プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


全日本吹奏楽コンクールの課題曲がA~Dまでの四曲で、その内1~2曲がマーチという
スタイルが確立したのは、1978年以降からで、この年、1977年はは変則スタイルとなっています。
(中学→ドリアンラプソディー 高校以上→バーレスク 共通→ディスコ・キッド Dは確か小編成用でしたね・・)

大編成の部の課題曲が三つなのですが、この年の課題曲はどれも実によく出来ていると
思います。
ドリアンラプソディーは、不思議な感覚の曲です。妙な哀愁感もありますし、
おちゃらけな部分もあります。
自分の高校の定期演奏会で、自分が卒業した3年後になぜかこの曲を演奏していましたが、
改めて聴いても「不思議」としかいいようがない曲です。
この課題曲は、三木中学校が抜群に良いと思います。自由曲の「天地創造」と合わせて
かなりの名演だと思います。
どうしてもこの年の中学の部の名演というと、今津(運命の力)を想像してしまいますが、
この学校もなかなかのものです。
何より音楽が実に自由なのが素晴らしいと思います。

バーレスクは、同じ作曲家の「仮面幻想」を想起させる曲です。
これは、正直日本人にしかわからないリズムと感性の曲だと思います。
3分半程度のホント、短い課題曲なのですが、中身は濃い曲です。
全体的におどろおどろしい部分がいかにも邦人らしい曲なのですが、
これが「吹奏楽のための神話」の世界を彷彿させるものであり、
おぞましいのだけど、舞踏の感覚も感じられる素晴らしい曲だと思います。
自分自身も、現役の時はこういう課題曲と巡り合いたかったです・・・
この曲の名演は色々あります。
個人的には秋田南高校を推したいのですが(どうしても自由曲の「春の祭典」の
印象が強いのですけどね・・・)
新鮮な感覚という観点では、弘前南を推したいと思います。
この学校は、この年が全国初出場なのですが、それを全く感じさせない
生き生きとした演奏です。
自由曲の「エル・サロン・メヒコ」も今聴くと結構荒っぽい演奏ですけど、
演奏が実に初々しい感覚に溢れています。
聴いていて、とても楽しいと思います。
弘前南は、結果的に初出場のこの年で初金賞を受賞し、5年間金賞を取り続け、
特別演奏を披露しています。
ま、これは以前の記事でも語っていますけど、
また、当初は女性指揮者が3年間振っていましたが、4年目のドリーから
男性指揮者に交代となりましたが、
五年連続金賞の中で指揮者が交代した事例はレアなケースだと思います。
(他には、天理高校と1984~88年の神奈川大くらいかな・・・)

ディスコ・キッドはいま改めて聴くと、本当に奇跡のような自由曲ですよね。

これを選んだ当時の吹連の勇気と見識の高さに敬意を表したいと思います。

前半で、「ディスコ!!」と声をあげているチームとあげていないチームがありますが、
譜面上では、このかけ声は「オプション」だったのでしょうかね・・・?
中には亜細亜大学のように、更に意味不明の叫び声が入っているケースも
ありますが・・・
この曲の名演は、何と言っても瑞穂青少年吹奏楽団だと思います。
(オーボエが非力な所が実に惜しい・・)
他には金津中学校も爽やかな好演を聴かせてくれています。

私が中学校の吹奏楽部に入部したのは1978年・・・・
この年の課題曲は圧倒的にA/ジュビラーテに集中し、自分の学校も課題曲にこのAを選んでいました。
だけど当時の自分もそうでしたけど、
おっかない顧問の指揮者の先生のタクトでは、
課題曲のジュビラーテを吹く時も、自由曲のチャイコフスキーの「スラブ行進曲」を吹く時も
何か全員、つまらなそうな顔でいやいや吹いていたような印象もあります・・・・
(というか、年中指揮者に「下手くそ!」等罵倒され続けていましたからね・・・苦笑・・)
だけど、時折息抜きを兼ねて
78年の課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」とか
当時大流行していた映画「スターウォーズ」~メインテーマとか
1977年の課題曲C/ディスコ・キッドを吹く時は
何か全員ノリノリでそれは楽しく吹いていましたね・・・・
ほーんと、あんな気持ちで課題曲も自由曲も楽しい気持ちで演奏出来れば
もっと良かったのですけどね・・・・

1977年課題曲C/ディスコ・キッドは、私が中学に入学する一年前の課題曲でしたので
この課題曲でコンクールに臨んだことはないのですけど
上記のような練習の息抜きとか文化祭等でたびたびこの課題曲を演奏する事が出来た経験は
今にして思うとなかなか貴重なものがあると思います。

ま、確かに長い吹奏楽コンクールの歴史において
「ポップス系」の課題曲は数多く出ました。

例えば・・・

○シンコペーテッドマーチ「明日に向かって」

○ポップスオーヴァーチュアー「未来への展開」

○ポップス描写曲「メインストリートで」

○ポップス変奏曲「かぞえうた」

○シンフォニックポップスへの指標

○行進曲「オーバー・ザ・ギャラクシー」

○ムービング・オン

○ポップスマーチ「すてきな日々」

などがあるかな・・・・

だけどコンクール課題曲がもろに「ポップス」そのものというと
1974年の「高度な技術への指標」と1977年の「ディスコ・キッド」の二曲しか存在しないような
気もします。
特に「ディスコ・キッド」が本当に吹奏楽コンクールの課題曲であったなんて
今でも信じられないほど、それは楽しい楽しい曲だと思います。
時代的に映画「サタデー・ナイト・フィ―バー」の時期とほぼ同じころだと思いますが
当時の「ディスコミュージック」そのまんまのノリの曲だと思います。

この課題曲は公募作品ではなくて
実は、当時日本のポップス作曲編曲の大御所の東海林修に委嘱された作品なのですけど
それにしてもよくあのお堅い吹連が演奏許可したものですね・・・・
意外と当時の吹連の役員さんは頭が柔軟なのかも・・・・??
ちなみに東海林修氏は、NHKの「ステージ101」のアレンジャー兼音楽監修でも有名なお方です・・・

この課題曲、冒頭が難しかったですね・・・

いきなりエスクラとピッコロの絡みから開始され、
全体にドラムセットが大活躍し、ハイハットシンバルの鋭いリズムが炸裂しています。
そしてエスクラとピッコロの絡みが終わりリズムが高まってくると
全員で「ディスコ!!」と掛け声を掛けるのが非常にユニークです。
このあと楽しいメロディーラインが展開されていくのですけど
一旦静まりクラリネットのかなり大変なソロが展開されていきます。
そこから先は曲のラストまで、ダンスミュージックが炸裂していきます・・・

だけどくどうようですけど、この曲、ホントに課題曲なのかな・・・と思う時もありますね・・・
それほど楽しくノリノリな曲なのです。

吹奏楽コンクール全国大会でこの課題曲Cを演奏して素晴らしい演奏を残してくれたチームは
色々ありますけど、
やはり一番のベスト演奏は、前述の通り瑞穂青少年吹奏楽団かな・・・
これはまさに「王道中の王道」の演奏で、正統派のポップスを真正面から正攻法で
演奏しています。
但し「ディスコ!」の掛け声はありません・・・
ブリジストンタイヤ久留米は瑞穂と同様に正統派の演奏ですけど、
イメージとしては大変「大人の演奏」というか「節度ある真面目な演奏」というのか
「クラシカルな演奏」を聴かせてくれます。
「ディスコ!」の掛け声も入ってはいますけど、少し照れがあるのか(?)あまりよく響いていません・・・
やんちゃな演奏例の代表は駒澤大学かな・・・
自由曲のストラヴィンスキーの「春の祭典」での技術的な難しさの鬱憤を晴らすかのように
課題曲では色々とやりたい放題やってくれています・・・
(でも少し粗い・・・・)

コンクール演奏での一番ノリがよい演奏は亜細亜大学かも・・・・
残念ながら、この年の亜細亜は自由曲のラヴェルの「ラ・ヴァルス」をかなり執拗に表現したせいか
タイムオーバーになってしまい審査対象外という事で
当時も現在も全然話題にすらならないのですけど
この演奏は正直凄すぎる・・・・
だってノリはいいし、楽しいし、切れ味抜群だし、リズム感はいいしドラムスは完璧だし、
例の「ディスコ!!」の掛け声もこのチームを上回る声量は多分無いと思います・・・
だけどこの演奏で一つ謎があります・・・
クラリネットのソロが終わった後に、男性の声で「オーオーオー」みたいな奇声と言うか掛け声みたいな声が
しっかり収録されていますけど
あれはいったい何なのでしょうか・・・・??
アドリブ・・・・??
単なるウケ狙い・・・??
それとも本当に感極まった声・・・・??

今となっては知る由もありませんけどね・・・・

とにかく・・・こんな楽しい課題曲が21世紀のコンクールでも再登場してくれると嬉しいですね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ディスコ!

小学校に入学するかしないか・・・の頃。ディスコより、ビスコを頬張っていた頃と思います。

時代的に自分の母校の楽団が発足した頃かな?と思います。

あと、ディスコといえば、ジョン・トラボルタのサタデーナイトフィーバーのイメージしかありませんが(古)


聞いた話によると、ディスコの掛け声はオプションでもなんでもなく、どっかの楽団が勢いで叫んだとも聞いております。
それが全国に流行したのですが、今ほど情報網が発達してないため、叫ぶ団体とそうでない団体があったようです。
ただ、課題曲は「楽譜どおりに演奏しないといけない」という規定のため、地区によっては失格あつかいになったところもあるようですね。

1977年・・・

1977年といえば、「あの」吉永節全開、ツッコミどころ満載のディスコ・キッドの兵庫高校も紹介されますねw
楽しみにしております。

さて、実際に当時「ディスコ・キッド」を課題曲として演奏した世代の私ですが、譜面には掛け声をかけるようにはなっていません。

以前のコメントでも書いたと思いますが、アレを一番最初にやったのは鹿児島県大会でのとある高校。
大喝采を受け、見事県代表の座を射止めましたが、西部大会でまさかの奏法違反での失格。
作曲家の吉俣良氏が雑誌の取材で思いっきり悔やんでましたね。(その失格になった高校の学生指揮だったそうです)

ブリヂストン久留米は、西部大会までと全国大会での演奏は全く違う演奏だったようですね。(西部大会までは掛け声もなかったようです)

指揮も西部大会までは小山卯三郎氏。全国大会は山口清高氏と変更になってます。

個人的には小編成用の「若人の心」が好きなんですけどねw

ディスコキッド→やはり亜細亜大の演奏は凄過ぎる・・・!!!

某大学の卒業生 様


「ディスコキッド」のあの例の「掛け声」は色々な人からご指摘を頂きましたけど、
某大学の卒業生 様ご指摘の通り、自発的というか勢いとノリでついつい本番中にシャウトしてしまったら
一部のチームに広まってしまったようですね。
あれで規定違反で失格となったとしたらとても気の毒な話です。

「ディスコキッド」の全部門を通しての名演は亜細亜大に尽きると思います!!
あのノリと勢いはとにかくお見事でした!!
だけどあの演奏はタイムオーバー失格となってしまい、忘れられた名演になってしまっているのが
なんとも勿体無い話です。

Re: 1977年・・・

なおりパパ 様


「ディスコキッド」の例のあの掛け声はオプションでもなんでもなくて
とあるチームの自発的なノリと勢いでついついやってしまったら、一部のチームに広まっていったようなそうですね。
規定違反で失格とはなんとも気の毒な話だと思います。
この課題曲をこの年のコンクールで語る際にやはり避けて通れないのは、吉永陽一先生ですよね!
この課題曲は、高校の部では、正直・・・兵庫以外は全てイマイチな感じですので、やはり貴重な演奏だと思いますし、
兵庫の演奏は、74年の「朝鮮民謡の主題による変奏曲」を含めて色々と語っていきたいと思っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2869-7b6de26e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |