FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1970年代と言うのか・・・80年代中盤までは、吹奏楽コンクールの実況音源というと
そりゃ何と言っても「レコード」が主流でしたよね!
吹奏楽コンクールの実況音源で「CD」が初登場したのは、確か・・・1985年だったと思います。
ちなみにですけど、私自身がCDを初めて購入したのは1987年の事でした。
最初にCDを聴いた時の印象は、
「音はクリアだし、レコード針のガリガリしたノイズが入らないのはいいけど、なんか音が窮屈に
感じるな・・」と感じたものですけど、
CDに耳が慣れてしまうと、むしろそうした「窮屈さ」みたいな印象はなくなってしまいました。
当時、レコードを聴くというと、何が嫌だったかと言うと、
あのガリガリみたいなノイズ音がどうしても入ってしまう事と(最弱音の際のあのノイズは嫌なもんです・・)
レコード針(当時はナガオカというメーカーが一手に扱っていましたね・・)が勿論、ピンキリはあるのですけど
結構いい値段がして、大抵の場合、半年から1年程度聴き続けると嫌でも針の交換はせざるを
得なかったことでしたね。
確か当時の記憶では安いものでも、それなりにいい音を再現するためには最低でも一本5000円以上は
していたものですよね。
あの出費は貧乏学生にとっては痛いものです。
ましてや、私はクラリネット奏者でもありましたので、日々の「リード代」なんかもバカに出来ませんでしたからね・・・

確か私の記憶では、吹奏楽コンクールの全国大会の実況録音においては、
中学と高校の部に関しては、全出場団体の演奏が収録されるようになったのは多分ですけどこの年、1977年以降の
話だったような気がします。
確かそれ以前のレコードは、銀賞・銅賞チームはレコードとして収録されていなかったと思います。
だけど、大学・職場・一般の部において、金賞以外のチームが収録されるようになったのは1988年以降だったと
記憶しています。
ちなみにですけど、吹奏楽コンクールのレコードとしての発売は1987年が最後です。

さてさて・・・

1970年代の頃の県大会あたりですと、
コンクールに出場したチームの演奏は一枚のシングル盤(ドーナッツ盤=EPレコード)として
収録されていた事もあったと思います。
というか・・・今の若い世代の皆様に「ドーナッツ盤」というのは既に死語の世界なのかも・・・苦笑・・・
これって、A面に課題曲が収録されB面に自由曲が収録されていて、
購入希望者に対してのみ生産される完全受注生産レコードだったと思います。
このドーナッツ盤ですけど、私自身、中2の時の県大会の演奏を収録されたものを購入した記憶があるのですけど、
最初にこのレコードを見たときは、
指揮者名・学校名・課題曲名・自由曲名がレコードにしっかり印字されていて
「すごーーい!! なんか自分たちが有名歌手になったみたい・・」みたいな感じに錯覚したものです・・・(苦笑・・)
だけどこの種のレコードの音響は最悪でしたね。
ステレオ録音と表記されてはいたのですけど、どう聴いてもモノラル録音みたいにしか聴こえなかったですね。
とにかくモヤモヤとした感じで残響音が全く響いてこない・・大変生々しい音そのものといった
印象がありました。
あのレコード、まだ実家にあるのかな・・・?
聴いてみたい・・という気持ちは少しはあるのですけど、本音はやっぱり・・・「聴きたくない!!」という感じなのかも・・??

高校以降に入ると、県大会・支部大会あたりでもこうしたコンクールの実況盤に関しては、
ドーナッツ盤みたいな単独チームのみの収録ではなくて、
6~8チーム収録のLPレコードとしての仕様が出てきたと思います。
(ソニーの全国大会収録みたいな感じですね)
というか・・・・私が知らないだけで結構以前からそうしたLPレコードはあったのかもしれないですね・・・

だけど・・・・

今では考えられないポンコツな話も当時はあったものです。

例えば・・・・

とある高校の県大会でのステージの演奏収録に失敗したとかで、
その学校は、県大会での演奏ではなくて、後日「文化祭」におけるその学校の体育館内での演奏が
収録されたなんてケースもありましたし、
更には・・・
やはり県大会本番でのステージ演奏収録に失敗したとかで、その当該学校のみ収録されないとか
またまた・・・
その年ではなくて前年の演奏が収録されているみたいなとんでもないケースもありました。

ま・・・今では到底ありえない話ですよね・・・・(苦笑・・)

なんか昭和の頃の田舎のとんでもなくのんびりとした話ですよね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

自分の頃は、全国実況録音や課題曲参考音源がテープ→CDへの過渡期のころでした。
映像はビデオでしたが、いまだとDVDなのかなぁ?

テープ

某大学の卒業生 様


そうですね・・私が現役の頃は、FMをカセットテープでエアチェックというのが
主流でしたけど、
今現在は・・・ダウンロードが主流なんでしようね。
時代は確実に変っているものですね。
だけど、いまだにコンビニ等では細々ではありますがカセットテープもいまだに売られていますから、
ニーズはまだあるという事なのかもしれないですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2876-b3482441
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |