プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「魔法つかいプリキュア」が放映開始となり間もなく三か月が経過しようとしていますが、
今作の感想を一言で述べると・・・

とにかく分かりやすい!!」

これに尽きると思います。

そうですね・・・・感覚で言うと「スマイルプリキュア」みたいな路線に近いのかな・・・とも感じます。
ドキドキでシリーズ初の「メンバー全員優秀&聡明」という快挙(?)を成し遂げ、必然的にレヴェルの高いストーリーを
展開させ、
ハピネスで、これまた初とも言えるメンバーの中に「自己愛と自己に対する信頼性がいく分弱いプリキュア」を登場させ、
特に後半に行くほどその主人公のメンタル面の弱さを「これでもかっ!!」と抉り出した
あまりにも凄まじく印象に残る不滅の名作を生み出した半面、さすがに・・・「プリキュアのストーリーとしては難解すぎるかも・・」
みたいな疲労感も若干感じさせ、
前作においては、メンバー全員があまりにも優秀すぎて逆に鼻についてしまう・・・みたいな感じもあったのですけど、
「魔法つかい」は、ドキドキから姫プリで少し続きすぎた「面倒くささと精神年齢高めの設定」みたいなものが
ほぼ皆無で、純粋に「見ていて楽しい!!」みたいな要素で満たしているのは
私はこれは逆に大正解だと感じています!!
前作なんかは・・・夢とか目標が過剰に提示され過ぎていて、
見ていて・・・正直・・・疲れるシリーズでした・・・
(このシリーズの終結部において、このブログで感想記事を書かなくなったのは、この辺りに原因が
あるのかも・・・・ま・・それはあくまで私個人の感じ方であり、少なくとも一般的な見方ではないと思いますけどね・・・)
そうした中において、今作の「魔法つかいプリキュア」は文句なく見ていて楽しいです!
難しい事を何も考えなくても、下手な屁理屈こねくり回す必要もほぼ皆無で
純粋に「プリキュア」そのものを・・・・
みらいとリコの二人の関係を特に難しい事を考えずにじっくりと楽しむことが出来ていると思います。
いや――、こういう「楽しむ」という事がまさに・・・
プリキュアを見る一つの「醍醐味」なのだと思います。
勿論・・プリキュアには色々な楽しみ方はありますし、
昨日記事にしたような「アンラブリー」みたいな一連の流れを真摯に受け止めて見ざるを得ないという
大変重たい楽しみ方もあるのですけど
こうやって何も考えずに純粋に「楽しむ」という行為が一番何か・・・安心感があるというのか尊いと感じるのは
果たして自分だけでしょうか・・・・?
そうですね・・・・
みらいやリコと一緒になって・・・部隊が魔法界からナシマホウ界に移っても
果たしてこの二人は今後どんな事をしでかしてくれるのか・・・
リコちゃんは果たして今週はどんなポンコツな事をやらかしてくれるのか・・・
どんな突拍子もない話が飛び出してくるのか・・・・
そういった事を難しい理屈を抜きにして純粋に楽しめるシリーズが今作なのだな・・と改めて感じていますし、
正直・・前作で一旦少し後退気味であった「プリキュア愛」が怒涛の復活の様相を呈させて貰っている
今作の「魔法つかいプリキュア」には・・・・
私は「感謝」の気持ちしかないですっ!!







さてさて・・・

前回の話の流れからすると、もしかして教頭はこのまんまナシマホウ界滞在・・・?とも思ったのですけど
たまーに監視にくる程度っていう感じですね。
いや―――、よかったです!!
あのポンコツリコちゃんが教頭との二人暮らしを免れることが出来て・・・!!
これて晴れて・・・
フレッシュ以来となる「プリキュア同士の同棲生活」が実験できました!!
それと・・教頭のあの雰囲気は・・・厳格な教師そのものですので、これでみらいの両親の信頼度もググッとUPし
無事にリコちゃんの同棲が認められたような感じすらありましたね。
それにしても・・・みらいのママさんは相変わらずお美しいですね・・・!!
リコちゃんのこのナシマホウ界での仮の姓も・・・まさかまさかの・・・「十六夜」に決定しましたしね・・・
ま・・この姓に関しては、今回の記事以前でいろんなところで既にグタグタ書いていますので重複は
避けますけど、
やっぱり・・・「十六夜」という姓は、東方Projectにおける完璧なメイド長の十六夜咲夜さんみたいなイメージが
大変強いのですけど、
今後は・・・
そうですね・・・
リコちゃん!! 私ももっともっとそんなポンコツなあなたを一年間精一杯応援させて頂きますので、
この一年間で是非是非・・・
「十六夜と言えば東方の咲夜さんだけど、同じくらいプリキュアのリコちゃんだって素晴らしいよねっ!!」と
多くの人たちから認知されるように
是非是非頑張って頂きたいと思います!!
ま・・・間違っても・・・ナイフをぶんぶんとぶん投げたり、時間を止めたりは・・・しないでね・・・(笑)
あれれ・・・そうなるとリコちゃんの「姓」の名付け親は・・みらいという事になるのかな・・・?
ちなみに・・・咲夜さんの場合は、名付け親はあの吸血鬼のレミリアおぜうさまですけどね・・・

多分ですけど・・・みらいのおばあちゃんは・・・元「魔法使い」だと思います!!
なんか・・・
今回のあの雰囲気で・・・・「多分そうだろうな・・」と確信しました・・・
もしかして・・・
最終決戦前夜辺りにその正体をお披露目してくれるのかもしれないですよね。

それにしても・・・・魔法学校の制服も可愛いけど
ナシマホウ界の制服もとってもとっても可愛いですね!!
プリキュアは、ハピネス・ドキドキ・SSみたいなセーラー服も実に素晴らしいのですけど
こういうリボンが付いたブレザーもとっても可愛いですね!!
みらいもリコも二人ともとってもよく似合っていたと思います!!
ま・・・リコちゃんにとっては・・・プリキュアでは恒例とも言える「転校初日の何かやらかし・・・」は・・・
早速ですけど・・・
「遅刻寸前・・!!」という事で早くも頭角を現し、あんだけ教頭から人前で魔法を使うな!と釘を刺されていたのに
早速ホウキに乗って登校してしまい、
それをクラスメイトに早速目撃されてしまうという事に落ち着いてしまいました・・・

リコちゃんは確か前日・・・

「「こっちの学校なら苦手な魔法の実技がない!」
「成績トップは間違いないわ!」

とか何とか言っていましたけど、それって・・・「魔法使い」にとっては・・致命的な間違いなようにも聞こえるのですけど、
ま・・・今回は・・・・
転校初日ですので聞かなかった事にしておきましょう・・・・(笑)


fa2c82cb_convert_20160419180020.jpg


それにしても・・・今回のお話はある意味モフルンが主役なのかもしれないのですけど、
そうですね・・・
何となくですけど「はーちゃん」の存在感が光っていたような気がしますね!
リンクルストーンが校庭に落ちていて、それをガメッツから守ろうと必死でモフルンなりに戦っていたのですけど、
はーちゃんが、あんな小さくて何もできない妖精なのに・・・
とにかく必死でみらい達の教室に辿り着いて、窓から必死に「助けて!!」とコールしていた姿はとても
素晴らしかったですね!!
この後、はーちゃんは、ガメッツの攻撃からモフルンを助けるためになんと・・・!!「バリア」まで張ってしまうのですけど
あれを見た瞬間・・・
「うーーん、はーちゃんは・・・後日3番目のプリキュアになったとしても、初代【MH】のシャイニールミナスのように
戦う事はしないで防御とプリキュア達へのサポートが主な役割になってしまうのかな・・」とも
感じたものでした。
ま・・・シャイニールミナスのバリアは鉄壁で、アニメ本編でも映画でも今までこのバリアが敗れた事は
一度もありません!!
もしかしたら・・・・はーちゃんは、いずれ・・ルミナスみたいな防御とサポート専門のプリキュアになるのかな・・・と
ふと感じたものでした・・・



5a9bcc90_convert_20160419175537.jpg


a0b6c3d5_convert_20160419175853.jpg


それにしても・・・・

今回初お披露目の「トパーズスタイル」ですけど、
ガメッツは気を利かして配慮してくれたのか「不思議な恰好」の一言で済ませていましたけど、
「おいおい、もう少しツッコんでやれよ!!」とガメッツに言ってやりたい気分ですね・・・(笑)
ダイヤ・ルビー・サファイアは正統派みたいな感じでしたけど、このトパーズだけは、随分とトリッキーというのか
すさまじい変化球で攻めてきましたよね!!
ま・・以前からこのいでたちは分かってはいたのですけど、こうやってアニメ本編で実際に動いている姿を見ると
やはり相当インパクトは大きいですね!!
ま・・・ミラクルの「キャンディー」は分かるとして・・・マジカルの「頭の上のプリン」は・・・
うーーんやっぱり何か笑ってしまいますよね!!
だけど、これってマジカルがやっているから全然違和感ないですよね。
あの格好をもしもですけど・・・ムーンライトとかエースとかダイヤモンドとかマーメイドがやったとしたら・・・
なんか思いっきりドン引きされてしまいそう・・・・(苦笑・・)
でもなんかマジカルの頭の上の「プリン」って全然違和感ないのですよね・・・(笑)
あれこそ・・まさに・・・スイートプリキュアではなくて、スゥィートプリキュア・・つまり「お菓子のプリキュア」みたいな感じですね!
あ・・・あのプリンは・・・プリキュア5のレモネードが装着しても全然違和感がないのかも・・・・!!

それと・・・ミラクルの「ハンマー攻撃」は最高ですっ!! あれ・・自分も一度あれで誰かをぶん殴ってやりたいです・・・



7d293dc5_convert_20160419175613.jpg


2695004f_convert_20160419175758.jpg



やっぱり・・・歴代プリキュアの法則通り「黄色」は厚遇されますよね!!

なんか・・・ダイヤ・サファイア・ルビーとは優遇振りが違いますもん!!

そしてこの「トパーズスタイル」ですけど、すごいのは・・・・
足場になったり盾になったりと「防御」の役割を果たすと同時に
マジカルのブーメラン、前述のミラクルのハンマーと「攻撃」の機能も持っていますから、
なんかこのフォームが「最終形態」と言っても十分通用しそうな感じもありますね・・・・

「プリキュア・トパーズ・エスペランサ!」という二人の合体技も凄かったですが、
何となくですけど・・・
今回の話が今までの話の中では
「一番魔法を駆使しているなぁ―――!!」みたいな感じが濃厚でした!!

ガメッツの「 「いで立ちにまどわされたわ!」という敗戦の弁は・・・・
「まさにその通り!!」という感じですね・・・・(笑)



31cf9270_convert_20160419175643.jpg


最後で・・・はーちゃんはかなり大きく成長し言葉も喋るようになりました。

この成長したはーちゃん、とっても可愛いですね!!

これは・・・将来プリキュアになったとしても、かなり期待が出来そうなのかも・・・??

同じ妖精でも・・・・東方の「サニーミルク」みたいなポンコツ妖精ちゃんとは少し違うのかな・・・??
ま・・サニーミルクは、日本酒をグビグビと一升瓶空けちゃうくらいの「大人」ては既にあるのですけどね・・・(笑・・)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

仮の名は十六夜リコ、そして…。

リコが名乗る「十六夜」といえば、ニンニンジャーの敵幹部「十六夜九衛門」がいました。しかもこの九衛門は中の人がひめと同じといいます。
リコがみらいの家に居候するところ、確かにラブとせつな以来のことです。
みらい、リコが纏ったトパーズスタイル、もし亜久里が見たら大喜びしそうなフォームでした。みらいとリコが箒で飛ぶところをクラスメイトの勝木かなに目撃されるのですが、かなは後ろ姿しか目撃していないようです。もしはーちゃんが成長し、仮にプリキュアになるとすればくるみ(ミルク)以来となります。

トパーズスタイルは確かに・・・

鎌倉快速  様


トパーズスタイルのあのお菓子のいでたちは確かに亜久里が見たら大喜びしそうですね!

まさか頭に「プリン」とはまさに亜久里もびっくりという感じしたね。

はーちゃんは是非プリキュアになって欲しいと思いますけど(キュアフェリーチェと言う名前が既に出ていますね・・)
ミルクみたいな性格ではない事を祈りますが
多分、それは大丈夫のような気がしますね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2853-cfeedefe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |