FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


12.東邦高校


B/歌劇「タンホイザー」序曲(R.ワーグナー)


当時は、稲垣先生の下、大変な伝統と実績を有していた学校で、東海支部においては浜松工業と並んで
「東海の雄」みたいなイメージがあった学校だと思います。
知る人ぞ知る曲と演奏になってしまいますけど、
あくまで個人的な印象なのですが、1981年のホヘアーの「セレヴレーション21」の演奏はいかにも男子校らしい演奏であり、
洗練さと格好よさに満ち溢れれていて私は大好きな演奏です。

この年のこのチームに関しては、最近の1978年の「カディッシュ」と大体似たような感想になってしまいます。
一言で言うと、少し淡白な演奏であり、
良い意味でも悪い意味でも男子校らしい演奏・・・つまり、木管特にクラリネットセクションの響きが少し貧弱になってしまい、
後半それが「全体的な迫力の弱さ」というのか「息切れ」みたいな印象を与えているような感じがあります。

そうですね・・・この年の演奏に関しては、
課題曲と自由曲の前半まではサウンドにキレと洗練さと迫力が感じられ、音楽的な流れも盛り上がりが感じられ、
素晴らしい演奏だったと思います。
だけど・・・自由曲の中盤から後半にかけては前述の通り木管のパワー不足もあり、
音楽の流れが急速に説得力を失い、なんか結果としては中途半端とまではいなないにせよ、
少し勿体ない感じの演奏になったのかな・・とも思います。
自由曲の息切れの原因は何かな・・・?
原曲における弦楽器パートの「リズムの刻み」は、吹奏楽アレンジ版ではクラリネットが担当することになってしまうのですけど、
この部分の刻みが大変淡白で切れ味が悪くて、なんかふにゃっ・・とした感じでリズムを刻んでいるから
結果として「ダイナミックスさ」を失ってしまったのかな・・・とも感じたものでした。
ま・・こういうワーグナーとかリストの交響詩「レ・プレリュード」のようにロマンティックで息の長い曲で
よくこうした「弦の刻み」を吹奏楽アレンジではクラリネットが担当することが多い傾向にあるのですけど、
往々にして、アレンジがあまり適切でないせいか、なんかふにゃっ・・とした雰囲気になりがちで
この年の東邦もそんな感じだったのではないのかな・・とも思いました。

この東邦高校ですけど、77年~78年、そして1983年の「ハムレットの音楽」なんかは、
「あれれ・・男子校にしては幾分パワー不足・・」みたいなものを感じていたものですけど、
1984年の男子校としては最後の普門館となった課題曲B/土俗的舞曲と自由曲のジェイガーの吹奏楽のための交響曲は、
逆にいかにも男子校らしい豪快で粗っぽいドライヴになっていて
「あ・・・こういう演奏の方が生き生きとしていいのかも・・」と感じたものでした。
東邦は、稲垣先生が勇退された1987年に全国大会にも出場できたのは、なんか・・・
「最後に花を添えた・・」みたいな感じで良かったと思いますが、
(ま・・あの年の1987年の東海大会の東海大学第一高校の自滅によって救われたのかも・・・??)
普門館での演奏は、当時は男女共学になっていたのに、
音量をバリバリに鳴らして凄まじい「豪快な演奏」になっていたのは、なんか興味深いものがあったものでした・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2913-b26bc7d8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |