FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


4.天理高校


B/二つの交響的断章(V.ネリベル)


まずこの年以前の状況について少しばかり補足を・・・・

天理高校は順位制度から金銀銅のグループ表彰制度に大きくコンクールのシステムが変更になった後も
順当に金賞を受賞し続け、1970~73年で4年連続金賞を達成し、
「5年連続金賞→翌年は特別演奏」という栄誉に王手を掛ける事になります。
しかし・・・・1974年のリードの「ハムレットへの音楽」でまさかの銀賞・・・
まさかまさかの75年もコンクールを通常通りの「出場」という事になってしまいます。
75年の自由曲の交響詩「おやさま」という曲は、ある意味・・・・天理高校らしい選曲というのか、
天理教の教祖でもある中山みきの事を「おやさま」とも言うらしいのですけど、
その天理教の教祖でもある中山みきの生涯を音楽としてまとめた山田耕筰作曲の交響詩「おやさま」を
吹奏楽にアレンジしてコンクールに臨んでいます。
この演奏ですけど、アレンジは相当ひどいです・・・正直センスが良くないというのか、
ソロ楽器の扱いがひどいです・・・
だけど・・・・
演奏自体は大変素晴らしいものがあり、鄙びた感じとか素朴さとか純朴さが大変うまく表現されていると
思います。
中間部のゆったりとした反復される歌い廻しとか打楽器の扱い方とか表現としては中々魅力的です。
そして翌年の1976年は、75年と同様に邦人作品で臨むのですけど、
「皇太子のための祝典音楽」という、そうですね・・・・・正直あんまり聴き応えがない曲を選曲したという事も
あると思いますし、
コンクールとしては今一つインパクトに欠ける曲というせいもあったと思いますし、
もしかして・・・・
谷口先生の「74年に金賞を取れていれば75年は特別演奏だったのに・・・」という未練があったかどうかは
正直よく分からないのですけど、
なんか印象としては大変中途半端みたいな演奏を残しています。
天理にしては珍しいくらいの凡演だったようにも思えます・・・

余談なのですけど・・・・
関西大会でのBJの演奏評は、辻井市太郎という大御所先生が担当されていて、その際には・・・・
「自由曲は初めて耳にする曲であり、アメリカで出版されたものとの事だが、
天理であるからこそ立派に演奏できたとの印象を受けた。
その上、天理の有する独特のサウンドが聴く者を更に納得させた」という大変ベタ褒めコメントを
されていました。
しかし、全国大会でのBJの演奏評は同じく辻井市太郎氏が担当していますが、この時は・・・・
「自由曲はコンクールに適応していないものである。
世界の名曲に混じって、いかに高度な技術を有する天理であっても
曲そのものの格調を変える事は無理だったのだろう。
まずは選曲失敗の範疇に入るものである」
と、全く正反対の事を言われていました・・・・
そうですね・・・・今現在の感覚で言うと・・・・
「おいおい、オッサン・・・・おまえ、全く同じ演奏を聴いて、どうして関西と全国大会では
演奏そのものではなくて曲自体に対する印象がこうまで違うねん・・・!!」と
関西弁でツッコミを入れたい気持ちにもなったりします・・・・(苦笑・・)

あ・・・・なんか話が全然1977年とは関係ない方向にされてしまいました・・・・(苦笑・・・)

私、このブログで何度も書いている通り、とにかくネリベルの「二つの交響的断章」が大好きなのですけど、
そうですね・・・・
1979年の市立川口、そして1980年の東海大学第一の感受性豊かで鋭角的で個性に溢れた演奏に耳が慣れてしまうと、
1977年の天理は、とにかく「平凡」な演奏に聴こえてしまいます。
あ、勿論、天理高校としては精一杯のいい仕事はされていると思いますよ。
ソロ楽器の扱いとかやはり技術的な巧さは光っていると思います。
谷口先生も奏者も多分ですけど、前年度の銅賞という屈辱からの汚名返上に相当期する思いはあったと思います。
だけど・・・
やっぱり音自体がどっか「緩み」が感じられ、ネリベルらしいシャープさとか鋭角さには欠けている演奏だと
思います。
課題曲もそうでしたけど、無機質な部分でももう少し「歌心」を大切にして欲しかったな・・・とも思いますし、
やっぱりあの市立川口のあの「抜きん出た個性とか鋭角さ」の前には、
少しというか・・・かなり物足りないものは感じますね・・・・

やっぱり、天理高校の真の栄光は、1979年の新子先生の赴任以降の話なのかもしれないですよね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは~。

天理高校って自身の音楽を模索していたんですかね?

この年の普門館のバスの駐車場で演奏を終えた天理高校と普門館に到着した私達は偶然にも一緒になりました。整列していた天理の生徒さん谷口先生の横で先に到着して演奏を聴いていた遠山先生が一言、「天理は課題曲を失敗しました。」と先生一流のブラックジョークが飛び出しました(笑)
谷口先生は苦笑いでしたが、お二人の仲の良さを感じる瞬間でも有りました。

私自身はこの年の天理の「バーレスク」を聞いた事は無いんですが自由曲の「二つの交響的断章」はレコードで何度も聞いてこんな曲を演奏したいと思いましたがその機会は無く3年間を過ごしました。

そうそう、天理ってバスから普門館・普門館からバスに移動する時は4列位に並んで行進してくんですよね。あれには驚きました。

「二つの交響的断章」と言えば・・・

カリオストロ 様


そう言えば、以前のBJの記事でしたけど、淀工の丸谷先生が遠山先生より
77年の「運命の力」について
「まるちゃん、あれはよくないよ・・」と言われていた記事がありましたけど、
あれも遠山先生の一流のジョークなんでしょうね・・(笑)

このブログで何度も書いているように、私自身は「花輪信徒」・「秋田南信徒」、
そして「市立川口信徒」でもありますから(笑)
あの市立川口の1979年の「二つの交響的断章」はまさに原点でもありますしいまだにバイブルでも
あります!
多分ですけど、あの市立川口を凌駕する名演は今後も出ないと思います!!
ちなみに市立川口は、間もなく学校統廃合により「校名」が消滅しますので、信徒としては
とっても寂しいものがあります・・・

そうですね~

私も花輪の「モルダウ」、秋田南の「春の祭典」は大好きです。この時代は、クラシック・オリジナル・邦人作品とコンクールに彩りを添えていた様に思います。

市立川口の統廃合は悲しいですよね。折角全国に誇るバンドが生まれても先生の異動でそこまでの努力が無に帰してしまいますよね。川口の理由は判りませんが悲しい事です。

浜松も「音楽の街」と謳っていますが最近の吹奏楽は低迷気味ですしね。

市立川口の「二つの交響的断章」私も大好きです!!

市立川口

カリオストロ 様


埼玉県川口市は東京都内と隣接しているため、人口自体は毎年着実に増え続けているのですけど
やはり「少子高齢化」の影響が大きく、児童・生徒数は減少の一途ですよね。
市立川口の他に実は、県立川口という学校もありますし、
川口市の財政状態から、三つの市立高校を抱えていてもしょーがないでしょ・・という意見が
大勢を占めたようですね・・・
私としては「市立川口」の名前が消えるのは勿体ないですし寂しい限りです。
そう言えば「野庭高校」も学校統廃合により校名が消滅していましたね。

だけど市立川口の「二つの交響的断章」とか無言の変革シリーズとかアトモスフェアなどは
私の心の中にずーーーっと生き続けてくれると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2885-aaade7d8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |