FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


その①でも既に散々書いたのですけど、アリスって可愛いというよりはまさに「フランス人形みたいな美形キャラ」
ですよね!!
東方には本当に可愛いかわいいキャラがてんこ盛りなのですけど、やはりあの美的限界の域にすら達している
あの可愛らしさは東方でも特に際立っていると思います。
ま・・・毒舌にかけては定評のある(?)あの阿求ちゃんですら、アリスのことを評して
「操っている人形以上に人形らしい容姿をしている」とまで言わせしめていますから、ま・・その可愛らしさは
まさに本物!!という感じなのかもしれないですよね!!
だけど、そう言う阿求ちゃんだって、公式漫画の「東方鈴奈庵」に小鈴と共に登場する阿求ちゃんは
まさに「はかない美少女・・」みたいなオーラが出ていましたよね・・!!
うーーむ、あの阿求ちゃんは、とてもとても・・・あの毒舌満開のお人とは思えない素敵なお人形さんみたいな雰囲気に
満ち溢れていたと思います。
というか・・・あの巻の阿求ちゃんが小鈴に「あと十年生きられるかどうか・・」みたいな寿命の話をして
「憂い」に満ちていた阿求ちゃんは、まさに「美人薄命」を思わせる雰囲気でした・・・

その①で既に書いたとは思いますが、このアリスの能力なのですけど
それは「人形を自由自在に操る」という事です。
人形をアリス自身が手作りして、そうした人形を一度になんと・・・!!10体~15体前後を同時に動かす事が出来て、
しかも・・・・
その複数の人形が一つの動作しか出来ないというのではなくて、
15体がそれぞれバラバラに動く事が容易に出来るというから、こりゃまさに凄い・・としか言いようがないですよね。
しかも・・・
人形が人形に命令して動かす事も出来ますので、まさにとてつもない人形使いなのだと思います。
またまた「三月精」ネタになってしまうのですけど、あの中においてアリスは光の三妖精の目の前で
10体程度の人形がそれぞれバラバラに屋根の上での雪かきをやっていて、それと同時に
室内で残り5体前後が炊事とか窓掃除とかはたまたお茶淹れのお手伝いなんかをしていましたけど、
そうした15体前後の人形を同時に操っていたのがこの他ならぬアリス自身だったのです。
ちなみにですけど、アリスは一体どうやってこんな複数もの人形を同時に操っているのかと言うと、
人形自体に「魂」を吹き込むとかそういう方法ではなくて、アリス自体が「見えない糸」を駆使して
一生懸命背後から操作をしているとの事ですけど、これって結局は全てがアリス自身が操っているという事ですので、
アリスとしては「せわしくてしょーがない・・」みたいな感じなのかもしれないですよね・・・
同じ「魔法使い」という同業者の魔理沙に言わせると、
「全部自分で操っているとアリスは言うけど、もの凄く嘘くさいぜ!!」との事ですけど
なんかこれは分かる気がしますね・・・
だけどアリス自身は「「自分で考える人形より、自分で操った方が便利なような気がしてきた・・」みたいな事も
言っていますから、やっぱり自分で操作をしているという事なのでしょうね。

アリスその①の関連記事としてストラヴィンスキーのバレエ音楽「ペトルーシュカ」というやはり「人形」をテーマにした作品
について語らさせて頂いたのですけど、
あの「ペトルーシュカ」は、「心を持った人形の苦悩」をテーマにしていて、
「それでは心を持った人形と言うのは、人間とどこに違いがあるのか・・・それじゃ、ペトルーシュカとはそもそも一体何なのか」
みたいな「哲学」みたいなテーマすらも有しているようにも思えます。
それを煮詰めていくと・・・
「こんな嫌で辛い思いをするのだったら最初から人の心を持つという魔法を掛けられない方がよかった!!」みたいな
ペトルーシュカのある意味「悲痛な心の叫び」みたいなものすら感じてしまう事になるのです。
つまり・・・
人の心を有した「人形」にあまりいい未来は待っていない・・・みたいな事を示唆しているのかな・・とも感じてしまいます。
あ・・この「人形」という言葉は、今現在においては「ロボット」という言葉に置き換えても差し支えは
ないのかな・・・とも感じてしまいます。
ペトルーシュカの場合、元々自らに魔法を掛けた魔術師に対して「反抗心」とか「反発」とかを覚え、
更には・・・仲間の人形に嫉妬し、更に・・・仲間のバレリーナという人形に横恋慕をしてしまい、結果として振られてしまう・・・・
結果としてそうしたある意味人間らしい感情と心を持ってしまった事が悲劇的な結末を迎えてしまいますので、
そうした意味においては、なんていうのかな・・
「人形」には人形としての本分があるのではないのかな・・・とも思ってしまいます。
人形としての本分を逸脱してしまったゆえの悲劇という事なのかもしれないですよね。

それに対して・・・
アリスの人形というものは、アリスに対して反発の心を有したり、アリスの意図に沿わない事をしでかしたり、
使い手であるアリスそのものに人形が攻撃を仕掛けていくという事は100%ありません。
ペトルーシュカの場合は、魔術師が人形に「魂」を吹き込んだ結果として生まれたもの。
それに対してアリスの人形は、人形自体に「心」はあんまりなくて、アリスの「見えざる糸」によって意のままに
操られる存在・・
そうした違いの有無がペトルーシュカの悲劇を生んだとも言えるのかもしれないですけど、
もしかしてアリスの人形というものには、「心」というのか「魂」がそれ程は存在しないから、ある意味、
人形にとっては楽と言えるのかもしれないですし、
扱っているアリス自体も楽なのかもしれません。
なぜなら・・・「人形」というものは、やはり元々が「人によって操られるべき存在」と言えるのかも
しれないですからね。
むしろその方が人形にとっては「幸せ」と言えるのかもしれません。
そうした意味においては、アリスとアリスの人形と言うのは、まさに「表裏一体」・「心身の一体」と言えるのかも
しれないですよね。

先ほどアリスの人形には魂や心が入っていないみたいな事を書きましたけど、
少しばかりは「感情」は有しているのかもしれないですよね。
それを示唆していたのが、またまた「東方三月精」ネタになってしまうのですけど、
あの中で、アリスが複数の人形たちに対して「今日は雪かきをやって貰うよ!」と声を掛けた際、
アリスの人形たちに明らかに動揺と「うわーー、まじかよ・・」みたいなざわざわっ・・とした困惑の感情の描写が
為されていましたよね。
また、光の三妖精が、というか・・・サニーミルクがペラペラとアリスに対して大嘘をこいている祭に
その嘘がバレて、アリスから「あなたたちは私の敵よっ!!」と指を指されれていた際には、アリスの人形たちは
明らかにポンコツ妖精ちゃんたちに敵意に満ちた表情を示していました。
やっぱりこういった場面何かを見ていると、
アリスの人形たちには少しばかりの感情は有していて、使い手のアリスに対しては「アリス様、大好き!!」みたいな
うっすらとした感情みたいなものは持っているんだなぁ・・・とも感じてしまいますね。
ま・・・繰り返しになりますけど、そうした関係性の方が「人形」にとっては「幸せ」とも言えると思いますし、
やはり人形とは本来はそうしたものなんだ・・・否! 元々が人によって「操られるべき存在」なんだなぁ・・・と
改めて感じてしまいます。
そうそう・・三月精のそのシーンにおいてなのですけど、
鷽という今までについた嘘の数だけその嘘つきを噛むという鳥が登場するのですが、
あの場面において光の三妖精とかまた別の場所でしたけど魔理沙なんかは、結構・・・鷽に噛まれまくっている中、
アリスと霊夢は全く鷽に噛まれる事はありませんでしたので、アリスと霊夢は「正直者」とも言えるのかもしれないですよね。
ま・・・確かサニーミルクが一番咬まれていましたので、サニーミルクの日頃の行いが窺われますよね・・・(苦笑・・)

アリスってなんか二次創作においては、引きこもりとか人間嫌いとか人前に出る事は好きではないみたいに言われることも
あるようですけど、それはちよっと違うのかな・・・とも思います。
ま・・幻想郷内のお祭りとかイベントの際には、
大道芸人みたいに、道端で幻想郷内の人々に「人形劇」を披露したりもしていますから
決して人間嫌いという事は無いのかな・・・とも思いますね。
というか・・・
あんな可愛くて、人形よりもお人形さんらしい容姿のアリスが人形劇みたいな事をやってくれたとしたら、
も―――、もしも私が幻想郷の人里に住んでいたとしたら、
まさに「魔法つかいプリキュア」のみらいじゃないけど「これってわくわくもんだぁーー!!」みたいに
喜び勇んでこの人形劇の鑑賞に行くでしょうね。
アリスって本当に東方でも屈指の美少女・・というか・・まさにお人形さんみたいな美形ですからね・・・!!








さてさて・・・

上記のとっても素敵で可愛いアリスのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2013年1月に描かれたものです。
実は先週の日曜日の早苗さんの記事の中で、既に一度リンクを貼らさせて頂いてはいたのですけど、
あまりにもそのアリスが素晴らしいものでして、改めてというか、再度是非是非皆様にも見て頂きたいと思い、
その素敵なアリスをこちらのブログでも転載をさせて頂きました。

冬用ヴァージョンという事で髪もロングになっていて、特に特に・・・・
あのチェックのスカートと帽子の描き方の繊細さは特筆に値すると思います。
本当にとてつもなく可愛くて魅力的なアリスだと思います。

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!

前述の記事の中で、「アリスはまさに素敵なお人形さんみたいな雰囲気」と書きましたけど、
まさにそれを「絵に描いたような」イラストだと思います!!
アミグリさんは、本当に素晴らしい絵師様だと思います!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

アリス

アリスのイラストの再掲載をありがとうございます。

毎年、東方キャラの人気投票で上位にランクインしているアリスですが、人気なのもうなずけますね!

アリスも可愛いけどアミグリさんが描かれるアリスもとっても可愛いです!!

アミグリ 様


アリスは本当に可愛いし、旧作からの復活キャラなのですけどこうやってずっと人気の高さが継続されている所は
うなずけますよね!!

だけど・・・

やっぱりアミグリさんの描くアリスもとっても素敵だと思います!!あのロングヘアのアリスは
とてつもなく繊細で精緻で美しくて、私も大好きな作品です!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2918-49eedc2b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |