プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


21.中村学園


C/祝典序曲(D.ショスタコーヴィッチ)


今現在ですと、精華女子高校に代表されるように、安城学園・光が丘女子・玉名女子等数々の素晴らしい
「女子高チーム」が本当に素晴らしいまさに「名演」の数々を生み出していますし、
ま・・・・自分自身の母校がかつては男子校時代は慢性的な部員不足・クラリネット奏者不足に泣かされ続けていたのが、
学校統廃合によって男女共学となって以降は、ほとんど「女子高チーム」みたいな
編成になってしまった事に象徴される通り、
現在の吹奏楽コンクールの中学・高校の部に関しては・・・
多分ですけど、部員の80~85%は女の子ですので、
実質的には・・・
どのチームもほとんど「女子高」みたいなものだと思います。

だけどそれが1970年代~80年代初期の頃ですと・・・
  
そうですね・・・今現在の視点で見てしまうと全くありえない事なのだと思うのですけど
とにかく・・当時は「女子高チーム」自体が大変珍しい存在だったのかな・・・と思います。
そういう意味では・・・
精華女子とか安城学園等の先駆け的存在と言うのかその「パイオニア」としての役割を
1979年代後半~80年代前半にかけて一心に担った中村学園と就実高校の二つの学校の歴史的意義は
大変なものがあると思います。
ま・・・このブログでは、就実高校の「ル・シッド」とか「幻想舞曲集」の歴史的怒涛の名演に関しては、
かなり過去記事で語らさせて頂いております。

多分ですけど・・・

日本の吹奏楽コンクール・全国大会において「女の子だけのチーム」が一番最初に出場したのは
1978年の中村学園なのではないのかなと思われる方もいらっしゃるとは思うのですけど、
実は、1960年代に既に、中国地方代表の職場の部の「林兼産業女子吹奏楽団」というチームが
何度か全国大会出場を果たし、
歌劇「ローエングリン」~エルザの大聖堂への厳かな行列においては、確か、職場の部で第三位を
受賞していたと思います。
他に林兼産業女子吹奏楽団は、交響詩「フィンランディア」の凄まじい爆演などもお披露目していました・・・
だけど、これは凄い事ですよね!!
まさに・・・中村学園・就実を超える「真のパイオニア」なのかもしれないですよね。

中村学園は伝統的に、「分かりやすい親しみやすいクラシック音楽の編曲もの」を自由曲にする事が多く、
特に・・1984年~87年のバレエ音楽シリーズはとても素晴らし内容でした!!
(86年の「バリの喜び」は、中村学園を代表する名演だと思います!!)
初期の頃は、シャブリエの狂詩曲「スペイン」とかR.コルサコフの「スペイン奇想曲」みたいに
スペインものの曲を選ぶ傾向もあり、
その点は・・・
やはり女子高チームの就実がスペインものをかなり得意にしていた事は、
なんか・・・意外な共通点があるのかな・・とも思ったりもします。
中村学園はどちらかというと外見的な派手さ、就実は内省的な感じでして、
目指す方向性は対照的だったようにも感じたりもします。

中村学園の全国大会初出場は1978年のショスタコーヴィッチの「祝典序曲」なのですけど、
これ・・・今現在の視点で聴いてみると・・・
うーーん、申し訳ないのですけど「ちょっとな・・・」と感じる点も多々あったりします。
なんか「勢い」と「パワー」だけで金賞をかっさらっていったような気もしないではないのですけど、
一つ特筆すべきことは、課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」の冒頭を聴くとよーーく分かるのですけど
彼女たちがしっかりと「腹式呼吸」を徹底しているのがよーーく聞き取れます。
出だしのゆったりとした部分において、金管奏者ほぼ全員、フレーズの間で「すぅーーーーーっ」と大きく息を
吸い込んでいる音がはっきりと・・・収録されています。
課題曲Cですけど、とにかくサウンドがベタベタしているのが大変気になります。
東海大学第四高校の同じく課題曲Cの感想と被ってしまうのですけど、「もう少し洒落っ気とか遊び心が
欲しいな・・・」とも感じますね。
こうしたポップス系の課題曲とは今一つ相性が合わないのかなとも感じました。
自由曲の「祝典序曲」は、やっぱりなんかリズムがベタベタしているな・・と感じる点もあります。
冒頭のトランペットのファンファーレは、厳密に言うと少し「とちり」もあったのですけど、なんかそれは逆に
「高校生らしいな・・」とも感じてしまう微笑ましいものもあったりします。
ちなみに中村学園は1983年にチャイコフスキーの「イタリア奇想曲」を自由曲に選んでいるのですけど、
この曲も冒頭はトランペットのファンファーレから開始されますが、この時も78年同様にちょっと「とちり」が
あったのはやっぱりなんか微笑ましいものもあったりはします。
中村学園の「祝典序曲」ですけど、やっぱり木管はべらぼうに上手いですね!
特に後半にかけて冒頭のファンファーレの再現に向けて燃え立つように進んでいく演奏は、まさに
「快進撃!!」という言葉がとってもよく似合っているようにも感じたものでした。

それと・・・演奏終了後には・・・
「ブラボー!!」ではなくて、なぜか知らないのですけど
「やったね!! 日本一」という掛け声が思いっきり普門館の会場をこだましているのが
なんか・・・とっても微笑ましいです・・・(笑)
これはレコードにもしっかりと収録されています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

中村学園は

当時のBJの批評でトランペット奏者の演奏姿勢を高く評価してましたよね。立った状態で両足を肩幅に開いてそのまま座った状態が本来の正しい姿勢だった様な?

全国大会に駒を進めるバンドは細かいミスを気にして本来の演奏が出来なくなるのは「本末転倒」だと私は思います。緊張するには当たり前ですが、委縮しすぎてミストーンをするぐらいなら(笑)

この年の中村学園は本来この学校が持つ素晴らしい音を聞かせてくれたと思います。女性の持つ優しさに包まれたサウンドだったと思います。

中村学園

カリオストロ 様


BJの批評でトランペット奏者の演奏姿勢ですけど、
確かあれは1983年の記事だったかな・・・?
ガニマタみたいなポーズになってしまうけどむしろそれは自然体と書いてあったのが
印象的です。

中村学園は1978年当時は多分ですけど、普門館の聴衆の度肝を抜いていたのは容易に
想像できますね。
あの「勢い」というか音楽上の流れは素晴らしかったと思います。
(個人的にはあのダーダー吹きが少し気になってしまいますけど・・)

ありがとうございます。

そうですか、83年の記事だったんですね。

あの時代は女性は木管かパーカッションが主流でしたからホントに驚きました。女子バンドで全国ですからね~!!
このバンドで演奏したかった(笑)

個人的に全国大会で一番感動した生演奏は79年の招待演奏をした谷中小学校ですけど(笑)

時代は変わるものですね・・・

カリオストロ 様


そうですよね・・・・

現在の「吹奏楽コンクール」はどのチームも女の子ばかりですので、
男子部員にとっては逆に「入部しにくい雰囲気」になっているのかもしれないですよね。
カリオストロ 様や私のように男子校経験者ですと、
そんな女の子ばかりの部なんてまさに「あこがれの的」なのかもしれないのですけどね・・(笑)

ちなみにですけど、私が全国大会をリアルで聴いて一番感動したのは、
1987年の雄新中のエルザですね!!
あれは本当に素晴らしかったです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2865-5e0f1634
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |