プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2.弘前南高校


B/エル・サロン・メヒコ(A.コープランド)


1977年~81年にかけて「全国大会5年連続金賞」を達成した以外は、全国大会に出場した事が無くて、
多分ですけど、全国大会に5回以上出場した事があるチームの中で
「金賞以外は受賞実績なし、つまり銀と銅は取った事が無い」とある意味驚異的な事をやってくれた
ある意味「伝説的なチーム」の記念すべき全国大会初出場の年の演奏です。
それにしても、この演奏を改めて聴いてみると色々と思う事があったりします。

まず第一にとても初出場とは思えないような素晴らしい演奏を聴かせてくれていて、
そこには「プレッシャー」とか「委縮」とか「緊張感」みたいな言葉はあんまり似合いそうもありません。
とにかく素直に自分達が演奏したい音楽を何の気負いもなくのびのびと演奏したという感じですね。
とにかく聴いていて気持ちがいいです。
だってそこから出てくる音楽は「自然体」そのものですから・・・・
第二にこのチームから聴こえてくる音楽は、「溌剌さ」とか「新鮮さ」とか「初々しさ」という言葉が
とってもよく似合っていると思います。
いかにも普通の公立高校のズブの素人の先生と生徒達が一生懸命手作りの音楽を創造し、
東北大会を突破して普門館にやってきました!みたいなオーラに満ちていると思います。
聴いていて本当に心地よいと思います。
どうしても常連校になってしまうと、
コンクールを意識し過ぎた作為的な表現とか過剰な表現&演出とか、
「自分達の代でこの栄光の伝統に泥を塗ってはいけない」みたいな妙な気負いみたいなものも
ついつい感じ取れてしまう事は多々あると思うのですけど
(ま・・・弘前南自体、5年連続金賞が掛った東北大会の演奏は、まさにそんな感じの演奏だったと思います・・・)
このチームはそうした気負いとか自意識過剰なんかは全く無縁の世界であり、
「自分達が楽しみたいように演奏する!」みたいな何の気負いも無い普段通りののびのびとした演奏を
聴かせてくれているのだと思います。

そうですね・・・・・

今現在の感覚・視点でこの演奏を聴いてしまうと、
どうしても・・・
「ちょっと粗いな・・・・少し雑だな・・・・」
「確かに初々しい新鮮さは出ているのだけど、音色が少し生々しい・・・・」
「音がストレートに出過ぎていて、耳に痛い所は確かにある」
「少し音程が不良な所がある・・・」
「木管は全体によく訓練&コントロールされている傾向にはあるけど、金管の音色が少し生臭いというのか
音量過剰の傾向にあり、バランス感覚という意味では少し偏っている面がある。
部分的に打楽器が大変喧しい」
みたいな感想を持ってしまいがちというのは、分かるような気がします。

だけど・・・

そうしたマイナスポイントを埋めて尚有り余るものがそこには間違いなくあると思います。

そう! それがあの独特な「溌剌とした感じ」とか「新鮮な感じ」なのです。

ま・・新鮮と言っても「瑞々しい感性」とかそういうのではなくてどちらかと言うと「素直さ」という感じですね。

とにかく課題曲も自由曲も曲の隅々まで「楽しんで吹こうよ! それが音楽の第一歩じゃん!!」みたいなノリが
至る所に感じ取れます。
何て言えばいいのかな・・・・
確かに上記のようなウィークポイントは間違いなくあると思うのですけど、
そんな細かいミスなどどうでもよくなるような「音楽的な流れ」がしっかりと出来ていて、
一直線に自分達が伝えたい所はちゃんと伝えるみたいな「自己主張」もちゃんと出来ている点が
とにかく「凄いな・・・」としか言いようがないと思います。

課題曲の「バーレスク」はどうしてもおどろおどろしい演奏になりがちなのですけど
このチームがこの曲を吹くと
「道化」とか「仮面の遊び」みたいなお茶目さを感じさせてくれるのは凄いと思います。
この点は同じ東北代表なのに、端正さとか理性さを全面に出していた秋田南との大きな違いでしたね。
自由曲もとにかく「一直線」なストレートな雰囲気がよく出ています。
この「エル・サロン・メヒコ」という曲はソロも大変だし、なによりもあの「変拍子」がとてつもなく厄介なのですけど、
そうした変拍子を変拍子と気づかせないほど楽に自然体で聴かせてくれたあの演奏は
やっぱりある意味「凄い・・・」としか言いようがないと思いますし、
この曲の持つ「ワイルドさ」なんかも「溌剌さ」に変えてしまうあの自由自在さは、とにかく「お見事!」と
言いようがないかもですね。

この自由曲は、名古屋電気高校も演奏していましたけど、名電はどちらかというと「かっちり・きっちり」という
重厚でドイツ的な演奏を聴かせてくれていましたけど、
そういう「重さ」とか「威厳さ」はあんまり無い代わりにやはりあの「初々しさ」は、この年のこのチームの
大きな武器だったようにも思えます。

とにかく素晴らしい演奏でした!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2881-f0388924
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |