プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


アリス・マーガトロイドは実は結構前から語りたいキャラの一人でした!
というか・・・
これは以前も書いたことがあるのですけど、東方の世界においては「好きじゃないキャラ」ってほぼ皆無・・・
登場キャラは一度は語ってみたいキャラばかりですので、
別にアリスだけがそうした特別のキャラではないのですけどね・・・(笑)

最近このブログにおいてはやたらと東方×ドールのあの素晴らしい世界のことを色々と語ってはいたのですけど、
あの商品化が実現された5体のキャラ(霊夢・魔理沙・チルノ・十六夜咲夜・妖夢)も勿論、本当に
素晴らしい出来栄えなのですけど、
実は・・・・「ああしたフランス人形を彷彿とさせるあのすばらしいドールの世界では、東方キャラとして
もっとも相応しいキャラ」とは誰かを考えたとき、
一番しっくりくるのは、やはりこのアリスだと言っても過言ではないと思います!!
そのくらい・・・・まさに「お人形さん!!」に相応しい雰囲気を有していると思います。
本人自身は、そうした「人形」を自由自在に操る魔法使いみたいな人形使いなのですけど、
その本人が東方では一番「お人形さん」らしい雰囲気というのもなんか面白い感じはあります。

やや長身の設定、金髪、ブルーの瞳、頭のヘアバンドみたいな赤いリボン、
青のワンピースのようなノースリーブに、ロングスカートの着用、
うーーん、まさに東方の「素敵なお人形さん」みたいな雰囲気ですよね!!
マジで冗談抜きでアリスのドール化は是非ぜひ実現してほしいと思っています!!







g8802170.jpg



g8921704.jpg



東方の世界においては「魔法使い」というと・・・

あ・・・朝比奈みらいとか十六夜リコじゃないですよね・・・(苦笑・・・)

言うまでも無く、魔理沙とかバチュリーさんというのが筆頭格だと思うのですけど、
東方における「魔法使い」の分類として、

1.初めから元々存在自体が魔法使い

2.元は「人間」なのだけど、修行の結果として魔法使いになった・・いわば・・・「元・人間」みたいな立ち位置

3.現役の人間

みたいになると思うのですけど、魔理沙は言うまでもなく3のパターンで、霊夢同様、生粋の「人間」です。
聖白蓮は、2のパターンに該当し、元々は人間で、かつては「老婆」だったのですけど、自らに魔法を掛けることで
若返り&肉体の強化を図ったという感じです。
バチュリーさんは・・・多分ですけど・・・1のパターンだと思います。だけど、どうしてこの人が
吸血鬼のスカーレット姉妹が住んでいる紅魔館の居候として棲みついているのかは・・・
うーーん、正直・・・謎ですよね・・・・
居候を許可したのは、レミリア様のいつもの「気まぐれ」という事かもしれないですけど、
お互いに「パチェ」・「レミィ」とファーストネームみたいな感じで呼び合う仲ですからね・・・・
うーーむ、その辺りはいまだに謎ですね。
漫画版なのですけど、「東方儚月抄」において一応は・・・月まで行くロケット開発に成功したバチュリーさんは、
中々の知恵袋という感じでした!!

さてさて、それではアリスはどのような魔法使いに分類されるのかと言うと、
うーーん、なんか公式でも見解が分かれている・・みたいな感じもありますよね。
阿求ちゃんの東方求聞史紀においては、
「元々は人間で、修行を積んで魔法使いになった」と記されてはいるのですけど、
正直、これどうなのかな・・?という感じもなくはないです。
アリスは、東方の旧作からの復活組という事情もありまして、この旧作においては、アリスは「魔界」に住んでいて、
現在のアリスが旧作から基本的には継承されている事情とかを考慮すると
アリスは魔界生まれの純粋な魔法使いの一人であると考えるのが妥当じゃないのかなとも考えます。
また、萃香からも「魔族」呼ばわりされていますしね・・・
ま・・・元人間であっても、元々が魔法使いであったとしても、今現在のアリスは、
「人形使い」という魔法使いみたいなものである事は変わりがないですし、ま、ここは・・・バチュリーさん同様に
「幻想郷においては、常識と言うものは通用しないのですね・・」という早苗さんの発言を適用して、
「そんな細かい事はどうでもいいじゃん・・」みたいな事にしておきましょうね・・・(笑)

さてさて・・・このアリスの能力なのですけど
魔術や呪文とか箒に乗るとかそういういわゆるいかにも「魔法使い」みたいな人ではありません。
どちらかというと「人形使い」という感じです。
この記事の一つ前が「ペトルーシュカ」というやはり同じく「人形」を題材にしたクラシック音楽の事なのですけど、
この「ペトルーシュカ」で登場する人形は、ほぼ完全に自分の意志を持ち、自分の意志で悩み行動するという
まるで「人間みたいな人形」ですけど、これを操る魔術師というのは、意のままに人形を操れるという訳ではなくて
且つ一人の魔術が扱える人形は1~3体辺りが限界なのかもしれません。
だけど、アリスの場合は、その点はまさに格が違うという感じです。
人形をアリス自身が手作りして、そうした人形を一度になんと・・・!!10体~15体前後を同時に動かす事が出来て、
しかも・・・・
その複数の人形が一つの動作しか出来ないというのではなくて、
15体がそれぞれバラバラに動く事が容易に出来るというから、こりゃまさに凄い・・としか言いようがないですよね。
しかも・・・
人形が人形に命令して動かす事も出来るというから、とにかくこれは素敵な魔法使いと言えるのかもしれないですよね。
要は・・・・
複数の人形にそれぞれ別の動きをさせて、時には連携を取らせたり完全に非同期で動かしたり出来る訳でして、、
周りからすればとても操作しているとは見えないとしか言いようがないですし、
事実、魔理沙なんかは・・・
「あれは嘘だね・・・そんな事が出来る訳無い、胡散臭い・・」とか言っていましたよね・・・・(笑)
だけど、それが実際にかるーーくやってのけてしまうのがアリスなんですよね!!
「東方三月精」においても、14体の人形のうち、10体近くに雪かきをさせて、残りの人形たちに炊事とかお茶出しとかを
させていましたからね。

自分の意志を持ち自分の意志で動く、完全な自立人形を作るのが当面のアリスの目標との事なのですけど、
現在はアリスが人形に命令すれば自立しているかのように動かせるものの定期的に命令し直さなければならなくて、
それ以上に達するにはまだ修行不足という事らしいですね。
「非想天則」においては、人形の完全自律化に疑問視するようなセリフも確かあったような気が・・・?
確か「自分で考える人形より、自分で操った方が便利なような気がしてきた・・」みたいな事を言っていたと思いますけど、
ま・・これはこの後の「ペトルーシュカ」記事をご覧になって欲しいのですけど、
「心を持ち、自分の意志で考え行動する人形」の作成に成功したとしても、
人形自体が「自らの存在意義」について悩んだり、主の意志に背く行動を取ってしまったり、
あげくのはてには・・・・
「「こんなつらい気持ちになるなら・・・心なんかいらなかった・・・」なーんて事を言われたとしたら
一番悲しくなってしまうのは、そりゃ・・・他ならぬアリス自身ですからね・・・

東方において、こうした「人形」については、東方五大老と言われる皆様からも色々と興味深い指摘が
ありましたね・・・・
永琳様は「人形が自由に操れるのは魂が宿った状態だから」と言っていましたし、
ゆかりんは、「人の形をした物には心が宿る。それは妖怪と何が違うのかしら?」とかなり本質に迫るような事を
言っていましたよね。

アリス自身は、魔理沙ほどではないにせよ、「魔法使い」としてはまだまだ経験と修業が足りないのかも
しれないですよね。
その点は、とにかく今後の展開とアリスの成長が楽しみという感じでもありますね。

→その②に続く・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2904-43ea9155
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |