プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先月なのですけど作曲家の真島俊夫氏がまだ67歳という若さでご逝去をされました。
まだまだこれから・・・・という素晴らしい作曲家のお一人でしたので、とてつもなく残念です。
ここに真島俊夫氏のご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

真島氏というと・・・・

最近の若い世代の皆様にとっては「三つのジャポニズム」の作曲家というイメージが強いのかも・・・
この「三つのジャポニズム」はとてつもなく難曲なのですけど、吹奏楽コンクールの自由曲としては
既に定番のひとつになっていましたよね!
あ、そうそう・・・この曲は2011年に管弦楽にアレンジもされていて、東京フィルが確か初演をしていたと
思います。
他には・・・・

巴里の幻影

ミラージュⅠ

前奏曲「アプローズ」

三日月に架かるヤコブのはしご

百済伝説による交響組曲「神門物語」

あたりの曲がとっても馴染み深いです。

そうそう・・・

1991年の課題曲B「コーラルブルー」とか1997年の課題曲Ⅲ「五月の風」もとっても素敵な曲でした!!
特に「五月の風」のラスト近くのピッコロの掛け合いなんかはとっても素敵でした!
(この五月の風の自分にとってのベスト演奏のひとつは・・・・洛南高校の演奏なのかも・・・)

だけど・・・・

私にとっての真島俊夫氏というと・・・・

やっぱり・・・・

1985年の課題曲B「波の見える風景」なんですよね!!

私・・・本当にこの課題曲は大好きでした!!
冒頭のゆっとりとした二拍子の感じとか、「海」というよりは「心象」に近いような揺れ動く雰囲気か
後半の大変な迫力とか
ストーリー性からも感じさせるあの音楽的表現の幅広さとか
喜怒哀楽がぜーんぶ詰まったようなあの感じとか
時折、ほろっ・・とさせるあの優しい感じとか
とっても素晴らしい課題曲だったと思います。

ちなみにですけど、この「波の見える風景」は、私が大学2年の時の課題曲でした。
この素晴らしい課題曲を実際に自分自身が吹けた事は、今にして思うととってもラッキーな事だったと思います。
私・・・・正直・・・この年までは「吹いていて何かが伝わる課題曲」ってあんまり吹いたことがないのですよね・・・
たとえば・・・・
幼い日の思い出・イリュージョン・アイヌの輪舞なんかは・・・・
そうですね・・・吹いていて「楽しい」とはあんまり思わなかったし、
コンクールが終わってしまうと「正直、あんまり聴きたくない曲」になっていたのかもしれないです・・・(苦笑・・)
例外が・・・1983年の課題曲C「カドリーユ」かな・・・
あの曲は曲自体大変薄く書かれていて、クラリネット奏者にとってはあの「軽快感」を出すのは大変難しい曲でしたけど、
やりがいはある曲でした!
そんな中、この真島氏の「波の見える風景」は、コンクールが終わった後でも
「ずっと聴き続けていたい・・」と思わせる本当に素晴らしい課題曲のひとつだと思います。
こういう課題曲は・・・・
自分自身が実際に吹いた曲としては、他には1987年の課題曲A「風紋」も大変印象的で、
いまだにこの「風紋」は大好きな課題曲の一つです!!

前述の風紋以外では
私としては、好きな課題曲として、ディスコ・キッド、ポップス変奏曲「かぞえうた」、
東北地方の民謡によるコラージュ、序奏とアレグロ・インヴェンション第一番、テイクオフ、
吹奏楽のための序曲(00年ではなくて、1986年の方)、ハロー!サンシャイン、フューチュリズム、
ベリーを摘んだらダンスにしよう、稲穂の波あたりがいいなーと思います。

だけど・・・やっぱり私の中ではこの「波の見える風景」は、
一歩抜きん出ている存在ともいえる課題曲の一つなのかもしれません。
「波の見える風景は」1988年に改定版も出ているのですが、
大変申し訳ないのですけど、私はこの改訂版はあんまり好きではありません・・・
なんか印象としては、改訂版の余計な箇所を削ったら、元の課題曲Bに戻ってしまう・・みたいな印象すら
あります。
(ちなみにですけど・・・改訂版「風紋」は原曲同様素晴らしいと思います!)

「波の見える風景」は少し不思議な感じもする曲で、
ま・・・これは私個人の感覚なのかもしれないですけど、
吹いていると、なんか無性に感情がこみ上げてくる・・・・そんな感じの曲でした。
別に涙は出ないけど、吹いているだけでなんか「泣きたい気持ち」にさせられてしまう・・・・
なんかそんな雰囲気すら持っていた曲だと思います。
そうですね・・・・この感覚は、ミッチェルの「海のうた」をかつて吹いていた時の同じようなものが
あるのかもしれないですよね。

1985年のコンクールは、なんといっても!!
天理高校の「セント・アンソニー・ヴァリエーション」と
愛工大名電の「プラハのための音楽1968」の二つの歴史的名演を生で聴けたという事に
尽きると思います。
天理の「セント・アンソニー・ヴァリエーション」は本当に素晴らしい歴史的名演でしたけど、
天理の「波の見える風景」はかなり豪快に鳴らしている印象があります。
曲のエンディング近くでは、ドラが相当の音量でゴーーーーンと鳴り響いていたのは
相当のインパクトがありました。

「波の見える風景」の高校の部での最優秀演奏は、私は習志野高校だと思います。
とにかく音色がデリケートだし、それ程豪快に鳴らしている訳ではないのに
力強さも感じました。
何よりも、目を閉じて聴いていると、何か自分だけの海のストーリーが出来てしまうような
感受性豊かな演奏でもありました。

フルート・オーボエ・クラリネットのソロが全体に華を添える曲でもありますが、
後半のたたみかけるような展開も大好きな曲でした。
そしてあの洗練されたサウンドは、バファリンでは無いけど、まさに・・・「優しさからできている」みたいな
感じの演奏だったと思います。

とにかく・・・

私が初めて真島氏の名前を耳にした際は
「これからの活躍が期待される若手作曲家」というフレーズが結構多かったものですので
余計に「まだお若いのに・・」という思いは強いですね。

繰り返しですが、真島氏のご冥福を心より御祈念申し上げさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです

私も波の見える風景大好きでした。
演奏したかったけど、その頃はA部門さえも夢のまた夢だった中学生でした。もちろん課題曲はポップステップマーチw

しかし、読んでていつも思うのですが、好きな曲かぶりすぎです笑
私もディスコキッド、インヴェンションとか大好きです。
でもどれも演奏したことないです。もちろん、ダイヤモンドバリエーションも(涙)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

真島俊夫を悼んで・・・

先日の題名の無い音楽会で真島氏の訃報を知りました。
何ヶ月か前に同じ番組で、真島氏本人より「実は宝島のホルンの楽譜の音を間違っていた」との衝撃のコメントも記憶に新しく思います。
宝島は大学時代~市民バンド時代の十数年間の間に何度も演奏した曲だったので、その衝撃(真島氏の訃報と楽譜のミスの両方)はなんともいえませんでした。

波の見える風景、懐かしいですね。
大学1年生の時、定期演奏会で吹きました。
コーラルブルーは大学2年生の時の課題曲で、当時は面白そうだから吹いてみたいなぁとは思いましたが、結局吹いたのは無難に?そよ風のマーチ。
卒業して市民バンドに在籍していたときの演奏会でようやく吹くことが出来ましたが、新鮮味が薄れたせいなのかあまり感動は無かった気がします。
そういえば、課題曲って「ご当地ソング」みたいなのがいくつかありますよね。
コーラルブルー以外にも吹奏楽のための序曲「南の島から」、北海の大漁歌、東北地方の民謡によるコラージュ、ブラジリアンポートレート、吹奏楽のための民謡「うちなーのてぃだ」(他にもあるかもしれないけど)。
地域的に寒いところか暑いところかに偏ってるのも不思議な気がします。

ダイヤモンドヴァリエーション

さくら 様


ごぶさたしております!!

お元気そうで何よりですっ!!

そして村松先生もお元気そうで本当に嬉しく思いました。
このブログでひょんなことから浜松工業のOBの方と色々とお話しさせて頂く機会があったのですけど、
遠山先生もお元気で御健在と聴いて、なんかホッ・・とするものがありました。

「波の見える風景」は本当に名曲でしたね!!
吹いているだけで感情がこみあげてくる課題曲なんて、自分が吹いた曲としてはこれ以外では「風紋」が
あるぐらいです。
「ポップステップマーチ」、あ・・なんかなつかしいですね・・・!
この曲は意外とリズムがぎくしゃくしてしまうもんで決してバカにはできない曲だと思います。

好きな曲で「被り」があるとはとっても光栄です!!

「ダイヤモンドヴァリエーション」のあの「渋さ」と「音楽的完成度」の高さをわかって頂ける人は
あんまり身近にいないもので、とっても心強い限りです!!

寒そうな課題曲

某大学の卒業生 様



真島氏の訃報は本当に驚きでしたし、残念な思いが強いですね・・
とにかく真島氏のご冥福をお祈りするばかりです・・

「波の見える風景」ですけど、指揮者の解釈によって随分と曲想にも変化があったと思います。
私もこの課題曲は、本当に色々と聴いてきましたけど、やはり普門館での習志野高校を超える演奏は
一つもなかったように思えます。

そうそう・・・

「寒そうなエリアの課題曲」ですけど、とてつもなく古い曲ですけど、
1969年の吹奏楽のための音詩「南極点への序曲」とか
1967年の吹奏楽のための序曲「北の国から」というのもありました。
69年の課題曲は、中学の部の課題曲もそうでしたけど、とにかく・・長いです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2893-23cae4c3
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |