プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先月から今月の初めにかけて「Dollfie Dream×東方ProjectのDD化企画」という
本当に洗練されて美しくて抒情性の香り高いあたかも「フランス人形」みたいな東方×ドールの世界を
5回に分けて記事にさせて頂きましたけど、
あの企画で登場したチルノ・十六夜咲夜・霊夢・妖夢・魔理沙は本当にどれも甲乙付け難いほどの
完成度の高さがあったと思います。
まさにあれは「美しきドールの世界」でした!!
本当にあれは素晴らしかったと思います。

だけど・・・・

確かにドールの世界も素晴らしいのですけど、それに勝るとも劣らないほど、東方の「フィギュア」の世界、
特に特に・・ドルフィンが企画・製作していたあのフィギュアの世界も
素晴らしい完成度があったと思います。

何となくなのですけど、東方×ドールの世界は「洗練された美しさの世界」という感じがあり
擬人化された人形みたいな感じもするのですけど、
東方×フィギュアの世界は、どちらかというと本来のキャラに近いというか、
力強さ・迫力・実写的みたいな雰囲気もあると思います。
ま・・、確かにどちらの世界もとにかく「素晴らしい!!」としか言いようがないですけどね。
だけど・・・・
お財布のひも的にはやっぱり・・・「フィギュア」の方がまだ少しは近いのかな・・・・とも思ったりもします。
(それでも一体7000~9000円という価格帯ですけどね・・・)

話はカテゴリ違いなのかもしれないのですけど、こうした東方のあまりにもレヴェルが高いドールとかフィギュアを
見てしまうと・・・
「うーーーん、ハピネスチャージプリキュアのキュアラブリーも早い所・・・フィギュアの商品化を
実現して欲しいなぁ・・・」と
しみじみ感じてしまいますよね・・・・・(苦笑・・)

あ・・・・ちなみにですけど、下記で取り上げさせて頂く東方フィギュアは、ほとんどが2012年に発売または予約受付開始を
したものでして、
当然ながら、現在では販売とか予約はしておりませんので、あしからず・・・・
(アマゾンとかヤフオクでは、ドールと違って今でも頻繁に見かけますね)




髴雁、「_convert_20160506183929



やっぱりトップバッターは、東方の「絶対的エース」でもある霊夢に登場して頂きたいものです!!

これは、博麗 霊夢~香霖堂verでして、スケール 1/8 サイズは約18㎝ 価格は当時で8500円でした。

この霊夢は可愛いというよりは「凛々しい!!」という言葉が似合いそうですね!!




螯門、「_convert_20160506183855



こちらは、半人半霊の庭師 魂魄 妖夢です!
キャッチコピーの「斬れぬものなどあんまりない」というのが中々素晴らしいです!
スケールは1/8  サイズ約18㎝ 価格は当時で7200円でした。

霊夢同様、こちらの妖夢もなんか「凛々しい」という言葉がよく似合いそうだと思います。
背中に差している二刀流の長短の刀がやっぱりいいですね!!




alice__convert_20160506183635.jpg


こちらは、このブログにおいては今の所、まだそんなに記事にしていないアリスですけど、
私、実は結構アリスも大好きなんです!
アリスの事もいずれ「東方語り」として語らさせて頂ければいいなぁ・・・と思っています。

こちらのアリスのフィギュアは、スケールは1/7 サイズは約21㎝、価格は9500円となっていて、
今回取り上げさせていただいた東方フィギュアの中では、サイズ的には大きい方ですね。
セットとしてアリスが操作するお人形さんが一体付いているのが価格高めの理由なのかな・・?

何となくですけど、全体的な印象としては、
アリスとかパチュリーさんのフィギュアはとっても美しくて繊細な感じがしますね。
このお二人はドールとして商品が企画化されても全然違和感がない感じがしますね。




譏蟋ォ縺輔∪_convert_20160506183738



蟆冗伴_convert_20160506183829


四季映姫様と小野塚小町は、ま・・上司と部下という関連性のせいか
同時期に発売になっていたようですね。
スケールは共に1/8ですけど、
サイズは、小町が24㎝、四季映姫様が18㎝でしたから、
やはりこの二人の身長差は見た目にもはっきりと分かりそうですね。
小町のあの「鎌」がやっぱり地獄の使者みたいな感じで見た目にも大変鮮やかですね!

だけど個人的には・・・四季映姫様のフィギュアがとっても欲しいですね。

これ・・今ではアマゾンなんかでも在庫無しとなっている事が多くて、価格も発売当時のものよりも
今の方が高いというのがなんか「プレミア感」があったりもします。
四季映姫様が履かれている靴下がなんか昔の女子高生っぽい感じでとっても面白いです!



ムラサ



ムラサですけど、スケールは1/8 サイズは20.5㎝、価格は7600円となんか手ごろな感じがありました。

なんか私としては、女子高生みたいな「セーラー服」になんか
とっても目がそそられそうですね・・・・(笑)


繝。繝・ぅ繧ケ繝ウ_convert_20160506183700


こちらは、メディスン=メランコリーですけど、
メディスンはこのブログでは今までほとんど語ったことが無いのですけど、実は結構好きなキャラでもありますので、
近いうちに語ってみたいな・・とは思っています。

スケールは1/8 サイズが約16.5㎝という事で
今回の中では一番「ちびっこ」という感じがしますけど、
実はメディスン自体も生まれたばかりの妖怪という設定になっています。
ちなみに価格は7980円となっています。

なんとなくですけど・・・生まれたばかりということで「あどけない感じ」がフィギュアにもよーーく滲み出ている
雰囲気はありそうですね!!



邏ォ_convert_20160506183802



さてさて・・・・最後の締めはやっぱりこの御方で・・・・

そう!! 八雲紫様ですっ!!

あーーもやっぱりゆかりんは最高ですね!!

スケールは1/8 サイズは20.5㎝ 価格は8800円となっています。

東方の中では「お姉さん」という感じなのですけど、
そうですね・・・
こういうお姉さまだったら、まさに「お姉さま、大好き!!!」という感じになりそうですね・・・・!!

あーー、やっぱりゆかりんはあの「妖しい雰囲気」が素晴らしいのですけど、
フィギュアの世界でも十分にその妖しさも再現されていたと思います!!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんにちはー^^

いやー、なんかもうフィギュアって芸術ですね^^
写真で見ているだけで、マジマジと見つめて時間を忘れてしまいます。ここまで精巧に完成度高く作って1万円いかないなら、安いと思います^^

メディスンのフィギュアもあるんですか。
メディスンはなかなかのトラウマキャラなんですよ。
東方花映塚ですっっっっっごく苦戦するヤツでした。

ムラサ船長のフィギュアは……欲しいかも!

まさに芸術!!

八咫烏 様


いやーーー、まさに「その通り!!」だと思います。

これは既に「ホビー」の領域をとっくに超越したまさに「芸術」だと思いますね!!

この価格帯は十分に納得できますね!! 但し、東方の場合は入手困難のものばかりですけどね・・・

花映塚

かめとと 様


「花映塚」は初心者用ではなくて、上級者向けという感じでしたよね・・・
あれは難しかったです!
サボっている小野塚小町にそけを叱りつけにくる四季映姫というパターンがとっても面白かったです。

ムラサはいかにも「女子高生」という仕上がりですから、やっぱり欲しくなりますよね・・(笑)

素晴らしい・・・!!

素晴らしい東方フィギュアの数々・・・・・!!
クオリティがとっても高くて、本当に素敵です!!

どの東方フィギュアも素敵ですが、
最後のゆかりんは・・・「ほしいっ!!」と思ってしまうほど素晴らしい仕上がりのフィギュアですね!!

ゆかりん、最高!!

アミグリ 様


そうなんですよ!!

東方の企画化商品はドールだけでなくて「フィギュア」の完成度も凄まじく高いと思います。
私もグリフォンのこのシリーズならば、霊夢・ゆかりんは「とにかく欲しい!!」という感じですね(笑・・)
紫さまのあの「妖しくも美しい雰囲気」は、本当に最高だと思います。

さてさて・・・東方×グリフォンフィギュアの世界は、5/17辺りに再度記事にさせて頂く予定です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2896-c5e0e6ba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |