プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


16.弘前南高校

 A/組曲「道化師」~Ⅰ.プロローグ Ⅱ.ギャロップ Ⅴ.パントマイム Ⅸ.スケルツォ Ⅹ.エピローグ
   (D.カバレフスキー)


とにかく・・・・「溌剌」とした生き生きとした演奏を聴かせてくれています!!
吹奏楽コンクールの「全国大会」なんて言うと、どうしても緊張とかプレッシャーとか委縮みたいな言葉が
よく似合いそうなほど、中々普段の実力とか練習の成果というものは発揮しにくい事は
多々あるものなのですけど、
このチームは、そうしたプレッシャーなんか微塵も感じさせない普段通りというか・・・練習通りの
のびのびとした演奏を屈託なく聴かせてくれていて
そうですね・・・
こういう演奏は聴いている方もなんか自然に「微笑み」が出てきそうな感じですよね。
とにかく「のびのび演奏している・・」とか「元気一杯!!」とか「チャーミング」とか「自然体な雰囲気」みたいな
感想の言葉がポンポンと出てきそうなくらい、
躍動感溢れる演奏を聴かせてくれています。

ま・・・確かに・・・今現在のコンクールの感覚で聴いてしまうと
「雑すぎる・・」とか
「粗いし細かい仕上がりが不十分」とか
「時々バランスが崩れ、部分的に音程が不安定」とか
「音色が生々しすぎる」などのようなマイナスの評価もあるのかとは思います。
それは私も認めます。
だけど・・・
そうしたマイナスポイントを埋めてしまうのに十分すぎるほどの「素直さ」・「溌剌さ」・「のびのびとした感じ」が
この演奏からは自然に伝わってきます。
上記のような細かいマイナスポイントも確かにあるのでしょうけど、
それをはるかに超越してしまうプラスの材料がこれだけ多く発見できるというのもかなり貴重だと思います。
そうですね・・・・今現在の審査基準で言うと、とてもとても全国大会なんか出場出来ないし、
支部大会も難しいというか・・・県大会レベルでも「金賞」は取れるのかな・・みたいなものはあるとは
思うのですけど、
半面・・・今現在のコンクールでは絶対に望めないようなあの自然体での溌剌さというのは
とにかく大いに価値があると思います。
このチームの偉大な所は、もちろん・・結果的に「5年連続全国大会金賞」を達成したという事もそうなのですけど、
それ以上に・・・偉大な所は・・・・
毎年毎年・・・確実に「進化」を成し遂げている点にあると思います。
ま・・・そこには途中での指揮者の交代という背景も多々あったかとは思うのですけど、
77年の「エル・サロン・メヒコ」と78年の「道化師」のこのやんちゃな仕上がりから一転しての
80年の「ドリー」とか81年の「イタリアの印象」、そしてそして・・・何よりも特別演奏のあの「ぺリアスとメリザント」・・
あの内省的な感情の高まりみたいな大変高度な感覚のチームへと「進化」を遂げた様子は
まさにスクールバンドの鑑だと私は思っています。
何て言うのかな・・・・
イタリアの印象とかぺリアスとメリザントのあの「内省的な高ぶり」を表現するための一つの「過程」として
エル・サロン・メヒコとか道化師の「やんちゃな溌剌ぶり」は避けては通れない道であった・・・
一度・・・若さという「毒」を全て吐き出した後だからこそ、ああいう清らかな内省的な演奏が出来るようになった・・・
なーんて書いてしまうと、
それはさすがに・・「考え過ぎ!!」とか言われてしまうのかな・・・?

さてさて・・・・78年の演奏ですけど、
課題曲A/ジュビラーテは、この課題曲を選んだ18チームの中では、かなりの上位にランクされる演奏だと
私は思います。
聴いていて、とにかく「気持ちがいい!!」という感じですし、前半のあの躍動感とか中間部の自然な盛り上がりとか
まさしく申し分のない課題曲Aの一つだったと思います。
自由曲の「道化師」ですけど、
そうですね・・・
ま・・曲がああいう内容なだけに「洗練さ」を求める方に無理があるのかもしれないですけど、
課題曲で聴かせてくれたような「まとまり」とか「統一感」みたいなものはもう少し欲しかったような気もします。
全体的に音色がかなり粗いのが気にもなったりします・・・
そして・・・部分的に音程が少し怪しいのですよね・・・・
特にⅠ.プロローグのシロフォンの最後の一音のあの音程の悪さというかピッチの低さは・・
あれは・・・楽器の不調にしては少し目に余るのかも・・・??
Ⅴのパントマイムも・・・少しどんくさい感じというのか全体的に「音色が重たい」のがかなり気になります・・・
だけど・・・
Ⅴを除くと、ⅠとⅡとⅨとⅩはとにかく音色がどこまでも明るくて楽しくて・・・
聴いているだけでとてつもなく「ハッピー」な気持ちにさせてくれちゃいます!!
ああいう音楽を聴くと・・・
「なんか・・生きているだけでその内いい事があるのかも・・」みたいな気持にもさせてくれちゃいそうですよね!!

この組曲は一つの「児童用の音楽」なのですけど、
そういう子供らしい「まっすくで純粋な気持ち」を曲の隅々にまで表現出来て、聴く人に確実に「楽しさ」とか「溌剌さ」を
感じさせてくれたこのチームの演奏に、
38年後の私から、「敬意」を表させて頂きたいと思います。

ちなみにですけど・・・

私自身も・・・高校2年の定期演奏会で演奏した曲の一つがこの「道化師」であり、
選んだ組合せも、Ⅰ.Ⅱ.Ⅴ.Ⅸ.Ⅹと全く同じでしたので、
とにかく・・
あの頃は・・・弘前南の1978年のレコードを何度も何度も・・聴きまくっていたものです!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2856-be58574c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |