、過去の吹奏楽コンクールの演奏でも
意外と狂詩曲「ジェリコ」の「これが決まり!!」といういわゆる「名演」が未だに出てこない・・みたいな感じも
あったりします。

だけど、そうした中・・・

私にとっての「ジェリコ」は、1977年の神奈川大学の演奏が今の所、私にとっては「No.1」だと思います。
残念ながら、この年の神奈川大学の演奏は、レコード音源がありませんし、
「知る人ぞ知る幻の名演」みたいになっているのは極めて残念なのですけど、
金管セクションの強烈なリズム感とか、城壁が壊れるシーンの打楽器の大活躍ぶりとか
埋もれてしまうには惜しまれる「名演」です。
この時の演奏は、まだ小澤先生が赴任される前の演奏なのですけど、
小澤氏が赴任される前に既に神奈川大学吹奏楽部は
かなりのレベルに達していたものと推察されるような演奏なのだと思います。
神奈川大学吹奏楽部は、多分ですけど・・・大学部門においては古今東西圧倒的にNo.1みたいな立ち位置にいると
思いますし、それを実現化した小澤先生の功績はあまりにも偉大過ぎると思いますが、
小澤先生が来られる前においても、77年のジェリコとか
1973年のパーシケッティーの「吹奏楽のための仮面舞踏会」といった歴史に完全に埋もれてしまってはいるけど、
「すっかり忘れられてしまった影の名演」も実はこんなにもあるんだなぁ・・・と改めて感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2921-28ef62e0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |