FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


19.淀川工業高校


A/交響組曲「寄港地」~Ⅱ.チュニス~ネフタ  Ⅲ.ヴァレンシア(I.イベール)


このブログでも何度か・・・
なんでここ20年近く、丸谷先生は、大阪俗謡による幻想曲・スペイン狂詩曲・ダフニスとクロエ第二組曲の
三曲しか自由曲にしないのかな・・・?
これだけ光り輝く実績がある学校だけに何か勿体ないな・・・とも毎年毎年感じてしまいますね。

そうですね・・出来れば、丸谷先生には、勇退前に一度くらいは「新しい曲」にチャレンジして頂きたいなと感じているのは、
多分私一人だけではないと思います。

淀川工業(現・淀川工科)の過去の自由曲の傾向として、
上記の3曲以外でも、「これはいい!!」と相性の良さを感じた曲は、コンクールで複数回演奏するというのは
淀川工科の「お家芸」と言えるのかもしれません。

例えば・・・

エル・サロン・メヒコ → 3回

交響組曲「寄港地」 → 2回

トッカータとフーガ二短調 → 2回

吹奏楽のための神話 → 2回

歌劇「シチリア島の夕べの祈り」序曲 → 3回

そんな感じです。

一度だけしか演奏していない自由曲と言うのは、リシルド序曲・ハンガリー狂詩曲第二番・
運命の力・アルメニアンダンスパートⅠ・教会のステンドグラスだけですね。

さてさて・・・今現在の淀川工科はまさに「吹奏楽界の横綱」という雰囲気で、
なんか出場しただけである程度名演は約束されたようなもので、既に「金賞」の当確が出ているような感じすら
あるのですけど、
この年・・・1978年は今とは何か様相が違っていましたね。
前年の77年の「運命の力」は・・なんと・・まさかの銅賞を受賞しています。
この年の「寄港地」も銀賞に留まっています。
79年の「シチリア島の夕べの祈り」も銀賞に留まっています。
だけど・・・私個人の感じ方なのかもしれないですけど、客観的に聴いてみても、そんな低い評価に留まるような
演奏は決してしていないと思います。
むしろ、今現在の「マンネリ化」とは全く真逆の「新鮮さ」すら感じてしまいます。
77年の「運命の力」なんて、正直これが銅賞とはちょっと信じられないです。
当時のBJの講評では、
「淀川工業にとって運が悪かったのは、この演奏の前日の中学の部にて、兵庫の今津中学校による
まさに歴史的名演とも言える同じ自由曲が演奏されていて、
翌日の高校の部の淀川工業の印象が希薄なものになってしまった」みたいな事が書かれていたと記憶していますけど、
そうですね・・・
私の感覚としては、「そんな前日の中学の部なんて淀川工業には関係ないじゃん・・・
高校の部には高校の部として評価・講評して欲しかったな・・」とも感じますね。
演奏自体、今津中に見劣りするような演奏とは私は思っていません。
むしろ・・・79年のシチリア島もそうでしたけど「みずみずしい」とか「気取りある演奏」みたいに感じたりもします。

淀川工業は、この当時は・・・
何となくですけど少し「不遇」の時代というのか、幾分不当に低い評価をされていたのかな・・・みたいな感じる事も
あったりします。

上記の複数回演奏の自由曲ですけど、
エル・サロン・メヒコ、トッカータとフーガ、神話・シチリア島の演奏は、金賞を受賞している演奏もありますけど、
「寄港地」に関しては、78年も2回目の1984年も銀賞に留まり、
多分ですけど・・・
淀川工業が複数回以上自由曲に選んだ曲目としては唯一金賞を受賞していない曲になると思います。
ま・・これは既に1984年の記事で散々書いているのですけど、
84年の淀川工業の銀賞は、まさに「意外すぎる!! ありえない!!」の一言に尽きると思いますし、
成績発表の際の会場からのブーイングは、まさに凄まじいものがありました・・・
これは私の勝手な妄想なのですけど、
1988年に4年連続金賞を達成し、1989年に「5年連続金賞」の王手がかかった際に、丸谷先生としては
もしかして・・・自由曲の候補の一つとして「寄港地」が挙がったのかも・・とふと思ったのですが、
1988年の土佐女子の「寄港地」のあの素晴らしい演奏が銀賞に留まった事もあり、
「土佐女子のあの仕上がりで銀賞とは・・いやいや、やっぱり寄港地はあかん・・・
やっぱり淀工は大阪俗謡で固くいったほうがええやろ・・」と考えたのかもしれませんよね・・・

この年の淀川工業の演奏ですけど、
そうですね・・・
「なんでこの仕上がりで銀賞に留まったのかな・・?」という印象ですね。
課題曲Aも実にスタンダードな仕上がりでしたし、トランペットのソロとかミュートの使い方とか
やっぱり「うまいな・・・」と言う感じですし、
寄港地のオーボエも、べらぼうにうまいという感じではないですけど、無難にまとめ、
全体のノリも大変良好という感じで、
エキゾチックな雰囲気も十分伝わり、申し分のない演奏だったと思います。
なんか惜しい銀賞の一つでしたね・・・

ま・・・こうしたちょっと不遇な時代があるからこそ、現在のまさに「横綱」としての淀川工科が
あるのかもしれませんよね。  
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2861-c694a3c7
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |