FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


東方の舞台となっている「幻想郷」は本当に不思議な世界・・・・

幻想郷と実は隣接していながらも「外界」の住人にとっては既に妖怪とか神が存在している世界というのは
既に「過去の遠い幻」のような存在でしかないのかもしれません。
なぜなら外界の人間にとっては既に夜とか妖怪とかはたまた神からも・・
別に恐れられる存在ではないし、別にそれらが必要なくたってそれで構わないじゃん・・・みたいなある意味大変合理的な
考え方が支配的になっているのかもしれません・・・・

外界に住む人間にとってはそれはそれでいいのかもしれません。

だけど・・・・本来そうした人間の裏側に棲みついて本来は人間と共存共栄していく必要があった妖怪や神々にとっては
そうした状況は大変憂慮すべき事態だったのです。
そう・・・彼らにとって一番恐れるべき事は・・・・
自分たちの「存在」自体が人々の認識から消えていき、それがひいては妖怪・神々全体の「消失の危機」という事に
繋がる可能性か高かったのです。
そうした状況に対して、「これはマズイ・・・・自分たちにとって大変な危機が訪れる前に何とか手を打ってしまおう!」と
思い立った中心人物こそが・・・・そう! 幻想郷最大のヒロインとも言えるのかもしれないあのゆかりん=八雲紫様
なのです!!
ゆかりんとしては、
「それならばいっその事、夜も妖怪も恐れる事がなくなった外界の人間たちなんてもうどうでもいいじゃん・・
我々は我々だけで外界から切り離した形で存在していこうではないか!!」という強い決意をしたのではないかと
思います。

だけど・・・

同じような事が外界の神々でもあったという事ではないのかな・・と思います。

神奈子と諏訪子の二人の神々も多分ですけど、紫様とほぼ同じような事に悩み、色々と考え抜き、
そしてある一つの「重大な決意」をしたと思われます。
東方三月精において、光の三妖精たちが博麗神社に引っ越しをした際の回の紫様の独白・・・・
「こんな大切な神社ですら人々から忘れられてしまう・・・観光地で無い限り、神社はもう人々から
必要とされないという事なのか・・」
そういった事を神奈子と諏訪子は本気で憂慮し熟慮を重ねた結果というのが、
そう・・・あの「東方風神録」の異変なのであり、
すなわち・・
「守矢神社」は、元々は幻想郷の外に立地していた外界の神社だったのですけど、
「外界の人たちから信仰が得られなくなった」という理由のため、何と・・!!神社ならびに神社近くの湖ごと
幻想郷に引っ越しをしてきたという経緯があります。
その際に二人の神々と一緒についてきたのが現人神とも言うべき早苗さんだったのですけど、
元々は・・おそらくは外界の女子高生と思われる早苗さんがどういう経緯と動機があって
生まれ育った人間界を離れ・・親元を離れ・・・人間界における「全て」を完全に捨てて、この「幻想郷」にやってきたのか
と言う点はとにかくとてつもない妄想のし甲斐がありますね。
早苗さんが全てを捨てて幻想郷にやってきたという事は、早苗さんとしての「決然とした思い」というのか「毅然とした決意」が
あったのだと思うのですけど、
どちらかというと、「現代っ子」気質である意味霊夢よりもドライな性格も有している早苗さんが
幻想郷に移住してくるメリットは何なのだろう・・・
早苗さんをここまで・・人間社会の放棄→人間社会からのある意味逃避・・→そして新しい世界への出発を決意させたものって
一体何なのだろう・・・と考えると、
とてつもなく早苗さん自身に興味を感じてしまいますね!!

神奈子と諏訪子の二人の神にとっては、外界から幻想郷にやってくるのには切実とした理由がありました。
すなわち・・人でも妖怪でもなんでもいいから誰かから「信仰」を得られないと
自分たちの存在自体が危うくなるというか・・・消滅の危機にあったという事なのです。
東方三月精において、紫様が霊夢に対して「せっかく祀った神様も、信仰が失われると神様と言えども
消えてなくなってしまう」と警告した言葉は、まさに神奈子と諏訪子の神々だって
決して例外ではないのです!!
だからこそ・・・神奈子と諏訪子は大変な危機意識があったのです。
だからこそ、湖や建物ごとそっくり幻想郷に移動をせざるを得なかったのです。

早苗さんが幻想郷に移住してきた動機は何だったのだろう・・・?

共に妖怪の山で暮らすあやや(射命丸文)が早苗さんの事をきちんと認めて一定の評価をしている事から
窺えるように、早苗さんは元々が大変聡明な人なのだと思いますし、
外界の女子高生の時から、それは多分ですけど変りは無かったのかもしれません。
だけど・・・
何か元々「心にポッカリと穴が開いたような感覚」を何かしら持っていたのかもしれません。
それが不安なのか孤独感なのか社会に対する怒りなのか虚無感なのか、そりゃ・・・正直よく分かりません・・
そうですね・・・
もしかしたら・・・
「私はもしかしたら誰からも必要とされない無意味無価値な人間ではないのか・・」
「そんな私はこれからどうすればいいのかよく分からない・・」みたいな事を
表面的には明るい女子高生活を過ごしながらも、
内面としては「不安感・喪失感」として感じていたのかもしれません。
そうした不安感を解消するために、多分ですけど・・・神奈子と諏訪子が祀られていたと思われる長野県の諏訪湖近くの
神社で毎日毎日お詣りをしながらも自問自答していたのかもしれません。
そしてそうした早苗さんに目を付けたのが・・・神奈子と諏訪子という事だったのかもしれないですよね・・・
神奈子と諏訪子の意図としては・・・
「我々は神々という事で崇められて敬られるべき存在・・・外界から幻想郷に移転するのはいいのだが、
外界の神社には、巫女という神と人を繋ぐべき役割が必要不可欠なのだし、この巫女さんというのが
神社にとってはある意味大切な宣伝部長みたいな役割を担っているのかもしれない。
さてさて・・・そうした巫女さんはどうすればいいのだろう・・・
確かに今現在ここにも巫女はいるのだけど、彼女も高齢だし、家族だっているし、そんな簡単に異世界に行くことを
同意するとは到底思えない。
それだったら、いっその事、幻想郷に移転後、幻想郷内で巫女に適した女の子をスカウトするか・・・」
みたいに考えていたのかもしれません。

そうした中で、外界で「自らの存在意義」について悩み日々自問自答のお詣りをしていた早苗さんに
着目したのかもしれないですよね。
しかも・・・・・
早苗さん自身は、実は、幻想郷に移転した今現在においてもいまだに知らないのですけど、諏訪子は
「実は・・・ホントすごい偶然だったんだけど、あの毎日参拝してくる女子高生はどうやら私の遠い子孫らしいのだけど・・・」
というとんでもない事実を知り、
それを伝え聞いた神奈子も「それはまさしく渡りに舟!! これは、我々と一緒に幻想郷に移転してくれる巫女候補は
早苗しかいない!!」という結論に達したのかもしれません。
そしてそこから・・・神奈子と諏訪子による早苗さんに対する説得工作がじわじわと始まったいったのかも
しれないですよね。
例えば・・・・
早苗さんのベッドの枕元にいきなり現れて・・・
「あなたが今現在抱えている悩みってなんなの・・・? よかったら一度私たちの話を聞いてみない?」
「実は私たちはあなたの街というか、諏訪湖を支配する神々なんだけど、
よかったら一度あの神社にお詣りしてみない・・?」から始まり、
神社内でまずは二人の神々が早苗さんの「この世の悩み」についてじっくりと耳を傾け、
早苗さんの話をまずはとことん聞く事からはじめて、
「うーーん、それじゃ、あなたは結局はどうしたいの・・・?」みたいな展開になっていき、
早苗さんから
「私は誰かの役に立つ事をしてみたい! 私は誰かに役に立ちたい! 」みたいな本音を巧みに引き出し、
それがひいては・・・
「そうね・・それだったら、まずは神社の巫女としての修業を始めてみない・・・?」みたいな展開に持っていき、
早苗さんが「巫女」としての修業を積みながら、
早苗さん自身が自らの「神職」そして・・・「現人神」としての自身の資質について目覚めていったというのかもしれないですよね。
そして、早苗さんは、神奈子と諏訪子の二人の神から色々な指導を受けながら「巫女として・・・現人神としての修業」を
重ねていき、その結果・・様々な能力を身につけ、最終的には、神奈子と諏訪子の二人の神々との合体技なのですけど、
「奇跡を起こす力」も身につけていったのかもしれないですよね。
そして・・・
早苗さんとしては、情報の速さと機械ばかりが重視され、神々の存在と役割が否定される「現世」への疑問というのも
芽生え、同時にもしかして・・・
「この私の能力は、常識的で合理的な考えしか通用しない現世では封印されたも同然・・・
こういった私の力をどこで発揮すればいいのだろう・・」みたいな事ももしかしたら漠然と考えていたのかも
しれないですよね。

※確認ですけど、上記も下記もこれは私の完全なる「脳内妄想」ですので・・・・(笑)

そしてとある日の事・・・

神奈子と諏訪子から「幻想郷への移転」の事を聞かされ、

「異世界へ移転という事は、現世界には二度と帰ってこれない事を意味する・・・・
これって・・・私の家族や身内、友達、学校の先生や仲間たち・・全てを棄てて
新しい世界で文字通り新しい一歩を踏み出すという事・・」

「私に神奈子と諏訪子が言うとおり、そういった特殊な血を受け継ぎ、元々がそういった特殊な運命を
受け入れざるを得ない宿命を持っていたのかもしれない・・・」

「確かに現世には未練がある・・ここは長野の諏訪なんだけど、本当は・・都内の大学に進学し、
諏訪とは違う都内の空気も一度は吸ってみたかった・・
だけど・・・
それも一つの選択肢なのだけど、幻想郷での風祝も私の大切な選択肢・・
どちらも両方選ぶという事が不可能な中、私はどちらを選べばいいのだろう・・・
否! 私は今どちらを選びたいのか!!」

「私は・・・全てを一度棄てても、自分のこの生まれつきの宿命を大切にしたい!!
なぜなら・・・・
幻想郷という世界は、現世の常識に囚われてはいけない世界なのだから!!」

「そして・・・・現世での常識が一切通用しない幻想郷の世界で、私のこの奇跡を起こす力を
試してみたい!!
現世では非常識な事が常識として通用する幻想郷の世界で、私は新しい自分を発見したい!!」

みたいな事をもしかしたら・・・・・決意したのかもしれませんよね・・・・

そして同時に・・・

神奈子と諏訪子から
「なーに、大丈夫よ! 早苗ならちゃんとやっていける!! それに・・・
幻想郷の博麗神社には霊夢という仕事をしないことで有名な巫女がいるから、ここを乗っ取ってしまえば
幻想郷内で私たちが博麗神社に取って代わって人々や妖怪から信仰を得られるはず!!」と
たぶらかされてしまい(?)
それが・・あの「東方風神録」という異変の始まりだったと言えるのかもしれないですよね。

ま・・・結果論になってしまうのですけど、
神奈子と諏訪子・早苗さんは、博麗神社の乗っ取りを図ろうと企てたものの、霊夢の前に敗北し、
退治をされてしまいます。
だけど・・・
「妖怪の山」への移転自体は無事に完了し、天狗や河童等との話し合いを経て、
妖怪の山としての「神様」として迎えて貰う事には成功し、
この異変の結果は、ま・・人里の人ではないけど妖怪たちから信仰の対象になる事で、信仰は得られ、
現世において危惧されたような「神様としての消失」は避けられましたので、
ま・・・・結果オーライという事になるのかもしれないですよね。
そして早苗さん自体も、神奈子から指導を受ける形で、「妖怪退治」とかも開始し
「幻想郷内では常識に囚われてはいけない」という事を改めて実感し、同時に・・・・
神奈子と諏訪子の指示かどうかは定かではありませんけど、幻想郷内の人里の中の人間に対する
守矢神社のPRや布教活動も始めていきましたし、
神奈子からも「これが出来るようになったらそろそろ一人で妖怪退治や異変解決に行ってもよい」みたいな事を
言われたりもしているようですので、
これはもしかして・・・早苗さんの二人の神々からの「独り立ちの日」も近いと言えるのかもしれませんよね。








このブログの東方語りにおいて、2~4月の「聖白蓮」の際に、
実はこの神奈子と諏訪子の二人の神の名前は結構頻繁に出ていましたよね。
地霊殿騒動→お空の暴走→ムラサ等の出所→聖白蓮の復活と命蓮寺グループの形成などにおいて、
ま、確かに表だってその名前は出てきませんけど、
そうした騒動・異変の元々の原因を作りだしたのは、他ならぬ神奈子と諏訪子でしたので、
あの頃は結構「ハタ迷惑な神々・・・」みたいに書いていましたし、
「また守矢がなにかしでかしたのかっ!!」みたいな感じだったのですけど、
ま、それに関しては・・・・
外界から幻想郷に引っ越しをして間もない頃でしたし、外界の技術の進歩を分かっている神奈子と諏訪子にとっては
幻想郷の古い体質とか技術の遅れを
ま・・・二人の神なりに心配していた・・・・という事にしておきましょう・・・(笑)
というか、今は「早苗さん」の記事ですので、この神奈子と諏訪子について語ってしまうと、
とてもとても終わらなくなってしまいますので、早苗さんとこの二人の神々については、
その④以降で改めて語ってみたいと思います。

一つだけ少し・・・

神奈子と諏訪子の背景なのですけど、はるか昔に、神奈子が諏訪子の国を侵略し、
諏訪子は当時としては最先端の武器でもある「鉄」を使って防戦したもののあえなく敗北・・・
結果的に諏訪子の国は神奈子によって乗っ取られてしまい、
それ以降、諏訪子の象徴でもある「カエル」を神奈子の象徴でもある「蛇」が丸呑みし食べてしまうというお祭りまで
開催されてしまいます。
ま、それだけを見てしまうと、この二人の仲は犬猿の仲同然になっても仕方が無いですし、
神奈子は諏訪子から相当の「恨み」を買われていても仕方が無い話だと思われます。
確かに、今現在も「喧嘩仲間」みたいに感じにもなっているのですけど、
決して「不仲」という事ではありませんし、どちらかというとお互いにウインウインの持ちつ持たれつの関係が
構築されています。
一見表向きの神様として神奈子が祀られ、実際の神様は諏訪子という感じにもなっているのですけど
こうした「権力の二重構造」というのは、
実は・・・白蓮さんの命蓮寺における、表向きの信仰の対象は毘沙門天、すなわちその代理の寅丸星なのですけど
実際のここでの代表者は言うまでもなく白蓮さんですので、
ここにも「権力の二重構造」みたいな感じになっています。
ま・・こうした権力の二重構造というのは、上皇と天皇・江戸の将軍と京都の天皇とか
幕府内の隠居した後の元将軍と現将軍とか
はたまた現代でも・・・・古い話ですけど、例えば・・・1980年代の中曽根政権における田中角栄さんの影響とか
90年代の海部~宮沢政権における小沢一郎の影響とか
今に始まった話ではないし、こういった感じが幻想郷内でも実は発生していたというのも
何となくですけど興味深いものはあったりもしますね。

さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、当ブログが本当にいつも大変お世話になっている
アミグリ様の素敵なイラストのご紹介です!!

上記のとっても可愛いイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2010年2月に描かれた「神奈子と諏訪子」です!!

神奈子も可愛いけど、この諏訪子のロリ可愛さは素晴らしいと思います!!

まさにこの諏訪子は「東方幼女の鑑」だと思います!!

あ・・・でも神奈子と諏訪子は日本書紀以前から既に存在している神々ですし、
諏訪子の子孫の一人が早苗さんという事を考えると、あれれ・・・?? 諏訪子って実は人妻だったのの・・??みたいな
妄想もあり得るのですけど、
とにかく諏訪子のロリ可愛らしさは、てゐに匹敵するものがありそうですね。

東方絵師様の傾向として、神奈子を描かれる場合、威厳とか偉容みたいなオーラを発せられるみたいなパターンが
ありますけど、やはりアミグリさんの手に掛かると
「親しみやすい可愛らしさ」に変容しますので、やっぱり「すごいな・・・」と思いますね!!

そうそう・・・

アミグリさんというと、先日の「5月14日はこいしちゃんの日」にちなんで、以前アミグリさんにリクエスト
させて頂いた「こいしちゃん」のとっても素敵なイラストを描いて頂けました!!
このこいしちゃんが、珍しくトレードマークの一つの「帽子」を被っていない状態で描かれていて、
これがとっても可愛くて素敵です!!
あのこいしちゃんは是非是非皆様にもご覧になって頂きたいと思います!!

そのこいしちゃんをご覧になりたい方は是非是非こちらから!! → アミグリさん・5月14日はこいしちゃんの日

それと・・・

なんか自分のブログの宣伝にもなってしまいますけど、
私が5月15日に記事にさせて頂きました「5月14日はこいしちゃんの日」の記事に
アミグリさんの過去の素敵なこいしちゃんのイラストを掲載させて頂いておりますので
もしも宜しければ是非是非こちらの過去記事もご覧頂けるととっても嬉しいです!!

→ こいしちゃん祭り!!


尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰り等はご遠慮くださいね・・・・

さてさて・・・次回の東方語りは・・・

「東方鈴奈庵」の早苗さん、紅魔館パーティー、 早苗さん その④などを予定しております
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがとうございます!!

神奈子様と諏訪子様のイラストを掲載していただき、ありがとうございます、
5月14日のこいしちゃん記事も紹介していただき、嬉しい限りです!

掲載してくださった、神奈子様と諏訪子様のイラストですが、自分でも結構お気に入りの一枚なので、載せていただけてとってもうれしかったです!!

私は、二人組の絵はあまり普段描かないので、ある意味貴重なイラストかもしれません(笑)

そういえば・・・

アミグリ 様


「東方鈴奈庵」での神奈子様と諏訪子様もとっても可愛かったのですけど、
いやいや、このアミグリさんの神奈子様と諏訪子様のイラストだって負けていないと思います!
とにかく、あのロリ諏訪子様がめちゃくちゃ可愛いです!!
神奈子と腕組みをしている様子がとってもキュートでした!!

そういえば、アミグリさんの作品の中では「二人組」は珍しいのかもしれないですよね。

以前掲載させて頂きました「れいまり」がとっても印象的です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2916-f1abecc1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |