プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
11位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


その①で記事にさせて頂いた通り、早苗さんは東方に初登場の際は「よそもの」というのか
外界からやってきた巫女さんです。
うーーん、やってきたというよりは、神奈子と諏訪子によって連れてこられた・・・みたいな感覚の方が
当初は強かったのかな・・・?
今、「巫女さん」とか言いましたけど、厳密にいうと、博麗神社の霊夢は「巫女さん」ですが、
守矢神社の早苗さんの場合は、「風祝」(かぜはふり)という一種の「神職」なのですけど、
そうですね・・・この風祝は大雑把に言うとやっぱり巫女さんみたいなものですので、
霊夢と早苗さんはまさしく「同業者」と言えるのかもしれないですよね。

その①でやたらと「早苗さん、早苗さん」と呼んでしまいましたけど、
正式の名前は「東風谷早苗」という事ですが、ファンの間では「早苗さん」という呼び方がほぼ定着していると思いますし、
私自身も「早苗さん」と呼んだ方がしっくりきますので、
このブログでもこの呼び方で統一したいと思います。
早苗さんの能力は「奇跡を起こす程度の能力」という設定になっていますが、
本来は八坂神奈子と洩矢諏訪子の力を借りて発動する能力であり、天・地・海すべてを操ることができるという事に
なっています。
だけど、そうした奇跡を目の当たりにしてしまう民衆にとっては
そうした「奇跡」を起こすのは、表面的には、民衆の前に立っている巫女さん=風祝の早苗さんに他なりませんので、
民衆にとっては、早苗さんは「ええ・・・なにこの人、凄い!! こんな事出来ちゃうんだ!!」みたいな印象に
なってしまいますよね!!
これこそがまさに「生きながらにしての神格化」、すなわち・・・「現人神」(あらひとがみ)という事になってしまうのです。
同じ幻想郷内での巫女さんという立ち位置ながらでも、
霊夢は、人間そのものなのですけど、
早苗さんの場合は、基本的には「人間」そのものであり、つい最近までは・・・多分その辺に存在している女子高生
みたいなものでしたけど、
その本質は・・人とも言えるし神とも言えるし、まさに「生きている現在の神様」という「現人神」に近いと
言えるのかもしれないですよね。
そうですね・・例えは大変悪いのかもしれないけど、戦後間もなく「人間宣言」をされた昭和天皇が
戦前においては軍部によって過剰に「神格化」されてしまっていた光景に少しだけ被るのかもしれないですよね。
ま・・早苗さんにそうした「私こそが生きている神様!! だから、私を皆、称えて崇拝しなさいっ!!」
みたいな上から目線みたいな感覚は、ほぼ皆無というのはある意味さすが・・・とも思えてしまいます。
それに・・・
早苗さんの場合は、早苗さんのある意味保護者というのか守護神とも言うべき神奈子と諏訪子の二人の神々からみれば、
「まだまだね・・!」という感じなのかもしけないですよね。
何となくですけど、早苗さん自身もまだまだこの二人には頭が上がらない・・・みたいな雰囲気もまだありそうな
感じもしますよね。

そうそう・・・霊夢との比較論になるのかもしれないですけど、
霊夢と早苗さんは「巫女さん」という言わば同業者になるとは思うのですが、
両者は似ているようで実はキャラは全然違うな・・とも感じてしまいます。
ま・・・勿論それは早苗さんの外部出身とかその現代っ子感覚とか色々言われてはいるのですけど、
もっと別の意味で「あ・・・なんか二人は違うな・・」とも感じる事もあったりもします。
一般的な物語ですと、同業者とかなんとなく似た雰囲気というと、お互いに「嫉妬の対象」になってしまうとか
「焼きもち妬きの結果としてお互いの足の引っ張り合い」みたいな感じの展開になりがちなのかもしれないですけど、
東方の世界の場合、そうした世俗的な展開にはならない点が実に素敵ですね!!
「東方風神録」において結果的に神奈子と早苗さんたちは霊夢の博麗神社組に退治されてしまい、
やっつけられてしまうのですけど、この一件以降も別に早苗さんは霊夢に対して「恨み」を抱くことは一切していませんし、
この異変以降は早苗さんは高圧的な雰囲気から随分と変化し、人間が丸くなったような感じさえあります。
霊夢も霊夢で、早苗さんという新しい神社勢力が登場しても
「私という古くからの巫女がいるのに・・・あいつが登場したおかけで・・・あいつだけは絶対に許さない!!」みたいな
ギスギスとした感じにならなくて、
単に「新しい神社が出来てしまうと只でさえ少ない博麗神社のお賽銭収入がまた少なくなってしまう・・」みたいな
「商売敵」みたいな感じでしか早苗さんを見ていないのは、なんかいかにも中性的な霊夢らしい話だと
思います。

小鈴がメインキャラを務める「東方鈴奈庵」においても、確か第4巻だったかな・・・この早苗さんも登場していましたね!
蛇と無銭飲食による被害の話の中でしたけど、
「蛇も祀っている守矢神社が犯人じゃないの・・・?」と不審がる霊夢に対して
「レッドスネーク、カモーン!!」とかなんとかお茶目な事を言って霊夢からお祓い棒でピシャッ・・とはたかれた早苗さんが
とっても可愛かったです!
あ・・・・今の若い方には「レッドスネーク、カモーン」とか言っても何の事やらわからないですよね・・・
確かこれは、ショパン猪狩と言う芸人さんの持ちネタの一つだったと思います。
そっか・・・早苗さんは、最近まで外界にいたから、こんなテレビのギャグなんかも言えちゃうのかもしれないですよね・・・
その後のシーンの早苗さんは、幻想郷内の民衆に対して一生懸命布教活動とか啓蒙活動をしていて
なんかいかにも「頑張る巫女さん」とか「普段からの地道な営業活動=布教活動を真面目にやっている」みたいな
印象が大変強いですね。
霊夢は面倒くさがり屋で、「そうした地道な布教活動なんてやってらんない・・・私は妖怪退治で稼げばそれでいいじゃん・・」
みたいな感じなのですけど、
早苗さんの場合は、ま・・・多分ですけど神奈子と諏訪子から「そのようにしなさい・・」と指示されている可能性も
あるのかもしれないですけど、
そうした日頃からの地道な民衆に対する普及活動を行って
「神社とはどういうものなのか・・・」とか「神の使徒でもある蛇はどのように対処すればいいのか・・」などを
民衆に対して親身になって懇切丁寧に説明している姿はとっても「早苗さんとしての誠実さ」を
感じたものでした。
その辺りが霊夢と早苗さんの違いなのかな・・・
だけどそうした違いはどちらかと言うと「個性」みたいなものであって、
それだから霊夢はダメ・・とかだから早苗さんは・・・みたいな展開にならないのが素敵な所です。
ま・・霊夢には霊夢の美点が一杯あり、早苗さんは早苗さんとしての良さがたくさんあるというのが
現在の幻想郷内の二つの神社の巫女さんの描き方と言えるのかもしれないですね。
「東方鈴奈庵」における早苗さんはとっても可愛く描かれていましたよね!!
霊夢はなんとなくですけど・・・都会も田舎もどちらも似合いそうみたいな雰囲気もあるように思えますし、
何となくですけど「土着の巫女さん」というか土の香りっぽい感じも無くは無いのかな・・とも思うのですけど、
この中での早苗さんは、いかにも「垢抜けた・・・」みたいな感じで、
「あ、やっぱり最近まで外界の女子高生だった子はなんか違うな・・・」とも感じさせるものでしたし、
早苗さんというと、丁寧語とか敬語で話すみたいな印象もあった中、こちらの作品の早苗さんは、霊夢に対して
ため口をポンポンと叩いていたのがとっても印象的で
あの喋り方はなんかいかにも現代っ子みたいな感じでとっても微笑ましく感じたものでした。
蛇という「神の使い」に対しての敬い方・扱い方を民衆に説いてるシーンの早苗さんですけど
(守矢神社というのぼりを立てて、みかん箱らしきものの上に乗って民衆に啓蒙活動をしている早苗さんが
とても可愛かったのが印象的です!!)
早苗さんは、「蛇は過剰に恐れるべき存在ではないが敬う必要はある。決して乱暴に扱ったり殺すことはよくない」と説き、
民衆から「じゃあ、どうすればいいんだぁ・・」と問われ
「分社を建てましょう! そしてそこにお供え物をすれば、蛇はそれを食べて人を襲わなくなるし、祟りもしなくなる。
要は蛇を神の使いとしてきちんと崇めておけば、決して襲われることは無いはず」と説くのですけど
いやーー、こういう「丁寧さ」なんかは霊夢には望みたくても望みようがない美点でもありますし、
いかにも早苗さんらしい「説話」みたいな感じでした。
だけど・・・霊夢はやっぱり少し面白くない・・・・
ま・・霊夢の場合、「よそからやってきた新参者のくせに、古くからいる私を差し置いて、こんなにも民衆の支持を
得るなんてなんて憎ったらしい!!」みたいな焼きもちという感情では全く無くて
「上手い事を言って、どうせお供え物をくすねるだけでしょ・・」みたいな現世利益の事ばっかり真っ先に思いつくのは
いかにもこの人らしいお話でしたよね・・・・(笑)
そしてそうした霊夢に対して「そんな乞食みたいなみみっちい事を目的にする訳ないじゃん!」と霊夢にタメ口を叩く
早苗さんはとってもキュートでした!!

そっか・・・・早苗さんの「守矢神社」は、「妖怪の山」の頂きに建立されているものですから、
妖怪や妖獣等がうじゃうじゃいる山頂にまでお詣りする人間はほぼ皆無ですので
(守矢神社は、妖怪から信仰の対象として崇められているという設定になっています・・・)
早苗さんとしては、幻想郷内の人里の人間に対してもこうした「布教活動」を行うためには、
まずは上記のような「こうすれば蛇の被害が減りますよ・・・皆さんも安心でしょ・・」みたいな些細な日常への対処方法から
スタートして、まずは「民衆からの支持・民衆からの信用」を得られるように地道な啓蒙活動を
始めているのでしょうね。
それがひいては・・・・
守矢神社という新参者の神社のPR活動とか
守矢神社の「分社」を霊夢の博麗神社内に建立したのと同じように皆様の家の庭にも
私の守矢神社の分社を建てませんか・・・?
みたいな早苗さん風に言わせると「地道な営業活動」に繋がっていく・・・という事になるのでしょうね。
そうした「地道な営業活動」というのは、果たして早苗さん自身の思いつきなのか
はたまた、神奈子・諏訪子からの「指示」によるものなのかはよく分からないのですけど、
当初の頃はなんとなく・・・・神奈子たちによる「遠隔操作」みたいな感じで行動している感じもなくはなかった早苗さんですけど、
自機抜擢とか神奈子から妖怪退治を指示されて妖怪退治の真似事をしている内に
例えば神奈子あたりから
「これが出来るようになると、これからは一人で妖怪退治に行ってもいい」とか言われるようになるなど
何となくですけど・・・・
早苗さんの「二柱からの真の意味での自立の日」も近いと言えるのかもしれないですよね・・・

そうですね・・・・

霊夢と早苗さんの二人の東方での巫女さんなのですけど、
霊夢の保護者というか親代わりと言うかアドバイザーみたいな立ち位置の御方は・・・
そりゃ言うまでもなくゆかりん、紫様だと思うのですけど
「妖怪退治」を生業にしている巫女の保護者が「妖怪」というのもなんか
「幻想郷においては常識に囚われてはいけない」という幻想郷らしい話ですよね・・・(笑)
霊夢の母親って誰なんだろう・・・?
ま・・さすがにゆかりんではないですよね・・・・(苦笑・・)
霊夢の家族とか母親というのは公式でも全く登場しないのですけど
(魔理沙は一度、「霊夢は捨て子」とか言っていたような気も・・・? あれは冗談なのかな・・・?)
博麗神社の先代巫女と霊夢は多分ですけど、血縁関係は無いのかも・・・?
「男ができた・・」とか「結婚を前提に考えている人がいる」みたいな事を紫様に相談した時点で
もしかして・・・・
ゆかりんは・・・
「じゃ、そろそろ、次期博麗神社の後継巫女さん・・しかも巫女としての素質がある子供を見つけてこないと・・」
みたいな感じで外界で悪さをしてきて、
素質がありそうな赤子を外界からさらってきているのかもしれないですよね・・・
(これはあくまで私の勝手な脳内妄想です・・)
そして・・・次期巫女がある程度大きくなるまでの間は、紫と先代巫女が協力しながら
育てているのかもしれないですよね・・・・

それに対して、早苗さんの保護者というかアドバイザーは言うまでもなく、神奈子と諏訪子という二人の
列記とした神様というのが
霊夢との違いを考えた時に面白いものがありそうですね。

あ・・・なんか今回のその②は思いっきり話がそれまくりで、なぜか・・・東方鈴奈庵の事ばっかり
語ってしまいました・・・・
そうそう・・・鈴奈庵におけるマミゾウの存在感は極めて大きいですね!!
第四巻の早苗さん登場の回でも
「ちゃんと教育してやるぞ! 幻想郷内での妖怪らしい人間との付き合い方を・・」とか
「動物は妖怪や人間を食らうとそいつも妖怪になるもんじゃ」とか
言ってるマミゾウさんは素敵でした!!
ま・・・あのシーンの食い逃げ騒動は結局は、霊夢でも早苗さんでもなくてマミゾウが一人で解決
していたのは・・・すごかったです!!
ちなみにですけど・・・
幻想郷内で一番の「罪」というのは、
「人間が妖怪になる事」との事で、霊夢の大切な役割の一つは、人間がそのようにならないように
監視をする事でもあるらしいです。







さてさて・・・

上記のとっても素敵で可愛い早苗さんのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが2012年12月に描かれたものです。

この早苗さんは、いかにも長い髪が風でひらひら舞っているみたいな雰囲気がありとっても清楚な感じがします。
本当にとっても可愛いと思います!
そうですね・・・この早苗さんは今現在の幻想郷内の風祝としての早苗さんではなくて
まだ外界にいた頃の女子高生時代の私服の早苗さんみたいなイメージが私の中ではあったりもします。
早苗さんのトレードマークの一つでもあるカエルと蛇の髪飾りもとっても可愛いですね!
この髪飾りは言うまでも無く、守矢神社の主柱の神奈子と諏訪子を象徴していますけど、
普通の女の子が付けそうにも無いカエルや蛇というのが
「幻想郷内では常識に囚われてはいけないのですね・・・」という早苗さんをむしろ象徴している感じも
あったりもします。

やっぱり、こういうさらさらストレートの長髪の女の子はとっても可愛いものですね!!
最近アミグリさんが五月雨日記の管理人の風月時雨様のお誕生日イラストで描かれていた
スマイルプリキュアの「れいかさん」も今回の早苗さん同様に
こうしたストレートさらさら長髪が清楚でとっても可愛かったのが印象的です!!

この「れいかさん」をご覧になりたい方はこちらから・・・・  → れいかさん

アミグリさんの過去の作品なのですけど、比較的ショートヘアのキャラをロングヘアにして描かれていた事も
ありまして、その中ではルーミアとか妖夢などがとっても印象的でした。
そしてその中では特に印象的なのは、2013年1月に描かれていた冬仕様のアリス・マーガトロイドも
とっても可愛くて素晴らしいです!!
これは・・・是非是非皆様にも一度ご覧になって頂きたいです!!
冬用ヴァージョンという事で髪もロングになっていて、特に特に・・・・
あのチェックのスカートと帽子の描き方の繊細さは特筆に値すると思います!!
本当に可愛いアリスですよ―――!!

このアリスをご覧になりたい方は・・・・こちらから!! → 冬仕様のアリス・マーガトロイド

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

そうそう・・・昨日の記事は「5月14日はこいしちゃんの日」だったのですけど、
アミグリさんは、最新記事にてこの「こいしちゃん」のとっても素晴らしいイラストを描かれています。
ちなみにですけど、このこいしちゃんは私が以前アミグリさんにリクエストをさせて頂いたものでした。
アミグリさん、本当にとっても素敵なこいしちゃんをありがとうございました!!
こいしちゃんのトレードマークでもあるあの帽子を被っていない構図がとっても斬新でした!!
そしてあの素敵なメッセージもありがとうございました!!

尚、繰り返しになりますが、上記の素敵なイラストはアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰り等はご遠慮くださいね・・・・

さてさて・・・次回の東方語りは・・・

なぜかまたまた・・三月精の光の三妖精とゆかりん、 アリス その② 早苗さん その③などを
予定しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

とっても嬉しいです♪

早苗さんのイラストを掲載していただき、ありがとうございます。

れいかさんと冬仕様アリスの記事も紹介していただき、嬉しい限りです!!

いえいえ・・・こちらこそいつもありがとうございます!!

アミグリ 様


いえいえ・・・こちらこそいつも本当にありがとうございます!!

改めてですけど、私のこいしちゃんのリクエストにとっても可愛いこいしちゃんを描いて頂き、
しかも「こいしちゃの日」に掲載して頂けた事はとっても嬉しかったです。
他の私からのリクエスト絵は、どうかゆっくりと描いて下さいね!!
どうかくれぐれも無理をなされないでマイペースでお好きな絵を描いて頂ければ・・・といつも思っています。

そうそうこれはまた後日メッセージさせて頂きますが、今週も色々とお願いしたい事がありますので
是非また宜しくお願いいたします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2900-cff58489
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |