FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


17.玉川学園高等部

  
A/バレエ音楽「カルタ遊び」~第三ラウンド(I.ストラヴィンスキー)


私自身の話ですけど、ストラヴンンスキーを一番最初に聴いたのは「火の鳥」でした。
ま、最初は・・・・例によって吹奏楽コンクールの吹奏楽アレンジでの演奏でしたけど
それをきっかけに、原曲版のレコードを購入し
(火の鳥で一番最初に購入したレコードは小澤征爾指揮/パリ管弦楽団だったかな・・・)
そこで一気にストラヴィンスキーの「三大バレエ」にはまっていったという感じですね・・・・
特に「春の祭典」を最初に聴いた時は・・・、ホント、まじでぶったまげたものです・・・・

ま・・・、正直に言うと・・・・

ストラヴィンスキーの一連の三大バレエを聴いてしまうと、他の作品が何か物足りなく聴こえてしまうのですよね・・・

ま、ストラヴィンスキー自体、「カメレオン」とか「1001の顔を持つ男」と揶揄される通り
時代と自分自身の心境の変化に応じて
作風を色々と変遷させていった作曲家なのですけど、
特にあの「春の祭典」みたいな過激な原始主義を乗り越えた先は・・・・
「新古典主義」という比較的軽妙で洒落っ気溢れる作風に変化したものでした・・・・

このバレエ音楽「カルタ遊び」は、こうした新古典主義時代を代表する作品の一つなのですけど、
最初にこの曲を聴いた時は・・・・
何て言うのかな・・・・
あの「春の祭典」の過激さと激しさが見る影も無く後退し、
あまりにもシンプルさに驚いたものです・・・・
というか、人ってこうまで変わる事が出来るんだ・・・と改めて実感した瞬間でもありました。

最初に「カルタ遊び」というタイトルを耳にした時、
「カルタ」というと、どうしても日本人の習性として
お正月に遊ぶあのカード遊び・・・・「犬も歩けば棒に当たる・・・」なんていうことわざカード遊びみたいなものを
思わず連想してしまうのですけど
ストラヴィンスキーが意図した「カルタ遊び」というのは、
要は「ポーカーゲーム」、つまり「トランプ」の事なのです・・・・

うーーん、これって「邦訳ミス」なのかも・・・・

こんな「カルタ遊び」なんてタイトルを付けてしまうと、私のように
「犬も歩けば・・・」を連想してしまう人続出なような気もしますけどね・・・・・(苦笑・・・)

この曲を初めてCDで聴いたのは・・・・
確かサロネン指揮/フィルハーモニア管弦楽団だったかな・・・・
「火の鳥」のカップリング曲として収録されていました。

だけど・・・・

この「カルタ遊び」という曲を初めて耳にしたのは、実は管弦楽版ではなくて
何と・・・・
吹奏楽アレンジ版としてでした。
1978年の玉川学園高等部が全国大会の自由曲として演奏したものでしたけど、
まさかこんな地味な曲を吹奏楽で演奏するなんて今では考えられないですね・・・・
この曲を吹奏楽コンクールで演奏したのは、2016年の時点では、今のところ玉川学園が多分最初で最後だと思います。

ま、だけど玉川学園の演奏がきっかけとなってこの曲を知ったのだから
「結果オーライ」という感じなのかもしれないですよね。

このバレエ音楽「カルタ遊び」ですけど、
中々ユニークなバレエみたいですね・・・・(見た事ないけど・・・・)

このバレエの副題が「三回勝負のバレエ」となっているように
第一ラウンドから第三ラウンドまでの計三回に渡る「ポーカーゲーム」をバレエとして
表現したものです。
バレエの踊り手は・・・・
ご丁寧な事に、それぞれがトランプの模様の衣装を身に付けて踊り、
トランプの札として描かれている事に最大の特徴があると思います。
そして最後は・・・・・
ポーカーゲームの「胴元」というか、ディーラーの巨大な手によって全てのコイン・カードが運び去られて
終わり・・・・というのも何かいかにも「賭け」らしいお話であり
何かユニークなものを感じさせてくれますね。

この曲は下記の三楽章(三ラウンド)から構成されています。

第1ラウンド

1.序奏
2.パ・ダクシオン
3.ジョーカーの踊り - ストリンジェンド
4.ワルツ

第2ラウンド

1.序奏
2.ハートとスペードの行進曲
3.クィーンの5つのヴァリアシオンとコーダ
4.行進曲
5.一同の踊り

第3ラウンド

1.序奏
2.ワルツ
3.スペードとハートの戦い
4.結尾/ハートの勝利

このバレエ音楽は三ラウンド共に、「序奏」で開始されるのですけど
これは三ラウンド共に、基本的には同じメロディーによる序奏です。

そうですね・・・・

何か例えて言うと、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」の「ブロムナード」に少し構成が似ていますよね。

展覧会の絵も、曲と曲の間には「プロムナード」の主題が繰り返し使われていましたけど
「カルタ遊び」も序奏の部分は繰り返し同じメロディーが流れますからね。

この曲の一番の聴きどころは・・・

やはり第三ラウンドかな・・・・

この部分では、ドリーブの「コッペリア」とかロッシーニの「セビリアの理髪師」がかなり分かり易い形で
引用されていて
何かとっても楽しいし、ストラヴィンスキーの「いたずら心」が冴えわたっている・・・・
みたいな印象がありますね・・・・

前振りが随分と長くなりましたけど、玉川学園のこの「カルタ遊び」は、今現在の感覚で聴くと
大変興味深いものがあります。
だって・・曲の内容があまりにも地味すぎますからね・・・(笑)
レコードでこの演奏を聴くと分かるのですけど、曲自体あんまり盛り上がりませんし、
別にドラマも葛藤も強奏も派手にどっかーーんと盛り上がる部分はほぼ皆無です。
どちらかと言うと「洒落っ気」を小粋に楽しむという感じの演奏ですね。
この第3ラウンドですけど、原曲で使用される打楽器はティンバニと大太鼓のみです。
玉川学園も打楽器はそれ程使用していませんし、金管も比較的大変巧みにコントロールされています。
木管はべらぼうに上手いですね!!
こうした聴かせどころが大変難しい曲をこれだけ音楽的に仕上げられるというのは、実は大変難しい事だと
思うのですけど、
そうした「難しさ」を全然難しいとも感じさせずに、どちらかというと・・「あっさりめ」にと感じさせるくらい
楽に聴かせるのが上手いな・・とも感じたものです。

玉川学園高等部は、前年度と前々年度はドビュッシーの「三つの夜想曲」とラヴェルの「ダフニスとクロエ」第二組曲といった
王道的なフランス音楽を自由曲に選び、
この年の翌年と翌々年はコープランドの「戸外の序曲」とリードのアルメニアンダンスパートⅡといった
吹奏楽オリジナル作品を絢爛豪華に響かせていました。
考えてみると、1976年~80年の「5年連続金賞演奏」の中で、
最初の二年間は上品さと気品さをテーマにし、最後の二年間は若さとエネルギー爆発をテーマにしていたようにも
聴こえるのですけど、
その中間にあたる1978年の演奏がこうした地味で粋な曲というのも
全体の中では「シンメトリー」みたいな印象もあり、
なんか興味深く感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

いつの時代も

一流と言われるバンドはなんでもこなせる技術と感性を備えているんでしょうね。
勿論、普段からの弛まぬ努力と指導者の力に寄る所が大きいと思いますが。

私が当時、玉川学園の演奏を聴いて感じた事は「なんであんなに明るさと愁いのある音が出せるの?」って事でした。東京の学校って凄いよな~って思いが強く残ってます。東北の緻密で密度の濃い音とは違う、憧れの音のひとつでした。


ここだけのお話ですがあの当時の玉川学園にすごい「美少女」が居らっしゃいました(笑)
私と友人が普門館のロビーを歩いていたらたまたま、玉川学園の生徒さん達とすれ違ったんですが、余りの美しさに思わず「こんにちは」って挨拶してしまいました。

後に、この友人は某音楽大学に進学するんですがそこで知り合った玉川学園のOBにこの話をしたら、その女性は玉川でも別格の「美少女」だったとの事です。何年か前に飲んだ時に嬉しそうに報告してくれました。


因みにこの友人は今現在「某音楽隊の楽長」してます(笑)

くだらない話ですいません。

玉川学園

カリオストロ 様


確かにご指摘の通り、玉川学園には独特の「洗練された明るい響き」が素晴らしかったですし、
5年連続金賞の前半が、そうした中でも「明るくひそやかな感じ」、後半が「スピード感」を演出していたのは
本当に素晴らしかったと思います。
今は違いますけど、当時は東京支部は意外とレヴェルが低く、玉川に続く学校が無かったのは
痛かったですね・・・

ちなみに玉川は、中等部も含めて、私が高校生だった頃は、都内で一番学費が高いという典型的な
お金持ちお坊ちゃんお嬢様学校でしたので、そうした「美少女の存在」というのは
大変良くわかる話ですね(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2859-1e457c94
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |