プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「東方心綺楼」は、秦こころが希望の面を失うことにより起きた異変とも言えるのですけど
この中で、「人の心」という意味で決定的に何かが欠けていたこいしちゃんと秦こころの二人に
焦点が当てられたということでとっても興味深いものがあると思います。

秦こころというのは、本来は物静かな妖怪というのか一種の付喪神とも言えるのだと思います。
ま・・・付喪神と言っても、多々良小傘みたいな単なるいたずら妖怪とは明らかに異なるというか
小傘とは強さの次元が全然違うみたいな感じもありますよね。
こころは、元々は66種類の「仮面」を自由自在に操り、喜怒哀楽を含めた多種多様な感情を描いた仮面を
自分の周囲に浮かべ、実際にこころが被った仮面によって
性格が多様に変化するといった付喪神なのですけど、
ま・・・そうですね・・・今風に言うと要は・・「多重人格」という事なのでしょうね。
だけどこころ自身は、色々なお面を被ったとしても、その被ったお面に支配されているという感じではなくて、
「表情豊かなポーカーフェイス」といった何やら矛盾するような二つ名が示唆する通り、
色々なお面を被って表情は変化するのだけど、「感情」自体は一定の冷静さ・静けさをキープしているみたいな
印象が強いようにも感じます。
ま・・こころ自体は、戦いで勝利しても無表情でガッツポーズをしているというある意味シュールなんだけど
別の意味ではそれがとっても可愛い・・・みたいな感じもあったりもしますね。

さてさて・・・この「東方心綺楼」なのですけど、

普段はただの静かな付喪神だった秦こころが
面の1つである「希望の面」がなくしてしまい能力が暴走し、その結果幻想郷の人々から希望の感情が失われ、
「ええじゃないか、ええじゃないか!」などと刹那的な快楽を求めるようになったことで、異変と言うのか
騒動が発生したというのが真相なのですけど、
実は・・・
こころがなくした「希望の面」を見つけて回収してしまったのが、この古明地こいしちゃんだったのです!!

その結果として、その①~②で語らさせて頂いた通り、元々こいしちゃんというのは
誰にも気づかれる事も無く、そして何の感情も有する事の無い放浪妖怪だったのが、一変してしまいまして、
そうしたこころの「希望の面」を有する事によって、
こいしちゃんのいわば「絶対的な無の心」に「希望」という灯が点灯するようになり、
その結果として、こいしちゃんは、道教勢力・仏教勢力・魔理沙・霊夢等々とのバトルの中で
勝ち進む事で、
「他人から注目される事の快感」とか「他人から自分と言う存在を認識される事への喜び」という
思いがけない「副産物」も得ることになっていったのです!
そう・・・・
従来までですと、正直・・・そんなこいしちゃんを色々と心配して気を遣ってくれる人と言うと、
お姉さんでもあるさとり様以外は存在しなかったのですけど、
この「東方心綺楼」で持って、こいしちゃんに何か大きな「変化」があったのは間違いではないと思われます。
こころは希望の面を返してもらうために、何度となくこいしに接触を心掛け、
こころはこいしに対し「見つけたぞ! 私の宿敵よ!」とか何とか言うのですけど、
これって逆に表現すると・・・
「こいしを覚えていてくれて、探してくれる存在が・・・実はさとり様以外にも存在していた」という事にも
なるのですよね!!
今までは誰からも気づかれる事なく、誰からも・・・・ほぼ無視状態だったこいしちゃんの本当は「無」そのものだった心に
大きな変化がもたらされるというのは、
ま・・・そりゃ・・・自明という事になりますよね!!

だから・・・

「「東方心綺楼」の世界と言うのは、ま・・・後で触れますけど、こころが何か「変化」するきっかけになったとも
思えますし、それ以上に・・・・
こいしちゃんが「大きく変化する」という意味では、まさに・・・重大なきっかけとなったものなのですよね!!
それに・・・「東方地霊殿」あたりのこいしちゃんの人気は・・・・正直微妙なものがありましたけど、
この「東方心綺楼」以降のこいしちゃんの人気急騰ぶりは・・・・ま・・・そりゃ至極当然!!みたいな感じはありますよね!!

その②でも語った通り、こうしちゃんはその異変の中で、東方の主要キャラ・・・特に特に宗教勢力との
戦いを繰り広げていくのですけど、
その中で着実に勝利を収めていき、こいしちゃんの「わーい、また勝ったー」の言葉に象徴されるように
他者から注目される事に段々と自分の存在着意義とか価値を見出していく事になります。

マミゾウとの会話もそうした流れの一つです・・・

こいし 「よーし、巫女の次は貴方ね!」
 マミゾウ 「お、おう」
 こいし 「今度も勝っちゃうよ!」
 マミゾウ 「何という化かし甲斐の無い奴じゃ。
       こいつの目には何が映っとるんじゃろな」
 こいし 「どうしたの? 怖じ気づいたの?」
 マミゾウ 「まさかまさか。
       さあ、本番じゃて。
       さっきの巫女のようには行かんぞ?」

 マミゾウ 「勝負あった!
       明日もあるんでこの位にしてくれ」
 こいし 「わーい、また勝ったー。
      次の対戦相手は誰かなー」
 マミゾウ 「タフじゃのう。
       お前さんには疲れというもんは無いのかい」
 こいし 「疲れ? 意識したことないなー」
 マミゾウ 「不思議な奴じゃ。
       お前からは表面的な物以外の感情が感じられぬ」
 こいし 「えへへー、でも楽しいもん」
 マミゾウ 「それも本気かどうか。
       しかし、里にいる人間のように無感情な物とも異なる。
       不思議と希望には満ちあふれているようじゃが……」








9ac21e67_convert_20160504042404.jpg



a6456a11_convert_20160504042512.jpg



あ・・そっか・・・・一輪はお空の間欠泉騒動のドサクサまぎれで
ムラサと共に地底から脱出(こいしちゃん風に言うと・・・出所・・・??)出来たのですけど
地霊殿にてさとり様と一緒に過ごしていたこいしゃんは、ムラサとか一輪の面識は既にあったという事なんですね・・・

さてさて・・・

ここでクライマックスがついに訪れます!

そう! こいしちゃんVSこころのバトルがいよいよ始まるのです!!

その際の二人の対話をピックアップしてみると・・・・・


こいし 「次の対戦相手は居ないかなー。
      あれ? 静かねー。
      もしかして丑三つ時ってやつー?」

 こころ 「私の希望の面……希望の面はどこだぁ!」
 こいし 「わーい、次の対戦相手だー」
 こころ 「早く希望の面を取り戻さないと……」
 こいし 「希望の面?
      あー、貴方のお面のようなやつ見た事あるわー」
 こころ 「何だって?」
 こいし 「真っ白い面が地割れで落ちてきてねー。
      不気味だったからよく覚えているわー」
 こころ 「何だと! そのお面はどんな表情だ?」
 こいし 「真っ白い子供の顔だった。
      何処かしらお地蔵さんを彷彿とさせるような……」
 こころ 「それは……まさしく希望の面!
      今は一体何処にある?」
 こいし 「内緒。もう私の宝物だもん。
      ってあれ?
      何でも忘れる私が、何でその事だけ覚えているのかな?」
 こころ 「貴様、希望の面を返さないと言うのか」
 こいし 「うん、返すつもりは無いよ」
 こころ 「偏ったお面の持ち主は必ず感情を破綻させる。
      そのままではお前の感情も暴走するぞ!」
 こいし 「構わないもん。
      感情なんてもとより持ち合わせていないもん」
 こころ 「哀れな奴め!
      私のようになりたくなければ、今すぐ希望の面を手放すことだ!」


さてさて・・・一連の二人のこうした会話を眺めていると、
二人には共通性もありますし、互換性もありますし、
ある意味一蓮托生というのかな・・・片方が完成してしまうともう片方はその存在意義を喪失してしまうみたいな
関係性もあるように思えます。

この二人には「感情の不安定性」みたいな共通点があるようにも思えるのですけど
さてさて・・・その「不安定性」ってそもそも何なの・・・?と自問自答してみると、なんか答えに窮してしまいます。
だって、そりゃそうですよね・・・
こころは元々は穏やかで物静かな傾向がある付喪神なのですけど、「希望の面」一つ失くした事で
あんなにも普段の「ポーカーフェイス」もどこへやら・・・あれほどまで暴走をしてしまうキャラでもあるし、
対してこいしちゃの方は、「サードアイ」を自ら閉じることで元々が「感情」なんてものを有していないキャラ・・・
そうした二人の不安定性の共通点を論ずる事自体矛盾があるような気さえします。
こいしちゃんは元々笑顔が可愛いし、見た目もとってもキュートでとっても可愛いのですけど、
本人は何も感じてはいない・・・感じる事さえできない「無の存在」なのです。
一方こころは・・・
感情を司る感情豊かな付喪神なのですけど、お面に表情を頼っており、表情を作ることができない欠点があります。
こころは希望の面を失って、一部の感情が欠けてしまい、
こいしちゃんは希望の面を拾って、少しだけ感情を感じることができるようになってしまいました。
お互いに何かが欠けている状態になっていると言えるのかもしれないです。

そうですね・・・・
こころとこいしちゃんの関係性は、そうしたお互いの不安定さを見据えた「微妙な関係」と言う事と
言えるのかもしれません。
最終的には、こころは神子から新しい「希望の面」を授かる事でこの異変は収拾という事になるのですけど、
こころがこの新しい希望の面を巧みに使いこなし、こいしちゃんが今現在持っている拾ってきた古い方の希望の面の効力が
無効になってしまうと、
こいしちゃんにせっかく芽生え始めた「感情」が完全に喪失され、
こしいちゃんは以前と同様に感情も存在感もなくした妖怪に戻ってしまうし、
逆にこころが新しい希望の面を使いこなせないままだと、こころは付喪神としての本分が果たせない中途半端な存在に
なってしまう・・・
なんかそうした厄介でもあり、微妙な問題をこの二人は現在も・・・そしてしばらくは抱えていく・・・
なんかそんな展開になりつつあるような感じがします。

それを見越しているのかどうかは分かりませんけど、
今現在、この二人は・・・
在家信者扱いという事にはなっていますけど、白蓮さんの命蓮寺のメンバーともなっていて
その辺りの絡みが今後あるのかどうかは正直よく分かりませんけど、
なんか興味は尽きない・・・という感じにもなっています。

どちらかというと・・・
こころのほうがそうした状況をむしろ楽しんでいるのかも・・・・?
こころの「「返せったらぁ。……しかしまあ、もう新しいお面も貰ったから本当は要らないんだけどね。」と言うセリフが
何となくですけど、こころの心境を示唆しているようにも感じたりもします。
そしてそれを決定付けていたシーンが一つありまして・・・
漫画版なのですけど、東方鈴奈庵においては、
こころが能楽を踊っているシーンで、こいしちゃんが紙吹雪を舞わせるあたりは、
なんかこの二人の「今はとりあえずこのまんまがいい・・・しばらくはこうした関係を続けたい・・」みたいな事を
暗示しているような気もしますね・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2890-4157370a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |