FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


5.観音寺第一高校


B/歌劇「運命の力」序曲(G.ヴェルディ)


この年、1977年の吹奏楽コンクールを語る際って必ずネタにされるのが、
兵庫県の今津中学校の歴史的名演と誉高いヴェルディの「運命の力」序曲だと思うのですけど、
ま、確かにあの演奏は中学生のレヴェルを軽く超越した本当に素晴らしい名演だと思うのですけど、
(ちなみに中学の部は、高校の部の前日の土曜に開催)
翌日の高校の部において、今津とまったく同じ自由曲をたまたま選んでいて、
それと比較されて論ぜられている傾向が大変強いようにも感じられ、
高校の部でこの曲を選んでいた観音寺第一と淀川工業の二つの学校は、なんか「少し気の毒だな・・・」と
感じてしまいます。
吹奏楽専門雑誌のバンドジャーナルで、当時高校の部の感想・評論を担当されていた保科先生ですら、
今津とこの両校の演奏を比較して論ぜられていて、
「おいおい、先生・・・中学の部と高校の部の演奏を同じ基準点で評価しちゃ気の毒でしょ・・・・
それに両校の指揮者・奏者にとっては前日の今津の名演は関係ないでしょ・・・・」と
なんか今更ツッコミたい気持ちはあったりもします・・・(笑)

そうですね・・・・

あくまでこれは私見ですけど、確かに今津中の演奏はとっても上手いし、演奏に「気迫」が感じられる
とっても素晴らしい演奏なのですけど、
翌日の高校の部の観音寺第一と淀川工業に対して、
当時の人たちが言うほど「圧倒的な差」があったかというと、そんなに大きな差はなかったようにも
思えます。
もちろん今津中も素晴らしいけど、同じくらい観音寺第一も淀川工業も素晴らしい演奏をされていたという事なのだと
私は思います。
結果論になるのですけど、この年、観音寺第一は銀賞、淀川工業はまさかの・・・・銅賞という結果で
終わるのですけど
(今のところ、淀川工業 ※現・淀川工科においては、これが全国での唯一の銅賞実績です・・・)
そうですね・・・・
客観的に聴いた感じでは、観音寺と淀工にそんな「大きな差」があるとは思えませんし、
正直、この年の淀川工業の銅賞は極めて意外ですね・・・・
「え・・・・これで銅賞はないでしょ・・・」みたいな感じが大変強いです。

さてさて・・・・観音寺第一の演奏ですけど、
課題曲・自由曲共に結構音は大きめで演奏に相応の迫力が伝わり、「スケールの大きさ」は伝わってきた
演奏だと思います。
課題曲のこうした少し「おどろおどろしい部分」なんかも比較的軽めに処理をして、
チャーミングな感じを演出していたのはよかったと思いますし、全体としては、重厚感+遊びの感覚も
十分演出していた演奏だと思います。
自由曲の「運命の力」も印象としては「手馴れているな・・・」という感じで、
この熱い序曲をしっかりと自分たちの演奏として表現できているなとも感じましたし、
やはり全体的には「スケールの大きさ」というものが伝わっていたと思います。
この演奏から9年後に観音寺第一は、同じ指揮者でワーグナーの歌劇「リエンチ」序曲を
優しい眼差しでスケールの大きい演奏にまとめていましたけど、
あの時のワーグナーの演奏とこの年の「運命の力」は、なんか全体の雰囲気というのか表現とか
指揮者の意図は結構近いものがあるのかな・・・?とも
感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2891-cd93a226
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |