FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11.前橋商業高校


B/吹奏楽のための鄙歌第1番(小山清茂)


やっぱり大木先生指揮-前橋商業のサウンドは「邦人作品」が本当によく合っていると思います。
その中でも、特に小山清茂の作品との相性は最高なのだと思いますし、
そうですね・・・色々なチームがこの小山清茂の作品を演奏してきましたけど、
この前橋商業を超越する演奏を残したチームは一つも無い・・!!とすら断言できそうな感じがするほど
小山清茂を演奏した時の前橋商業の演奏は、まさに横綱相撲なのだと思います。
1978年~80年の3年間は、小山清茂の「鄙びた日本情緒のわびさびの世界」を完璧に自分達の音楽として
完璧に消化し、自信をもって「これが自分達の進むべき音楽」として演奏していますから、
本当にこの3年間は、まさに前橋商業の黄金時代だったのだと思います。
特に特に・・・1980年の演奏は、課題曲も「花祭り」という小山清茂作曲の作品でもありましたので、
まさに・・・・「大木先生=前橋商業サウンド=小山ワールド」の世界が炸裂!!というまさに・・・・「稀有な名演」を
後世の私達に残してくれたと思います。
1976年の自由曲が交響組曲「野人」でしたので、前橋商業は5年連続で当時としてはまだ珍しい「邦人作品」を
積極的に取り上げていて、これは本当に素晴らしい事だと思います。
最近の邦人作品には本当に素晴らしい作品が多くてとっても嬉しい限りなのですけど、
半面小山清茂みたいな日本の情緒とかわびさびみたいな「泥臭い」作品が少ないだけに、
こうしたある意味「日本人の心のふるさと」みたいな作品を積極的に取り上げ、且つ後世の私たちに
素晴らしい名演をこんなにも残してくれた大木先生=前橋商業の皆様に心の底から
敬意を表させて頂きたいと思います。
本当に「ありがとう!!」みたいな感謝の気持ちで一杯ですね!!

さてさて、この年の課題曲B、バーレスクですけど、やはりこういう音楽は前橋商業の路線に
まさにドンピシャという感じがしていて、
前橋商のサウンドと音楽の方向性がピタリと一致しているような印象がありました。
(あ・・・勿論、前橋商のサウンドと目指している方向性に一番合致していた課題曲は言うまでも無く「花祭り」ですけどね・・)
これは78年の前橋商業の記事で既に書いてはいるのですけど、
78年の課題曲A/ジュビラーテと前橋商業のサウンドには微妙に「ズレ」を感じたものです。
ズレというのか「違和感」という感じかな・・?
そう、なんかあれはアメリカ人が日本の「能」を舞っているような「文化的な違和感」というものなのかもしれません。
前橋商業のサウンドは、やっぱりなんかあのインチキで胡散臭い感じがプンプンと漂いそうないわゆる
アメリカの吹奏楽オリジナル作品とは全く目指している方向性がそもそも違っているような感じすら
ありました。
相当昔のBJの記事で「あなたが今一番演奏したい曲は何ですか?」というアンケートが実施されていたのですけど、
あの中で大木先生は、兼田敏の「シンフォニックバンドのための序曲」を挙げられていて
「上手なオーボエ奏者がいたら今すぐ演奏したい曲」と評されていましたけど、
うん、これは確かによく分かりますね。
前橋商業のあのサウンドにあの曲は本当に「最高の相性」だと私も思います。
ま・・・結局コンクールであの曲を自由曲にしなかったのは、大木先生を満足させるオーボエ奏者が部内に
いなかったから・・・という事になるのかな・・・?
(だけど・・・79年の「木挽歌」のコールアングレ奏者の上手さは・・・あれはまさにプロレヴェルだと思います!!)

またまた話がそれてしまいますけど、
1979年の課題曲B/プレリュードもあの「独特の間の世界」とか「あの不思議な音の空間」は、
前橋商業が得意とする「和のわびさびの世界」とはまた異なった感じでもあるのですけど、
不思議と違和感はなかったです・・・
ちなみに言うと・・・・前橋商業の「プレリュード」は、冒頭の長大な「ティンパニソロ」は全てカットされていて、
いきなりクラリネットの陰気なうねりの音から開始されています。
あの課題曲はもしかしてあのティンパニ部分は、作曲者の指示によって「オプション扱い」と言う事で
演奏してもしなくてもいいという感じだったのかも・・・?
だけど、あの「プレリュード」はあの長大なティンパニソロが無かったら、曲の魅力が半減してしまいそうな感じも
しなくはないのですけど、前橋商業の「プレリュード」はそうした違和感とか魅力低下というものは
無かったと思います。
ちなみにですけど、79年の全国大会・高校の部で課題曲Bを選んだチームの中で冒頭のティンパニソロをカットしていたのは
前橋商業だけです。
これは完璧余談ですけど、1969年の中学の部の課題曲の「ふるさとの情景」においては、
原曲のラストは本来は静かに閉じられるのですけど、「曲が長すぎる」という理由で吹奏楽連盟から
作曲者の川崎優先生の了解の下、賑やかで派手な「お祭り」の部分で威勢よく閉じられるように指示されていて
原曲の静粛な部分はカットされてしまったとの事です・・・
これも余談ですけど、1994年の駒澤大学は、都大会で全国大会代表に選出されながら後日辞退したのは、
課題曲Ⅰ/ベリーを摘んだらダンスにしようを無許可で部分的にカットして演奏したからとの事で「規定違反」を吹連から
指摘された事情もあったようですね。

前橋商業の1977年の演奏ですけど、演奏自体は相当地味で、少しもやっ・・・とした仕上がりのせいか
銀賞に留まっていますけど、私は決して悪くは無い演奏だと思いますし、
推しい銀賞の一つだと思います。
BJの講評の中では「少し特殊楽器に頼り過ぎ・・」みたいな評価をされていましたけど、
ま・・・それを言ってしまうと・・・
「えーー、それじゃー、1981年の市立川口の無言の変革~問いとか1991年の埼玉栄のシュワントナーなんて
もろに特殊楽器そのものじゃん・・」みたいな反論もしたくもなってしまいますね・・・・
1977年の前橋商業の特殊楽器と言っても、法螺貝とか和打楽器ぐらいで、
印象としては、そんなに特殊楽器の効果に依存しずきてはいないんじゃないのかな・・・とも感じます。
曲自体、1980年の「吹奏楽のための鄙歌第2番」みたいな明確な分かりやすさ・エネルギッシュな感じが
ある訳ではなくて、何となくですけど・・・・
「鼻が詰まった・・」みたいなモソモソとした感じの曲でもありますので、
その点がコンクールとしては、「印象が薄い・・・」みたいな感覚を聴く者に与えてしまったのではないのかな・・・とも
感じます。

最後に・・・・

この「鄙歌」ですけど、原曲は「管弦楽のための鄙歌」という事で、この管弦楽版は第1番~第4番まで
作曲されています。
(吹奏楽コンクールによる第1~2番の吹奏楽アレンジは、大木先生がされていたようです・・・)
レコードは確か、1~3番までは存在していたと思います。
私自身は、日本フィルのガラコンサートでこの第2番を聴いた事はあります。印象としては、とっても分かり易くて
とてつもない「エネルギー」を秘めていて、何となくですけど「民衆の祭り」みたいな雰囲気を有している曲なんだな・・と
感じたものでした。
1990年代の関東大会B部門でこの鄙歌第2番は何度か演奏はされていて、私も何度か聴いた事があります。
そして・・・・最後の第5番のみは、最初から「吹奏楽」用に作られた曲との事ですけど、
残念ながらこの第5番は聴いた事は一度も無いです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2911-c8cad7d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |