プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まず初めにお断りを・・・
今回の「早苗さん その①」の記事ですけど、どちらかというと、早苗さんとしての記事というのではなくて、
幻想郷と外界の関連性の事を取り上げさせて頂き、
今回に関しては「総論」みたいな形で簡単に取り上げさせて頂きたいと思います。


早苗さんと言うと、初登場の際はそうですね・・・・
何となくですけど微妙な感じもあったものでした。
なぜそのように感じていたかというと、「東方Project」の世界においては、「神社の巫女さん」と言うまでも無く
「霊夢」という絶対的なエースが既に君臨していましたので
「え・・・なんで既に存在しているキャラの二番煎じみたいなキャラを登場させるのかな・・・?
しかも幻想郷には既に博麗神社という神社が存在してるのだし、
白蓮さんの命蓮寺のように他宗教と言うのなら分かるのだけど、
なんでここであえて同じ神社の巫女さんを登場させちゃうのかな・・・? うーーん、正直よく分からない・・・」
みたいに感じていたものでした。

だけど・・・早苗さん登場の意図というのか「意義」はかなり大きいものはあったのかな・・とも思っています。
ま・・・、別に同じ巫女さんという同業者の登場で、霊夢が発奮して、勉強&修行に勤しむという展開にならないのが、
いかにも東方らしいというのか霊夢らしい話ですよね。
いや―ー、私、霊夢のこういう所は本当に大好きですっ!!
この事は既に「聖白蓮」関連記事で散々書いてはいるのですけど、
元々・・・東方の世界においては、宗教関連というのは霊夢の博麗神社しか存在はしていませんでした。
そして・・・この博麗神社というのは、霊夢がとにかく・・・「妖怪」を次から次へと引き寄せてしまい、
この神社は「妖怪」の溜り場みたいになっているから、参拝客が極端に少なく、
幻想郷内の人々の間では、「信仰心」が徐々に薄れていっているのかな・・・という感じもあったものでした。
そうした中での、霊夢と同じ同業者の「守矢神社」というもう一つの神社が登場し、
その頃に、白蓮さんの命蓮寺という仏教陣営の勢力拡大とか神子・布都子等の道教勢力の登場とかも
ありましたけど、
これが意味する事って・・・
やはり東方の世界における「さまざまな宗教勢力の寛容性とか多様性の容認」なのかな・・・とも思っています。

改めてですけど・・・・

東方の世界観においては、
妖怪と人間が共存共栄する「幻想郷」と特段・・・・夜も妖怪も恐れることが無くなり科学技術の進化によって
人々の間からは信仰心も妖怪を恐れる心を既に喪失している「外界」の境界には
「博麗結界」というものが張られていて、
幻想郷と外界は完全に遮断されていて、両世界の間には「交流」というものは基本的には図られていません。
ま・・・たまーにですけど「神隠し」という事で外界の人間が幻想郷に紛れ込んでしまう事もあるようですけど、
そうした人間を保護するに適した博麗神社にたどり着くまでの間にほとんどの外界の人間たちは
「妖怪」たちによって食われてしまうのがほとんどのようですね・・・
稀な存在として運よく博麗神社にたどり着くことが出来て、元の世界に帰ることが出来た人間もいましたし、
そのまんま幻想郷内の人里に居ついてしまった人もいるようです。
そして基本的には・・・幻想郷内の妖怪たちは、外界に出向くことはまずありません・・・
なぜから、妖怪たちがもはや「畏敬」の対象となっていない外界においては、外界にいるだけで妖怪の力が
確実に弱まってしまうからに他なりません。
ま・・・多分ですけど・・・
そうした外界の世界に定期的に入り込み、現況の外界の「情報」を収集したり、
時に・・・外界においても「悪さ」をしでかしたり、
もしかして・・・?? 次期博麗神社の「巫女さん候補」を外界からさらってきたりしているのは・・・
そりゃ言うまでもなく・・・あのゆかりん=八雲紫様ですよね!!
そしてご存知の通り、妖怪たちの存在意義を確かなものにするために、幻想郷と外界を完全に分離し、
博麗結界を張った張本人こそがこのゆかりんなのです!
ま・・・ゆかりんとしては・・・
「このまま人間が妖怪たちを見ても何の恐れも畏敬も感じない状態が続いてしまうと、
自分達の存在価値自体がなくなり、自分達の存在自体が消滅してしまう・・・」という危機感が
相当あったといえるのかもしれないですよね。
あれは紫さまの「大英断」だったのですけど、結果的に大正解と言えるのだと思われます。

「東方三月精」において、例のポンコツ光の三妖精たちが、今まで暮らしていた魔法の森を離れて
霊夢の博麗神社内の大木に移住をした時の話のエピソードとして、
あのゆかりんの独白(モノログ)がありましたけど、あのお言葉は・・・大変印象的なものがありました。 

「こうした大切な神社すら誰にもお詣りをされず寂れてしまう・・・・

外界は既に夜も妖怪も誰も恐れはしない・・・

観光地という事でもない限り、誰も神社になど目もくれない・・・という事なのだろうか・・・」

うーーーん、この言葉はかなり重たいものがありそうですね・・・
外界から完全分離をしなければ「妖怪」の存在すら許されなくなった状況・・・
「妖怪たちへの畏敬」、ま、これってすなわち・・・人間達が「妖怪の存在」を認めて敬っているという事の証でも
ありますからね・・・

さてさて・・・・そうした「妖怪」を巡る状況と言うのは、実は、「神様」というのか・・・「信仰心」に関しても
同じような事が言えるのではないのかな…という事が
早苗さんと言うか・・・・神奈子・諏訪子と言った「守矢神社」組が幻想郷内に唐突に外界から入ってきて
いきなり霊夢の「博麗神社」の乗っ取りを企てたという「東方風神録」において
提示をされていると思います。

前述においてのゆかりんの危惧がまるで予言されたかのように、
幻想郷の外の世界・・・つまり外界においては、
神々への畏敬とか神を信ずる心とかいわゆる「信仰心」が薄くなってしまい、
「人々から崇められ敬われ、信じられる」という事でその存在意義があった「神様」そのものの存在意義とか
必然性が徐々に失われつつあり、
本来はそうした「信仰心」によってその存在を維持していた神奈子や諏訪子といった古来の神々の
存在価値が喪失されていき、「消滅」という可能性すら否定できないという
かなり危機感は元々あったのだと思われます。
そこで・・・・神奈子たち「守矢神社」の神々たちは「一つの賭け」に打って出て、
自分たちの存在意義を確かなものにしようと画策いたします。
それがどういう事かと言うと・・・
神奈子たちは、外界で信仰を得る事を諦めて、
信仰心を得ようと神社ごと幻想郷の妖怪の山に引っ越し、
それと共に早苗や諏訪子も幻想郷に移り住んできたという事なのです。

つまり・・・・

早苗さんというのは、幻想郷に元々いた巫女さんではないのです!!

東方では極めて珍しい「外界」出身という大変珍しい立ち位置なのです!! いわば・・「よそ者」なのですよね・・・
必ずしも公式では明らかにはされていないのですけど、守矢神社というのは、
多分・・・・長野県・・というか、諏訪湖周辺で存在していた神社なんでしょうけど、
「このままでは誰からも信仰されず、最終的には神々の消滅という危険性すらあった・・・・
だから・・
幻想郷に巫女・神様と神社の一式ごと移転しておう!!
この幻想郷内での人間・妖怪から信仰を得られれば、再度信仰心が集められ、神社としての存在意義が
確立される」
そうした理由で、外界からやってきたよそ者勢力という事になるのだと思います。

そうした事情もあるのですけど、早苗さんというのは、
外界にいた頃は・・・・・・
普通の「女子高生」であったみたいな設定というか妄想は相当大きいようですね・・・・(笑)
ま・・・私の脳内妄想としては、
早苗さんは、元々は理系の普通のブレザー制服の女子高生であったのだけど、
ある時、ひょんな事から守矢神社の神奈子・諏訪子から
「あなたが今迷っている事はなーーに・・??」みたいな話から始まって
「信仰」とか「神の存在意義」という事に目覚めていき
(早苗さん自体は・・・実は・・・諏訪子の遠い子孫みたいな説が濃厚なようですね・・・)
早苗さんとしての重大な「一つの決心」をし、
外界の両親に永遠の別れを告げ、相当の覚悟と決意を持って、神奈子・諏訪子と一緒に
幻想郷内に守矢神社ごとそっくり一式移転をしてきたという感じですね・・・

そうですね・・・

そうした経緯もあったのかもしれませんけど、早苗さんの初登場時はなんか・・高圧的というか上から目線というか
少しばかり「気負い」が強すぎるような感じもありましたね・・・

早苗 「ここの山は私と私の神様が頂くわ。
    そして貴方の神社を頂けば――幻想郷の信仰心は、全て私達の物……」
霊夢 「そんな事したら、幻想郷におわす八百万の神が黙ってはいないわよ」
早苗 「これは幻想郷の為でもあるのですよ。
    今の信仰心が失われた状態が続けば、幻想郷は力を失います。奇跡を起こす力を失うのです」
霊夢 「冗談じゃない。信仰心くらい、私の力で何とか戻すわよ!」

ま・・・神奈子や早苗さんの意図としては、
まずは幻想郷内において自分たちの「神社」を「唯一の神社」として人間・妖怪たちに認識してもらうためには、
霊夢の博麗神社を乗っ取って廃する必要があると考えたのでしょね。
「博麗神社を手に入れれば幻想郷を支配できる』」いう、幻想郷の本質を突いているようでそうでもないような
危うい考えを当社は持っていたのだと思われます。

しかし・・・その戦いは霊夢の前に敗北・・・・

結局、幻想郷内においては、霊夢の博麗神社と早苗さんの守矢神社という「二つの神社」が並立すると
いう事になります。
ま、確かに・・・・
ゆかりんとしては、その後この守矢神社が色々と仕出かしてくれるもので、苦労は余計に増えてしまったという
感じなのかもしれないのですけど、
結果的に・・・・
二つの神社がある事、そして結果的に守矢神社がよそから入ってきてくれたおかけで
白蓮の命蓮寺とか神子の道教勢力も新たに出てきて、
「今までは寂れた博麗神社しか信仰の対象がなかったけど、
神社が二つ、お寺が一つ、道教が一つみたいに信仰の対象も増えてくれたし、
結果的に神々が敬まわれない事がなくなり神々の存在意義が高まったし、
神々が再度私たちの信仰の対象としてクローズアップされてきた・・・・これはこれで実に素晴らしい事・・・」と
ゆかりんは感じているのかもしれないですよね。

そしてこれは・・・その②で語りたいと思いますけど、
霊夢に一度敗れてから以降の早苗さんは、元々の素直なキャラに戻っていき、
風神録で、神奈子・諏訪子に「まずは霊夢の所に赴き、乗っ取りの直談判をしてきなさい・・・」みたいに指示されたとおり、
どちらかと言うと・・・・・
二人の守矢神社の二人の神に指示されるがまま・・言うがまま・・みたいな感じもなくはなかったのですけど、
徐々に・・・・
幻想郷内での生活に馴染むにつれて、この二人の主神からの「独立」というのか「一人立ち」の日も
近いのではないのかな・・・?
みたいな感じになっているのが大変興味深いですね!!







さてさて・・・

上記のとっても素敵で可愛い早苗さんのイラストは、
当ブログのとっても大切なブロとも様のお一人で、本当にいつも大変お世話になっている
「dream fantasy」の管理人様のアミグリさんが今年の1月に描かれたものです。

アミグリさんは、過去にこの早苗さんのイラストを一杯いっぱい描かれているのですけど、
どのイラストも様々な魅力の早苗さんが満載です!
中には・・・「水着早苗さん」というまさしく・・・「目の保養!!」みたいなものもあったりして、これがとっても
可愛いです!!
2012年に描かれていた早苗さんもとっても可愛かったです!!

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

今回の早苗さんですけど、とっても可愛いですね!!

霊夢がよく「赤巫女」とか言われ、早苗さんが「青巫女」とも言われたりもするのですけど
まさにそんな雰囲気です。
霊夢と早苗さんは多分ですけど、お年はそんなに変わりが無いはず・・・
そして・・・
もしもこの二人が外界で巡り合っていたとしたら、多分・・・・二人とも女子高生として出会っていたのかな・・とも
思うのですけど、
特に早苗さんは、つい最近まで多分ですけど「現役の女子高生さんだった・・」とも思えるので
このアミグリさんのとっても素敵なイラストは、巫女さんなんだけど少しだけ女子高生っぽい雰囲気も漂わせてくれていて
とっても素敵だと思います!!

そうそう・・・最近の議事の中で「早苗さんは霊夢の2Pカラー・・??」みたく書いた事もあったのですけど、
ま・・それもありなのかもしれないけど、
やっばり・・・・
霊夢は霊夢であり、早苗さんは早苗さんなんだと思います。
だけど・・・
アミグリさんが昨年6月に描かれていた「青霊夢」を見てしまうと、
霊夢が早苗さんっぽい雰囲気の巫女さんの衣装を身に纏っていても全然違和感ないかも・・・とも
感じたものです。

ちなみに・・・・アミグリさんの「青霊夢」をご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・ → 青霊夢

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!
先ほどは魔理沙ドールにコメント頂きありがとうございました!!
あ・・・いつの間にか「東方記事」は50を超えていたのですね・・・これは全然気が付かなかったです!!
東方の方もこれからもどんどんと語っていければいいな・・・と思っています。

さてさて・・・

次回の東方語りは、5月14日はこいしちゃんの日 早苗さん その②などを予定しております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございますっ!!

早苗さんのイラストを掲載していただき、ありがとうございます。

青霊夢の記事も紹介していただき、嬉しいです!

青霊夢

アミグリ 様


いえいえ、本当にいつもこちらこそありがとうございます!!

今回の早苗さんのイラストはとっても可愛くて素晴らしかったですし、青霊夢も普段とは違う雰囲気ながら
「あー、やっぱり霊夢は霊夢なんだ!」と感じさせる
素敵な一枚だったと思いますよ!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2889-5ff7ea0b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |