プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


14.尼崎西高校

  
  A/トッカータとフーガ ニ短調(J.S.バッハ)

  
  このブログでも何度か記したことがあるのですけど、関西ブロック・・・特に「兵庫県」の高校の部って
  1980年代~90年代にかけてのレヴェルは異常なほど高かったと思います。
  21世紀に入って以降は・・・ちょっと寂しい結果になっているのは、勿体無い感じはありますけど
  いずれは・・・かつてのあの「輝きの時代」を取り戻してくると、私・・・信じているっ!!
  だって・・・
  一つの県において、あんなにも数多くの公立校があのウルトラ激戦の関西大会を突破し全国大会に出場した県って
  多分・・・そんなにないと思います。
  兵庫・神戸・御影・尼崎東・西宮・明石北・明石南・・・・・とにかくこれらの学校は一回だけという単発ではなくて
  複数回も関西地区代表として全国大会に出場し、数々の個性的で素晴らしい熱い名演を幾つも
  残しているというこの事実は、本当にこれは「誇りうるべき事」だと思いますし、
  私のように吹奏楽後進県のポンコツ高校のポンコツ吹奏楽部員の目から見ると、
  まさに・・・「眩しい!!」という「憧れ」の感情しかないですね・・・!!
 個人的には・・・・兵庫と西宮を指導された吉永陽一先生と明石北と兵庫を指導された松井先生と
  御影と西宮吹奏楽団を指揮されていた楊先生が特に印象的です。
  ま・・・その中でも特に・・・・吉永先生のあの卓越した「個性」は本当に大好きでした!!
  確かに・・・好き嫌いははっきりと分かれる演奏&解釈なのかもしれませんけど、
  言葉は大変悪いのですけど・・・「下品でどこが悪いねん!!」みたいなあの「魂の躍動感」は、
  も――――、私は大好きでしたぁーーーー!!
  ああいう個性的な先生は・・・・21世紀以降はもう現れないのかもしれないですよね・・・・
  本当に不世出の素晴らしい先生だったと思います。

  さてさて・・・

  上記以外の学校でも、例えば・・・尼崎西高校も素晴らしい演奏を聴かせてくれていたと思います。

  この尼崎西は、1978年以前はそんなに目立つ実績も無かった学校だったと思いますが、
  指揮者に、かつて関西学院大学をキャンディード序曲にて全国・1位に導いた
  中村弘之氏(OBだったかな・・そのあたりは不明)を招き、確か1年目でいきなり全国大会に導いていたと思いますので、
  やはりその手腕は相当なものがありそうですね。
  これはあくまでうろ覚えの記憶なのですけど、確か中村氏は1983年辺りにBJで
  この尼崎西での日々をエッセイとして記していたと思いますが、
  当時は結構「やんちゃな学校」の部員を色々と叱咤激励し、結構なご苦労も色々とあったとの事ですけど、
  結果として、78年・79年・82年の3回も全国大会に導いていたのは、「さすが・・!!」という
  一言しかないですね。
  79年の「アルメニアンダンスパートⅡ」のとにかく「猪突猛進」を絵に描いたようなイケイケの豪快極まりない
  演奏もとてつもない迫力がありましたし、
  (あの演奏は、とにかくテンポが速く強奏もこれ以上やると演奏崩壊というギリギリの線で踏み止まっていたと思います
  浜松工業と全く同じ自由曲でしたけど、浜工の洗練された豪快さとは一味も二味も違った個性的な
  演奏でした!!)
  82年のクラリネットのソロのミスは痛かったけど、それ以外はとにかく音楽にノリと勢いが感じられ
  個人的にはとっても大好きなスペイン奇想曲です。

  1978年の演奏は、79年と82年で聴かせてくれた少しやんちゃな感じとは少し一線を画していて
  一言で言うと・・・
  課題曲は正統派の気品溢れる演奏、自由曲は荘厳な響きという印象です。
  課題曲はテンポ設定か極めて妥当で、聴いていて「心地よい」という感じですし、ソロ楽器もそれぞれが
  きちんと役割を果たしているという感じです。
  自由曲も、全体的には端正で荘厳な響きを演出しているのですけど、
  時に・・・・79年や82年で見せてくれた「荒っぽい響き」も顔を出し、
  部分的に「やんちゃなバッハ」という香りも感じさせてくれました。
  全体的には、音色が少し粗いのだけどサウンドが「光り輝いている」という印象が強いですね。
  関西代表に相応しい個性的なチームの一つだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/2839-697b21cd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |