プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


まずはじめに一言御礼を・・・

今回の記事は「プリキュアカテゴリ」ですけど、実は先日までこのブログにおいては
怒涛の(?)「東方Project」5日連続更新記事を掲載させて頂きました。
おかげさまで・・・
金曜のチルノ+大妖精、
土曜の山岸涼子先生の「日出処の天子」を絡めた聖白蓮さん記事と日月の小野塚小町 その①とその②は
自分で言うのも何ですけど、
皆様からの凄まじい数のアクセスを頂く事を出来ました!!
ここに・・改めて感謝の念を申し上げたいと思います。
本当にいつもありが゛どうございます!!
同時に、あの連続記事においては、当ブログがいつも大変お世話になっている「dream fantasy」の管理人様の
アミグリさんのご協力が無ければ、とてもとても出来るものではありませんでしたので、
改めてではありますけど、アミグリさんには本当にいつも「感謝」のお言葉しかありません。
アミグリさん、本当にいつもありがとうございますっ!!
それと・・・・東方は本当に人気があるジャンルなのですけど、
サニーミルクとか小野塚小町のように他の人がそんなに記事にしないようなキャラに対して、
ここまで見て頂ける人がいる・・という事実は、本当にこのポンコツ管理人にとっては「更新の励み」にもなっておりますので、
本当に皆さまからのこうしたご閲覧は本当に心の底からありがたい・・・と実感を
させて頂いております。

ま・・・そんな訳で・・・あの5連続東方記事でもって、このポンコツ管理人は・・・エネルギーを使い果たし、
精根尽き果てました・・・・(苦笑・・・)
ま、書いていて・・・とてつもなく楽しかったですけどね・・・!!
特に特に・・・こまっちゃん記事は、書いている本人がサボらず(?)とってもノリノリな気分で大変爽快な感覚で
書けたと思っています。
やっぱり、こまっちゃんは偉大ですね・・・(笑)

だけど・・・東方と同じくらい・・否!! それ以上に「プリキュア」は私自身の「生きるチカラ」でもありますので、
こちらのプリキュアカテゴリの方も
何卒宜しくお願いいたします。







さてさて、無事にナシマホウ界に戻ってきたみらいとリコですけど、
リコちゃんは、ま、勿論・・・校長先生のお許しは貰った上でのこちらの世界への来訪なのですが、
「だから、校長先生にお願いして…お願いされて、そっちに行くことにしたのよ」という言葉が示唆する通り、
校長からの要請ではなくて、
あくまでリコちゃんの「強い意志」があったのでしょうね!!
も―――、本当にリコちゃんは素直じゃないんだから・・・(笑)
でも私、リコのこういうところ、とっても大好きです!!
そうですね・・・言うならばリコちゃんは「みらい大好き!!」の一種の「押しかけ女房」なのかもしれないですよね・・・(笑)
冒頭でいきなりリンクルストーンが登場しましたので、
「これは早くも黄色のトパーズスタイルのお披露目・・・?」と思ったのですけど、
残念でした・・・・
トパーズスタイルとリコちゃんのナシマホウ界の学校での制服姿お披露目は次回に持ち越しとなってしまいました・・・(笑)
ま、その分ですけど、次回の話がとっても楽しみですね。
リコちゃんは転校生・・・
そうですね・・・・言うまでも無く、歴代プリキュアにおける転校生は、転校初日に・・・ま―――、色々と
やらかしてくれていましたけど、
まずは・・・・黒板での「自己紹介」がとっても楽しみですね。
あれれ・・・ナシマホウ界では、リコちゃんの「姓」はどうするのかな・・・・??
歴代では、エレンやひめが黒板一杯に名前を書き込み、つぼみは本当に小さく小さく・・・・書いていましたけど
果たしてリコちゃんはどうなる事やら・・・・
ま、多分ですけど、学校生活でもあの「ポンコツ振り」を遺憾なく発揮してくれると・・私・・・信じているっ・・・!!

今回の話ですけど、
リコちゃんは、リンクルストーンをかっさらっていった鴉を追うのに、いきなり箒に飛び乗って
真昼間から空を飛んでいましたけど、
おいおい・・・リコちゃん・・・ナシマホウ界ではそれはやばいって・・・・(苦笑・・)
ま、その辺りもこれから色々とみらいが教えていくのでしょうけど、
みらいも意外とこれから「苦労人ポジジョン」になるのかな・・・?
ま・・・みらいはみらいであわてんぼさんのポンコツ要素も持った子ですので、この二人のナシマホウ界での日々は
中々素敵なものがありそうですね・・・・(笑)
ま、その辺り・・・・
さすがに校長も不安を覚えたのかな・・・?
「あの二人に本当に任せて大丈夫なのだろうか・・・? そうじゃ! 教頭、そなたが二人の監視&指導に行くのじゃ!!」という事で
まさかの・・・ナシマホウ界への教頭派遣を画策したのかな・・・??
ま・・確かにあの二人では、校長も心配でしょうね・・・

いきなり「お腹が減った・・・」と言う事で第1話のように落下してしまうリコちゃんは相変わらずのポンコツ娘・・・

リコちゃんの「全然平気よ…落ちてないから!降りただけだし…」は・・・・
もーーー最高です!!
いやいや、リコちゃんのこのポンコツ振りはナシマホウ界でも健在ですね!!
も――――、安心しました!!
私は・・・・不肖・・・この私は・・・ナシマホウ界でも、あなた・・・ポンコツリコちゃんを精一杯応援させて
頂きます!!という感じですね!!

それにしても・・・・異世界にやってきて「行くところが無い」とか「道に迷った・・」とかで困っているプリキュアを
「あらら・・・どうしたのかなぁーー」って声を掛けてくれるのは
大抵・・・ピンクプリキュアのお母さんなのですよね・・・!
フレッシュのせつなもそうでしたし、今回のリコちゃんもそうでした・・・
まったく・・・・
プリキュアの世界においては「世の中は案外せまい・・・」という事なんでしょうね。
あ・・・みらいのママさん、お久しぶりですっという感じなのですけど、本当にこの御方は歴代プリキュアのママさん同様
気持ちのいい美人ママさんですね。
リアル社会においては、最近でもどっかの元・大学生に2年間監禁されたと大騒ぎになった事件もあったばかりなのですけど、
ま・・・「美しきプリキュアの世界」においては、
娘が春休みの間中、行方不明(?)状態でも、大騒ぎにならないと言う事ですね・・・(笑)

ま、それでもママさんの
「子どものことを思わない親はいないから。
 うちの子は何か興味を持つとすぐ周りが見えなくなって、勝手につっ走って行っちゃうんだよね・・」
「今までどこで何をしてたのかなぁ?
 おばあちゃんだけじゃなくて、お母さんにも教えてくれる?
 いいわ。時間はたっぷりあるから、ゆっくりとお話聞きましょうか・・」という言葉の端々からは
みらいに対する「深い愛」が感じられ、とっても好感が持てました。
だけどやっぱりこのママさん、とっても可愛いですね!!


00366562_convert_20160412171028.jpg


あ・・・・そうそう・・・

なんかナシマホウ界での戦いにおいては、普通に一般人にも目撃され、巻き込んでいましたけど、
この事はいずれ・・
「人間界と魔法界の交流」というものを最後に提示する事を既に示唆している・・・という事なのかな・・・?

それにしても今回のヨクバールは・・・・

なんかいかにも「昭和」を連想させる「なめ猫」みたいな雰囲気でしたね・・・(笑)

オートバイに乗るあのネコのヨクバールは、なんか・・・
1980年に大流行していたツッパリさんの「なめ猫」そのまんまの雰囲気でした・・・
族っているなめ猫というオーラでしたね・・・
あ・・今の若い世代の皆様に「なめ猫」とか「ツッパリハイスクール」とか言っても分からないかな・・・・(苦笑・・)



5e292f3c_convert_20160412170954.jpg


あ・・・・リコちゃん・・・

この世界では・・・・特に日本においては・・・

「あなたには分からないのでしょうね・・」なーんて事を言ったりすると・・・・

「お前はどっかの県の号泣県議かっ!?」とツッコミがはいるから、そのセリフは今後あんまり
言わない方がいいのかも・・・・(苦笑・・・)


4d2b5509_convert_20160412170904.jpg


394758bc_convert_20160412171139.jpg


でも既にリコちゃんというか・・マジカルは早くもナシマホウ界での「人々の温かい気持ち」に
陥落状態というかメロメロ・・・・
マジカルの「優しくて温かいの!魔法界もこの世界の人も!」という言葉もよかったし、
ミラクルの「そんな事させない!ここにはお父さんやお母さん、おばあちゃん、友達の皆…」とか
「私の大切な人がいっぱいいるの!」
「魔法界も私達の世界も…皆、温かくて大切なんだから!」という言葉からは
やっぱりこの物語は「今後の2つの世界の調和とか親交を示唆しているのかな・・・」と感じさせるものでした。

なんとなくですけど・・・

リコちゃんは相変わらずのポンコツなのですけど、第1話でのナシマホウ界でのあの姿から見てしまうと
既に色々な意味での「成長」は感じさせてくれていますね!!


さてさて・・・・

最後のシーンは、教頭のナシマホウ界降臨で終わっていましたけど、
私の予想では、リコはみらいの家に居候・・・・??とも思っていたのですけど、
意外と・・・
リコちゃんは、教頭の家に居候・・・・??という可能性もあるのかな・・・とふと感じたものでした・・・
ま、リコちゃんが教頭との二人暮らしを開始したら・・・・結構大変そうなのかも・・・?
それとも案外・・・
プリキュア5のココみたいに、教頭自身がみらいとリコの通う学校の先生になったりして・・・・!?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

この「姓」はやばい・・・(笑)

りえ太 様


貴重な情報ありがとうございます!
これは全く知らなかったです。
というか・・・
自分とか風月時雨さんのように「プリキュア+東方」好きの人ですと、すぐにピンとくると思うのですが、
東方で「十六夜」というと大変優秀・有能なメイドさんの「十六夜咲夜」という大人気キャラがいます。
うーーむ・・
多分ですけど、
こちらのブログでも・・・
「同じ十六夜でも、咲夜さんは優秀、それに比べてこっちは・・・」みたいなネタが
横行しそうな予感しまくりですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2841-82a9175a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |