プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


世間ではまさに「GW」の真っ只中という感じなのかな・・・?

会社によっては、4/29~5/8の10日間という超大型連休を実施しているところもあると聞いてはいますけど、
なんか・・・
「自分の住む世界とは別次元だな・・・」とか「そんな素晴らしい世界とは自分は無縁だな・・」と
苦笑する次第であります・・・

ま・・・たいていの皆様は、4/29~5/1の第一弾、5/3~5/5の第二弾、そして5/7~8の土日という感じの
人が多いのかな・・?
今年のカレンダーは、5/2とか5/6を休みにするか否か・・・・またはそれらの日に「休暇取得」をする勇気があるか否かに
よって大分状況が変わりそうな感じもありますよね。
ま・・・本音は「一杯いっぱい休みたい・・・」という感じなんでしょうけど
中々「休暇を取得したい・・」と言い出しにくいというのが、この現代日本の実態と言う感じ
なのかもしれないですよね。
印象としては、今年のGWは、取り方によっては素晴らしい超大型連休になるのだけど
大半の人は・・「飛び飛びの飛び石連休」みたいな感じなのかもしれないですよね。

さてさて・・・私のように住宅・建築業界に在籍している人間にとっては、
ま、総合住宅展示場とか不動産フェアに関係されている方は特にそうなのかもしれないですけど、
こうしたGWというのは一つのかきいれ時みたいな雰囲気があったりもします。
住宅・不動産会社系は、結構多くの所がGW前に様々なちらしとか広告を掲載・新聞折り込みとかの「仕掛け」を用意し、
GW中に親と子の「そろそろ家はどうするんだ・・」とか「同居を検討するか・・・そのために二世帯住宅と言うのも
一つの案なのかも・・」みたいな相談・話し合いを経た後に
GW後に「家」に関する比較的前向きな相談を希望される方も結構いたりもするものでして、
一年のスケジュールの中では結構重要な時期であるのかもしれません。

昨年なんかは、「当番制」というものを敷き、誰か一人がそうした問い合わせや工事中のクレーム受付等の
「電話対応」とか「問い合わせ」を一人で処理するという事をやっていて、
実は・・
ま、これは昨年のGW中の記事で結構愚痴ってはいましたけど
私自身がそうした「当番」を実質的にほぼ一人で対応していました。
だけど・・・思ったほど問い合わせとか電話の本数自体が少なく、そうした昨年の事情を考慮した結果、
今年に関しては、「5/3~5/5だけは完全休業にしよう、この期間は特に当番も置かない」と決まり、
一応、5/3~5/5のいかにもGWらしい雰囲気のこの期間は全員休みという事になりました。

だけど・・・

逆にいうと、世間では4/29~5/8の超大型連休の到来!と浮かれている間は、
5/3~5/5の三日間以外は基本的に仕事です。
つまり・・・「暦通り」という事なのです。

ま・・昨年みたいに「一人出勤・一人当番」みたいな寂しい事態よりは、少しはマシなのかな・・・?

何にせよ、この三日間は、のんびりとゆっくりと過ごさせて頂きたいと思っています。
結局は例によって「プリキュア三昧」というのか歴代シリーズDVDなんかをボケっ・・としなか゜ら見ていたら
あっという間に三日間が終わってしまったみたいな感じになりそうですよね・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

大型連休

1日でも休みがあるのが羨ましいですね(笑)
私自身も普段はホテルの受付で働いていますが、今年は人員不足の為に休みは1日も無しですね(>_<)💦
昼に交代してまた昼に交代の繰り返しです(>_<)💦
丸一日休みは無くとも休める時はあるので、無理せず頑張ろうと思います(^^)

お疲れ様ですっ!!

esakui69 様


そうだったのですか・・・

esakui69 様のお仕事はフロントだったのですね!!
ゴールデンウィークと言うとこの業界にとってはまさに「かき入れ時」ですので、
本当に大変そうですよね・・・
お疲れ様ですっ!!

どうかくれぐれも無理をなさらないように・・・
GWの忙しさを乗り越えたら、どうぞゆっくりとお過ごしくださいね!!

この時期は

確かに書き入れ期でよく回転しますね(>_<)💦
ホテルと言ってもビジネスや観光ではなくファッションホテルのフロントとして勤務していますが(笑)

私自身も元々半年前までは介護士として老人ホームで働いていましたが、現場と管理部との空気の流れ、考え方の相違で思い切って退職して元々興味のあったホテル業界に転職しました(^^)
全くゼロからの知識で始めましたので、最初は戸惑いましたが、慣れてくると楽しんで仕事できましたね(^^)
関西方面に遊びに来られる事がありましたら是非ともお願い致します(^^)

思い切った挑戦!!

GWも後半戦突入ですけど、どうぞお仕事等無理しないで下さいね!

esakui69 様は元々は介護のお仕事をされていたのですね!
確かに現場と管理の間では「意志疎通の乖離」が起きそうな雰囲気はありそうですよね。
それはホント、よく分かる気がします。
でもそうした全く違う業界への転職は、本当に勇気ある決断だったと思いますし、
「自分の存在意義発見」という意味では大変前向きな素晴らしい挑戦であり、その思いっきりの良さに
心から敬意を表させて頂きたいですね!

ま、私自身も、会社破綻という事情はあったものの、金融→住宅と言う全くの異業種への転職を
経験いたしましたけど、
全然今までとの別の世界を経験するという意味では、大変良かったと思っています。

きっかけがあればこそ

確かに老人福祉の業界も最近は色々問題が取り上げられてますね(>_<)💦
転職を考えたきっかけも職場間の閉鎖的な考えが明るみになった事がきっかけでしたね(>_<)💦
新規部署の立ち上げで異動してきたは良いものの、人選も疑問が残るもので全く希望していなかった人が管理者になってからは周りも自分もモチベーションが低下してしまい、現在では元々一緒に働いていた同僚達も約半数近くが現場を去ってしまいましたね(>_<)💦

上に立つ人間もそれなりに人間性も必要で見栄張りな一面が周りに分かってしまったからこそこうなってしまった様に感じますね(>_<)💦

でもこういった事があったからこそ転職を考えるきっかけになったのでこれはこれで両成敗ですね(笑)
(ちなみに元上司はナルシストの見栄張りで、それが周りに分かってしまったからこそ、同僚達も離れていってしまった訳です(笑))

そういう意味ではある意味良かったのかもしれないですね(^^)

一つの転機になれれば・・・・

esakui69 様


まったく同感ですよね!!

「転職」というとどうも日本ではまだまだ「少し後ろめたい・・」みたいな雰囲気もあるのですけど、
こうやって
転職が一つの転機になって、その後において何かしらの「プラス」を自分自身が気がつくことさえできるのであれば
むしろ全然OKなのだと思います!!
大切なことは・・・
「後悔しないこと」なのだと思いますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2875-5fb94eb2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |