プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


18.東海大学第四高校


  C/楽劇「神々のたそがれ」~ジークフリートの葬送行進曲(R.ワーグナー)


  この年は実は東海大学第四高校吹奏楽部の全国大会初出場の年です。
  この記念すべき初出場の年の指揮者は、
  なんと・・・!!
  今現在も現役で東海大学第四高校で指揮・指導をされている井田先生です。
  つまり・・・
  井田先生は、この全国大会初出場の年、1978年から38年近くもずーーーっと一つの学校を指揮され続けておられ、
  初出場から今日に至るまでずっと絶え間なく素晴らしい演奏&高い評価を維持され続けられています。
  これは本当に大変価値ある事であり、
  淀川工科の丸谷先生や神奈川大学の小澤先生と並んで、
  本当に頭が下がる思いで一杯です!!
  是非是非上記の先生方は・・・その体力と気力が許される限りは、今後も全国大会のステージに
  生涯現役として立ち続けて頂きたいと心の底から願っています。

  さてさて・・・初出場のこの年ですけど、
  後年の内省的な仕上がりの邦人作品とかオペラものとか
  ローマの祭り・ベルキスみたいな豪快さとか
  鋭い仕上がりのオリジナル作品とか
  どちらかと言うと印象としては「濃い仕上がり」を毎年仕上げてくる印象が強いこの学校にあっては、
  比較的「淡白」な印象があります。
  ま・・初出場ですし、緊張感もあったと思いますし、これはこれで仕方が無いと思いますね。

  今大会の課題曲がほとんどがAのジュビラーテに一曲集中した中で、東海大学第四高校は
  数少ない課題曲Cを選曲していたのですけど、
  印象としては、富山商業と同様に「少し固いな・・」とか「もう少し洒落っ気が欲しいな・・」という感じです。
  このチームの場合、更に加えて全体のサウンドがこの時は少しモサッとしているというのか、
  サウンドがくすんでいるというのか、
  全体的には薄味です。
  技術的には特に不安要素はないのですけど、なんか奏者も指揮者も含めて
  音楽があんまりドライブしてこないというのか今一つノリが悪い感じです。
  この演奏から11年後の1989年には、井田先生=東海大学第四の組合せにて
  課題曲D/ポップスマーチ「すてきな日々」というポップス系の課題曲としては、まさに歴史的名演ともいえる
  スイングとノリの良さを見せつけてくれたのですけど
  この年は・・・まだそこまでの余裕が無かったという雰囲気が漂っているようにも聴こえます。
  
  自由曲の「ジークフリートの葬送行進曲」ですけど、課題曲と大体傾向は同じだと思います。
  全体のサウンドがくすみ気味で、後年のあの「ローマの祭り」とかアーノルドの交響曲第2番みたいな
  明るさと華やかさがドッカーーン!!みたいな演奏に耳が慣れてしまうと
  「え・・これ、本当に同じ演奏団体・・?」みたいな感じも無くは無いのですけど
  ま・・・こういうスクールバンドというのは、井田先生のように実力のある先生が長期間同じバンドを
  指導し続けていくと、着実な進化というのは確実に見られますからね。
  そうですね・・・
  このチームの全国大会初出場の演奏を今更ながら聴くと、
  「昔はこういう冴えない演奏をしていた時代もあったんだ・・」みたいな逆に新しい発見もあったりして
  興味深いものもあったりもします。
  音が今現在のように洗練されていないし、ppの表現が「静寂の中の熱演」があんまりできていない感じもあり、
  全体的には可も無いけど不可もないみたいな演奏という印象です。
  静かな部分の音の粘りとかうねりがもう少し欲しかったような感じもあります。
  そうそう・・・
  この自由曲は井田先生のアレンジなのですけど、
  原曲は、消え去るように静粛に厳格に閉じられるのですが、なぜか井田先生のアレンジでは
  木管のトリルでもって強音で閉じられ、
  正直・・なんか違和感を感じてしまいます。
  あれは・・当たり前の話ですけど原曲通り静かに閉じてほしかったです・・・

  だけど・・・井田先生=東海大学第四高校の「伝説」はこの演奏から始まるのです!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ここから先は、ワーグナーの「ジークフリートの葬送行進曲」と
過去の吹奏楽コンクールで、この曲で素晴らしい名演を残した1987年の大塚中学校の事を
少しだけ触れさせて頂きたいと思います。

「ジークフリートの葬送行進曲」は、楽劇「神々のたそがれ」の中のワンシーンなのですけど、
大変中身が充実した素晴らしい曲ですので、
管弦楽団の演奏会でも単独で演奏される事もよくありますし、
「夜明けとジークフリートのラインへの旅」の部分とともにセットで演奏される事も
しばしばあります。

楽劇「神々のたそがれ」自体も
「ニーベルングの指環」四部作という大変長大な楽劇の一つでして、
この「神々のたそがれ」のみでも既に演奏時間が4時間20分を超えてしまいます・・・・
「ニーベルングの指環」四部作は、序夜とそれ以外に3日を要する舞台上演であり、
この四部作全てを上演するのに何と四日間もかかってしまう大変な長作でもあります。
「神々のたそがれ」はその最終夜に該当し、
四部作の最後を締めくくる作品でもあります。

「指環」四部作はそれぞれ独立した性格を持ち、単独上演が可能です。

「演奏時間が最も長い歌劇・楽劇はなーに?」というクイズがもしもあったとしたら、
連作という意味ではこの「ニーベルングの指環」が正解なのでしょうけど、
単独上演という意味では
多分一番長い歌劇・楽劇は
同じくワーグナーの「ニュールンベルクのマイスタージンガー」ではないのかなと思います。

ちなみに、「ニーベルングの指環」四部作は
序夜   ラインの黄金
第一夜  ワルキューレ
第二夜  ジークフリート
第三夜  神々のたそがれ 
から構成されています。

「ジークフリートの葬送行進曲」なのですけど、
ハーゲンによって、唯一の弱点である背中を刺され息絶えたジークフリートの遺骸を
月光が照らしライン河から立ち込める霧に包まれれている中、運んでいる最中の音楽であり
大変悲痛な感じにつつみこまれた荘厳な音楽なのです。
演奏時間は7分程度なのですけど、
ティンパニーの弱奏から開始され、終始ゆったりとしたテンポで展開されていきます。
特に弦楽器のうねりと
途中ですさまじく音楽が高揚する部分があるのですけど、その時の陶酔感が実に素晴らしいと
思います。
ラストは消え去るように静かに静かに閉じられていきます。

ちなみにワーグナーが亡くなった際の葬式でも
この「ジークフリートの葬送行進曲」が演奏されたとのエピソードが残されています。

尚、「ジークフリートの葬送行進曲」が終わるとこの楽劇は「ブリュンヒルデの自己犠牲」という
この四部作のラストを飾るのに相応しい壮絶な部分が展開されていきます・・・

ラインの乙女たちからすべてを聞かされたブリュンヒルデは、
ギービヒ家の家臣たちに河畔に薪を積み上げるよう命じる。
ジークフリートを称え、その亡骸を薪の山の上に運ばせる。
ブリュンヒルデは指環を手に取り、ラインの乙女たちに返す決意を語る。
積まれた薪の山に松明が投じられ、火が燃え上がると、ブリュンヒルデは愛馬グラーネにまたがり、
炎の中に飛び込む。

そういった音楽が楽劇の中では
プリュンヒルデの化物じみた大絶唱と共に延々と展開されていきます・・・・
これ一度だけN響の「神々のたそがれ」演奏会形式ハイライトシーンで聴いたことがありますけど、
まさに「壮絶」以外の言葉がありませんね・・・・

話は全然変わるのですけど
吹奏楽コンクールでもこの「ジークフリートの葬送行進曲」はたまに演奏される事があります。
あ、でも全国大会では1987年に大塚中学校が銀賞とはいえ
歴史に残る大変素晴らしい演奏を聴かせてくれて以降は一度も全国大会では
演奏されていません・・・
大塚中のあの「弱い弱奏の部分の音楽的説得力」は大変なものがあったと思います。
あの素晴らしい演奏が、同じくワーグナーの「エルザの大聖堂への厳かな行列」を
これまた素晴らしい演奏を聴かせてくれた雄新中と共に
2チームとも「銀賞」で終るなんて、何かすごく意外だったと同時に
「審査員は何を評価のポイントにしているのだろう・・・この演奏の良さが分からんなんて
絶対耳か頭がどうかしている・・・」
なーんても当時は思いましたね。
大塚中学校のあの「弱音」はまさに・・・pppの熱演でした・・・
あの音のうねりもお見事でした!!

最後に・・・

1960年代から70年代の吹奏楽コンクールを牽引した
関西の名物指揮者、今津中学校の名物指揮者・得津武志先生が1982年にご逝去された際、
お葬式には、先生の教え子が大挙して押し寄せ号泣しながら
得津先生の遺言でもあった「俺の葬式の際は軍艦マーチを盛大に吹き鳴らせ!」を遵守され、
「軍艦マーチ」を盛大に鳴らされていたというエピソードが残されていますけど・・・
そして翌年に今津中学が吹奏楽コンクール・関西大会で自由曲に選んだ曲は
「ジークフリートの葬送行進曲」だったのでした・・・
 
  
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2860-ab626053
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |