FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


その③の続きです・・・

前回のその③にて・・・

「三途の河なのですけど、
死者によって実は「河幅」が異なるみたいですね。
その長さというのは、そうした小町のような死神に渡す「渡し賃」の多いか少ないかによって
決まるとの事です。
つまり・・・大金であればあるほどその河幅は短くなるとの事です。
こうやって書いていると、「あれれ・・それって地獄の沙汰も金次第ってことなの・・・?」と思われがちですけど
実は違います。
渡し賃というのは、死者の全財産であり、その全財産というのは、いわゆる「金銭」ではなくて、
一つの「徳」という感じなのかな・・・?
つまり・・・
生前、親しくしてくれた人たちが本当にその人のためを思ってどのくらいのお金を使ってきてくれたのか・・・というお金の
合計がその「全財産」という事なそうですので、
要は・・・・「生きたお金としての価値の尊さ」という感じなのかもしれないですよね。
何て言うのかな・・・「お金はあの世にもっていけない・・」という事なのですから、
お金というものは・・・生前において、本人の為にも・・・他人に広く分け与えるという意味でも
そんなケチケチ貯め込まないで
「お金は使う事にこそ価値がある・・・」みたいな考えの提示という事なもしれないですよね。
うーーん、やっぱり東方の世界は奥が深いです・・・」

みたいな事を書いたのですけど、やっぱりこの辺りはとっても面白いですよね!

前述のとおり、お金なんていう「現生の毒薬」みたいなものは決してあの世には持っていけるものではないし、
ましてや現世での「貨幣価値」みたいな価値基準というものは、あの世においては通用するものではありません。
だから・・・
「お金」というものは「生き金」というのか、この世で使うからこそ意味があるという事なのでしょうね。
「お金は天下の廻りもの」という事ですから、
自分の為にだけ使うのではなくて、他人のため・・・困っている人のためにも使うからこそ意味がある。
そして、そうした他人のために使ったお金というのがいずれ・・・
またまた自分にも返ってくる・・
だから、そんなケチケチしないで、お金がある時は、決して「無駄遣い奨励」という訳ではないのですけど、
「誰かのため」に使った方がいいのかもしれないですよね。
それが・・
現代社会で既に一つの大きな問題になっている「格差社会の是正」という事にもつながると思うのですけどね・・
勿論、現世で莫大な富を有している人の考えでは
「そんな・・俺が一生懸命努力に努力を重ねて、勉強を重ねて・・結果的に築いてきたこの財産を
誰にも邪魔されないで貯め込んで何が悪い!!
これはオレの金なんだぁーーー!!」という事なのかもしれないですけど、
お金なんてものは・・・自分一人で使えるのはたかがしれている・・
それだったら「分配」というか・・きちんと「高額所得者はそれ相応の税金を払う」とか「寄付」みたいな形で
社会に還元した方が、いずれは、社会全体に冨が行き渡り、
そうした事は必ず本人自身の「更なる富」にも繋がっていけるし、
結果的に・・・「情けは人の為ならず・・」ではないけど、
他人のために使ったお金というのはいつかは「自分自身」にかえってくると思うのですけどね・・・
そんなケチケチため込んだり、内部留保したって、一向に世の中全体の景気回復には役立たないと
思うのですけどね・・
ま・・・それが出来ないのは人間の「業」であり、人間らしいところではあるのですけどね・・・

だけど、東方の「あの世」の概念はこの辺りはバッサリと斬り捨てているのは大変興味深いものがあります。

「地獄の沙汰は金次第」って事は絶対にない・・
この世のお金に関する価値基準は一切通用しない・・・、否! その概念を小野塚小町に持ち込むと
えらい目にあってしまうというか・・
万一・・・そうした渡し賃をこの世での概念同様に渋ってしまうと・・・
三途の河すらも越えられず、自分は地獄に行くか冥界に行けるか・・・という閻魔様のお裁きすら受けられずに
小町によって船から叩き落され、川の中の化け物魚たちに食われてしまい、
永遠に彷徨い続けるというのは、
この世の「金の亡者たちの無慈悲」を見るたびに、逆に胸がすかっとするものがあったりもしします。

そうそう・・・

東方の世界においては、現在、地獄の世界では色々と問題が山積みという感じらしいですね。

それが・・・・「地獄へ叩き落される者たちが増加し、地獄の収納人数が限界に達している」という事に付随する
さまざまな財政問題・管理問題という事なのですけど、
それって・・・・
一番大きい理由は、言うまでも無く人口増→死者の増加という事だと思うのですけど、
前述のように、現世における生きたお金の使い道を知らない「金の亡者たち」が激増、そして
当然ながら地獄へ叩き落される残念な人たちの増加というのが大きいのでしようね。
うん、やっぱり「お金」というものは、自分も含めてこの世に生きる者のために使ってナンボ・・・・という感じ
なのかもしれないですよね。
ま・・・とにかく、東方の世界における「地獄」は地獄に叩き落される人たちの増加によって施設拡張を余儀なくされ、
結果的に・・・・
かつては閻魔や鬼神が経営して亡者を罰する地獄という施設があったのですけど、
地獄のスリム化と言う名目で、地獄は別の場所に移転することになったのです。
施設が無くなり廃墟となった施設跡は「旧地獄」と呼ばれることになったのですけど、
この旧地獄においては、新たに移転された新・地獄にすら連れて行ってもらえない亡者の怨霊が
わんさかわんさかいたりもします・・・
そして・・・・
旧地獄跡の管理とか旧地獄のそうした浮かばれない怨霊たちの管理を閻魔様から命じられたのが・・・
そう・・・!!
私が東方の世界で愛してやまない・・・さとり様! 古明地さとり様なのですっ!!

とにかく・・・東方の世界における「地獄」というものは、飽和状態の慢性的な財政危機・・・

そんな訳で、小野塚小町が三途の河を渡る際の「舟」は手漕ぎで、
かなりの年代もので、飾りも何にも無い相当質素なモノらしいですね・・・
小町自身はこの舟の事を「三途のタイタニック号」と呼んでいるそうです・・・・(苦笑・・)
小町の上司の四季映姫様にとっても「こんなボロ舟を使用させ続けるのも、外聞も良くないし、小町がさすがに
ちょっと気の毒なのかも・・」と感じているのかもしれないですけど、
上記の通り、地獄も財政難で、とてもとても・・・死神たちの三途の河の舟を新調させるところにまで
手が廻らないという感じなそうですね。
ま・・・粋なこまっちゃんにとっては・・・・「ボロはまとえど心は錦・・」という感じで、
「てやんでぇ! こちとら江戸っ子でぇ・・・舟の見た目なんか関係ねぇー――や!!」という感じなのかもしれません。
本来は、上記で書いた通り、死者からの「渡し賃」という「お小遣い」だってあるのでしょうけど、
こまっちゃんは江戸っ子堅気だから
「べらぼうめ・・!! あたいが宵越しの金なんか持ってる訳ないじゃん!!」みたいな感じで
渡し賃の小銭をポンポンと弾幕ゲームなんかに使っちゃうし、多分ですけど・・・・その弾幕として使った小銭を
回収なんかしないと思いますから、
その「渡し賃」を貯め込んで、舟を新調!!という事はしないのは・・・やっぱりこまっちゃんらしいですよね!!
そう・・・・!!
この世でも、お金と言うものは「生き金」として天下の廻りものとして使った方がいいし、
死んだ後でも、たとえ生前の徳としてであっても持ち込めた渡し賃としての小銭は、ぱーーーっとこまっちゃんに
渡してしまった方がかえって無事に三途の河を渡れる事が出来るようになれるのかもしれないですね。
いやーーー、こういう「地獄の沙汰も金次第」て゜はない事は本当に心地がよいものですよね。
死んだ後は、生前にさんざん苦しめられてきた「貨幣経済」とか「持つものと持たざる者の格差」という事からも
すっかり解放されるこの「爽快さ」は実にいいもんですっ!!
やっぱり、東方のこういう所も実に気持ちがいいもんですし、小野塚小町のこういう「貨幣経済」の全否定みたいな感じも
逆に粋に感じるものであります。
それと・・・
そうした「徳」の多い人=渡し賃としての小銭を一杯持っている人という事だから、
本当は・・・四季映姫様が小町に指導しているように
「そうした徳が多くて小銭を一杯持っている死者を優先して、舟に乗せて、三途の河を越させなさい」という事を
遵守した方が、
前述のとおり、小町のポロ舟新調にも貢献するのかもしれないけど、
ここでも小町自身は・・・・
「いやいや・・・、徳が無くて生前に散々悪い事してきた奴らの話の方が面白い!!」という理由で
徳が積んであっても積んでなくても、渡し賃が少なくとも多くとも公平に幽霊たちを三途の河を越させているというのは
やはり尊いものがありますよね!!
とにかく・・・
三途の河を共に渡るという大変短い時間ではありますけど、その際に色々な幽霊たちの話を聞く事で
こまち自身も楽しみ、
そこで受け取った小銭も、せこせこ貯めないでぱーーーーっと使ってしまう・・・
うーーん、やっぱり小町のこういうノリは本当に素敵なものがありますよね。
こういう小町のような貨幣生活をこの世の住人達が履行していれば、「お金は天下の廻りもの」になって
世の中の景気というものは相当よくなっていくような気さえしますね。

ちなみにですけど、小野塚小町自体は大変な話好きです。
三途の河を渡るという大変短い時間なのですし、一度渡してしまった死者とはその後会うという事は多分ないはず・・・
そうした「一期一会」の場でも
「こいつにだって何か一つぐらいは滑らない話を持ってるはずだ・・・」みたいなノリで色々と生前のいい話とか
ポンコツ話とか悪行話を色々と聞き出し、
それすらも「人生の肥やし」として楽しんじゃおう・・という小町のノリの良さも本当に素敵だと思います。
ま・・・小町自身は話好きなんだけど、同時に上司の四季映姫様から日常的にお小言&お説教を受けることも
多いと思いますので、話し方が少々お説教くさいというのは・・・
ま、これは仕方がない事なのかもしれないですよね。
その②でも書いた通り、こまっちゃんは「東方三月精」においても、初対面のポンコツ光の三妖精に対しても
気さくに話しかけ、「輪廻転生」とか「翌年以降の異変の動向に関する予想」も
小町自身の考えをきちんと述べていますから、
やっぱり、この人は只の「サボり」とは一線を画する御方ですよね。
そういえば・・三月精初登場の際も粋な歌を詠んでいましたけど、あの歌もちゃんと「韻」も踏んでいましたよね!!
そうそう・・・三月精ではないのですけど、同じく東方の公式漫画の「東方茨歌仙」においては、
小町はどちらというとより「死神」らしい雰囲気を醸し出していましたよね。
上司である四季映姫様の命を受けてかどうかは今一つ定かではありませんけど、茨木華扇を監視・指導し、
時に茨木華扇を恫喝するような雰囲気は、むしろ「死神」に相応しいという感じすらありました。

こまっちゃんほど何となくですけど・・・「江戸弁」が似合いそうな人もいないような感じがあります。

「てやんでえ!」

「べらぼうよっ!」

「あたぼうよ!!」

「間尺に合わねえ」

「おっぱじめる・・」

「ところがどっこい、江戸じゃあザラにあンだよなぁ・・」

「このすっとこどっこいめっ!!」

「お前さんは・・・」

そんな小粋な江戸言葉がしっくりきそうなキャラは、東方では小野塚小町が一番似合いそうですね(笑)

話は全然関係ないのですけど、東方では「関西弁」を喋るキャラっていましたっけ・・・?
多分いなかったと思いますけど
東方キャラで関西弁が似合いそうな人って誰がいるのかな・・・?
そうですね・・・九十九姉妹・魔理沙・射命丸文・パチュリーさんあたりなのかな・・・・??







さてさて・・・・

上記のイラストですけど、

本当に当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人のアミグリさんが
2014年2月に描かれた小野塚小町です。
先日のアミグリさんのこまっちゃんもとっても可愛らしく素敵でしたけど、
こちらのこまっちゃんは、何と・・・!!
これはアナログで描かれていて、
仕上がりは「色鉛筆」との事です!!

このふんわりとした優しい色彩感が見ている人になんか「やすらぎ」を与えてくれそうなのですけど、
こういう地獄の使者ならば、
是非是非私も小町と一緒に三途の河を渡らさせて頂きたいものです!!
この「淡い感じ」がとっても大好きですし、
なんか・・・
四季映姫様から怒られた時のあの・・・「きゃん!!」のような可愛らしい悲鳴のこまっちゃんみたいですね(笑)

実はアミグリさんは、時折、こうした色鉛筆塗りのイラストも記事にされていて・・・
そうですね・・・
私としては、この色鉛筆塗りの「妖夢」もとっても大好きです。

この妖夢をご覧になりたい方は是非是非こちらから・・・ → 色鉛筆塗りの妖夢

このみょんさん・・・やばい・・・とっても可愛過ぎる・・・・!!

アミグリさん、いつも本当にありがとうございます!!

さてさて・・・

今後の東方語りですけど、
明日・・・日曜は、小野塚小町の上司でもある四季映姫様を・・・
そして・・・
それ以降は・・・・
早苗さんとこいしちゃんを語っていきたいな・・・と思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

イラストの掲載、とっても嬉しいです!!

たしかに、こまっちゃんは、江戸弁がとっても似合いそうですね!!

関西弁をしゃべる東方キャラは、たぶんいないので、これから出てきたら面白そうですよね!!
魔理沙とパチュリーが、関西弁で会話しているところを少し妄想してしまいました・・・(笑)

そして、こまっちゃんのイラストを掲載してくださり、ありがとうございますっ!!
色鉛筆で塗るのって、結構難しいのですが、気に入っていただいてうれしいです!!

色鉛筆のみょんさんも、紹介していただき、ありがとうございます!!

いえいえ、いつもこちらこそありがとうございます!!

アミグリ 様


今回もこちらのブログでアミグリさんの素敵なイラストを使わさせて頂けた事は
私にとってもとってもとってもハッピーな事です!!
本当にいつもありがとうございます!!

やっぱり、こまっちゃんは粋な江戸っ子という感じですよね!!
なんか「べらぼうよっ!!」みたいなちょっと崩した感じがとっても似合っていると思います。

なんか・・・魔理沙とバチュリーさんの関西弁での会話は、思わず私も妄想してしまいました・・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2843-38c70add
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |