プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
64位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今までの「魔法つかいプリキュア」はどちらかと言うと・・・・
そうですね・・・・一言で言うと、ここまでの展開ですと、どうしてもポンコツ=リコちゃんみたいな方程式が
すっかり定着し、
魔法界でもナシマホウ界でもとにかくそのポンコツさを十分に堪能をさせて頂いたというのが
率直な感想なのかな・・・(笑)
あ、でもそれって全然マイナス的な評価とか印象という感じは全然していなくて、
むしろ従来までの「紫系プリキュア=優秀だけど孤高」という方程式を打破してくれたという意味では大変画期的でしたし、
逆に長い間このプリキュアシリーズを見ていた人間から言わせて頂くと
「とっても新鮮」みたいな印象すら感じていたものです。

だけど・・・

そうした「ポンコツ=リコちゃん」みたいな方程式に対して多少の「変化」を示唆させる回だったのが
この回なのかな・・・みたいな感じもありました。
ま、今回自体は、リコちゃんは珍しく(?)ポンコツ的なヘマはあんまりしていませんでしたしね・・・
ラスト近くでみらいとリコが二人で四葉のクローバーを探している時の、リコの
「それに、みらいと一緒にがんばって探したら、
 見つかった時にとっても幸せな気持ちになれると思うの!」という言葉がそうした「変化」を何かしら暗示
しているようにも感じたものでした。
つまり・・・・
確かに「魔法」というツールも必要だし大切なんだけど、それ以上に
「自分自身の手でなにかハッピーを見つけよう!」みたいな「明確な意思」というのか「主体性」らしきものが
ようやくリコちゃんにも芽生えつつあるのかな・・・・とも感じさせてくれた瞬間でもありました。
フレッシュにおいても
「幸せは自分達自らが探し出すもの」みたいな事をテーマとして謳い上げていましたし、
ハピネスチャージにおいても
「幸せは、一人一人の心の持ち方によって変化するもの・・」みたいな事を一年間かけて提示をしていましたし、
そうした意味において、
確かにリコちゃんは異世界出身でまずは「魔法」というものを取得しないといけない立場なのは重々に
承知はしているのですけど、
それ以上に大切なものが他にもあるんじゃないの・・・? それを一年間かけてじっくりとみらいと共に探してきなさい・・
みたいな事ももしかしたら・・・「一つのテーマ」にしているんじゃないのかな・・・?とも
ふと感じたものでした。
みらいのお父さんの
「我々は便利な道具を使って生活をしている。
だがそれを敢えて使わない事で普段の暮らしが、いかに恵まれて幸せなのか分かるんだよ」というセリフは
意外と重たいものがありそうで、
「便利な道具」という言葉をそっくり「魔法」という言葉に置き換えてもいいのかも・・・という感じでしたね。
それに対してのみらいの
「自分の手で作って皆で食べるのってとっても楽しいし、すごーく幸せな気持ちになれるんだよ!」というセリフは、
まさに、魔法も文明の利器も大切だけど
人にとってもっと大切な何かがあるのかもね・・今はそれが何なのかよく分からないけど
この先それをリコと一緒に二人で探していこうよ!!
みたいな事を暗に言っているのかもしれないですね。

なんか・・・感覚としては「リコの成長物語」という感じですね!

最後の場面のリズ先生の
「今のリコなら、みらいさんと一緒にもっともっと成長して立派な魔法つかいになれるはずよ・・」というセリフは
まさにリコの成長への予感と期待、そして・・・
「魔法」も大切だけどそれと同じくらい人と人との関わりとか繋がりも大切・・みたいな事を
提示しているのだと思います。







あれれ・・・・なぜか・・・リズ先生も今回登場!!

リズ先生はさすがでして、別に「魔法」を使わなくたって、材料を切ったり等の「調理」はさすが手慣れたものが
ありましたね!
うーーん、この御方は別に魔法を駆使しなくたって十分既に優秀なんですね!

なんで今回唐突にお姉さんがやって来たのかな・・・・?

その辺りの意図とかを考えた時、正直なんか自分の中でも判断に迷いましたし、
「あれれ・・・なんで今この時期なのかな・・・?」とも思ったのでした。
その辺りは、この回のラスト近くの
「校長先生が水晶さんを使わずにお姉ちゃんに手紙を渡したのは
魔法を使わずにリンクルストーンを探してみなさいっていうヒントなのかも・・・」といったリコちゃんのその言葉の通りなのかも
しれないのですけど、
なんか私個人としては、もっとシンプルに考えてしまいまして、
現況姉妹離れ離れの生活になってしまっていて、リコよりも実は優秀な姉のリズ先生の方が
「本当にリコはナシマホウ界でちゃんとやっていけているのかしら・・・・?」と色々気をもんで心配しているようだから、
校長先生が気を利かせてあけで
「自分のメッセージを伝えに行く」という大義名分を与えて
「リズ、そなたも心配じゃろうから、まずは自分の目で妹の生活ぶりを確かめにいってくるがよいじゃろ・・」と
配慮してあげたという事なのかな・・・・?とも解釈をしています。



1a160f3a_convert_20160502202448.jpg


bead74d9_convert_20160502202729.jpg



お――――、なんか今回の作画のキュアミラクルはすごいイケメン!!
あれはまさにラブ兄貴も真っ青の「ミラクル兄貴!!」でしたね!!

そしてまさに・・・・「戦士」でした!!

何となくですけど「魔法つかいプリキュア」の戦闘シーンは何気に空中戦が多いような感じもあり、
なんか見た目にもとっても見栄えがしますし格好いいですね!
それとやはり毎回そう感じるのですけど、変身前の二人がとっても可愛くて幼く感じるのに、
変身したらあんなに美人さんになってしまい凛々しくなってしまうのは、
その「ギャップ」が楽しく感じたりもします。

あ、そうそう・・・変身前の話と言うと、
今回もまたまた同級生に「ほうきに乗った魔法使い」としての姿を目撃されてしまいましたけど、
なんかあれは・・・毎回毎回目撃されてそれをテキトーに誤魔化すことが最終決戦まで゜の一つの「お約束」に
なっていくのかな・・・?
ま・・・・まさかあの娘は・・・プリキュアにはならないですよね・・・・??
今回モフルンはまたまた「甘い匂いがするモフ」とか何とか言って蜂の巣まで二人を誘導しちゃっていましたけど、
ま・・・確かに・・・
クマというものは「ハチミツ」が大好きですので、あれは・・・・モフルンの「本能」なのかもしれないですよね・・・・(笑)
鳥に探し物の在りかを尋ねるというのは、どっかで見たような気が・・・??
あ・・・そっか・・・・
フレッシュのブッキーがアカルンの居場所を鳥たちに聞いていましたけど
やっぱりあの時も・・・・
「なんや・・・お礼もよーせんで・・・」みたいなノリでしたね・・・(苦笑・・)



3e34b7a9-s_convert_20160502202515.jpg



やっぱり今回のリコちゃんは、ポンコツからの「脱皮」を示唆しているようにも
感じたものでした!!
そう思っていたら・・・
次回は、みらいのポンコツ回のようですので、いよいよみらいのポンコツさにも本格的に光が
当てられていくのかな・・・??



d199634c_convert_20160502202627.jpg



今回のお話は「バーベキュー」という事でしたけど、
現役プリキュアのみらいもリコもそんなに「大食い」ではないというのかむしろ普通以下だと思いますが、
もしもこの場に「大食い」と言えば、とにかくシリーズでも屈指の「最強胃袋集団」が
いましたよね・・・・(苦笑・・・)
この人たちが今回のみらい達のバーベキューに参加したとしたら・・・
多分ですけど、みらいとリコはほとんど食べられないで終ってしまうのかも・・・??
まー、とにかくシリーズを通して食って食って食いまくっていた人達ばかりでしたね・・・(苦笑・・)

あ、そうそう・・・

次回のお話は、みらいのポンコツテスト回+お勉強回のようですけど、
予告では、みらいのテストは26点となっていましたが、
まだまだあまーい!!
のぞみ大先生は、平均点が80点を超えるテストでなんと・・・! 18点という驚異的な点数を叩き出していましたから、
みらいもまだまだ!!という感じなのかも・・・?

だけど、リコちゃんだけでなく、みらいのそうした「ポンコツ振り」にもようやく光が当てられたという感じで
実に次回が興味深い展開になりそうですね!
ま・・・どっかの2代前の「学年最下位」というあの偉大過ぎる先輩には、さすがに敵わないのかも・・・・??
関連記事
スポンサーサイト

コメント

バーベキューと蜂とリズと…。

>どっかの2代前の「学年最下位」というあの偉大過ぎる先輩には、さすがに敵わないのかも・・・・??
全く僕もその通りでした!次回のみらいの赤点・再テストはめぐみ以来です。挙句の果てはひめと同じようにリコが魔法で先生に変身したうえでみらいに教えるかと思いをはせながら考えていました。みらいとリコは、めぐみとひめを彷彿とさせるようなところがあります。

それはさておき、バーベキューはのぞみ達もやっていましたし、なぎさとほのかのキャンプ・飯盒炊さん(後からひかりも参加)をも思い出しました。この飯盒炊さん、ゆうこがいたら楽しいでしょう。さらにみらいとリコが蜂に追われるところですが、30分前の仮面ライダーゴーストでも蜂に襲われるシーンがあったといいます。その蜂に追われながら箒で飛んでいるところ、またかなに見られてしまう…。かなは今後、誠司やゆいのポジションになるか、それとも…?
今回はリズが再登場でしたが、おそらく夏休みにはあの補習3人組がナシマホウカイにやって来たり…。そしてリズもナシマホウカイでは「十六夜リズ」を名乗ったりとか考えています。

Re: バーベキューと蜂とリズと…。

鎌倉快速 様


今回もとっても楽しいコメントを頂きありがとうございます!!

次回のテスト回はいよいよ、みらいのポンコツさが如実に出てくると思うのですけど、
ご指摘の通り、めぐみの「赤点」を髣髴とさせる展開になりそうな予感がありますよね!
とにかく次回がとっても楽しみです。

というか・・・

一つ前の番組でも「蜂」が登場していたのですね・・・(笑)

かなは・・・ゆいちゃん・誠司みたいな立ち位置になって欲しいな・・とも思いますけど、
まだ先が読めない展開ですね・・(笑)
夏休み前後では、是非是非あの補習組もナシマホウ界に来てほしいですね!
そうなると・・
みらいの家は「居候」で溢れかえりそうですね・・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2886-19dc7716
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |