FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


14.日本大学第二高校


C/歌劇「ベンヴェヌート・チェッリーニ」序曲(ベルリオーズ)


この年の高校の部は、課題曲B/バーレスクと課題曲C/ディスコ・キッドの二者択一という事でしたけど、
ポップス系の課題曲でもある「ディスコ・キッド」はあんなにも素晴らしい名曲であるにもかかわらず、
全国大会の普門館のステージでこの名作課題曲の演奏機会が極めて少なかったのはなんかとっても勿体ない気が
してなれません。
改めてですけど、「ディスコ・キッド」が本当に吹奏楽コンクールの課題曲であったなんて
今でも信じられないほど、とにかく底抜けに楽しい楽しい曲だった思います。
時代的に映画「サタデー・ナイト・フィ―バー」が公開されていた前後の時代だったと思うのですけど、
当時の「ディスコミュージック」そのまんまのノリの曲とも思えます。
この課題曲は公募作品ではなくて
実は、当時日本のポップス作曲編曲の大御所の東海林修に委嘱された作品なのですけど
それにしてもよくあの頭の固い吹奏楽連盟が課題曲として認めたものですよね!
意外と吹連の役員さんは頭が柔軟なのかも・・・・??
ちなみに東海林修氏は、NHKの「ステージ101」のアレンジャー兼音楽監修でも有名なお方です・・・

この課題曲、冒頭が難しかったですね・・・

いきなりエスクラとピッコロの絡みから開始され、
全体にドラムセットが大活躍し、ハイハットシンバルの鋭いリズムが炸裂しています。
このあとはとにかくノリが良くて楽しいメロディーラインが展開されていくのですけど
一旦静まりクラリネットのかなり大変なソロが展開されていきます。
そこから先は曲のラストまで、ダンスミュージックが炸裂していきます・・・

全国大会でもこの課題曲はいくつかのチームが演奏していましたけど、
やはり一番のベスト演奏は、私的には・・・瑞穂青少年吹奏楽団じゃないのかなとも思います。
(この年の瑞穂の自由曲のC.ウィリアムズの交響的舞曲第3番は本当にまさに歴史的名演だと思います!!)
瑞穂のディスコ・キッドは、まさに「王道中の王道」の演奏で、正統派のポップスを真正面から正攻法で
演奏しています。
欠点をあげるとラスト近くでの弱奏部分でメロディーラインを担当するオーボエがあまりにも非力すぎ・・・
ブリジストンタイヤ久留米は瑞穂と同様に正統派の演奏ですけど、
イメージとしては大変「大人の演奏」というか「節度ある真面目な演奏」というのか
「クラシカルな演奏」を聴かせてくれます。
もしかして・・作曲者が求める「理想像」に一番近くて最もノリがよい演奏と言えるのは亜細亜大学なのかもしれないです。
残念ながら、この年の亜細亜は自由曲のラヴェルの「ラ・ヴァルス」をかなり執拗に表現したせいか
タイムオーバーになってしまい審査対象外という事で
当時も現在も全然話題にすらならないのですけど
この「ディスコ・キッド」の演奏は本当に凄まじい演奏だと思います。
だってノリはいいし、楽しいし、切れ味抜群だし、リズム感はいいしドラムスは完璧だし、
まさに言う事なしの素晴らしい演奏でした!

あっ・・・!! いけない!! 今は日大二高の話でしたよね・・・
話がいつの間にか「ディスコ・キッド」になっていました・・
というか・・・
この年の高校の部は、課題曲でCの「ディスコ・キッド」を選んだチームは、
日大二高・遠軽・兵庫・札幌光星の4チームしかないのですけど、
うーーーん、はっきり言ってしまうと、この「ディスコ・キッド」の演奏に関しては、
兵庫高校以外のチームは、正直・・あんまりいい演奏はしていないです・・・
意外とリズムがぎくしゃくしているし、指揮者と奏者の意志がなんか不統一みたいな感じが演奏からも伝わってくるし、
聴いていて兵庫高校以外はそんなに「楽しい・・」とは感じないのは、少し残念だなぁ・・と思います。
逆に言うと、あの吉永陽一先生率いる兵庫高校があまりにもシャープでキレ味が良くて
とっても楽しい演奏で、しかも解釈は極めて大胆で個性的!!
あの兵庫の「ディスコ・キッド」を聴いてしまうと、高校の部の残り3チームの演奏が、
大変申し訳ない言い方になってしまうのですけど、全て凡演に聴こえてしまうのですよね・・・・
兵庫の「ディスコ・キッド」はいかにも吉永先生らしい解釈&表現で、
全体的にダーダー吹きみたいな感じなんだけどリズム感は極めてシャープ、しかも部分的にテンポを相当いじくり回し、
場面によってはわざとだと思うのですけど、瞬間的に「間」をとって
聴衆に「え・・・・!!」みたいな意外感を演出しているのはさすがですよね!!
ちなみにですけど、吉永先生は西宮高校に異動後の1998年の課題曲Ⅱ/稲穂の波においても
曲の途中で瞬間的な「間」を開けて普門館の聴衆の度胆を抜いていましたよね!!

そうですね・・・この年の中学の部と高校の部で課題曲C/ディスコ・キッドを演奏した聴衆に「何か」を伝えることが
出来たチームって、私見ですけど、兵庫高校と金津中学校と名瀬中学校くらいなのかも・・・
こういう底抜けに楽しくって洒落っ気に溢れる曲と言うのは、意外と中学・高校のスクールバンドにおいては、
そうした「楽しさ」をコンクールの場で表現するのは難しかったのかもしれませんよね。
ああいう曲というのは、大学生以降のある程度・・・「大人」にならないと中々表現するのは難しいのかも
しれないですよね。
そうですね・・
「楽しいからジュニア向き・・」という発想自体が間違っているのかもしれないですよね。

日大二高の演奏は・・・そうですね・・・一言で言うととにかく「粗い」です。

課題曲も自由曲も決して「無表情」ではなくて奏者の「熱さ」・「エネルギー」は感じるのですけど、
とにかく演奏が雑というのか、細部にまでとてもとても手が廻らないせいか
上手い奏者でそうでもない奏者の凸凹がかなりいびつに演奏に出てしまっていたのはコンクールとしては
相当な減点対象なのかもしれませんね。
特に自由曲は、冒頭部分の弦楽器部分を担当するクラリネットの指の動きが不明瞭で
冒頭から極めて「不透明」な印象を与えてしまい、そうした不透明感とか雑な感じが最後まで修正されないで
終わってしまったみたいな印象があります。

全体的な印象としては、「選曲ミス」なのかな・・・という感じもありますね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2919-ce713b75
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |