FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


先日・・・・4/17(日)の四季映姫様の記事なのですけど、
あれはもしかして・・・
このブログの「長文記事」としては過去最長なのかな・・・?と感じたくらいの凄まじい長文記事になってしまい、
本来は四季映姫様の記事はその①だけで終わるつもりでいたのですけど、
少しだけ補足したい事がありますので、
このその②記事にて、今回はあくまで・・ほんのちょびっとだけ付け加えさせて頂きたいと思います。

さてさて・・・その①の記事でも書いた通り、東方における「地獄」という所は・・とにかく人口増と罪人の増加によって
慢性的な財政難と裁判官の人手不足になっているのですけど、
元々地獄とは縁が深かった古くて経験が豊かな「お地蔵さん」を裁判官に抜擢させることで
裁判官不足への対応を図り、
結果的に裁判官不足も解消し、
現在の地獄は二交代制で絶え間なく「審問」が続けられているため、
閻魔様も一年中ずっと裁判に掛りっきりという訳ではなくてちゃんと「休暇」もあるというのが中々楽しいものが
ありそうですね。
大抵の閻魔様の場合ですと、こうした休暇中は「静かな彼岸ライフ」を楽しまれているのかもしれないのですけど、
根が元々真面目な四季映姫様はなんと・・・!!
こういう休暇中の間も担当エリアの「幻想郷」を散策され、
「こいつは放っておくと間違いなく地獄に堕ちる」みたいな前兆が出ている人間や妖怪に対しては
「このままではあなたは地獄に堕ちる!! 汝!! 悔い改めるなら今のうち!!」みたいな
「事前警告」を発せられているとの事です。
いや――――! これって・・・私のような凡人というのか・・・普段の功徳を積んでいない人間にとっては
ある意味ありがたいシステムと言えるのかもしれないですよね。
だって・・・・人間だって妖怪だって・・・誰だって死後は地獄なんかに落ちたくはないはずだと思います。
例えば・・・・
現在のような他人に対する思いやりがない生活を続けいたとしたら・・・
これ以上の「他人に知られたくない秘密」を抱え込んで生きていたとしたら・・・
お金を生き金として使わず、ケチケチと貯めこんでばかりいたとしたら・・・
これ以上人様への迷惑を掛け続けていたとしたら・・・・
これ以上根拠のない他人様への陰口を言い続けていたとしたら・・・

「あなたは間違いなく・・・死後の世界においては、天界・冥界には行けずに地獄へ叩き落されます・・!!」

なーーんて事を四季映姫様から「事前通告」を受けていたとしたら、そりゃ誰だって・・
「まずい・・・さすがに自分だって地獄には落ちたくない・・・
そうだな・・少しは自分自身の生活と考え方を改めてないといかん・・!!」
みたいな事を多少は考えると思います。
四季映姫様もそれをいい事に・・・多少と言うか・・・かなりな程度・・・(?)
「あなたは地獄に堕ちたらこんな罰を受けます」というのをかなり誇張して「受ける罰」について色々とある事ない事を伝え、
「通告」というよりは「脅し」みたいな形で
極悪人たちをある意味諭しているというのも、
なんかその①で書いた通り、この世に生きる人間達の酸いも甘いも分かりきっている四季映姫様らしい
一種の「優しさ」なのかもしれないですよね・・・

そうした幻想郷内での「事前通告」というか・・・要は・・・お説教活動(?)というのは・・・
既に「地獄行き」が濃厚な人間・妖怪にとっては・・・
まさしく・・・はた迷惑というかありがた迷惑な話なのかもしれませんよね・・・
四季映姫様が、「そう、あなたは・・××過ぎる・・」みたいなセリフを言われたとしたら、それは・・・
とてつもなく「長いお説教」の始まりとの事なそうですね・・・
ま・・・妖怪にとっては、四季映姫様がそこにいるというだけで大変居心地が悪いとの事で、
四季映姫様が休暇中に幻想郷に出現したと同時に・・・
どんな妖怪も・・・あの八雲紫(ゆかりん)すらも・・・
ぱー――――ッと姿を隠すと言いますから、
真っ当に生きる人間にとっては、これほどありがたい閻魔様はいない・・・という事なのかもしれないですよね。
ま・・・確かに・・・
四季映姫様は、非情に説教臭く・・またそのお説教がとてつもなく長いし、
ま・・・確かに間違った事は言ってはいないのですけど、
ちと・・・近寄りがたい雰囲気はありそうですよね・・・

だけど、それも・・・・その①で述べた通り四季映姫様なりの「慈悲」に由来している事なのかも
しれないですよね・・・

果たして四季映姫様は・・・・妖怪とか幻想郷内の住民にどんな事を説教するのかな・・・・??

例えば・・・・

霊夢だったら・・・「そう、あなたの神社はあまりにも信仰心が無さすぎる・・」

うどんげちゃんだったら・・・「そう、あなたは愚痴が多すぎる・・」

てゐだったら・・・「そう、あなたは告げ口と策士振りが目に付きすぎる・・・」

さとり様だったら・・・「そう、あなたは引きこもりが過剰すぎる・・・」

阿求ちゃんだったら・・「そう、あなたは毒舌が過ぎる・・」

そんな感じで色々とお説教&お小言しまくりなのかな・・・??

ま・・・四季映姫様はチルノに対しても色々と苦言を呈されているのですけど、チルノはまさに馬耳東風状態なのかな・・?
ミスティア・ローレライに対しても色々と通告しているのですけど、ミスチーは鳥頭ですので、
ありがたいお説教も数分後には・・記憶の片隅にも無い・・・という感じなのかも・・・?
ルーミアに色々とお小言を並べたとしても・・
全て「そーなのかー」と逆に切り替えられてしまわれそう・・・(苦笑・・)
サニーミルクに色々とお説教したとしても・・
「あの・・・私たち・・自然現象から発生したあくまで妖精ですので、死後の世界は関係ないのですけど・・」と
逆にツッコミが入りそう・・・

その①でも書いた通り、幻想郷内でもしかして最強の妖怪とも言える八雲紫(ゆかりん)あたりでも
四季映姫様は苦手なようですね・・・
ま・・・確かに話は長いしね・・・(笑)
一つの存在とひとつの存在の間にある「すきま」というものを自由自在に潜り抜けるゆかりんにとっては、
ある意味そうしたアバウトさが一つの魅力であり、
ゆかりんにとっての「選択肢」というものは無限大にあるものと思われるのですけど、
何でもかんでも白黒つけてしまい絶対的な価値基準は「私が正しく感じるか感じないか」の四季映姫様との
価値観は・・・
ま・・確かに水と油という感じなのでしょうね。

もしもですけど・・・

紫があの世に旅立ち、四季映姫様のお裁きを受ける際の判決は・・・どうなってしまうのでしょうか・・・?
なんかとてつもなく興味がありますね。







2009051713512133e_convert_20160419201327.jpg



これは、最近何気なく発見した東方の二次創作の中のお話でしたけど、
幻想郷・冥界・月世界など・・・全てを手中に収めたゆかりんが「今度は地獄を手中に収めよう・・」と思い立ち
地獄の最高裁判長・四季映姫様に戦いを挑み、
最初は・・「なにこれ・・こいつ楽勝だ・・!!」と思った中・・・四季映姫様の前に完膚なきまでに叩きのめされて惨敗・・・
ゆかりんは半分意識朦朧状態でとある「幻想」を見ることになります・・
その幻想とは・・・
ゆかりん自身が地獄に叩き落され、
あのゆかりん自身がこの世のものとは思えない絶叫をしてしまう程のすさまじい拷問と責苦を味あわせられ、
「あの時、こいつに勝負を挑みさえしなければ・・」と薄れいく意識の中で
感じていたものでした・・・

そして・・・

「ゆかり様!、ゆかり様!! 大丈夫ですか・・・何か悪い夢にでもうなされていましたか・・・?」という
藍の声で目覚め
はっ・・と我に返ったところで物語が終わる・・みたいなストーリーだったと記憶しているのですけど、
なんかこの二次創作上では、あのゆかりんすらも超越する力を四季映姫様がお持ちという事になっていて、
それも・・意外と「ありなのかな・・」とも思っています。

最後に・・・

このブログにおいては結構頻繁に登場する阿求ちゃんなのですけど、
阿求ちゃんはこれまで何度か書いている通り、初代阿一から数えて9代目の生まれ変わりです。
だけどこうした転生と前世からのある程度のうっすらとした記憶を保っているという特殊能力は、実は、
短命という宿命と一旦死亡後は地獄の閻魔にお仕えすることで
次回の転生と次回転生した際の肉体を用意して貰うみたいな一つの約束事に由来しているのかもしれません。
転生が不完全なのか、転生による過剰な知性が負担となるのかは今一つ不明なのですけど、
どの転生体も・・2代目から8代目までの阿一の生まれ変わりは、30年前後しか生きられず、
そして次の転生までの100年あまりは地獄の閻魔の下で働くという事になっています。
あれれ・・・
という事は・・
9代目の阿一でもある阿求ちゃんは、現在の幻想郷を担当されている閻魔様と言うのは
この四季映姫様ですので
阿求ちゃんは、その短い寿命ののちは・・・四季映姫様に100年近くお仕えするという事になるのでしょうね。
あ・・・そっか・・・
だから「東方求聞史紀」においては、あれだけ色々なキャラに対して毒舌を吐きまくり激辛コメントを連発しているのですけど、
その中で阿求ちゃんは四季映姫様に関しては・・・
かなりというか・・すさまじいぐらいの高めの評価をされているのですよね!!
既に・・自分の「死後の世界」をわかっているという事なんでしょうね・・(笑)
ま、確かに・・・聖白蓮やナズーリン・サニーミルク・レティなどに対する毒舌はどこへやら、
四季映姫様に対する阿求ちゃんのコメントは
「人間にとってこんなありがたい御方はいない」とか
「確かに話は長くてお説教くさいけど、我々のために言っている事であるので、ありがたくそのお話は
傾聴しよう・・」みたいな感じですからね・・・
うーーん、阿求ちゃんはやっぱり世渡り上手なのかな・・・(笑)

だけど・・・

四季映姫様から「小野塚小町がサボっていないかチェックして!!」みたいな事も命令されて・・・
その場合、こまっちゃんとしては「いい迷惑・・・」みたいな話になってしまうのかも・・・・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2854-56e43f6d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |