FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


3.基町高校


B/歌劇「タンクレディ」序曲(ロッシーニ)


この年の高校の部ですけど、全22チーム出場の中で、課題曲Bのバーレスクを選んだチームが18チーム、
課題曲Cのディスコ・キッドを選んだのが4チームと、Bに偏る結果となってしまい、
何となくですけどジュピラーテに人気が集中した1978年と似ているような感じもあったと思います。
だけど77年と78年は事情が全然違うのですよね。
77年の課題曲は少し変則的で、高校以上の部門の場合は、課題曲はBとCという二つの中からでしか
選ぶことが出来ず、いわば二者択一だったのです。
しかも課題曲C「ディスコ・キッド」は、コンクール史上のある意味不滅の名課題曲とも言える
バリバリのポップス課題曲でもあり、
やはりコンクールの場合、こうしたポップス系は敬遠される傾向にあったようでして、それが結果的に
課題曲Bへの極端な偏りがあったのかなとも思われる一因だったようにも思われます。
そうですね・・・・
正直、高校の部においては、課題曲C「ディスコ・キッド」を選んだチームに「これぞ名演!!」と呼ばれる演奏は
少なかったようにも思えます。
これはあくまで私見ですけど、高校の部における課題曲Cの最高の名演は、
あの吉永陽一先生が率いる兵庫高校の演奏だと私は思います!!
兵庫高校は結果的にこの年は「銅賞」という評価を受けることになるのですけど、
あの課題曲の個性的で生き生きとしたまさにヨーイチ節が炸裂したあの素晴らしい演奏を聴いてしまうと、
「なんかな・・・コンクールの評価というものは人それぞれなんだな・・・」とやはり実感してしまいますね。
吉永先生の解釈もかなり「いかにも吉永先生・・・」みたいなクセのある独特な解釈をされていましたよね!
あの後半のダーダー吹きみたいな感じとか
「あれれ・・・なんでここでテンポを落とすの・・・?」みたいな揺らしとか
とにかく聴いていて「面白い!」と感じさせる演奏だったと思います。

さてさて・・・広島の基町高校というと、このブログでも何度か書いている通りあの「基町トーン」と呼ばれる
独特の温かみのあるサウンドが持ち味の学校だと思います。
演奏自体が大変誠実で演奏に「知性」みたいなものすら漂っていると思います。
そうした学校がこういう少し「現代」っぽい雰囲気というのかおどろおどろしい課題曲を選ぶ事自体
大変珍しいとも言えるのですけど、前述の通り、この年の高校の部の課題曲は二者択一ですので、
ま・・・あの増広先生が「ディスコ・キッド」を選ぶわけなど無いと思いますので、
必然的に「バーレスク」を選ばざるを得なかったのかな・・・とも思いました。
何となくですけど、課題曲・自由曲共に珍しく「なんか意に沿わない曲を演奏している・・・」みたいな少しばかり
よそよそしい感じが伝わってきて、
聴いている方としては正直・・・「あれあれ・・なんかいつもと少し違う・・」みたいな違和感も感じたものでした。
勿論・・・演奏自体はとっても上手いというのか「無難」だったと思いますよ。
だけど・・・・
なんかこの年は珍しく「人の心」に訴えるものが少し弱かったようにも感じられます。
というか・・・ロッシーニの「タンクレディ」序曲というかなり地味な曲を選んだという事もあると思うのですけど、
なんかクラシック音楽を無難に無難にまとめよう・・・みたいな意識が強すぎて
結果的に・・・・基町らしい「個性」みたいなものも弱めてしまった様な感じがあります。
演奏が大変丁寧で誠実なだけに「何も伝わらない」というのは、本当に勿体無い感じもあるのですけど、
そうですね・・・・
プログラム1番の花輪高校と同様にこれは一つの「選曲ミス」と言えるのかもしれなかったですね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2883-53295bd2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |