FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


うーーむ、まさにリコちゃんの「安定のポンコツ振り!!」が今回も炸裂の回でしたね!!

この御方は一体最終決戦までの間に一体どんだけポンコツな事を仕出かしてくれるのか・・・
それを考えると、まさにみらいじゃないけど「わくわくもんだぁーー!!」という感じですね・・・・(笑)

みらい=キュアミラクルですけど、この娘はある意味典型的なピンク系プリキュアでして、
大変気持ちが前向きでポジティブで、ドジで、ちょっと頭が悪そう・・・とっても可愛くて誰からも愛されちゃう所なんかは
何となくですけど「キュアハッピー」みたいな感じもありそうですね!!
今回の第12話の中で、みらいがバレーボールに興じているシーンがありましたけど、
あの場面を見た感じでは、みらいは普通にジャンプしてアタックしていましたが、あれを見ると
「あれれ・・・みらいは意外と運動神経いいじゃん・・・! すごーーい!!」と思ってしまいますねっ!!
ラブやつぼみやみゆきだったら・・・「顔面キャッチ」が似合いそう・・・・(笑)
ま・・・みらいもピンク系恒例の(?)顔面キャッチはちゃんとお披露目してくれていて、別の意味で安心しました・・・(笑)

2代前のハピネスの際も、物語の序盤は、めぐみとひめという二人の中では、ひめのポンコツさが際立ち
「あれれ・・・一体どっちが主人公なの・・・?」みたいに感じる事も多々ありましたし、
「めぐみが抱える問題点について触れないでいいの・・・?」みたいな面も無くは無かったのですけど、
今作の「魔法つかい」に関しては、先週の記事の中でも既に書いた通り、
このシリーズは「あんまり難しい事はテーマにしない、極力、ここ最近のプリキュアで見られたような重さは
回避させる傾向にあるようですし、
みらいに関しても、ハピネスのめぐみで感じたような「問題点」みたいなものは、正直全然感じませんので、
「みらいがなんか物語から一人取り残されている・・・」とか
「リコちゃんの影に隠れてしまいがち・・」みたいな印象は全く感じないですね!!
むしろ・・・リコちゃんのこの「ポンコツ振り」を色々な意味で支えている助演女優賞みたいな感じさえします。
多分ですけど、今現在の舞台はナシマホウ界でもありますので、これから順次みらいにも色々とスポットが
当てられていくみたいな感じにもなりそうですよね。







「私、魔法界代表として、このナシマホウ界でも全力で頑張ります!!」とか何とかリコちゃんが言っていましたけど
これって・・・・
なんか「嫌な予感」しかしないのですけど・・・・と
冒頭見て感じたのですけど
この予感はまさに的中・・・!!という感じの今回の回でした!!

そうですね・・・・

今回は、話としては正直、特に進展とか新しいネタとか何も無いとにかく「平和」な回そのものであり、
ま・・・こういう回っていうのは感想書く方としては
「うーーん、困った・・・何にも書くことが無い・・・」みたいな感じにもなってしまいそうなのですけど
この回は・・・・
ある意味、まさに・・・!!
「ナシマホウ界でのスタートダッシュキャンペーン中のリコちゃんのポンコツな一日」という一言で
落ち着きそうな感じもありました・・・(笑)
「このスタートダッシュを成功させよう!!」とやたら力んで空回りした結果の「ポンコツ回」という感じもあり、
それはそれで見ていて「あ・・・なんか微笑ましいな・・・」と感じさせるものでした。



4a390f7d-s_convert_20160425101459.jpg


リコちゃんのお食事シーンも登場!!

あれれ・・・朝比奈家の夕食は、まさに・・「これぞ和食!!」という感じなのですね!!

リコちゃんが何気に・・・普通に「おはし」を使っていましたけど
魔法界の人達も、もしかして・・・・普段の食生活ではみんな普通にお箸を使っているという事なのかな・・・??



97d33aa9-s_convert_20160425101520.jpg



それにしてもリコちゃんの今週の「ポンコツ振り」はまさに鉄壁の安定振りでしたね!!
「も―――リコちゃんは、このまんま最終決戦までずっとポンコツのままでいて・・・」と願っているのは
果たして自分一人だけなのかな・・・・(笑)
否!! 多分ですけど・・・大半の人はそう感じているのかも・・・・??

プリキュアの転校生の恒例に従って、自分の名前は黒板に目一杯書くという「伝家の宝刀」は今回は
抜かなかったけど、
代りに数学の授業中に、回答を黒板一杯に書いてしまい、しかも・・・枠外にはみ出してしまうあのポンコツ度は
やっぱり素晴らしいものがありましたっ!!
朝、教室に入る際のリコちゃんの「みなさん、おはようございますっ」の挨拶は、ま・・・確かに完璧ではあるのですけど、
そうですね・・・
リコちゃんは多分何もしゃべらず何もしない方が賢く見えるような気がします・・・(笑)
周りが評していた「あいつ、大人っぽいよな・・」と評価の化けの皮が剥がれるのは・・・
うーーん、数時間後・・・という感じなのかな・・・・??
理科の授業で星座の名前を魔法界流に回答していたのは・・・ま・・ある意味仕方が無いですし
多めに見てあげましょうという感じかもですね。
あの時のみらいの「あ…あの。リコの住んでた所での呼び方だと思います!」は中々のナイスフォロー!
うーーん、やっぱりみらいはいい子だなぁーー!!

先生とかクラスメイトは「十六夜さん」とか呼んでいるのですけど、
そうですね・・・
どうもこの名前は、東方のあのあまりにも優秀で完璧なメイド長の十六夜咲夜さんを彷彿とさせてしまうのですけど、
東方とプリキュアを両方知っている人間からしてみると
その「対照性」が面白いという感じもありますね・・・(笑)

はーちゃんが授業中にいきなり声を出してしまい、そのフォローも結局みらいがする事になっていましたけど、
うーーん、みらいは・・・・
このシリーズの中では一番の苦労人のポジションなのかも・・・・??

帰り道・・・リコちゃんは「あ~ぁ…今日は失敗ばっかり…」とか何とか言っていましたけど、
そうですね・・・・
リコちゃんに「今日はじゃなくて、今日も・・の間違いでしょ・・」とツッコミを入れたくもなりますね・・・(笑)
リコはこの時肩にモフルンを乗せて普通に街を歩いていましたけど、
通りがかりの子供に「あ・・クマが動いた・・」と指摘されてはいたのですけど、
ま・・・リコちゃんはプリキュアになっても頭にプリンを乗せてしまう御方でもありますので・・・(笑)

それにしても・・・・エレンとかまこぴーとか
異世界の人達はどうして人間界に来るとこうもポンコツ可愛い化してしまうのでしょうかね・・・・(笑)


b4d80d11-s_convert_20160425101541.jpg



0a3cde49-s_convert_20160425101415.jpg



そうですね・・・・

全体の話としては、みらいの子供の頃のエピソードとか
みらいが空回り気味のリコちゃんを心配して
「リコも同じだと思うの。まっすぐ前を見るだけじゃなくて、グル~ッと周りを見たら
 星空みたいにキラキラでワクワクな事が、きっといっぱい見つかるよ!」と
さり気なく諭す辺りは、
とっても素敵なお話だなぁ――と感じるのですけど、やっぱりリコちゃんのポンコツさの方が今は目立ってしまう
という感じなのかもしれないですよね。
ま、ここは・・・・
異世界ですし、とにかくリコちゃんの「成長」をゆっくりゆっくり楽しみましょう・・・という感じですね!!
ま・・・だけど・・・次回はなぜか・・・リズさんもこちらの世界に来るようですし、
リコちゃんが物語の主軸という展開は当面続くのかも・・・という感じですね。
だけど、いいんですっ!!
とにかく、今はそんなポンコツリコちゃんをみんなが温かく見守っていきましょう!!という感じですよね!!

「まゆみ達がね、リコともっとお喋りしたいって・・」とさり気なくリコちゃんを背中を押してあげる
みらいはやっぱり天使!!
そして翌日・・・
「あのね…私もバレーボールしたい。でもルールを知らなくて…やり方、教えてくれる?」
そういう展開になったのでした!!
あの場面は、なんかとっても温かいものが感じられ、とっても素晴らしかったです!!

最後に・・・

前回の回の遅刻娘で二人がホウキに乗っている所を目撃され、今回もまたまた目撃されてしまった
勝木かなちゃんですけど、
果たして・・・・
この娘は、物語の軸として絡んでくるのかな・・・?
プリキュアにはならないのかな・・・と予想はしますけど、
もしかして・・・・
前作のゆいちゃんみたいな位置づけになる事なら可能性は結構高いのかも・・・という感じですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

異世界からの転校生の伝統か…?

リコは黒板に解答を大きく書いたり、魔法界での星座の名前を言うなど、黒板に大きく名前を書いたエレンやストレートな自己紹介をしたトワ、そして真琴を彷彿させるポンコツ度でした。はーちゃんが授業中にいきなり声を出すところも、修学旅行の班長を決めるときに身を乗り出すキャンディを思い出しました。
モフルンが動く、喋ることろを子供に指摘されるシーンですが、人前で堂々と動いても喋っても全く気付かれていないキャンディとの相違点でしょうか。
あと例の生徒の名は「勝木かな」です。

お家芸・・・??

鎌倉快速 様


いつも素敵なコメント頂きありがとうございます!

まさにこの回は異世界出身転校生の「お家芸」が炸裂という感じの回でしたね・・・(笑)

妖精が授業中に突然声を発するというのも、キャンディは確かに懐かしかったですよね。
そう言えばSSのフラッピもそんな事をしていた事がありましたね。

そうそう・・・勝木かなの氏名は私の勘違いでした。ご指摘ありがとうございました。
早速訂正をさせて頂きました。
この勝木かなですけど、果たしてみらいとリコにどのように絡んでいくのでしょうか・・?
この辺りも楽しみですよね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2872-125b1ded
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |