FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


いや―――、やっぱり、ゆかりん=八雲紫様は本当に素晴らしいですよね!!

あの飄々とした感じとか胡散臭い感じも実にいい味を出しているのですけど、
とにかく・・・この東方の世界でこれほどまで「幻想郷」を愛し守ろうとしている人と言うか妖怪はいないと思いますし、
あのミステリアスな雰囲気が本当に最高です!!
まさに・・・「紫様、愛しているよっ!!」の世界ですよねっ!!

ゆかりんってゲーム・書籍・漫画、色々な公式に登場し、それぞれにおいてその魅力を遺憾なく発揮していると
思うのですけど、公式漫画版でも独特の存在感を遺憾なく発揮していると思います。
その中の一つ、「東方儚月抄」はかなり独特な世界観を提示していたと思いますし、あのゆかりんは、
まさに・・・「美しき策士」という感じでした!!
ゆかりん自体の登場シーンはそれ程多くは無いのですけど、特に最終局面における
豊姫との息詰まる緊迫したやり取りは本当に素晴らしかったです!!
ま・・・最初にあの底巻を読んだ時の印象は、
「おいおい、豊姫さん・・・そんな失礼な言葉を紫さまに口走ったらダメでしょ・・・
え・・・紫と藍にそんな失礼で屈辱的な束縛していいの・・・」みたいなものでした・・・

そうですね・・・「東方儚月抄」については、正直、漫画版だけを読んでもあんまりよく分からない面も
あるのかな・・・と思います。
あれは・・・小説版とセットにして読み込まないと、
紫様の真意とか物語自体の「全体の話」が見渡せないような気もします。
あの小説のおかけで、漫画版の出来事の補完が見事に図られているとも感じます。
ま・・・漫画版だけだと、正直、ゆかりんの「本音」がよく分からんし、
あの中ではレミリアおぜうさまは・・・完全に「咬ませ犬」みたいな感じになっていましたよね・・・
そんな中、あの漫画版におけるゆゆ様の存在感は素晴らしかったと思います!
ゆゆ様もなんかゆかりん同様に「つかみどころがない御方・・」みたいな印象が強いけど、妖夢を煙に巻く場面なんかは
見応えがあると思います。
なんかあの漫画版においては、藍と妖夢は、最後の最後まで御主人の真意を教えて貰わなかった・・・という感じもあり、
すこーし気の毒に感じてしまう場面もあったものでした。

さてさて・・・「東方三月精」という可愛くてポンコツちゃんな光の三妖精が大活躍するゆるくてのほほーんとした
作品においても、このゆかりんは何度か登場し、東方儚月抄とはまた全然別の意味で
とてつもない存在感を見せつけてくれていたと思います。

光の三妖精というのは、元々は魔法の森の中の一本の大木の中に棲んでいたのですけど、
(改めて思ったのですけど、魔理沙・アリスとご近所さんと言えるのかもしれなかったですね・・・)
ある日、博麗神社内の一本の大木に雷が落ちてしまい、結果としてこの木は枯死をしてしまうのですが、
結界の緩み・霊夢のせっかく祀ったご神木と神様の放置・外界と幻想郷内の異世界同士の交錯などといった事情が絡み、
一旦は枯死した大木から新たに芽が生えだし、数か月後にはとてつもない「巨木」になってしまいます。
そうした巨木に目を付け、「魔法の森の棲家は雪が積もると外に出るのも困難になってしまうし、
博麗神社の巨木の方が住みやすそうだし、何よりも霊夢や魔理沙がすぐ近くにいて、色々とイタズラを
仕掛ける機会も増えそう・・・」みたいな結構安直な理由で
博麗神社内の巨木に移住を果たそうと試みます。

だけど・・・・

その時、「待った」をかけたのは・・・・・

そう!! あのゆかりん=八雲紫様だったのですっ!!

ゆかりんのあの「少しお話いいかしら・・・」は、とにかくとてつもない存在感と威圧感が伝わってきて、
確かに舞台は「三月精」というポンコツ話なんですけど、
やっぱりここにゆかりんが登場してくると、とてつもなく物語がピリッ!!と締まるような気さえします!!







あ・・・この巻のセンターは「スターサファイア」ですね!!

三月精の中では、よーくこのスターが光の三妖精の朝食とか夕食の調理をしているシーンがよく見られましたけど、
なんかスターはこの三人の中では一番家庭的で段取りがいいみたいなイメージがありますね。
ルナチャイルドも料理をしているシーンは何度か見受けられましたけど、
サニーミルクが料理をしているシーンってあったっけ・・・・?
ま・・・あの三人の中では一番ガサツな感じがしますし、なんかいかにも料理とか掃除なんかは
苦手っぽい雰囲気はありそうですね・・・・

スターサファイアですけど、先日、五月雨日記〈仮の宿〉を管理運営されている風月時雨様が
スターサファイアのコスプレをしたスマイルプリキュアのれいかさんのとっても可愛いイラストを掲載されていましたけど、
なんかあれ以来・・・
このスターを見てしまうと、
「あ・・・れいかさんかいる・・!!」とか「なんでれいかさんがこんなポンコツ妖精ちゃんと遊んでいるの・・??」
みたいに感じてしまうのもなんか面白い話ですよね・・・(笑)



002_convert_20160511163732.jpg



これまで何度か書いた通りこの東方公式漫画の「三月精」においては、光の三妖精・霊夢・魔理沙をベースにしながらも
結構多彩なゲストキャラが登場します。
アリス・小野塚小町・ミスティア=ローレライ・チルノ・永琳様・うどんげちゃん・てゐ・妖夢・ゆゆ様・十六夜咲夜・
レミリア様・美鈴・萃香などなど・・色々と出てきます。
だけどこうしたゲストキャラは、例えば鬼の萃香や吸血鬼のレミリア様とか亡霊のゆゆ様とか
地獄の三途の川の舟渡しの小野塚小町でも、とにかく・・めちゃくちゃ可愛いデザインのキャラとして登場し、
なんか印象としては・・・「みーーんないい人たちばかり!!」みたいな感じにもなってしまいます。
そうそう・・・最近では、あの狂気の妖精・クラウンピースも三月精の中に登場していましたけど、
あのクラピーはとにかくこれまた反則的に可愛い!!という感じでしたね!!

だけど・・・

やはり・・・

八雲紫(やくもゆかり、東方ファンの間では「ゆかりん」と呼ばれています・・・)は違いました!!

あ・・・もちろん、この三月精においてもゆかりんはとっても可愛く描かれていますよ!!

だけど・・・ま・・確かにポンコツ妖精ちゃんなんですけど、あの光の三妖精にグーの音も言わせない
有無を言わせないあの圧倒的な「存在感」は
とにかく素晴らしいものがありました!!

ゆかりんのあの「少しお話いいかしら・・・」はとにかく素晴らしい威圧感があったと思います!!

本来ならばスターサファイアという「相手の居場所を探知できる能力」を持った妖精がいるのだから、
誰かが近づいて来ればすぐにわかってしまうのでしょうけど、
近くにいる・・という事すら気が付かせないでいきなり光の三妖精の前にぬぅーーーっと出現してしまうゆかりんは、
さすがに「スキマ妖怪」に相応しいお人でした!!

ま・・・確かにポンコツ妖精たちの視点から見てしまうと、何の脈絡もなく唐突にいきなり目の前に
圧倒的な強さと威圧感のオーラを発揮させている「最強の妖怪」が出現すれば
ビビりきってしまうのは当たり前の話ですよね・・・(笑)

簡単に物語の背景を説明すると、
博麗神社における境内内の外界との境界近くにある大木に雷が落ちて、その大木は真っ二つに割れてしまい
枯死してしまいます。
それを見た霊夢は「桑原桑原・・」という避雷用の神木として神社に祀ってしまい、それを集客の目玉にすればいいじゃん・・・
みたいにまたまた「現世利益」というかお賽銭の事ばかり考えていたのですけど、
ま・・飽きっぽい霊夢ですので、しばらくすると神木として祀っていた事自体すっかり忘れてしまい放置状態・・・・
一旦は神様が宿った大木から神も消えてしまい、神社内の木が消失したという事で、結界に緩みと穴が生じてしまい、
外界の木が割り込んでくる事になってしまいます。
そうやって外界から割り込んできた大木を見て、光の三妖精たちは、
「こっちの方が魔法の森より棲みやすいじゃん・・・ましてやこの神社には霊夢がいるから
今後色々とイタズラも仕掛ける事ができる」と思い立ち、
魔法の森から博麗神社内への移住を思い立ったところに登場したのが、あのゆかりんだったのです!!

ま・・・光の三妖精たちの視点から見てしまうと・・

「これはヤバイ・・・こんな強い妖怪が自分たちの前に出現したという事は、
ここはお前たちのみたいな妖精の棲家には相応しくないところ・・・
神社と言う神聖な場所なんだから、お前たちなんかお呼びじゃない、帰れ、帰れ!!
諦めないというのなら色々とお仕置きをしてやるぞ!!」みたいな事を紫様から感じ取っていたのかもしれないですよね。

だけど、それは違っていました・・・・

ゆかりんの意図としては、
「木といった自然界に生息するものは、妖精という存在に棲みついて貰わないと自然界で定着できない・・
なぜなら妖精の存在自体が自然現象そのものなのだから、
木と妖精はある意味表裏一体となすもの・・
だけど・・
ここは博麗神社という幻想郷においては大変意義と役割が大きいものがある場所だけに
ここにヘンな妖精とか妙に力がある妖怪何かが棲みつかれて、神社内で力を持ってしまい
それを悪用されるのはもっと困る・・
ま・・こんなポンコツ妖精ちゃんだから、心配はないだろうけど、念には念を入れて
この子たちが本当に人畜無害なのか試してみよう・・・
ま・・それに、私、今ちょっとヒマしているから・・・・(笑) ちよっとした退屈しのぎにはいいのかしら・・・」
みたいな事を思っていたのかもしれないですよね・・・



003_convert_20160511163755.jpg


004_convert_20160511163816.jpg




ま・・・・当たり前の話ですけど、紫様の前には全く歯が立たないポンコツ妖精・・・(苦笑・・・)

ホント・・ゆかりんもお茶目というか人が悪いんだらぁ・・・という感じですね・・・

ま・・あのポンコツ光の三妖精が三匹束になったとしても、多分・・・100万回ゆかりんに戦いを挑んでも
100万回負けると思うのですけどね・・・(苦笑・・・)

為す術もなくポコポコに叩きのめされる三妖精ですけど、
一人サニーミルクだけは、一回だけですけど、ゆかりんの光弾を避けていたのは「さすが日の妖精」という
感じでした・・

そして・・ここで初めてゆかりんは光の三妖精に真意を話します。

ま・・・結果として(当たり前の話ですけど)この三妖精は、ゆかりん風に言わせると「超弱い」という事が
改めてはっきりしましたので、
ゆかりんは「博麗神社の大木に棲みつく事」を許可するのですけど、
あの時のゆかりんの「何をぼさっとしているの・・? さっさと引っ越しをしないと日が暮れますよ・・・」と
ニコッと満面の笑顔を見せられていたのはとっても可愛かったです!!

まさにあのゆかりんは・・・・

「ゆかりん様――――!! 愛しているよぉ――――!!」と私は叫びたいですっ!!
(おいおい・・先日まではさとり様大好きとか散々言っていたくせに・・・苦笑・・)



005_convert_20160511163841.jpg



霊夢の保護者というか親代わりと言うかアドバイザーみたいな立ち位置の御方は・・・
そりゃ言うまでもなくゆかりん、紫様だと思うのですけど
「妖怪退治」を生業にしている巫女の保護者が「妖怪」というのもなんか
「幻想郷においては常識に囚われてはいけない」という幻想郷らしい話ですよね・・・(笑)

この巻における紫様の霊夢に対する
「あなたがせっかく祀った神様を放置しちゃうという悪さをしたものだから・・・」とか
「霊夢、あなたにはお仕置きと勉強が必要ね・・」というセリフは、
光の三妖精に対する「少しお話いいかしら・・」同様に
とっても素晴らしい存在感と威圧感を発揮していたと思います。

なんかあのセリフを聞いてしまうと
「ゆかりんは実は・・・本当は霊夢の母親ではないのか・・・!?」と思わず瞬間的に妄想をさせてしまうほどの
ある意味「母性愛」みたいなものを感じさせるものでした!!



006_convert_20160511163901.jpg



あ・・、この巻ではあやや=射命丸文も登場していましたよね!!

光の三妖精は、サニーミルクが、光を屈折させるという事で自分達の姿を消してしまったり
スターサファイアが「誰かがやってくる」みたいに生き物が潜んでいる場所を探知するといった能力を持っては
いるのですけど、
例えば・・・前述のゆかりんとか、
このあややとかうどんげちゃんとか小野塚小町などのように格が違う「妖怪」などに対しては、
こうした能力は全く通用しない所が、やっぱりポンコツ妖精ちゃんたる所以なのかもしれないですよね・・・(笑)

射命丸文(あやや)は、天狗なのですけど、
黒いフリルの付いたミニスカートと白いフォーマルな半袖シャツという見た目がとっても可愛いです!
だけど・・・東方風神録のなかで霊夢と魔理沙に対して威圧的に
「手加減してあげるから本気でかかってきなさい!!」という時の存在感は素晴らしかったです!!

だけどやっぱりこの「三月精」においては、あややもとっても可愛く描かれていましたよね!!

この巻では結果として三妖精とタッグを組んで霊夢に対してイタズラをしまくって霊夢を本気でビビらせてしまい、
霊夢が結果的にあややの発行する「文々。新聞」に全て目を通さざるを得なくさせてしまったのは、
とっても面白かったです!!
あの時のあややの「ネタがない時は自分で作ればいいんですっ!!」は素敵でした!!

そうそう・・いずれこのあややもこのブログで語ってみたいですね!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。先日はお忙しい中、連続コメントありがとうございました☆
労いのお言葉も嬉しかったです!先日の1人出勤は…慣れず、緊張して戸惑う事も
多かったのですが…なんとかなって良かったです。もちろん、今後はもっと上手く
できると良いなぁと思います。ぬくぬく先生様は…日曜はプリキュアがあるのに
毎度出勤とは…と思ってしまいますが、平日の休みも平日の良さがありますよね!

隠し部屋につきましては…忘れた頃にまた、更新するかもしれませんね(笑)
拍手も押してくださってありがとうございます!あのページは…よっぽどの事が
ないと、ぬくぬく先生様以外は辿り着かないと思いますので、ぬくぬく先生様が
拍手をしてくださっているのだろうなぁと思いながら管理画面を見ています。
少なくともどちらかは、今月中には表に出るかと思います!

そしてこれからの更新では先日お誕生日に頂いた、れいかを紹介させて頂きます!
ぬくぬく先生様にも楽しみと言って頂け嬉しいです♪先日はこの「受け継がれる
べきもの」ではまさに管理人様の歴代こいし祭!こいしオンパレード!な記事、
楽しく読ませて頂きました☆ 私のお気に入りのこいし絵がぬくぬく先生様に
とってもお気に入りだった事も嬉しかったですね。

それから…この記事でも私の名前を出してくださりありがとうございます!
この記事、私の名前があるぞ!?と、驚き&とっても可愛いと改めて褒めて
頂け嬉しかったです♪本当にスターとれいかは共通点ばっちりですよね!

そして私が「魔法使い」イメージとは…!アリスやパチェを挙げて頂け
とっても嬉しいです!魔理沙やまほプリのミラクルは元気な魔法使いな
イメージですが、アリスやパチェはミステリアスな魔法使いイメージですね。
それと永琳は…何かしら手に入ったら、コスプレしてみたいです(笑)
違和感ない、と言って頂けるような、精神的にも永琳のような女性になりたい
と思ってしまいますね。ちなみに最近は…コスプレウィッグが割と安めに
手に入る事が分かったので、コスプレするとしたら…やはり髪の色や
髪型もキャラに合わせたい!と思います!!


一昨日は…あややを褒めてくださり、ありがとでした☆あのあややは…
ぬくぬく先生様がたくさん褒めてくださった、あのさとりと偶然にも同日お題…。
1年以上も前で懐かしいです!やはり30分だと雑になってしまいましたが…
とっても可愛いと言って頂けたり、衣装等特徴がとっても素敵に表現されている
と言って頂け幸せです♪あややの衣装はシンプルな色合いではありますが
可愛いですよね!あややは…私も天狗のような怖さがあるイメージよりは…
可愛い小鳥さん、なイメージですね!黒い羽、元は烏…だけど、彼女は明るい
イメージなので、ハイチーズ!という感じで描いた思い出です。

もしもあややがネットの世界を飛び回っていたりしたら「受け継がれるべきもの」
の素晴らしさや、ぬくぬく先生様の歴史的記録を記事にしてくれるだろうなぁと
思っちゃいますね!そんな明るく可愛い一方で「本気でかかってきなさい!!」
は格好良い感じです。椛は犬耳がキュートですよね~!ナズーリンの明らかに耳!
という感じの耳も、神子のような耳っぽい髪形も良いです♪あややと椛、そして
はたては…一緒に描かれている作品も多いイメージですね。良い意味での
ライバル関係であって欲しいなぁと思います。そしてあの2人は特に
秋のイメージがあるので、秋に相応しいと言って頂け嬉しいです☆

はたてはちょっとギャルっぽさがある子かなぁと思っちゃいます(笑)
彼女は未だにあの5分ドロでしか描いた事がないので…機会があればワンドロ
等で挑戦したいです!それとグリフォンのフィギュアは美しく、躍動感が
あって良いですよね。あややは金色部分の光沢が美しいです!


私の作品のジャンプ系=ぬくぬく先生様の中ではめだ箱の-13組の3人なの
ですね!まほプリのリコのあのノートのみらいの名前連続…は微笑ましい、けれど
結構ネタにされちゃってましたね(苦笑)ああいう文字の羅列はヤンデレの
イメージもあったりで。怒江ちゃんの結婚、結婚…のシーン懐かしいです!
実を言いますと、まだラフの状態ですが…めだ箱絡みの作品では、まほプリ
バッティコス蛾々丸君&スパルダコス飛沫ちゃんネタは描き進めてたりします(笑)
怒江ちゃんがプリキュアコスするなら誰が似合うだろう…?と思ったりもしますね。
それが先になるか、人吉母息子が先になるかは分からないですが、
怒江ちゃんについてはまた、その時等少しでも触れられたらなぁと思います。

それとプリキュアでは…最近ワンドロでドキプリの亜久里に初挑戦できました!
ペアお題でありすちゃんと一緒に描けた事も嬉しいです。これでドキプリメイン
5人変身前後全員描きは残りはキュアエースのみとなりました!バキューン!な
エースにもいつか挑戦できたら良いなぁと思います。明日は…色々お出掛けして
プリキュアチョコを大人買い、けって~い!です(笑)誰が出るかわくわくもんだぁ!
(笑) …コメント二つまとめてのお返事だったので、やはり長文になってしまい
ました。朝晩と昼との気温の差が大きく感じる時期、引き続きお体にお気を付けて
お過ごし下さいね。ではここまで読んでくださり、ありがとうございました☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2906-1c5815f0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |