プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
14位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


15.富山商業高校


C/バレエ組曲「火の鳥」~魔王カスチェイの凶悪な踊り・終曲(I.ストラヴィンスキー)


富山商業というと高岡商業と並んで「北陸の雄」という時代が長く続いていましたけど、
最近は両校とも色々と新興勢力に押され気味・・というのも何だか時代の変化を感じさせてくれますよね。
富山商業と言うと誰がなんといっても「坪島先生」の名前が真っ先に出てしまうのですけど、
その坪島先生が1989年にショスタコーヴィッチの「祝典序曲」で全国大会金賞を受賞して以来、
富山商業は一度も全国で金賞を取っておりませんので、
そろそろ・・・秋田南と共に「真の意味でのあの名門校復活」を期待したい学校の一つでもありますっ!!

ま・・・もしもですけど・・・秋田南高校が1982年の「パロディー的四楽章」以来の全国大会金賞を実現してくれたとしたら・・
そうですね・・・
なんか私の母校が県代表として東北大会に進む事と同じかそれ以上に嬉しいものが
ありそうですね!!
同じ事は「花輪高校」にも言えるとは思います。

さてさて・・富山商業なのですけど、
どうしても最初にイメージしてしまう事は何と言っても・・・ま・・これは伝統的な持ち味なのかもしれないのですけど、
その圧倒的とも言える「金管セクションの力強さと迫力と輝き」にあると思います。
確かに・・・部分的に「少し鳴り過ぎなのかな・・・?」と感じる点も無くは無いのですけど
やはりあの金管セクションの輝ける音色は本当に魅力的でしたね!!
特に特に・・・・1982年と88年のプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」は宿命の重さと圧倒的な金管のパワーの前に
全ての聴衆をねじ伏せたみたいな感じがあり、
あの超高校生クラスのパワーと迫力にはまさに「脱帽」という感じがありました。
大変古し話ですけど、1970年の「ローマの松」~アッピア街道の松とか71年のチャイコフスキーの序曲「1812年」は
ま・・・確かに明らかに音量ヒートアップし過ぎなのですけど、
あの有無を言わさない迫力と豪快さは、まさに・・・「北陸の雄」に相応しい演奏だったとすら思えます。
このチームが、ネリベルの「トリティーコ」とかジェイガーの「シンフォニア・ノビリッシマ」みたいな
バリバリの吹奏楽オリジナル作品を自由曲にしていた時期があるなんて、今にして思うと信じられない話なのかも
しれないですよね。
だけど・・・83年の「海」とか87年の課題曲A「風紋」なと゜のように
大変内面性と抒情性に溢れた気品溢れる演奏をする事もあり、
やはり一筋縄ではいかない色々な「個性」を秘めていたチームなのかな・・とも今にして思うと
感じる事もあります。

さてさて・・・1978年の富山商業なのですけど、
特に自由曲の「火の鳥」を聴いて感じた事は、
「演奏チーム・・・というか指揮者のスタイル・個性というものは、時代が経過してもそんなに変わらないものなのかな・・?」
という事でした。
「火の鳥」は、富山商業は7年後の1985年の自由曲でも演奏しているのですけど、
そうですね・・・
78年の演奏をレコードで、85年の演奏は普門館で直接耳にした者の感想として書かせて頂くと
「78年も85年の演奏も基本的には全く同じ・・・演奏スタイルも解釈も大体同じ・・・」というもので
まさに・・「三つ子の魂百まで・・」みたいな演奏だな・・と感じたものでした。
ではどこが似ているのかと言うと・・・・
一つが木管・・特にクラリネットの細かい動きに大きく難点が感じられる事と
二つ目が・・・反面金管セクションの輝かしい音とかあのとてつもない圧倒的な音量の迫力がとにかく凄まじい・・!!
この二点に集約できると思います。
78年の演奏ですけど、木管・・・特にクラリネットセクションに関してはこの年の方が技術的には勝っているような
感じがあります。
ま・・・確かに指の動きが少しもたついている感じもなくはないのですけど、
85年の生の演奏で感じたような「明らかな不安定感」はそんなには伝わってきませんでした。
金管は・・特にトランペットセクションは78年も85年もとにかく「輝き」が他の出場チームに比べると
明らかに違うというのか、あの明るさ・圧倒的なパワーは、
71年の1812年序曲を彷彿とさせるような凄まじいエネルギーの塊りだったと思います。

最後に・・・・

この年の富山商業の課題曲はCというポップスな曲を選択していましたけど、
こういう洒落っ気たっぷりの曲は、
こういうブラス系が強い傾向のチームには今一つ不向きだったような気がします・・・
確かに上手いのですけど、力でねじ伏せる感じが強く、「軽さ」とか「洒落っ気」みたいな雰囲気を出すには
今一つ・・・みたいな感じもありましたね。
高校の部の課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」は富山商業を含めて計3チーム演奏していましたけど
総じてどの演奏も固くてぎこちなくて、「大人の楽しさ」みたいな雰囲気はあんまり伝わってきませんでした。
この課題曲の名演は、プリジストン久留米と瑞穂青少年吹奏楽団なのかな・・・とも思ってますので、
こういう「大人のお遊び」みたいな粋な課題曲というのは・・・・
高校生にはちょっとまだ早い・・・という感じもあるのかもしれないですよね・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

大人のお遊び

おはようございます

いつも訪問ありがとうございます。
さて、本投稿の最後の方、結構興味
深く読まさせていただきました。

自分は吹奏楽は経験もなくうとい方
だと思うのですが、「大人の楽しさ」
のくだりはなんとなく分かるよう
な気がします。これって、センスの
部分なんですか?それとも練習次第
でできたりするもんなんでしょうか?

ちなみに自分は「キャラバンの到着」
(映画ロシュホールの恋人たち、の
挿入曲)が好きで、あれなんか洒落た
部分とかが出せると結構ききごたえあ
りますよね。

Re: 大人のお遊び

名無し 様


コメント頂きありがとうございます!!

さてさて・・・とっても難しい質問ですね・・・(笑)

この曲は、高校の部においては正直今一つの表情が硬い演奏ばかりだったのですけど
無邪気な中学の部とか
奏者が30代~40代が中心の一般の部なんかでは
「音楽そのものを純粋に楽しんでいる雰囲気」が伝わっていましたので、
ご指摘の通り、センスの問題と言うのか、
「いかに楽しみながら吹くか」という事をのびのびと奏者と指揮者が実現出来ていたかどうかという
事なのかな・・・?とも思いますね。

Re:Re: 大人のお遊び

こんにちは

素人の変な質問ですみませんでした。
でも、とっても分かりやすく的を得た
回答かと思います。ありがとうござい
ます。確かに、吹奏楽に限らずいろ
いろな分野のものでも楽しみながら、
という部分がないと、なかなかいい
ものが出せませんよね。今後はコン
サートも含め、音楽鑑賞するときは
そんな視点も入れながら聞いていき
たいと思います。勉強になりました。

「楽しい」という感覚が無いと・・・

よっチ 様


そうなんですよ!!

色々と嫌な事ばかり多い現世ですので、音楽に限らず
「楽しい!!」と感じる事がないとも生きていく事自体が嫌になってしまう事もあるのかと思いますので、
仕事に限らず、趣味の分野でも色々と「これやっている時が楽しい!」というものが
あったほうがいいのかな・・・ともふと感じる事もありますよね。

私は・・・

富山商業の「かぞえうた」好きですねぇ。
後半部分はなんとなく駒澤大学の演奏に似てるような気がしますがw
高校の部としては遊び心が出てるほうじゃないでしょうか。
当時は中学・高校部門は45人という制限(80年から50人でしたよねw)がありましたから、どうしても少し背伸びしないとポップス系課題曲は厳しいんでしょうね。

実際、前年度の「ディスコ・キッド」も中学・高校の部は金賞ゼロ。この年の「かぞえうた」も中学の部では金賞ゼロでしたから、やはりポップス系課題曲っていうのは上品な(これ岩井先生も言われてましたがw)遊び心が必要なんでしょうね。

ポップス系課題曲

なおりパパ 様


確かに言われてみると上埜先生指揮の駒澤大に雰囲気は似ていたのかもしれないですね。

富山商業と駒澤大学は色々とアレンジ面とかで被る傾向にありましたから
演奏なんかも似てくるのかもしれないですよね。

ご指摘の通り、ポップス系課題曲はスクールバンドにとっては意外と表現が難しいのかも
しれないですよね。
そんな中、1977年の金津中学校の「ディスコキッド」はとっても爽やかで伸び伸びとしていて
私は好きな演奏です。
ま・・・演奏開始時に指揮者の礼とほぼ同時に課題曲が始まってしまい、
聴衆にとっては少しびっくりしたのかも・・・??

1989年の課題曲Dはポップス系でしたけど、富山商業・東海大学第四とか本当に素敵な演奏が続出し、
その意味でも高校の部の進化を示唆していたと思いますね。

確かに。

ブリヂストン久留米と瑞穂青少年の「かぞえうた」は素晴しかったですね。

粒がビシッと揃ったブリヂストンに対し、ドラムがハジけまくって遊び心満載の瑞穂。

個人的には瑞穂の演奏が「世界一」だと思っています。

89年の「すてきな日々」は、いろいろな解釈で各団体の工夫満載でしたね。

私が一番好きな(上手という意味ではありませんよw)「すてきな日々」は中国支部大会での米子北高校ですね。
(メンバーにウチのヨメがいるからという理由では【絶対に】ありません・・・たぶんw)

You tubeにもアップされていますが、実はこの演奏、課題曲に関しては1位だったらしいです。

自由曲が・・・余りにも残念な演奏になったようで、銀賞という評価になってしまったようですが、いつかは鳥取県から全国大会に出場してほしいものです。

瑞穂

なおりパパ 様


そうなんですよ!!

私も瑞穂の演奏は「かぞえうた」も「ディスコ・キッド」も全国大会で演奏した曲では
「展覧会の絵」以外は全部大好きです!!
瑞穂の場合、うまいパートと下手くそなパートがあまりにも極端という致命的欠陥はあるのですけど、
かぞえうたとパンチネルロはそうした欠陥が見えないまさに稀有な名演だと思います。

奥様は米子北のご出身なのですね!!

BPのバックナンバーを見てみたら、89年の自由曲は「運命の力」だったのですね。
ご指摘の通り、BPの「読書が選ぶ名演」の中では、米子北が課題曲部門で入っていましたね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2855-7b373eba
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |