プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8.高岡商業高校


B/アルメニアンダンスパートⅠ(A.リード)


このブログにおいては、高岡商業の事は結構記事にさせて頂いていると思いますし、
自分で言うのも何なのですけど、
高岡商業の演奏は、自分としてはほとんどが「高い評価」という感じになっていると思います。
それだけこのチームは、特に土合先生時代は本当に素晴らしい演奏をたくさん後世に残してくれて頂いたと
思います。

さてさて・・・そうした中で、この年・・・1977年が高岡商業の記念すべき全国大会初出場の年という事になります。

一言で言うとこの年の演奏は・・「熱い演奏!!」という言葉に尽きると思います。

いや―ー、なんかこういう演奏を聴くと、「青春っていいよね・・」という言葉がぴったりですよね・・・(笑)

課題曲も自由曲も一直線にストレートに押してくるという印象が大変強く、
よく言うと若さ溢れるダイナミックスな演奏で、
悪く言うと、「音量」ばかり目立つ一本調子で少し単調な演奏と言えると思います。
特に自由曲の「アルメニアンダンスパートⅠ」にそうした傾向がみられるのですけど、
音の強弱、テンポの緩急なんかは「やろう、やろう」という意識はあると思うのですけど、結果として
曲自体に「変化」があんまり伝わってこなくて、「山あり谷あり」という感じの演奏ではなくて、
いつも平坦な道ばかり・・・みたいな印象があります。
高岡商業と言うと、後年は、演奏は凄まじく豪快になっているのだけど、細かい部分にきちんと手が入っているし、
相当部分に「緻密さ・繊細さ」も感じさせてくれる素晴らしい演奏を聴かせてくれるのですけど、
この年に関しては、
少し「粗削りなのかな・・」とか「少し大雑把すぎる」とか「音量やテンポのコントロールをもう少し的確に
してくれれば、少なくとも銅賞と言う評価は受けなかったのかも」みたいな感想をどうしても
感じてしまいます。

だけど高岡商業は「さすが!」という感じですよね。

この年からわずか2年後のハンソンの「コラールとアレルヤ」は、
音量だけではなくて音楽に「ひそやかさ」も感じさせてくれて、77年の演奏と違って演奏に「理性さ」が
確実に伝わっていたと思いますし、
80年の「パシフィック・セレブレーション組曲」は、緩急の差の落差が本当に素晴らしく、
そして・・そうした事が高岡商業を代表する1983年の「ローマの祭り」という稀有な名演に繋がっていったと
思います。
この1977年という時代は、北陸代表は一つだけで、この頃は「富山商業」というでーーんとした牙城が控えている中、
富山商業を抑えて、77年と79年に北陸代表として全国大会に出場されていたのは
本当に当時としては驚異的な事だったと思います。

先ほど「大雑把」と記しましたけど、むしろ「おおらか」と言った方がいいのかも・・・

特に表現如何によっては結構クセというか個性が発揮されそうな「アルメニアンダンスパートⅠ」なのですけど、
あんまり曲想とか音量に「極端な変化」を付けないで
一直線に突き進んでいった・・・という感じがありましたね。

最後に・・・これは私見ですけど
「アルメニアンダンスパートⅠ」の過去の名演は、
83年の野庭、87年の創価学会関西 86年の淀川工業あたりかな・・・
次点では・・・
1980年の間々田中、87年の永山南中の演奏も悪くは無いかな・・とも思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2899-e3b6fdf8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |