プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


22.基町高校


A/カレリヤ組曲~Ⅲ.行進曲風に(J.シベリウス)


基町高校の事は、このブログでも何度か「基町トーン」というとっても可憐で親しみやすいサウンドの事を
書かせて頂きましたけど、
この年の演奏もまさに「基町トーン」そのものの演奏だと思います。
この「基町トーン」は音色もサウンドも音楽の構成等全てが「あたたかい」と思いますね。
聴いていて大変耳に心地よいし、自然と音楽がすんなりと入ってくる感じがあります。

一つもったいないな・・・・と感じることは、
1979年の高松第一高校と全く同じ感想になってしまうのですけど、
課題曲のジュビラーテが大体4分程度の演奏時間で、自由曲の「カレリヤ組曲」のマーチは大体3分半~4分程度の
曲で、課題曲と自由曲を合わせて正味8分程度の演奏時間なので、
なんか印象としては、「あっという間に演奏が終わってしまった・・・」という感じですね。
これだけあたたかくて耳に心地よい演奏を聴かせてくれたのですから、
「もう少しこの基町トーンを聴きたかったな・・」みたいに感じさせてくれちゃいます。
そうですね、Ⅲの行進曲風にの他にⅠの間奏曲を入れても良かったような気もします。
ⅠとⅢの組合せでも大体7分程度の曲ですから、少なくともタイムオーバーにはならないはずだと
思うのですけどね・・・・(笑)

課題曲はとっても誠実で丁寧に練り込まれた感じで、
自由曲は、前述のとおり、軽やかであたたかい手作り音楽という感じです。
全体に「力み」があんまり無いから、
すんなりと耳に入ってくるというのか、リラックスした雰囲気のままで楽に聴かせてくれるというのは
「吹奏楽コンクール」で実現させるのは意外と難しいという事もありますので、
その意味では本当に「楽しさ」という感情を自然に表現出来ていたのだな・・・と感じさせてくれますね。

さてさて・・・この基町高校でこの1978年の高校の部の語りは完了するのですけど、
次回は以降は・・・
更に一年遡って1977年の高校の部を順次語らさせて頂きたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2867-4b8d2df4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |