プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
1位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


今作の「魔法つかいプリキュア」ですけど、珍しく今のところ「黄色系」のプリキュアが
未登場ですね。
黄色系が追加戦士という事例は、サンシャイン・ミューズ・ハニーがいましたけど、
果たして今作は黄色系の追加戦士は登場するのかな・・・?
何となくですけど・・・
別にこのまんま、ミラクルとマジカルの二人だけでいいじゃん・・
追加戦士があるとすれば・・・・はーちゃんというか・・キュアフェリーチェだけで十分じゃない・・・・??みたいな
感じもあったりもします。
ま・・・この「追加戦士」とか今後の「プリキュアの予想」というのは・・・そうですね・・・
過去の経験から言うと、予想があんまり当たったためしがないという感じですね。

だけど、私としては別に黄色系・赤系・青系であろうとなかろうと追加戦士が今後出てこようとこなかろうが
今現在の戦士のミラクルとマジカルがとっても気に入っていますし、
二人とも大好きですので、
今年に関しては・・・・
「別に追加戦士が出てなくてもそれはそれでありじゃないのかな・・」とすら思っています。
それに今作のプリキュアは、ハピネスもびっくりの「フォームチェンジ」が色々と出ていますし、
トパーズスタイルは、まさに「黄色」そのものですからね・・
そうそう・・・
リコちゃんは今回ついにナシマホウ界の学校に無事に転校してきましたけど、
リコちゃんのナシマホウ界での「仮の氏名」は・・・
なんと・・!!
「十六夜リコ」なんですよね・・・(笑)
ま・・・・これは・・・
このブログでも最近頻繁に登場している「東方Project」に登場する屈指の人気キャラであり、同時に
大変優秀&有能なメイド長の「十六夜咲夜」と
姓が被ってしまっているのですけど、
そうですね・・・
なんか色々な人たちから、ま・・・私も含めて・・・・
「咲夜さんは極めて優秀なのに、それに比べてこっちの十六夜さんは・・・・うーーむ・・・」
みたいなネタがあちこちが横行しそうな予感もあったりしますね・・・(苦笑・・・)

ま・・・とにかく・・・・ポンコツな十六夜リコちゃんを私は・・・今年は精一杯応援をさせて頂きたいと思います!!
まさかと思いますけど・・・
今後の十六夜リコちゃんは、「魔法使い」として、時間を止めたり、ナイフをぶんぶんぶん投げたり
どっかの吸血鬼のおぜうさまにお仕えするという事は・・・
ある訳ないですよね・・・(苦笑・・・)
それよりも、今回の魔法つかいプリキュアを見て確信したことは、みらいのおばあちゃんは、
間違いなく、「魔法学校」の卒業生ですね!!

ドキドキのキュアロゼッタ以前の黄色系プリキュアというとサンシャインを除くと
「あざとい」とか「明らかに受けを狙っている・・・」というキャラが多かったような気もしますし、
それをとことん極めたのがスマイルの「キュアピース」なのかもしれませんよね。
だけどそうした黄色系のイメージを打破したのが
キュアロゼッタという感覚が自分の中ではありますね。
ま・・・確かに「黄色系プリキュア」というと、勿論、サンシャインとかミューズのように
極めて優秀でお強い御方もいたのですけど、やはり全体としては、マスコットとかあざといみたいな印象が強いような気も
するのですけど、そうした「黄色=あざとい=ポンコツ」みたいな従来の概念を完璧にくつがえしたのが
キュアロゼッタであり、やはりロゼッタの歴史的意義は相当大きいと思いますし、
ま、その辺りが・・・私の「大好き黄色系四天王」の一角という理由を立証していると思います。

「ハピネスチャージ」のハニーも、従来の黄色系の枠には収まりそうもない
中々一筋縄ではいかないところもありますし、そうした流れを決定づけたのが、
そう・・!!言うまでもなくキュアトゥインクルなのだと思います。
だけど、そうした流れを導きだした先駆者でもあるロゼッタの存在意義は相当大きなものがあると思います。

ドキドキは、ハートとダイヤモンドという二大ヒロインがでーんと構えていますし、それに
まこぴーとエースが控えている盤石の体制が出来ている中で、ロゼッタと言うと
確かに全体的な印象は「控えめ」という感じもなくはないのですけど、
要所要所で引き締めてくれている大事な役割も持っていたと思いますし、
5人の中では一番「大人」という印象がありました。

それを象徴していたのが、まこぴーがマナ達の学校に転校してきた第10話なのかな・・・

第10話は、マナを巡る他の三人の関係が、丁寧に描かれてていて、
真琴の視線から見た「マナと六花の関係」
六花の視線から見た「マナと真琴の関係」が
各々の立場から心理描写がされている点はかなり芸が細かいと思いますし、
歴代プリキュアシリーズでもこうした心理描写的側面が少なかっただけに非常に興味がありました。

要は、幼馴染でもあるある「マナ=六花」の関係に
新しく入ってきた「真琴」の存在に対して六花が「焼きもち」の感情を抱いてしまったという事
なのですけど、
これは「友情」をテーマにしたアニメ・漫画では比較的よく出てくるパターンでしょうけど、
プリキュアシリーズではありそうでなかった事なので、何か新鮮に感じたものでした。
六花としては、「マナは自分の大切な友達、おせっかい焼きで周りのトラブルに平気で首を
突っ込んでいくマナのフォロー役が務まるのは自分だけ」と思っているだけに
真琴が突然二人の間に割り込んでくるという事は、例えプリキュアとしての仲間が増えたにしても
マナが以前から「まこぴー」のファンである事を考慮しても何か面白くないという感情が湧いてくるのも
仕方がない事なのかもしれません。

ここで大事な役割を担っているのがありすの存在・・・

現在の「マナ=六花」の関係に新たに入り込んできたのがまこぴーだったのですが、
そのずっと以前に同じ感情を抱いていたのが「ありす」だったのかもしれません。
ありす自身も「本当は、もっとマナと六花の間に割って入りこんでいきたい。だけど無理にそうして
しまうと、六花自身に悲しい思いをさせてしまう・・・そうなるのであるならば、自分は
一歩引いたところで、マナと六花の関係を眺めていて、三人での友達関係を維持したい」と
思っていたのかもしれません。
というか、きっとそうなのでしょう。
車中での六花の様子から、既にありすは全てを悟っていたのでしょう・・・

ありす自身も以前は、「マナ=六花」の関係性に嫉妬の気持ちを抱いていた時期があったのかも
しれません。
だけどありす自身は、おそらくは早い段階からそうした「嫉妬」の感情を乗り越えていた・・・

それゆえに
「友達を独占したいと思う気持ちは誰にである。自分にもある。だけどそういう気持ちを利用する
ジコチューは絶対に許せない」の発言は
かなりの説得力がありましたね。

振り返ってみると、
ドキドキを見ていて、この瞬間が自分がありすに好感を持ち、
(当時はハニーは存在していませんでしたけど)「歴代黄色系ではロゼッタが一番!!」と感じた
瞬間でもありました。

とにかくこの第10話は際立って大好きな回でした。

上北ふたご先生のなかよしで連載中の漫画版「プリキュア」は、
よく「もう一つのプリキュア」なんて言われますけど、
私も全く同意見です。
アニメ版・原案を決して崩すことも無く、ほぼ原案に忠実に、しかもあんな短いページ数で
基本ストーリーをこなしながらも
部分部分で上北先生の考えをきちんと表現されている点は
「凄すぎる・・・」としか言いようがありませんし、
よくここまで「もう一つのプリキュアの世界」を構築できているものだと毎回毎回感心しています。

歴代では、
特に「フレッシュプリキュア」のラブとイース(せつな)の描き方が
とにもかくにも凄まじかったです・・・・
あれは「幼児用漫画」の世界ではありませんね・・・・
ほぼ「百合キュア」の世界ですし、
部分的には「R15」指定でも異論がないほどですね・・・・・(苦笑・・)

前述のマナとまこぴーを巡る「六花のやきもちとそれをフォローするありす」についての
上北先生の漫画も見た事がありますけど、
基本的な流れはアニメ版と似ている面はあるのですけど、
ここでも上北先生らしさが遺憾なく濃密に描かれていて、
自分なんかは、こちらの「もう一つのプリキュア」も大好きです!!

六花とありすの会話をピックアップしてみると・・・・

六花:分かっている・・・、マナは一生懸命まこぴーを喜ばせようとしただけ・・・

ありす:六花ちゃんはすごく強い子

六花:ダイヤモンドだって傷つくのよ・・・

ありす:そうですね・・・ダイヤは地球上で最も硬い物質。ダイヤ以外にダイヤを傷つける事は出来ない。

六花:わたしを傷つけたのは「わたし」って事・・・??

六花:私が勝手に想像して、勝手に嫉妬して、自分自身で自分を傷つけてしまった・・・・
    お見通しね、ありす・・・・ありがとう・・・

ありす:透明度の高い内側から溢れ出る強い輝き、それがダイヤの魅力

六花:もうダイヤモンドを傷つけない・・・キラキラ輝かせたい! 自分自身で・・・!!

いやー、でもこの二人の会話のレベルは凄まじいものがありますね・・・・
結果的に六花はその後、
「自分自身のために頑張りたい、だけど今回の一件で一番大きな発見は、
 マナ、あなたが大好き!!」という発言もしていますけど、
それを踏まえて、アニメ版の「マナりつ」も良かったけど
上北先生版の「マナりつ」もその上を行く熱いものがありました!!







さてさて・・・

上記の「キュアロゼッタ」のとっても素敵なイラストを描かれた絵師様は、
そう・・・!!
言うまでも無く当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人をされているアミグリ様が
2013年に描かれたものです!!
アミグリさんというと、こちらのブログにおいては「東方カテゴリ」の中で、毎回毎回素敵なイラストを使用させて
頂いており、
そうですね・・・・
アミグリさんというと、「とっても素敵な東方絵師様」というイメージが自分の中にはあったりもするのですけど、
いやいや!! そんな事はありません!!
最近でも、アミグリさんが描かれた「だがしかし」のほたるちゃんを掲載させて頂きましたが、
東方以外でも、艦これ・オリジナル・ニセコイ・ごちうさ・凪のあすからなど色々なジャンルで
素敵なイラストを発表されていますし、
実は・・・「プリキュアシリーズ」でもいくつかとっても素敵な作品を掲載されています。

このアミグリさんが描かれた「キュアロゼッタ」ですけど、ロゼッタの変身時の口上の
「陽だまりポカポカ」をまさに・・・絵に描いたような感じがしますよね!!
全体的にとっても「あたたかさ」が感じられ、ごちうさではないけど、なんか「心ぴょんぴょん・・」みたいな気分になってしまいそうな
とっても素敵な一枚だと思います。

これは以前も書いた事があるのですけど、
私が2012年頃にアミグリさんの作品とか名前を知るようになったきっかけというのは、
多分ですけど、アミグリさんがpixivに投降された「スマイルプリキュア」だったような記憶があります。
その辺りは今一つ確証が持てないのですけど、
とにかく・・・
「プリキュア」を一つのきっかけにして、アミグリさんが描かれる作品とかアミグリさんのブログを
拝見させて頂くうちに
「東方Project」の事が色々と気になってしまい、
それが・・・現在にまで至っているという感じなのです!!
だから、私自身の「東方」へ興味を持つきっかけは、100%アミグリさんなのです!!

この事は・・・・本当に生涯、感謝しても感謝しきれないものがありますし、
アミグリさんに対しては「ありがとうございますっ!!」という感謝の気持ちしかないです!!

最後に・・・・

先ほどちらっと話が出ましたけど、

アミグリさんが2012年9月に描かれた「スマイルプリキュア」の5人全員の集合絵を
ご覧になりたい方は・・・是非是非こちらをクリック!! → スマイルプリキュア/集合絵
本当に全員とっても可愛いですね!
特に特にハッピーとビューティさんは素晴らしいです!!
5人全員の特徴と雰囲気が実に鮮やかに描き分けられているのが実に秀逸だと思います!!

そして・・・・

こちらの星空みゆきもとってもとっても可愛いです!!
東方の光の三妖精の一人のルナチャイルドの巻き髪を彷彿とさせる
あの「チョココロネ」みたいな髪型がとにかくキュートです!!

このみゆきちゃんをご覧になりたい方は、是非是非こちらから・・・ → スマイルプリキュア/星空みゆき
みゆきちゃんの制服がとっても可愛いです!!

アミグリさん!! 本当にいつもありがとうございます!!

これからも、東方・艦これ・オリジナルはもちろんの事、色々なジャンルにも果敢にチャレンジして頂き、
私達を楽しまさせて頂きたいと思います!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

イラストを素敵に紹介していただき、嬉しいですっ!!

キュアロゼッタのイラストを紹介していただき、ありがとうございます。とっても素敵に紹介してくださり、ごちうさではないのですけど、心がぴょんぴょんしました!!

スマイルプリキュアの集合絵と星空みゆきの記事も紹介してくださり、とっても嬉しいです。

これからも、東方・艦これ・オリジナルはもちろんのこと、新しいジャンルにもいっぱい挑戦していこうと思います!!

実はですね、今ですね、群馬テレビで、ですね。
ドキドキ!プリキュア、放映中、なのです。
で、見てます。
次回で、六花ちゃん、なるみたいです、プリキュアに。

みらいちゃん、お友達、いっぱいみたいなので。
リコちゃん、ぽんこつなのは、不動なのかな~、て思いました。
頑張れ~、リコちゃん~

でも、これから、みらいちゃん、掘り下げるのでしょうか?
おばあちゃん、キーポイント、なのでしょうか?
あ~、気になる~
続きが、楽しみですよ~♪

かしこ

アミグリさんは「プリキュア」も素敵ですっ!!

アミグリ 様


改めてですけど、あの「キュアロゼッタ」は完璧な仕上がりでとっても可愛かったし、
何よりもあの「温かい雰囲気」がとっても心地よかったです!!
今作の「魔法つかいプリキュア」のメインキャラの二人はいかにも「可愛い美少女・・!!」という感じですので
アミグリさんの作風にピッタリと合うのかも・・・??

これからも、東方・艦これ等も含めて
無理のない範囲でマイペースで素敵な作品を私達に提示して頂きたいと心から願っています!!

本当にいつもありがとうございますっ!!

ドキドキプリキュア

みかんゼリー 様


わーー、群馬テレビは「ドキドキ」を再放送中なのですね!!
(ちなみにテレビ埼玉も先日ドキドキの再放送が開始されました!)
ドキドキは、歴代では大変珍しい設定と言うか、メンバーがほぼ全員優秀で聡明という
大変斬新な設定がされています。
特に特に・・マナと六花のコンビは、もーーー最高!!としか言いようがないのですけど、
時折やきもちを妬く六花でとってもとっても可愛かったです!!

みらいは、家族からも友人からもクラスメートからも、そして・・・制作者スタッフからも(?)
誰からも愛されちゃうタイプなのかもしれないですよね。
とにかく、私としてはみらいもそうですけど、やはりポンコツ気味なリコちゃんを精一杯応援させて
頂きたいと思います。
多分ですけど・・・
みらいのおばあちゃんは間違いなく、元・魔法使いだと思います・・(笑)
一度ぐらいはホウキに乗るのかも・・??

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2845-d5a276ef
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |