FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


「東方Project」の世界においては「縁日」というと、聖白蓮の「命蓮寺」の定期的なイベントを
思い出してしまいます。
霊夢なんかは「あのお寺は本当に集客に長けている」と評したことがありましたけど、
霊夢の博麗神社になんで参拝客が少なくてお賽銭収入が乏しいかと言うと、
そうした縁日等のイベントの有無というのではなくて、
「妖怪」が日常的に博麗神社内にうじゃうじゃいるというのが原因なのかもしれないですよね・・・(笑)
それと、光の三妖精たちがそうした数少ない参拝客にも色々とイタズラを仕掛け、
只でさえ少ない参拝客が更に追い打ちをかけて閑古鳥が鳴いているという感じなのかもしれないですよね・・・(笑)

さてさて・・・

先日なのですけど、自宅から近くという訳ではないのですけど、とあるお寺さんで
そうした「縁日」が催されていて、なんか立ち寄ってしまいました。
でもこういう「縁日」ってなんか見ているだけで楽しいですよね。
たこ焼き・焼きとうもろこし・じゃがバター・広島風お好み焼き・焼きそば・焼き鳥・かき氷などなど
美味しそうな屋台が目白押しですし、
射的とかヨーヨー釣りとか楽しそうなゲームも色々ありますからね。

そんな中ですけど、一つの屋台でしたけど、なんか「ミニフリーマーケット」みたいな感じになっていまして、
古本とか漫画・中古ビデオに中古DVD、古雑誌に昔のアイドルのグッズ(→なっちがいた頃のモーニング娘のうちわとか・・)
更には・・・フライパンとか扇風機とか
とにかく色々な小物・趣味関係のものが並べられていました。
その時、目についたものが二つほどあり、一つは、4/28の記事にて再度掲載をさせて頂きたいと思います。
そして二つ目が、2013年に公開された「プリキュアオールスター映画 NS2」の頃に
コンビニ等で発売されていた「プリキュア新聞」です。

うーーん、これはとにかく懐かしかったです!! 100円+消費税でしたので思わず買ってしまいました・・・!!







実はなのですけど、私、この「プリキュア新聞」って実際に購入した事はあんまりないのですよ・・・

スマイルの映画の時とハピネスチャージの映画の時の2回くらいかな・・・

なんでかと言うと、ま、正直、内容も前から知っている事ばかりだし、
知っている内容とか今更の歴代プリキュアの紹介記事何か読んでもね・・・みたいな感じがあり、
コンビニ等で売られていても
「あ、今年もやっているね・・」みたいな感じでしか見ていませんでした。

その年のプリキュアの単独映画の際のプリキュア新聞は、その掲載記事の中に、
「来年度のプリキュアはシリーズとして果たして継続されるのか・・・」みたいな事が示唆されているようなものが
ある時もあり、スマイルとハピネスの時は、それが気になって思わず買ってしまった・・・みたいな感じでした。

だから、春先の「オールスター映画」の際のプリキュア新聞は、
実は・・・
初めて購入したみたいなものなのかもしれませんよね。

あ、そっか・・・今回のプリキュア新聞は2013年のオールスター映画の頃に発刊されたものですので、
丁度「ドキドキプリキュア」の放映が開始されて間もない頃のものですね。
考えてみると、このドキドキプリキュアは、初代【無印版】の放映が開始されて、節目の10年目の作品で
実に第8代目のプリキュアという事になるのですよね。
そうですね・・・・
初代の3人(ブラック・ホワイト・ルミナス)の視点から見ると
「まさか本当に10年も続くとは・・・!!」みたいな感慨深いものがあるのかもしれないですよね!!
ま・・・事実、今現在もこうやって「魔法つかいプリキュア」というシリーズ通算13作品、第11代目プリキュアが
活躍し続けていますから、
やっぱりこうした「プリキュアの継続性」には本当に頭が下がる思いで一杯ですね!!



007_convert_20160422162727.jpg



この「プリキュア新聞」の中で結構興味深かったのは、ドキドキの前作の「スマイルプリキュア」の声優さんへの
インタビュー記事だったかな・・・・
(ピース役の金元さんはこの頃台湾に行っていて電話での参加だったようですが・・・)
あの中で、ハッピー役の声優の福圓 さんが、オールスターNS2でのアフレコの際に、
ハッピーとキュアハートの絡みの場面で
「あれれ・・一体どっちが先輩なんだろう・・・?」と感じられたとの事ですけど、
大丈夫!! 福圓 さん! そのように感じているのは、多分ですけど・・・・全てのプリキュアファンの人が
そのように感じていると思いますから・・・(笑)
だってあの映画の中でも、ハッピーはあやうく・・・新人のキュアハートに助けられてお姫様抱っこされちゃいそうな
感じでしたからね・・・(笑)

プリキュアオールスター映画って、「新人のピンク系プリキュア」にとっては一つの試練みたいな感じもあって、
ピンチの時に歴代プリキュア達に助けられるみたいな感じもあるのですけど、
キュアハートの場合は、そうした感じは全然しなかったのは、
やっぱり・・・「マナは超大物!!」みたいな感じなのかもしれないですよね・・・・(笑)

ま・・・・多分ですけど、「キュアハート」を超える聡明&優秀なプリキュアってなんか二度と出てこないような気も・・・・??



008_convert_20160422162748.jpg


009_convert_20160422162811.jpg



このプリキュア新聞の中に、2013年春当時の総勢32名のプリキュアが勢揃いした記事が掲載されていましたけど
これってやっぱり壮観ですよね!!
というか・・・・
一人一人のプリキュア達のお顔を見ていると、
リアルタイムで放映されていた当時の色々な思い出とか名場面がまるで走馬灯のように駆け巡りそうですね・・・!!

そっか・・・・

この頃はまだ「キュアエース」が未登場でしたので、総勢32人となるのですよね!!
(それと・・・・これはあくまで私個人の主観的見解ですけど、
 「キュアエコー」に関しては・・・あれはプリキュアとして認めていいのかな・・・?みたいな感じが未だにありますね・・・
 あれは・・・ゲストキャラという扱いでいいんじゃないのかな・・・と感じる事もあったりします・・・)

現在のプリキュアは、総勢43人!!(※キュアエコーを除く・・・)

「ああ!! 本当に増えたよねぇ―――!!」という感じですね。

繰り返しになりますが、初代のなぎさの視点から見てしまうと
「ぶっちゃけ、ありえなーーい!!」という感じなのかな・・・・(笑)

あ、そうそう、この新聞の「ぬり絵コーナー」で登場するプリキュアは、
ブラック・ブルーム・ドリーム・ピーチ・ブロッサム・メロディ・ハッピー・ハートのいわゆる「ピンク系」の方達のみです。
やっぱり・・・
プリキュアのメインヒロインはやっぱり「ピンク」という事なのかな・・・??

ちなみに私の大好きピンク四天王は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーですっ!!



010_convert_20160422162835.jpg



こうやって当時の新聞を眺めてみると・・・・

「ふーーん、あのキュアハートがこの頃はまだ新人プリキュアだったんだなぁーー!!」と何か感慨深い感じにも
なりますよね!!
最近の記事の中で、
「キュアロゼッタは、伝統的な黄色系プリキュアの概念を変えた革新的な素晴らしいプリキュア」と書かせて
頂きましたけど、
同様な事はハートにも言えると思います。
どちらかと言うと・・・・ドジでポンコツさんな人が多かったピンク系のプリキュアの概念を根幹から変えてしまったという
意味においては、
「やっばりキュアハートは偉大だったよな・・・」と思わずにはいられないですね!!

ちなみにですけど、テレビ埼玉の再放送枠において、先日「スマイルプリキュア」が無事に最終回を迎え、
現在「ドキドキプリキュア」の再放送が開始されましたけど、
気になった回があれば、このブログでも書いてみたいと思います。
(ま・・・2013年の記事で散々既に書いてはいますけどね・・・ま・・あの頃はどちらかというと六花の事ばっか
書いていましたので、六花以外の事が何か気になる事があれば、現在の視点から再度書いてみるのも
悪くは無いのかな・・・と思っています。)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2866-39054ef9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |