プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


6.首里高校


B/楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲(R.ワーグナー)


首里高校というとやはり何と言っても1974年の歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列の
素晴らしい名演が燦然と光り輝いていると思います。
今現在そうした事を言う人はあんまりいないのですけど、1970年代~80年代前半の頃って
人によっては「沖縄サウンド」といって木管を主体にした感受性豊かなサウンドの事をそのように評する人も
いたものです。
そうですね・・・
どちらかというとこの「沖縄サウンド」というと、例えば石田中とか那覇中とか首里中などのように
中学校の部の方がしっくりきそうな感じもあるのですけど、
高校の部における沖縄サウンドというと、やはり1974年と1977年の首里高校が一番印象が深いです。
特に前述の通り、1974年のエルザは本当に感受性豊かな演奏で、聴いているだけでなんか妙にじーーんと
くるものが間違いなくあり、聴く者に確実に「何か」は伝えていると思います。
ま・・・半面・・・少しffが音量過剰とか確かに感受性は豊かなのですけど、音がかなり生々しく伝わっていて、
感情が豊かを少し通り越して、感情が少しと言うかかなり・・爆発炎上しているような感じもあります。
そうですね・・・
70年代の吹奏楽コンクールの「熱さ」を象徴している演奏の一つだと思います。
これはあくまで個人的な私見ですけど、私にとっての「エルザの大聖堂への厳かな行列」の最大の名演は、
豊島十中でもなくてこの首里高校でもなくて
やっぱり誰が何と言っても1987年の雄新中学校の清楚で抒情的な演奏だと思います!!

1977年の演奏ですけど、私はとっても素晴らしい演奏だと思います。

結果論になるのですけど、74年は金賞、77年は銀賞という結果になるのですけど、
私個人としては、74年の確かに表情は豊かなんだけど魂が少し荒ぶり過ぎる演奏よりは、
77年の方が落ち着いていて、より理性的な演奏であり、むしろ「沖縄サウンド」に相応しい素晴らしい演奏を
聴かせてくれていたのかなとも思っています。
前述の通り結果は銀賞なのですけど、これは本当に「惜しい銀賞」だと思います。
課題曲B/バーレスクは、ともすると単調な演奏になりがちで不気味な要素を前面に出しがちの傾向が多かったようにも
感じるのですけど、首里高はむしろこの点をかなり「カラっ!!」と明るい感じにうまくまとめていて、
私としてはこうした不気味でおどろおどろしくないこうした「仮面の踊り」も大いにありだと思います。
自由曲なのですけど、
そうですね・・・・
確かに色々と難点はあるとは思います。
第一に、原曲よりも「キー」を下げてアレンジ&演奏をしていたので、最初にこの首里高校の演奏を聴いた時は
正直思いっきり違和感は感じたものです。
(同様な違和感は、1984年の葛飾吹奏楽団の「ローマの祭り」の妙なキー下げでも感じたものです・・・)
第二に、1974年よりは相当抑制&理性的に処理されていましたが、やはり部分的に少し音と言うか
サウンドが生々しいというか、楽器そのものの「剥き出しの音」みたいな箇所も感じられ、
部分的に少し違和感は感じたものです。
特にそれが顕著だったのは、前半部分のクラリネットのみの部分の「超高音域の伸ばし」が
なんかいかにも「鶏が首をギュッ・・と締められ悲鳴を上げているような雰囲気」にも感じられ、
あれは少し興ざめというか・・いくらなんでもクラリネットの高音が生々しすぎるな・・とも感じたものです。

だけど・・・

全体的にはとにかくたっぷりと歌いこまれていたのが大変印象的です。

朗々と歌い上げているという感じで、「ワーグナーの歌心」というか「陶酔感」をしみじみと感じたものです。

74年もそうでしたけど77年の演奏も、木管を主体にして構成し、「たっぷりと歌いあげる事」に主眼を置いていて、
聴いていて「とにかく気持ちいいほどたっぷりと歌いこんでいるな・・・」という
印象が大変強いです。
木管が主で金管が従という役割が徹底されていて、バランス感覚という意味でも申し分ない演奏だったと
思います。
ま・・・時折歌いこみの意識が強すぎで、部分的に演奏が破綻一歩寸前という個所も無くはなかったと
思いますけどね・・・
とにかく「音楽的なスケールの大きさ」という意味では、この年の高校の部においては、
キラリと光っていた演奏だと思いますし、素晴らしい演奏だったと私は思っています。
82年のショスタコの5番とか88年のローマの祭りは、
伝統的な沖縄サウンドというよりは、金管が主役みたいな感じで少しバリバリに鳴らし過ぎていたみたいな感じもあり、
それが結果的に銅賞という結果になっていたような気もしますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2895-26a15d08
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |