プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


10.淀川工業高校


B/歌劇「運命の力」序曲(G.ヴェルディ)


この年の高校の部は、22チームの出場で結果的に評価の配分は、金が7 銀が9 銅が6と
前年度の1976年における全20チームの出場で、金と銀が各3 そして残りの14チームが全て銅賞と言う
今の視点では絶対にありえないほどの超ウルトラ激辛審査から比べると
「あ、なんか普通の審査になったのだな・・・」と思わず感じてしまうくらいのスタンダードな審査になっていたと
思います。
だけど、その銅賞6チームの中に、この淀川工業が入っていたとは、なんか少し意外なような
感じもあったりもします。
2015年の時点で、淀川工業(現・淀川工科)のとてつもなく長い吹奏楽コンクール出場実績の中で
これが唯一の銅賞受賞という事になってはいます。

だけど・・・

この事は最近の記事の中の観音寺第一高校の記事の際にも触れてはいるのですけど、
全く同じ自由曲を演奏しながら銀賞に留まった観音寺第一と銅賞という結果に沈んだ淀工の
両校の演奏に「目に見える差」というのは無いと思います。
ま、確かにこの年の秋田南・弘前南・銚子商業・名古屋電気・浜松工業等のより優れた演奏に比べると
両校の演奏は、正直「なんかアピールポイントはうすいよね・・」とも感じるのですけど
決して悪い演奏ではなかったと思います。
淀川工業にとっては、「審査は水物」という言葉じゃないけど、少し運が悪かったな・・・という感じですね。
先日も似たような事を書き、繰り返しになってしまうのですけど、
BJの高校の部の講評にて
「運が悪かったのは、前日に歴史的名演に相応しい今津中学校と全く同じ自由曲を選んでいた事」と書かれていましたが、
そうですね・・・それに関しては・・
「前日の今津は関係ないじゃん・・高校の部は高校の部でしょ・・」とも言いたくもなってしまいますね・・・(苦笑・・)

確か1986年のBJの「頑張る先生」という一年間の連載コラムの中で丸谷先生は、
この年の「運命の力」の審査結果について当初は納得いっていない事を色々と言われていましたけど、
なんかあの記事を読んでみると、
後日浜松工業の遠山先生から、「丸ちゃん、あれはよくないよ・・」と諭され、
改めて自分たちの演奏を聴き直してみると・・・
「うん、確かに・・これはひどいね・・」と思ったとの事です。

だけど・・・・

今現在の視点・感覚で聴いても、そんなにひどい演奏ではないと思います。

一言で言うと、「熱くてドラマチックな演奏」だと思います。
確かに少し大雑把に捉えたような箇所もありますし、部分的に細部の詰めが甘くて雑に聴こえる箇所も
無くは無いですし、
「歌う事」に主眼をおきすぎてしまった結果、パートバランスが少し悪いな・・と感じる点もあります。
テンポが「タイムオーバー」を恐れたあまり、少し速過ぎる箇所もあったのかも・・・

結果論になるのですけど、この年の銅賞と言うのは、後日の淀川工業のあの「輝かしい栄光の軌跡」の前の
一つの「プレリュード」とも言えるのかなとも思いますし、
一つの通過点だったのかな・・とも思います。
この年の銅賞受賞チームの中には、淀工の他に、高岡商業・兵庫のような後年に素晴らしい演奏を聴かせてくれた
チームもありますから、
長い目で見ると「今回の銅賞は一つの通過点」と言う感じなんでしょうね。

それと・・丸谷先生=淀工とヴェルディは今一つ相性が悪かったのかな・・・
結果的にシチリア島と運命の力で4回のうち金賞は一度だけというのも淀工にしては珍しいという選曲
なのかもしれないですよね。
ま・・・1990年の特別演奏では、ヴェルディのアイーダを高らかに演奏されていたのは素晴らしかったですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

相性、あるかもしれませんね。。。

こちらの学校はどうしても「3曲ローテーション」のイメージが強くて、例えばロシアとか西欧とかの作曲家の歌劇の序曲・交響曲や、邦人作品でも三善氏・黛氏らの曲は相性がいまひとつかもしれませんね。。。
でも管理人様が何度か仰っていますとおり、丸谷先生も年齢的に考えて「ご勇退」の時期が遠くない将来あると思いますので、いつかは新しい曲にチャレンジしてほしいですね。
個人的には、鈴木氏の「カントゥス・ソナーレ」とかショスタコの「革命」とかの演奏を聴きたいです。

率直に言うと・・・・

一秋田県民 様


そうですね・・・

あえて批判を恐れずズバリ書いてしまうと、
「3曲ローテーションはいくらなんでも他校に失礼でしょ・・・
 毎年毎年結果を恐れず意欲的な曲を自由曲にもってくる秋田南等と
 あんまり比較して欲しくないし、
 3年に一度同じ自由曲やっていれば、そりゃ金賞なんて楽に取れるでしょ・・」と
余計な事もついつい言って見たくなってしまいます。

それだけ丸谷先生は実績も指導力も申し分のない先生ですので
大変勿体無い感じがしますよね。

以前淀工の「吹奏楽のための木挽歌」をサントリーホールで聴いた事があるのてすけど、
まさにドンピシャな選曲だったと思います。
ああいう曲をコンクールで演奏しても面白いと思いますし、
最近の作品としては、保科洋の「復興」も意外といけるのかな・・?とも思います。

個人的には是非チャレンジして頂きたい曲は、アーノルドの「ピータールー」です!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2901-d73ace50
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |