プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


20.秋田南高校


A/管弦楽のための協奏曲(三善晃)


これはあくまでも私自身の個人的主観なのですけど、
この年・・・1978年の高校の部の評価において、もしも1970年以前の「順位制度」による表彰だったとすると
この年の高校の部の文句なしの圧倒的な一位はこの「秋田南高校」だと思います。
というか、この演奏なのですけど、2016年時点での「現在の感覚・視点」で聴いても
そうした感想・評価は揺るぎがないものがあるとすら感じてしまいますし、むしろ今現在のコンクールにおいても
十分通用する素晴らしくハイレヴェルな演奏だと思います。
この演奏は、私は残念ながらレコードとレジェンダリーシリーズのCDと課題曲も収録されたカスタムテープでしか
聴いたことが無いのですけど、
もしも・・・「タイムマシーン」があったとして過去に遡って「昔の名演」を生演奏で聴けるという事が出来るとしたら
この年の秋田南とか1977年の秋田南の「春の祭典」、同じく秋田南の1980年の三善晃/交響三章は
絶対に聴いてみたい演奏の一つですね!!
出来れば・・・1979年の市立川口の「二つの交響的断章」とか1980年の花輪の「鐘」なんかも
是非聴いてみたいものですね!

さてさて・・秋田南なのですけど、前年と前々年においては、
「ペトルーシュカ」と「春の祭典」というストラヴィンスキーバレエ音楽路線を、とにかく「まさにこれぞ歴史的名演!!」
みたいな圧倒的な存在感を私たちに提示してくれたのですが、
この年、1978年からは路線変更を行い、この年から1982年までは「邦人路線」を
ストラヴィンスキー以上の素晴らしい感覚で研ぎ澄まされた演奏を後世の私たちに「あまりらも素晴らしい名演」として
残してくれていっています。
いわばこの年は、そうした秋田南の「偉大な邦人作品シリーズ」の始まりの年という
記念すべき年でもありました。

さてこの年の秋田南の演奏なのですけど、パターンとしては前年の1977年の構成と似ている感じがあります。

端正で正統派の雰囲気が漂う課題曲に対してあまりにも大胆不敵な自由曲・・・

そうした課題曲と自由曲の構成において共通性があるのかなとも感じたりもします。

課題曲Aのジュビラーテですけど、
この課題曲の全部門を通して最高の演奏は関西学院大学なのかな・・とも感じる事もあるのですが、
高校の部においては、やっぱり秋田南が一番だな・・とも感じてしまいます。
というかこの秋田南の課題曲ですけど、聴いていて「安心感」が全然違う!!みたいなオーラがあると思います。
聴いていて「不安感」という要素は全く皆無ですし、
流れてくる音楽も大変耳触りがよくて心地よいです。
特に中間部の歌い方なんかは本当に巧みですよね。
一言で言うと「安定感が他校とは全然違う」という感じですし、まさに正攻法で押す横綱相撲を見ているような
感じでした。
一方自由曲は課題曲で見せつけた「端正な仕上がり」とか「正攻法」みたいな感じではなくて
むしろ積極的に「冒険」している感じが漂います。
ホルンの高音域とかクラリネットの細かい動きとかトランペットの鋭い切れ味とか
技術的にはとにかくめちゃくちゃ高い水準を求められる曲なのに、
そうした「難しさ」は微塵も感じさせないで、確実に指揮者の高橋紘一先生から求められている音を
確実にいい仕事でこなしているという雰囲気が手に取るように伝わってくるのですけど、
三善晃の「交響三章」の世界を更にぐぐっと凝縮させたこの「研ぎ澄まされた世界」を
とにかく見事に表現しきっていると思います。
こんなプロでも手に余る難解なこの曲をアマチュアの高校生が・・・しかも・・・吹奏楽というアレンジ版という
変化球を駆使して
ここまで立派な音楽的表現が出来ている事自体がまさに「奇跡」だと私は今でも確信しています!!

とにかく「凄い・・・」としか言いようが無いですよ・・・・
「吹奏楽なんて所詮は・・・・」と言う方には是非是非一度聴いて欲しい演奏ではあります。
あの演奏を聴くと、本当に「吹奏楽の無限の可能性」を本当に心の底から感じてしまいますけど
あんな難曲中の難曲を普通の高校生がさらっと・・・いとも簡単に吹いてしまうなんて・・・・
とにかく凄いものがありますし、
彼らの演奏の表現力・音楽的緊張感は・・・・とにかくすさまじいものがあります。

これは・・・・まさしく「伝説の名演」ですね・・・・

この曲は三つの部分から構成されているのですけど
Ⅰのめまぐるしい変化にきちんと各管楽器が対応できている事とか
Ⅱの木管の艶っぽい響きが素晴らしいですし、
Ⅲのホルンの「荒ぶる調べ」が大変印象的です。

演奏終了後に、多分OBなのかな・・・・「ブラボー」という声援がこの時代しては珍しく入っていますけど
なんかあれはやらせとかそういうのではなくて
むしろ感極まった自然体としての唸り声・・・みたいにも聞こえてしまうほど
とにかく見事な演奏でした!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


せっかくですので、この三善晃の「管弦楽のための協奏曲」という大変マイナーなんですけど、
このまま歴史に埋もれてしまうにはもったいない曲でもありますので、
この機会に、この曲の「過去記事」を少し加筆修正したものを
掲載させて頂きたいと思います。

一番最初にこの「管弦楽のための協奏曲」というタイトルを耳にした際は、何か微妙な違和感を
感じたものです。
というのも普通の感覚として「協奏曲」と言うと、個の楽器と全体の管弦楽団の音楽の対話というイメージが
あるのですけど、
「管弦楽のための協奏曲」というと、それでは「全体対全体の対話」、つまり混沌・・・みたいなものを
ついつい連想してしまいます。
この「管弦楽のための協奏曲」というタイトルは、20世紀に入って以降色々な作曲家がこのタイトルで
作品を残していますけど
多分・・・・私が知る限りでは最初にこのタイトルの作品を作曲した方って・・・・ヒンデミットなのかな・・・・?
このタイトルで圧倒的に有名なのは、
そう・・・・言うまでも無くバルトークの作品なのですけど、
他にはどんな作曲家がこのタイトルで作品を残しているかと言うと・・・
コダーイ・シチェドリン・セッションズくらいしか聴いたことがないですね・・
ま、多分探せば他にも色々とあると思うのですけどね・・・
バルトークの「管弦楽のための協奏曲」の第二楽章:対の遊びを聴くと
このタイトルの意味が何となく分かるような気がします。
ファゴット・クラリネット・フルート・オーボエ・トランペットの各楽器が2本ずつ対となって繊細なメロディーラインを
吹き、それが全体と鮮やかな「対比」を示しているような感じがありますし、
音の薄い部分又はソロ対トゥッティ(全奏)の対比を何か意図しているような曲のタイトルなのかな・・・とも
思ったりもします。
あ、関係ないですけど
アニメ「響け! ユーフォニアム」のED曲は「Tutti」(トゥッティ)でしたね・・・・

さてさて・・・・

三善晃が1964年に作曲した「管弦楽のための協奏曲」なのですけど、
私自身はこの曲が演奏会で実際に演奏されたのは聴いたことがありませんし、
過去においてこの曲が収録されたCDは、岩城宏之指揮/N響くらいしか知りません・・・
かなりマイナーな曲ではありますし、演奏時間も8~9分程度の比較的短い曲なのですけど
あんなに「音楽的緊張感」をぎゅーーーーっと凝縮した邦人作品って意外と少ないかも・・・とも
思っています。
曲は・・・・一言で言うと捉え所が無い曲なのですけど、
音楽的密度というのかとにかく「緊張感」が半端なく強い曲ですので、聴いているだけで何か胃が
ギリギリ痛くなってくる感じもするのですけど、
例えばシュトックハウゼンとかノーノみたいなバリバリ意味不明の現代音楽とは全然違うというのか
確かに音楽は難解なのですけど
そのメロディーラインがすんなりと脳に入ってくる不思議さは伝わってきます。
何て言うのかな・・・・
「慣用句とか古典的言い回しが多く言葉遣いは難しいのだけど言っている内容はすごく分かり易い趣旨の事を
言っている人・・・」みたいな感覚があったりします。
壮快で鋭いリズムと冷酷さから詩的な情緒が漂う密度の濃い曲なんですけど、
「訳の分からん難しさ」を音そのもので楽しんでいる内にあっという間に8分が過ぎてしまった・・・・
なんかそんなような印象があったりもします。

この曲は続けて演奏されますけど
下記の三つの部分から構成されています。

Ⅰ.確保と二つの展開

Ⅱ.複合三部

Ⅲ.変奏と復帰

Ⅰは、とにかく・・・・「めまく゜るしい変化」が最大の魅力です。特に出だしの音楽的緊張感は
すさまじいものがあります。
全体的に音量のコントラストに圧倒される感じがあります。
Ⅱは一転して抒情的な感じも漂い、不気味な曲想が展開されていきます。
あの雰囲気は・・・・まさに「四谷怪談」の世界ですね・・・
ラスト近くの大太鼓三連発の不気味な響きが印象的ですけど
なんかあの部分は・・・・
矢代秋雄/ピアノ協奏曲の第二楽章の「幽霊の雰囲気」を彷彿とさせるものがあります。
Ⅲは一転して再度激しい音楽が回帰されますけど
ラスト近くのホルンの雄叫びがとにかく凄まじい・・・・です・・・
そしてこのホルンの雄叫びをバックに曲は一気呵成に閉じられますけど
とにかく聴くだけで「圧倒されまくりの曲」・・・・としか言いようが無いほどとにかく緊張感の強い作品だと
思います。

そう・・・・一言で表現すると「精密な設計図」を音楽にしたようなもの・・・・と言えるのかもしれません。

この曲は、前述の通り残念ながらオケの生演奏で聴いたことは一度もありません。
本当に是非是非この曲は生演奏で聴いてみたいですね。

そうした意味では、上記の1978年の秋田南高校のあの演奏は、本当に貴重なもの・・・・
まさに・・・歴史的な名演でしたね!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

三善作品を世に知らしめた天野先生の功績

ご無沙汰しています。
いつも吹奏楽関係の記事は拝見しています。

遂に昭和53年の秋田南がやってきましたね。
天野先生が全国区になったのも、このアレンジがきっかけといっても過言ではないと思います。
当時のバンドジャーナルでは秋田南の邦人作品の取り扱いについて、賛否両論があったことを覚えています。
しかし今になると、新たなレパートリーを開拓した、偉大な一歩であったことは、間違いないことと思います。
三善作品は、吹奏楽アレンジによって世に広まったことも間違いないことですよね。三善先生が課題曲を書いたのも、この演奏がなければなかったでしょうし、矢代のシンフォニーも、秋田南が演奏したから世に広まった、ですよね。
当時の演奏の写真を見たことがありますが、トランペットとトロンボーンが3本ずつ、打楽器も今と違う環境だったと思いますが、レジェンダリーで聴いた演奏は、昔レコードで聴いたアナログの感じをはるかに越える完成度の高さと思ったのは私だけではないと思います。
翌年のコンクールのレコードに、矢代のシンフォニーについて、前の年の自由曲に比べれば簡単だった、と書いていたことも思い出しました。どんだけレベル高い状況だったんだよ‼って、高校生の時思っていました。
そういえば管理人様は全ての課題曲も聴いていられるのですね。ブレーン社からダウンロードされているかと思いますが、その追求する姿勢には、本当に頭が下がります。私だったらきっと聴いてみたい‼と思うところしか聴かないのに、何の先入観ももたず、ひとつひとつしっかり聴いていられるのがすばらしいです。
この演奏が毎日わずか二時間の練習でできたのか、と改めて思い出させていただきました。
本当にいつも楽しみにしています。今後の記事も見させていただきますのでよろしくお願いいたします。

次回は1977年です!! →当然、秋田南の「春の祭典」ネタが炸裂すると思います。

周 様


ごぶさたしております!!

お変わりないようで何よりです!! そして何よりもこんな拙いプログでも日常的にご覧になって頂き、
本当に光栄ですし、ありがたく思っています。
改めてですけど、本当にいつもありがとうございます。

私の場合、ブレーンやYou Tube等のダウンロードは実はあまりしていなくて、
以前書いた通り、日本ワールドレコード社・トラヤといった実況録音のカスタムテープのダビングが音源というのが
ほとんどです。
でもあれは、アナウンスとか拍手も全て収録されていますから、当時の緊張感はやはり
伝わってきますね。

1978年の秋田南ですけど、本当に素晴らしい演奏だと思いますし、とてもこれがアマチュアの高校生の
演奏とはいまだに信じられないです。
この頃はピアノも使用禁止の時代ですし、当時の秋田南のティンパニはまだ手締め式を使用していましたし、
何かと制約が多い中で、これだけ音楽的に緊張感の高い演奏が出来た事はまさに「奇跡」だと思いますし、
高橋紘一先生のご指導には本当に頭が下がる思いで一杯です。
そういえば、春の祭典は、BJにおいても当時その是非の論争が色々と展開されていましたね。

さてさて・・・次回以降は1977年を語る予定ですので、
当然ながら秋田南のあの「春の祭典」を抜きにして語る事は出来ませんので、
こちらの方も自分なりに色々と書いてみたいと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2862-71dd0b3b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |